セット アッパー 青物。 セットアッパーはダイワの人気ぶっ飛びミノー!青物やシーバスに効果抜群!

【青物ルアーおすすめ】「ダイワ セットアッパー125S

セット アッパー 青物

一応、シーバス用のルアーみたいですが、僕は青物狙いに充分使えると判断してます! 「ダイワ セットアッパー145S-DR」のスペック• 長さ:145mm• 重さ:39g• 付属フック: 3• 付属リング: 4• 潜行レンジ:MAX 2m over(僕個人的な判断では、50〜200cmってところです)• アクション:ハイピッチタイトウォブンロール• 飛距離:MAX 92m Ave 88. 5m(メーカーテストによるもの)• 有効なアクション:中〜高速ただ巻き、ストップ&ゴー、ジャーキングによる平打ちなど• 磁着重心移動システム搭載• ロングリップのミッドダイバータイプ• スローシンキングタイプ リップの部分を見てみると、角度がボディに対して平行に近い感じなので、キャスト時の空気抵抗を受けにくいのかな、と思えますね。 「ダイワ セットアッパー145S-DR」のおすすめフックセッティングと実際の使用例(タックルデータ) 「ダイワ セットアッパー145S-DR」のおすすめフックセッティング に付属しているのは、「フック 3」「リング 4」です。 元々、シーバス釣りが想定されたルアーの上でのフックセッティングだと思いますが、僕としてはこのフックセッティングでは70cm(4kg)以上とかの青物を仕留めるにはちょっと心細い感じです。 まぁ堤防とかイージーな場所とかでファイトに時間をかけられるところなら、元々のフックセッティングで大丈夫だと思います。 でも磯とか魚に主導権を握られてラインを切られる可能性の高いところとかでは不安ですね。 という事で、僕はこうします。 「 1」• 「 5」 フック&リングのサイズを大きくし、2フック仕様へ。 想定する魚のサイズに応じてフック&リングのサイズを変えますが、 小さくてもフックは 2、リングは 5のサイズは欲しい感じです。 でもこのフック交換によって、ルアーの動きに違いが出てくると思いますので、それを考慮しての交換をおすすめします。 (フック等を大きくするとルアーの動きがより鈍る感じです) 因みに上記写真の右側にあるプライヤー「」はフック&リングの脱着に使っているものですが、あると便利ですよ。 というより、大型のフック&リングを扱う時はこれがないと大変なレベルなので、僕はすごく重宝していますね。 それで、フック&リング交換後の重さは… 41gとなりました。 交換前は39gだったので、2g増という感じですね。 「ダイワ セットアッパー145S-DR」の実際の使用例(タックルデータ) 僕がを使う時のタックルなら…• ロッド:ライトショアジギング&ショアジギングやヒラスズキロッドのMHクラス以上• リール:PE2号が150m以上巻けるもの• PEライン:2号以上• ロッド「ヤマガブランクス ブルースナイパー106H PS」• リール「」• PEライン「」• リーダー「22号〜」• ロッド「」• リール「ダイワ 12キャタリナ4000H」• PEライン「2〜3号」• リーダー「12号〜」• リング(ルアー結束)「プレスリング 5とスプリットリング 5」 ゴツいものと少しゴツめで使う事が多いですが、ヒラスズキタックルとかでも僕はよく使ってます。 「ダイワ セットアッパー145S-DR」のおすすめポイント• キャスト時、重心移動システム&空気抵抗を考えて設計されたボディによってか、ロングリップではあるものの飛行姿勢が決まる時が多く、飛距離が出しやすい!• PE5号とかの太いラインを使っても飛距離が出しやすいぞ!• ミドル〜ファストリトリーブでのただ巻き時の安定したワイドなブリブリアクションが魅力的!• ショックリーダー18号とかを越えるゴツめのタックルでもアクションしてくれて使いやすい!• リップがよく水を噛むので、横風の時でも使いやすく、足場の高いところからでも水面に飛び出しにくく使いやすい!• リップ部分も含めボディ全体、粘りがあり耐久性がある素材で作られている様で思い切って使いやすい!• 本記事掲載のカラーは塗装が強い様で、岩とかにぶつけても大きく剥がれにくい! 足場の高いところから、横風の中、ゴツめのタックルでも使いやすいミッドダイバーミノー。 なおかつ、145mmという大きめのサイズを活かし、ワイドで派手めなアクションする、高いアピール力を持つ、という特化ポイントを持ったミッドダイバーミノーですね! 「ダイワ セットアッパー145S-DR」のおすすめな使い方• 使える場所は青物が回遊しそうな、堤防、漁港、磯などで、割と水深のあるところ。 釣り場の足場が高いところでも水面から飛び出しにくいので、沖から足元までチェックするのに使える。 基本、中〜高速のただ巻きがおすすめ。 同シリーズで1サイズ小さい「」との主な違いとしては、145S-DRの方がゴツいタックル(太いライン使用時)でもより飛距離が出しやすく使いやすい事、より大きめなアクションをしてくれてアピール力が強め、という感じ。 トゥイッチとかの細かいロッドアクションよりは、ジャーキングとかの大きめなロッドアクションの方が効果的!(トゥイッチによる細かいアクションは125S-DRの方が効果的な感じがします)• ボイルやナブラがあるのに、トップ&シンキングペンシルで反応がない時に有効。 ベイトが居るのにシンキングペンシル系、(ショア)ジギング系で反応しない時に有効。

次の

青物にはこのルアーを持っておけば間違いない!おすすめのミノーご紹介!

セット アッパー 青物

ショアラインシャイナーZ セットアッパー シーバスゲームの定番でもあるDAIWA(ダイワ)のミノープラグ『 SHORELINE SHINER(ショアラインシャイナー)』。 その中でも抜群の飛距離性能をはじめ、アピール力と集魚効果の高さでも一目置かれるアイテムが 『 ショアラインシャイナーZ セットアッパー』となります。 ちなみにこの『SLSZセットアッパー』には、 97mmと125mmの2サイズ、各サイズ毎に仕様が異なる フットボール型の広角ワイドリップのSタイプと エアロリップデザインのDRタイプの 2タイプが存在しています。 飛距離性能がハンパない!? まず、抜群の飛距離性能を実現させる為に採用されたシステムの1つである『 サイレントウエイトオシレートシステム』。 これはボディ内部でタングステンウエイトが前後に移動する 重心移動システムで、キャスト時にはオートでウエイトが後方に移動し飛距離に貢献。 ただそれだけだとルアーアクションの方が不安定になってしまいます・・・ そこで採用されたのが『 HGS(ホールド・グラビティ・システム)』という 重心保持システムで、着水後のリトリーブで前方へと移動したウエイトをホールドすることで安定したスイム姿勢をキープしてくれるとのこと。 加えて、飛距離性能の妨げにならないよう計算されつくした リップ&ボディ形状。 これらのシステムによって圧倒的飛距離性能、あと水中での安定した姿勢のキープを実現しています。 と、両タイプ共に 水平姿勢で巻きスピードに応じた(違和感を与えにくい)ウォブンロールアクションをしっかり演出してくれます。 かなりの低速で巻いてもどちらも僅かにロールアクションを演出し、場合によってはドリフト時にも(ほんのり)ロールしてくれるレベル。 言うなら巻くスピードが速くなるほど動きが激しくなりつつ安定した姿勢をキープしてくれる、といった感じかな。 そして、これこそ本当のウォブンロールだ!と言わんばかりの繊細&激しいアクションは 波動やフラッシング効果も絶大!! もれなくウォブンロールアクションに加えて、 流れの変化などで自動的にイレギュラーアクションが発生し食わせる間も演出してくれるという。 常にアピールを絶やさない。 そんなルアーですね。 5g ・タイプ:シンキング ・潜行レンジ:約50cm~100cm ・アクション ワイドウォブンロール ・フック ST-46 6トレブル リング 3 ・価格:2,200円 広角ワイドリップによりキレのあるワイドウォブンロールアクションで広範囲に存在を主張。 サーチベイトとしてはもちろんのこと、居付き狙いやドリフト釣法にも効果的! カラーチャート サイズやタイプによってカラーの有無がありますので分けてまとめます。 まとめ このように、ただ巻き(巻きスピードを変えるだけ)といった簡単な使い方で水平姿勢でのウォブンロールアクションを演出し、濁っている・スレている・低活性・高活性など様々な状況に対応してくれる。 そしてシーバスのみならずフラットフィッシュや青物にもかなり効くとのことで評価の高い『 ショアラインシャイナーZ セットアッパー』を引き倒してみませんか? 引用元.

次の

セットアッパー 145S

セット アッパー 青物

こんにちは、ショアからの青物・ブリのルアー釣りにハマっているHAJIMEです。 僕が 青物釣りのホームとしているのは大阪湾の沖堤防、武庫川一文字、神戸沖堤防 ポートアイランド沖堤防 です。 2017年以前は秋に少し青物のハマチクラスが釣れるぐらいで関西圏で青物を釣るなら淡路島や和歌山方面まで足を伸ばさないとショアからではあまり釣れない魚でした。 それが 2017年の5月から大型のブリクラスが近場の大阪湾で釣れるようになり一気に青物釣りがブーム になったような気がします。 今回は 堤防やテトラ帯のショアから青物 ブリ を狙う際におすすめなルアー8選を紹介 します。 もし巨大ブリがかかってバラシして後悔しないための注意点も解説 どのルアーも実績があり、僕自身もブリを釣り上げたことがあるルアー達なので是非参考にしてみて下さいね。 ビッグバッカー107HW 僕自身が青物を釣る際に一番信頼しているメタルバイブレーションがジャッカルから発売されているビッグバッカー107HWです。 2019年の4月までにこのビッグバッカーで2匹のブリ、1匹のメジロを釣り上げることが出来ました。 ビッグバッカー107HWは35gあり、ショアジギングロッドでも遠投することが可能です。 シーバス用に開発されたルアーではありますが、青物に効果が高く、実績抜群! 秋の青物シーズンになると釣具店からなくなるぐらいの勢いです。 アクションとしては投げて巻くだけという超簡単設計! 巻いてきたときの振動も抵抗がそこそこあり、僕好みなのも使い続けている理由です。 ビッグバッカー128という44gのサイズもありますが、使ってみたところ振動がそこまで強くなかったので僕は使っていません。 ビッグバッカーの欠点を上げるとしたら標準装備されているフックがシーバス用なので、青物のブリ相手だと高確率で伸ばされたり、折れたりしてバラシの可能性があります。 よってフックを太軸のものに交換しておく必要がありますね。 詳しいフックサイズや交換の仕方、インプレは下記の記事にて紹介しています。 高速リトリーブ専用設計となっており、速く巻く方が安定して泳ぎます。 反対にゆっくりと巻くと泳がずまっすぐ帰ってくるだけなので注意。 従来のミノーだとシンキングタイプでもフォールスピードが遅いため、深場を攻略するのが難しかったです。 この ナブラミノーはフォールスピードが速いので、水深のあるエリアでもミノーで攻略することができるようになりました。 フォール中はボディを震わせながら落ちていくのでフォール中でもバイトを誘発出来ます。 メタルバイブとミノーの中間的なルアーですね。 サゴシやサワラ、ブリの実績もあり、飛距離も抜群、標準装備のフックも太軸なので青物ルアーとして持っておいた方がいいでしょう。 セットアッパー125S-DR このルアーもビッグバッカーと同様に 青物釣りではもはや定番となっているダイワのセットアッパー125S-DR マイワシがベイトになっているときはシルエットサイズが同じぐらいになる為、めっぽう強い! 青物を始め、シーバスやタチウオ、サゴシに効果抜群の爆釣ルアーです。 ミノーの弱点であった飛距離をサイレントウエイトオシレートシステムを搭載することによって克服し、 平均飛距離で77m、最大飛距離で79. 5mをたたき出すことに成功しました。 堤防やテトラ帯、磯からでも速く巻いても、ゆっくり巻いても安定したアクションが人気の秘訣です。 ただし、もともとシーバス用に開発されたルアーなので、フックが青物用ではありません。 3フックでフッキング率は高いのですが、ブリクラスの青物になってくると確実に曲げられたり、折られたりします。 運によりますが、リアフック一本がかりのショートバイトだとせっかくかけても釣り上げることが出来ず、悔しい思いをした人は多いはず。 フックはワンワイズ大きめの太軸に交換しておく方が無難。 ただし、フックが大きすぎるとルアーのアクションが悪くなりフック同士が絡まる原因になるので注意が必要です。 ハマチクラスでも堤防から抜き上げると曲がる可能性が高いので、タモ網を使って大事にランディングする方がいいですね。 おすすめ交換フックは がまかつトレブルSP-MH 5 もしくは オーナーのSTX-58 6 コルトスナイパー ロックジャーク 140S シマノのコルトスナイパーシリーズで 磯からの使用を想定して作られたミノーのロックジャーク 140S 「3X BODY」という 通常のシーバスプラグの3倍以上の強度を誇る素材がボディに採用 されています。 飛距離も 「AR-Cシステム」という重心移動システムを採用したことにより、 平均飛距離70. 7mという数字。 貫通ワイヤーを採用したことにより、巨大青物が相手でも、ルアーのフック部分を壊される心配がなくなりました。 ヒラスズキだけでなく、青物用としても十分な強度と性能を兼ね備えたルアーですね。 フックも標準装備で オーナーのSTX-58 2という太軸のフックがついているので交換する必要がありません。 最近出た新しいカラーの狂麟。 この 狂麟カラーは魚の本物の鱗を再現してあるので、より魚へのアピール力が高まりましたね。 一点だと欠点を上げるとしたらセットアッパーに比べたら手前に来た時のスローリトリーブであまりルアーが泳がなくなるぐらいです。 トータル的にみて青物狙いでは必須のミノー。 IP-26アイアンプレート コアマンから出ている メタルバイブレーションがIP-26アイアンプレート。 正直に言うとメタルバイブはジャッカルのビッグバッカーかIP-26があれば他は必要ありません。 他のメーカーも様々な鉄板バイブレーションを開発して発売していますが、釣れるのは間違いなくこの2つです。 「世界で一番飛ぶバイブレーション」をキャッチコピーにしているだけあって飛距離がヤバいです。 飛距離に関しては言えばビッグバッカーより飛びますね。 ビッグバッカーより小ぶりで26gという重さ。 カタクチイワシがベイトになっているときに効果を発揮します。 巻き抵抗はしっかりとしており、超高速早巻きからゆっくり巻いても泳ぐのでバイトチャンスを逃しません。 フックに関してはシーバス用に設計されているため、フッキング率が高い代わりに折れたり、曲がりやすいです。 ショアジギング用の固めのロッドで青物とやり取りすると確実にフックが曲がり、バラシの原因となりますね。 よって フックを太軸に交換しておくことをおすすめします。 おすすめは オーナーのSTX-58 6 VJ-22バイブレーションジグヘッド こちらもコアマンから出ている VJ-22バイブレーションジグヘッド。 シーバスが釣れることで超有名ですよね。 ジグヘッドにワームがついたことで、スレた魚もバイトに持ち込んでしまう微波動が効きます。 今年の4月にVJ-28がリリースされるので楽しみです。 ただ巻きで簡単に釣れてしまい、シーバスのほかチヌや青物、タチウオにも効果的なルアー。 ただしフックに関して言えば、シーバスのショートバイトを掛ける設定のため、小さく刺さり重視で細軸です。 ショアジギタックルで強引に青物とやり取りすると確実にフックが伸びてしまいます。 よってフックは太軸のものに交換しておくことをおすすめします。 ただフックを大きくするとフックがワームに刺さってルアーが泳がなくなったり、泳ぎのバランスが悪くなるので注意。 PB-30パワーブレード こちらもコアマンから出ている PB-30パワーブレード。 スピンテールジグでただ巻きでリアについているブレードが回転し魚アピールします。 30gの自重があるのでロングキャストでき、表層からボトム 底 まで広範囲をサーチするルアーとして活躍してくれます。 コアマンのルアーはシーバス用に作られているため、フックはどれも青物用に太軸に交換する必要が出てくるのですが、ルアーの飛距離からアクションから信頼性が抜群です。 関西圏ではコアマンの代表、泉裕文さんが神戸沖堤防にてパワーブレードでブリを釣り上げられています。 タックルとしては シーバスタックル、PE0. 5号、リーダー10ポンドというめちゃくちゃ細い糸でゲット。 ある程度時間を掛けたら、これだけ細い糸でも釣り上げることができるんですね。 ただし、 青物が釣れるという情報が入ると土日、平日も混雑して釣り人が増えるため、ライトタックルだと堤防際で横に走られトラブルの元となります。 なのでフックをワンサイズ大きく太軸のものに交換しショアジギタックルで一気に寄せてきた方がいいですね。 ワインド マナティー90 オンスタックルデザインから発売されている マナティー90 関西圏ではタチウオを釣る時に定番となっているワインド釣法と呼ばれる釣り方に使うワームです。 「ZZヘッド」と呼ばれジグヘッドとワームの 「マナティー90」をセットすることにより、 左右へのダートで魚に強制的に捕食スイッチを入れる釣り方。 タチウオ狙いで使われている方がほとんどではありますが、この ワインド釣法が青物であるサゴシ、サワラ、ハマチ、メジロ、ブリ、シイラなどにも非常に効果が高いことが実証されています。 僕自身も過去にタチウオ狙いでワインドをしていたら、サゴシやハマチがよく釣れました。 大型青物ブリの実績もあり、メタルジグやメタルバイブ、ミノーを使うアングラーが多い中でのワインド釣法は効果を発揮する場面。 是非一度ワインドで青物を狙ってみて下さい。 ロッドをシャクってワームをダートさせているときに 「ガツン!」とくる青物の引きは病みつきになりますよ。 最後に ショアからの青物におすすめなルアー8選ということで紹介をしてきました。 個人的には青物専用のルアーというより、シーバス用に開発されたルアーを青物に使うほうが堤防やテトラからではマッチしています。 僕のおすすめとしては、まず外せないのが• ビッグバッカー107HW• セットアッパー125S-DR• コルトスナイパー ロックジャーク 140S この3種類のメタルバイブ、ミノープラグを揃えたらまずは大丈夫です。 この3種類を揃えたのち、自分の好みで上記で紹介したルアーを取り入れて行くと青物釣りの幅が広がりますね。 注意点としてシーバス用のルアーを青物に使う時フックの交換は必須です。 「面倒くさいし、フックは交換していなくても大丈夫やろ!」 これだと後から痛い目をみますね。 僕も最初は大丈夫だと思っていましたから 笑 標準フックだと伸ばされてバラしたという人が後を絶たないです。 ショアジギングタックルを使うならフックを太軸のものでワンランク大きなものに交換しておくことをおすすめします。 トレブルフックが好みではない方はシングルフックに交換するのもありですね。 その際、 フックの重量バランスは要確認。 重すぎたり、軽すぎたりするとしっかりとルアーが泳ぎません。

次の