子猫 爪 切り。 【猫が爪切りを嫌がる、暴れる、痛い!】爪を切らせない時の注意点と方法

猫の爪の切り方のポイントや嫌がる猫への対策

子猫 爪 切り

子猫の爪はいつから切ればよいかご存知ですか?ここでは、子猫の爪切りができる時期から爪切りの道具、爪の出し方や切り方、トラブルの解決法などを解説します。 特に爪切りのコツを紹介した動画は必見ですよ。 ポイントを押さえて、安全な方法で行いましょう。 子猫の爪切りは生後1ヶ月から慣れさせよう! 「そもそも爪とぎをする猫に爪切りは必要なの?」と疑問に思う人もいるでしょう。 そこで、まずは猫の爪について解説します。 爪切りの必要性とは? 野生の頃は狩りをして暮らしてきた猫。 今でも外猫は、木に登ったり獲物を捕獲したりと爪を使って生活しているので、自然と摩耗されて伸びすぎることはありません。 しかし室内で飼われている猫は、爪を使う機会はそう多くありません。 使わない爪は伸び続けて肉球に刺さったり、根元から折れて大出血を引き起こしたりと、危険な状態になることも。 そうならないためにも、室内で飼われている猫は爪切りをする必要があるのです。 子猫の爪切りはいつから? 子猫の爪切りは、生後1ヶ月を過ぎたあたりから始めます。 この時期から爪切りに慣らしておくと、大きくなっても爪切りを嫌がることは少ないでしょう。 爪切りの種類は4タイプから選ぼう 猫用の爪切りは、大きく分けると4タイプあります。 それぞれの特徴をご紹介します。 ハサミタイプ 紙切りハサミと同じように使える、ハサミタイプの爪切りです。 使い方が手に馴染んでいるので、初心者でも使いやすいでしょう。 その特徴は、刃の部分が短く先端が交差しているところ。 この交差部分に爪を合わせるようにして切ります。 ただし、ハサミタイプの爪切りは力が均等に加わりにくく、太くなった爪は割れてしまうおそれもあります。 しかし子猫の爪は比較的柔らかいので、このタイプから始めるのがおすすめでしょう。 ギロチンタイプ 丸く開いた穴に猫の爪を入れ、グリップを握れば爪が切れます。 力が均等に加わり一気にスパッと切れるため、猫へ伝わる振動も少なくて済みます。 切る場所が定まりやすく爪を潰す心配がないので、慣れればスムーズに切れるでしょう。 ニッパータイプ 工具のニッパーと同じようなつくりの爪切りです。 力を入れやすいため、太い爪や巻き爪も切りやすくなっています。 よく切れるので、切りすぎないように注意する必要があります。 ピコックタイプ ハサミタイプのように爪を刃に沿わせ、ギロチンタイプのようにグリップを握り込んで切るタイプです。 爪を切るときのパチンッという音が少ないため、猫のストレスは軽減されますが、深爪防止装置がないので上級者向けと言えるでしょう。 切るのは爪の先だけ!爪の出し方や切り方を解説 猫の爪には血管が通っている部分があり、そこを切ってしまうと出血のおそれがあります。 猫も痛い思いをするため、爪切り自体を嫌いになってしまうことも。 まずは、爪をよく観察してみましょう。 爪の出し方 生後1ヶ月ほどの子猫は爪をしまわず、出しっぱなしになっています。 そして徐々に爪は隠され、必要なときに出し入れするようになります。 猫の足先を手のひらで包むように持ち、爪の付け根を親指で探してみましょう。 付け根が分かったら、その部分をピンク色をした血管部分が見えるまでしっかり押してみてください。 すると、爪が長く鋭くなっていることが分かります。 爪の切り方 爪の数は前足10本、後ろ足8本です。 血管部分ギリギリまで切ろうとするとケガにつながりやすいので、爪の先(尖っている部分)だけを切りましょう。 その際は猫が動くと危ないので、しっかり体を支えてください。 もし嫌がるそぶりを見せたら、中断して後日改めて行いましょう。 爪を切る頻度 爪とぎをするようになるまでは、1ヶ月に1度くらいのタイミングで爪の状態を確認し、伸びている場合は先端を切っておきます。 爪切りを嫌がるときは、時間をおいてトライしましょう。 やりがちNG! 切りやすいからといって、猫の足を引き寄せるのはNGです。 猫が無理な体勢になると、爪切りを嫌う原因になります。 人の体勢に合わせるのではなく、猫に負担がかからないように行いましょう。 子猫に嫌がられない爪切りポイントは2つ! 猫が楽な体勢で行う 上の動画のように腰の高さの台を使うと、人も猫も楽に爪切りができます。 台が用意できなくても、猫に楽な体勢をとらせるよう意識すれば、暴れることも少ないでしょう。 1人で切るのが心配なときは、押さえる役と切る役の2人がかりで行うのもOKです。 すばやくササッと切る 爪切りのときは、どうしても猫を押さえることになりますよね。 しかし「押さえられる」というのは、猫が嫌いな行為のひとつなので、なるべくササッと終わらせましょう。 抵抗が激しいなら「1日1足」などと決め、数日かけて切るのもひとつの手段です。 爪切りトラブル「出血」「割れる」どうしたらいい? 切りすぎて出血! 爪切りの頻度を下げようと爪を深く切っていると、切りすぎて出血が!そんなときは、爪の付け根を押さえたまま、清潔なガーゼを出血箇所に当てます。 切り口が浅い場合は、たいてい1~2分で血は止まりますが、しばらく経っても止まらないなら、市販のペット用止血剤を使うか動物病院で診てもらってください。 念のため、止血剤は常備しておいた方がいいかもしれません。 爪が割れた 硬い爪を切るときに、爪が割れることもあります。 もし出血していなければ、様子をみましょう。 外側の爪がはがれそうなときも、自然にはがれるのを待ってください。 出血がみられるときは、上記した方法で手当てをしてください。 「ねこのきもち」読者にアンケートをとったところ、7割近くの飼い主さんが「爪切りに苦労している」と答えています。 爪切りが好きな猫は少なく、飼い主さんも慎重になって時間がかかってしまうことが理由にあげられるでしょう。 子猫のうちから爪切りをしておけば徐々に慣れてくれるので、次第に飼い主さんのスキルも向上していきますよ。 大変でしょうが、ぜひ根気よく取り組んでみてください。 もし不安がある場合は、動物病院やペットサロンで切ってもらうのもおすすめですよ。

次の

猫の爪切りの仕方・完全ガイド~必要性から暴れるときの対処法まで

子猫 爪 切り

ロシアンブルーなど猫を飼う上で避けては通れないのが爪切りだと思います。 猫の爪切りは大変だなんて話を聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?爪を切ろうとすると暴れてしまうなんてこともよくあるようです。 ただ、爪を定期的に切ってあげないと爪をカーテンにゃカーペットに引っ掛けてしまい、爪を折ってしまうことがあります。 また生えてくる場合は良いですが、爪が死んでしまうと動物病院で抜去する処置をしなくてはいけません。 爪切りは愛猫のためにもぜひやってもらいたいです。 ただ、子猫の場合はいつから爪を切ったらよいのかわかりませんよね?今回は ロシアンブルーの子猫の爪をいつから切ったらよいか、爪切りをする頻度について紹介させていただきます。 ロシアンブルーの爪切りは必要? 爪切りなんて必要?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。 飼っているロシアンブルーが外で生活している場合は木に登ったり、狩りをしたりしやすくなるので、爪とぎさえしていれば問題ありません。 ただ、室内で生活している猫の場合は、爪が伸びていることでカーテンやカーペットなどに引っかかってしまし、爪を折ってしまう場合があります。 また、引っかかれてケガをしてしまう可能性があります。 そうならないためにも、 室内飼いをしている場合は定期的に爪を切ってあげる必要があります。 爪を切ってあげることは愛猫のためにもなりますし、飼い主のためにもなります。 ロシアンブルーの子猫の爪きりを始める時期 ロシアンブルーの子猫の爪を切り始めるのは 生後1~2カ月頃が適しているようです。 爪切りは子猫のうちから慣らせてあげないと、成猫になってから暴れて大変なことになってしまいます。 爪切りを嫌がる猫は多いので、徐々に慣らしていきましょう。 爪切りを始める時期は生後1~2カ月頃ですが、それまでの間にも猫とのスキンシップの中で足を触れられることに慣らさせておくと、 爪切りがスムーズに行える場合があります。 ロシアンブルーの子猫の爪切りの頻度 子猫の爪きりの頻度は 1~2週間に1回程度が目安です。 爪が伸びるスピードはそれぞれ異なるので、毎日のスキンシップの中で爪先をチェックして伸びていないか確認してあげましょう。 子猫は好奇心旺盛で運動量も多いです。 しかし、爪の出し入れがまだ上手くできないので、カーテンに登ったり、おもちゃで遊んでいるときに爪を引っかけて折ってしまう可能性があるので、子猫の爪切りは定期的にしてあげましょう。 Sponsored Links ロシアンブルーの子猫の爪を上手に切るコツ 猫の爪を切るのに苦労されたという方も多いかと思います。 爪切りをする時のコツには以下のようなものがあります。 爪きりに時間をかけない 爪を切るときには 時間をかけないことがコツです。 一度に全ての爪を切ることができなくてもいいので、1~2本切れれば大丈夫です。 猫に爪切りを意識させないことが大切です。 また、爪を切る際には何度も切るのではなく、爪の先端の細くなっているところを1回で切ることを心がけましょう。 時間をかけてしまうほど不安を感じてしまうこともありますので、 爪切りには時間をかけないようにしましょう。 後ろから爪を切る 子猫を後ろから抱え込むようにして抱っこして座らせてあげると、安心して爪切りをさせてくれる場合が多いです。 どんな体勢であっても子猫が安定してじっとしていられるなら構いませんので、子猫が落ち着ける体勢を見つけてあげて下さい。 子猫の足を強く握らない 猫は足を強く握られるのを嫌うので 強く握らないようにしましょう。 子猫の爪切りのためには爪を押し出す必要がありますが、そっと持って優しく押して爪を出すようにしましょう。 嫌がる場合は中断する 子猫が嫌がる場合は無理には行わず、 途中で中断することも大切です。 嫌がっているのに無理に爪切りをしようとすると爪切りが嫌いになり、今後の爪切りが大変になってしまいます。 深爪には要注意 初めて猫の爪を切る場合、どこまで切っていいのかわからないという方も多いようです。 猫の爪は外側と内側の2つの層で構成されており、 爪切りの際に切っても良いのは外側の部分です。 内側の部分はクイックと呼ばれる部分で、このクイックには神経と血管が通っています。 爪切りの際にクイックまで切ってしまうと出血してしまいます。 猫の爪切りは大変なので一度に多めに切っておこうと考え、深く切り過ぎてしまうケースがあるようです。 しかし、一度爪切りで痛い思いをさせてしまうと次の爪切りからはもっと難しくなるので 深爪には気をつけましょう。 まとめ ロシアンブルーの子猫の爪を切ってあげることは、子猫のためにも飼い主のためにもなることです。 子猫のうちから爪切りを始めておくと、成猫になってからも嫌がることなく爪切りをさせてくれるようになったりします。 初めての爪切りは大変かもしれませんが、子猫が飼い主になれたらなるべく早く爪切りを始めるようにしましょう。 まずは1本の爪を切るところから始めてみて下さい。

次の

子猫の衛生面その2 爪の切り方とコツ

子猫 爪 切り

Contents• 子猫の爪が痛いくらい引っかかる! 痛い痛いネコの鋭い爪。 でも仕方無いですよね。 そもそも、屋外で木や壁に上ったり、ネズミなどの獲物を獲ったりと、生きて行くためには必要な爪。 今まで、どうやって高いところに上るんだろう、、と不思議でしたが、自分が木の役目になって判明しました。 あの、とがった爪で引っ掻けて上ってたんですねぇ。 なので、本来なら切る必要は無いんですが、特に室内だけで飼っている場合や小さい人間の子供と遊ぶ場合は、少しだけ先を切ってあげるといいです。 子猫の爪切りいつからできるの? 子ネコも人間の赤ちゃんと同じで、生まれてすぐは爪も柔らかいです。 生後1カ月くらいで固いしっかりした爪になってくるので、そのころから切り始めるといいですね。 爪切りの頻度は、子猫の場合なら1週間~10日に1回くらいがいいでしょう。 大人になってから始めると嫌がって切らせてくれないという話をよく聞くので、小さいうちに頻繁に切って、慣れさせてあげるといいですね。 ネコちゃんも、爪きりが痛くないと分かれば抵抗しません。 うちは3カ月くらいになって初めて前足を切りましたが、まったく抵抗なく切らせてくれました。 でも後ろ足は切らせてくれませんでしたね。 でも引っ掻くのは主に前足の爪なので、うちは前足だけ切っています。

次の