天才 ピアニスト の ます み。 【天才ピアニスト】ますみの上沼恵美子のモノマネが面白い!看護師の過去も

「夭折の天才ピアニスト」 ディヌ・リパッティ

天才 ピアニスト の ます み

〜もくじ〜• ますみのプロフィール まずはますみさんのプロフィールから。 本名:清水 麻清(しみず ますみ) 芸名:ますみ 生年月日:1987年4月28日 年齢:32歳(2019年9月時点) 身長:158cm 体重:60kg 血液型:O型 出身地:奈良県 大和高田市 趣味:スノーボード・自家製の梅酒、ぬか漬け、サングリア、ピクルス、フルーツビネガーなど自分で漬ける・毛染め(2週間に1回は染める) 特技:医療相談・歌うこと(カラオケでは90点越えがほとんど)・顔色で大体その人の調子が分かる 芸人になる前は、地元の奈良県にある奈良県病院協会看護専門学校を卒業後、天理市にある高井病院(総合病院)で脳神経外科で看護師をされていました。 看護師として働き出して7年目に、主任に昇格するとなった時に、自分の将来のことを考えて芸人の道へ。 趣味とかで習ったら良いのになぁ ますみの体重は? プロフィールでもご紹介しましたが、ますみさんの 身長158cmで 体重60kg。 身長に対して若干ながらポッチャリめの印象です。 — 『天才ピアニスト』ますみ smzmsm でも、こちらの写真のますみさんは可愛らしいですね。 写真を撮られる方向によって、印象が大きく違ってくるのかもしれません。 ますみさんはご自身でも、太りやすく痩せやすいということをTwitterで話しています。 体重の増減が激しいタイプです。

次の

紀平凱成 Kihira Kyle 公式サイト

天才 ピアニスト の ます み

55周年を記念した回で、ベートーヴェン『皇帝』など、サントリーホールで演奏でき、光栄です!大先輩方との共演で学ぶことも多かったです。 ご覧いただければ嬉しいです。 ピアノは3歳からスタートされます。 これは、藤田さんの母親が、近所に音楽教室があったことと 情操教育の目的で藤田さんに習わせていたそうで、 ピアニストにしたい。 とは思っていなかったそうです。 小学校は、さいたま市立指扇小学校 中学校は、コロンビアインターナショナルスクール(埼玉県)へ進みます。 東京音楽大学付属高等学校を卒業、 現在は、 東京音楽大学3年 ピアノ演奏家コース・エクセレンスに在学中で、 特別特待奨学生として学ばれています。 特別特待奨学生とは? 入学試験成績、学期末試験等における実技試験若しくは国内外の音楽活動において極めて優秀な成績を修めた者または音楽の才能が格段に秀でた者で、人物ともに優れ、本学の他の学生の模範となり、将来の音楽界においても活躍が期待されると認められる者に対し「特別特待奨学生」として在学期間の学費全額または理事会の定める額を免除します。 引用: 数々の賞を受賞されている藤田さんですが、 2019年6月に、世界三大コンクールをいわれている、チャイコフスキー国際コンクールで ピアノ部門2位を受賞されます。 若干20歳の若さですごい快挙です。 職業はお医者様です。 東京医科大学第二内科、長野県の上田病院、「熱血ドクターM 」で有名な 松井クリニック など勤務されていました。 現在は長野県の柳澤病院で、非常勤医師として勤務されているようです。 ピアニストだという情報はありませんでした。 同姓同名に藤田純子さんというピアニストがいらっしゃいますが、藤田さんの お母様ではないようです。 お母様は、専業主婦として家族を支えてこられたのかな? と推察されます。 お父様がお医者様なので、ご家庭も裕福だと思われます。 インターナショナルスクール出身なので、日常の学校生活は英語しか使えない環境に いらっしゃった藤田さんですから、英語も堪能であることがうかがえますね! スポンサードリンク 藤田真央は映画にも出演?! 大ヒット上映中の映画『蜜蜂と遠雷』では、鈴鹿央士さんのピアノパートを 藤田さんが演奏されています。

次の

天才ピアニストますみの素顔がかわいい!看護師写真や昔の画像も!

天才 ピアニスト の ます み

彼らになら私の曲を弾いてもらいたいと思えるね。 ピアニストランキングTOP30 基本的にピアニストは自分自身の楽器を持ち運べない可哀想な音楽家です。 どんなに自分と相性の悪いピアノでも、コンサート会場のピアノを使わなければいけないのです。 そういった点も少ーしだけ考慮した上で、 4つの選考条件を元にしたピアニストランキングを作成しました。 生演奏を聴いた事がある• 心を揺さぶる演奏であった• 独自の音楽性がある• 独自性を伝える技術がある かなり昔に聞いたものもありますが、どれだけの時が経過しようと、今回紹介するピアニストたちの演奏は間違いなく私の心と耳に深く残っています。 ヴィルトゥオーソピアニストの1人です。 私が聴いたのはチャイコフスキーの「ピアノ協奏曲第1番」。 まだ若き彼がテクニックを駆使して演奏している様は将来の活躍ぶりを感じさせる物がありました。 しかし最近は余り彼の名を聞くことが無くなり残念です。 エリザベート王妃国際音楽コンクール4位入賞、ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクール優勝。 私が聴いたのはラフマニノフ「ピアノ協奏曲第3番」でしたが、この難曲を難なく弾きこなす姿はとても素晴らしい物でした。 彼女も残念ながら2006年に健康不安を理由に演奏活動から引退しました。 2007年大英帝国勲章授与、2008年ロイヤル・フィルハーモニック協会からも賞を授与、イギリスを代表する女流ピアニストとして活躍しています。 私が聴いたのはモーツァルト「ピアノ協奏曲第26番」。 「戴冠式」の名を持つこの名曲を魅力的に弾いていました。 非凡な才能に恵まれたピアニストです。 私が聴いた曲はベートーヴェンの「皇帝」。 煌くようなベートーヴェンでした。 わずか2年で卒業!15歳でピアニストとしてデビューしますが、19歳で今までの自分の音楽生活に疑問を感じ、ピアニストとしてのキャリアを捨てて画家を目指した異色のピアニストです。 私が彼女の演奏を聴いたのはモーツァルトの「ピアノ協奏曲第21番」でした。 女性とは思えないような大胆な演奏振りが印象的でした。 私が彼女を聴いたのはN響との協演。 ラフマニノフ「ピアノ協奏曲第3番」。 あの難しい曲を見事に演奏していました。 若くてこんな演奏するなんて凄い!と驚きました。 その後の活躍が余りぱっとしないのが残念です。 1966年19歳のときグラミー賞にて最優秀クラシック・アーティスト新人賞を受賞。 一時音楽を離れるが自分には音楽しかないと復帰。 彼の演奏を聴いたのは、「モーツァルト「ピアノ協奏曲第9番」でした。 若きモーツァルトが書いたこの名曲を大胆に弾きこなしている様は圧巻でした。 リスト弾きの演奏家として世界的に知られていました。 私も彼女のリストを聴いた一人です。 「ピアノ協奏曲第1番」。 リストのこの通俗名曲を完全に自分の物にしていて、観衆を惹きつける見事な演奏でした。 ベートーヴェン、シューマン、ブラームス、ラヴェル、バルトークらの演奏を得意としていました。 私が聴いたのもベートーヴェン「ピアノ協奏曲第3番」。 私が大好きなこの曲を見事に演奏していた姿は今でも鮮明に覚えています。 残念ながら2003年に現役を引退しました。 モーツァルトやベートーヴェン、シューベルト、シューマン、バルトークなどのレパートリーは評価が高く、残された録音は好楽家から人気があります。 私が聴いた時でも70歳ぐらいのお歳だったと思います。 モーツァルト「ピアノ協奏曲第22番」。 丁寧な演奏で我々を魅了しました。 1974年テルアヴィヴ・アルトゥール・ルービンシュタイン国際コンクールに優勝。 幅広いレパートリーの持ち主で現代音楽も結構演奏しています。 私はショパンの「ピアノ協奏曲1番」をグシュルバウアー/N響で聴きましたが、けれんみの無い素直な音楽でした。 奥様は日本人ピアニストの野崎陽子です。 N響の定期演奏会で何回か聴いていますが一番印象に残っているのがグリーグの「ピアノ協奏曲」。 見事なグリーグでした、その一語に尽きます。 皇后美智子様ともご親交があるそうです。 テクニックに裏付けされた見事な音楽を奏でる人です。 リスト「ピアノ協奏曲第1番」を聴きましたが、基本に忠実な、実に見事な演奏でした。 テクニックはあるけど無難すぎるとの批判がありますが、私はこういうタイプが好きです。 この方は結婚されてからより音楽が深くなりました。 また子供が出来てからもますます良くなりました。 素敵なピアニストです。 この方も何回か聴いていますが大友直人/N響との協演で演奏したチャイコフスキーの「ピアノ協奏曲1番」がより印象的でした。 とても才能豊かな日本を代表するピアニストの一人です。 モーツァルト弾きとして有名。 私が聴いたのもモーツァルトの「ピアノ協奏曲24番」、N響の定期でもう随分昔のことです。 澄んだ響きの素敵な演奏でした。 これはライブレコード化されていますのでぜひ聴いてほしいいと思います。 コンドラシン/N響でバルトークの「ピアノ協奏曲第3番」を聴きました。 優雅なタッチで優しい音楽だったと記憶しています。 短めの曲ですが基本的なことがきっちりとしていて忘れられない演奏です。 テクニックが物凄く、硬質なタッチのピアニストです。 私が聴いたのはメンデルスゾーンの「ピアノ協奏曲第1番」ですが、曲についてはまるで記憶がありません。 しかしちょっと細めの黒人が見事に弾いている姿が今でも印象的です。 音楽もそんなところがあって好きなピアニストの一人です。 私が聴いたのはかなり昔のN響との協演でラフマニノフの「ピアノ協奏曲第2番」でした。 あの雄大な曲を自由に弾きこなして、見事な演奏でした。 最近はアルゲリッチ達と組んで室内楽も楽しんでいるようです。 モーツァルト弾きとして世界に名を馳せました。 でも私が聴いたのはベートーヴェンの「ピアノ協奏曲第4番」。 これは感動的でした。 しばらく拍手が鳴り止みませんでした。 このコンクールでは、西欧出身者として初の入賞者でした。 彼を聴いたのはウーヴェ・ムント/N響とのモーツァルト「ピアノ協奏曲第12番」。 とてもテクニックが凄く、曲の内面性もとらえた演奏で感激しました。 その凄さは世界的に超有名です。 長髪に髭も長くその風貌は宗教者のよう。 私が聴いたのはブラームスの「ピアノ協奏曲第1番」。 あの交響曲のような大曲を見事に弾きこなしました。 圧倒された演奏会でした。 彼女はモーツァルト弾きというイメージが強くあります。 事実モーツァルトの録音が多いのは確かです。 しかし私が聴いたのはブラームスの「ピアノ協奏曲第1番」。 時には叙情的にまたある時にはパワフルに弾いていました。 綺麗なピアニストでしたが、もう現役は引退したのでしょうか。 ベートーヴェンとブラームスを得意としており、現代を代表するピアニストの一人です。 私は2回彼を聴いていますが、ブラームスの「ピアノ協奏曲第2番」は素晴らしかった。 あの大曲を十分にコントロールしつつ見事な演奏でした。 私が聴いたのは本当に昔、70年代最後、N響の定期でベートーヴェン「ピアノ協奏曲第1番」を聴きました。 若きベートーヴェンを彷彿とさせるような活きのいい演奏でした。 これ以後は彼を指揮者としてしか聴くことが無くなりました。 現代を代表するピアニストの一人。 彼をナンバー1にする人も多いことでしょう。 私はベートーヴェンの「ピアノ協奏曲第4番」をN響で聴きました。 素晴らしいテクニック、集中力、音楽性、文句なしの演奏会でした。 演奏後女の子達が花束を渡そうとあんなに列を作ったのを始めて見ました。 イケメンですからね。 今でこそ世界のUCHIDAになりましたが、本当の意味でメジャーになったのは1980年代から。 モーツァルトのソナタ、協奏曲の全曲演奏会を行なってロンドンの聴衆たちを感動させ世界に躍り出ました。 私も何回か聴いていますが、読響とやったベートーヴェンの「ピアノ協奏曲第3番」は名演でした。 こんなピアニストが日本にもいたのかと感動したことを覚えています。 オーストリア、ドイツ系の音楽の王道が得意なピアニスト。 私が聴いたのもベートーヴェンの「皇帝」。 素晴らしい高みの演奏でした。 その風貌のようにとても知的で正当なベートーヴェンを聴かせて貰いました。 残念ながら2008年に引退を発表しました。 翌年、同コンクールに再度挑むがまたしても第2位。 技術は申し分ないが、中々優勝できずにいました。 1960年、18歳のポリーニは世界的にも名高いショパン国際ピアノコンクールで優勝を成し遂げます!!審査委員長のアルトゥール・ルービンシュタインが「今ここにいる審査員の中で、彼より巧く弾けるものが果たしているであろうか」と賛辞を述べ、一躍国際的な名声を勝ち取りました。 空白の8年間 ショパン国際ピアノコンクール優勝後、約8年間に渡り音楽界から姿を消しました。 演奏会はおろか、録音も一切残っていません。 突如音楽会から消えた天才ピアニストに様々な憶測が流れました。 腱鞘炎であるとか他の病気であるとか、現在でも彼は当時について口を開こうとはしません。 ショパン国際ピアノコンクールで優勝した天才ピアニストをオーケストラやレコード会社が放っておく訳がありません!将来を約束された天才の身に何が起こっていたのか、未だ多くの謎に包まれているピアニストです。 そんなミステリアスな所も彼の音楽に深みを持たせているのでしょう。 マウリティオ・ポリーニの活躍 空白の8年を経て音楽界に復帰したポリーニはその才能を世界に轟かせる事になります。 世界の主要な指揮者やオーケストラとの競演は何れも絶賛され、録音も全て気迫溢れるものになっています。 数々の国際的な賞も受賞していますので紹介したいと思います。 1987年ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団名誉賞• 1995年ザルツブルク州ゴールド勲章• 1996年エルンスト・フォン・シーメンス賞• 1999年アルトゥール・ルービンシュタイン賞• 2000年アルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリ国際賞• 2010年高松宮殿下記念世界文化賞 ポリーニの音楽は、硬質かつ均質でクリアな音色である事が特徴です。 そして正確無比なテクニックによる完成度の高い演奏は聴く人全てを魅了します!!私が聴いたのは小澤征爾が振るベートーヴェンの「皇帝」この曲の到達点なのかもしれないと思わせるほど、心を打つ見事な演奏でした。 作曲は偉大なる音楽界の巨匠『アルノルト・シェーンベルク』から学びます。 わずか12歳でウィーン交響楽団とメンデルスゾーンのピアノ協奏曲を協演して音楽界にデビューした神童! 1936年アルトゥーロ・トスカニーニ指揮ニューヨーク・フィルハーモニックと共にアメリカデビューを果たします。 1939年ナチスから逃れるためにアメリカへと移住します。 演奏活動をする傍らカーティス音楽院で30年に渡って教鞭をとり、1968年から学院長となります。 音楽院で教授をしながらも1951年にはマルセル・モイーズらとともにマールボロ音楽学校と同音楽祭を創設、主宰となり活躍しました。 1991年、生涯現役を貫いた偉大な音楽家はアメリカのギルフォードの地で88歳で世を去ります。 ちなみに、24位のピーター・ゼルキンは彼の息子です。 ルドルフ・ゼルキンの活躍 20世紀型の巨匠の一人として活躍したルドルフ・ゼルキン。 コンクールなど無い時代にデビューし、自らキャリアアップしてきたピアニストです。 ドイツ音楽を得意とし、ベートーヴェン、ブラームス、モーツァルトなどに名演奏を残し、また室内楽にも定評がある人でした。 こんなに凄いピアニストでしたが録音に関してはあまり積極的ではなく、CDの数は他の世界的ピアニストと比べ遥かに少ないです。 やはりライブに拘ったピアニストだったのでしょう。 感動的だった演奏会 私が彼の演奏を生で聴く事ができたのは残念ながらたったの2回。 どちらもベートーヴェンの皇帝でした。 その中でも小澤征爾との「皇帝」は二人の息がぴったりと合った素晴らしい演奏でした。 アンコールはシューベルトのソナタの第2楽章。 これも心の中で大事な思い出として残っていて、40数年たった今でもこの曲を聴くと彼の弾いてる姿が頭に浮かびます。 優しい人柄が出た、暖かく心に澄み渡る素敵な音楽でした。 気付けば私の目から涙がこぼれていました。 1の登場です。 自分だけのピアニストランキングを作った時、私と同じようにマルタ・アルゲリッチを一位とするクラシック愛好家も多いのではないでしょうか。 2歳8ヵ月からピアノを弾き始め、8歳の時には公の場でベートーヴェンの「ピアノ協奏曲第1番」を演奏してみせました。 1957年ブゾーニ国際ピアノコンクール優勝。 またジュネーブ国際音楽コンクールの女性ピアニストの部門においても優勝! 1965年ショパン国際ピアノコンクールでも優勝(中村紘子は4位入賞)。 『ピアニストの女王』としての確たる地位を手に入れました。 アルゲリッチの偉大なる指導者たち• グルダ• マガロフ• リパッティ(夫人)• ミケランジェリ• アスケナーゼ マルタ・アルゲリッチの活躍 唯一無二のピアニスト。 自由奔放で優しい人柄は音楽にも反映されており、彼女の演奏はとても自由で堅苦しさが無く、聴く者の心にすっと入ってきます。 そんな彼女ですから世界の主要な指揮者、オーケストラとの協演はもちろん、録音も素晴らしい音楽を次々と生み出しています。 今まで聴いたCDの中ではずれが1枚も無く、どれもこれも名盤です。 レパートリーはバロック音楽から古典派、ロマン派、印象派、現代音楽まで何でも弾きこなしてしまいます。 近年では彼女お気に入りの音楽家と室内楽をすることも多くなりました。 アルゲリッチの演奏会を聴いて 私が彼女を聴いたのは随分昔のことです。 1984年小澤征爾と新日本フィルとの協演でラヴェルの「ピアノ協奏曲」。 最初から最後まで一所懸命、力の続く限り走りきったぞといった演奏でした。 物凄く興奮したことが昨日の事のように思い出されます。 当時は彼女も小澤もまだ若かった(そして私も)。 彼女の音楽と小澤との掛け合いも良くあっていて、本当に素晴らしいものでした。 天才と天才がぶつかるとこんなにも感動する音楽が生まれるのかと感心した事を覚えています。 女性やアジア勢のピアニストの技術には脱帽してしまうよ。 本当なら順位を付けるのもおこがましい、あまりにも偉大過ぎる、私の中の永久欠番です。 お時間ありましたら下方の『中村紘子【追悼記事】』もお読みいただければ幸いです。

次の