このアカウントではicloudミュージック。 このアカウントではiCloudミュージ…

iCloudミュージックライブラリはオンとオフ、どちらにするのがいい?

このアカウントではicloudミュージック

ノート:iCloudミュージックライブラリのオプションは、すでにApple Musicに登録した場合だけ表示され、オフにすることができます。 iCloudミュージックライブラリを有効にするとどうなるの? iCloudミュージックライブラリをiPhoneで有効にするとiPhoneに保存されている音楽がApple Musicのデータベースとマッチングされます。 iCloudミュージックライブラリを有効にしている間、iPhoneの音楽はDRMの保護がかかります。 DRMが付与されることで楽曲を失う可能性 以下のような状況のときに楽曲データを失い、音楽を再生できなくなります。 CDなどからリッピングしたDRMフリーの音楽をiTunesに取り込む• iTunesからiCloudミュージックライブラリにアップロード。 この時点でApple Musicにある楽曲はDRM保護付きに変換されます。 何らかの理由でiPhoneから音楽データを削除。 Apple Musicを退会した時、何らかの事情でApple IDに変えた場合に音楽を再生できなくなります。 音楽をバックアップ iCloudミュージックライブラリやApple MusicをiPhoneで有効にする前に、ローカルに保存してある音楽を外付けHDDなど安全な場所にバックアップしておくことをお勧めします。

次の

このアカウントではiCloudミュージ…

このアカウントではicloudミュージック

Apple Musicの機能で「オフラインで再生する」というのがあります。 自分で購入した曲と同じようにマイミュージックの中に入ってくれるものですが、iCloudミュージックライブラリが有効になっていないと利用することができません。 ここで 結合か 置き換えの選択肢が出ます。 結合:iPhone等のデバイスの中に入っている音楽とiCloudに保存されている音楽を結合します。 置き換え:iCloudに保存されている音楽をiPhone等のデバイスに入っている音楽と置き換えます。 ということは、置き換えを選択してしまうとローカルに入っている音楽が消えてしまう可能性がありそうです。 音楽をiPhone内に保存している方は結合を選んだ方が良さそうです。 これで完了ですので、あとはApple Musicから音楽を保存できます。 iCloudミュージックライブラリに保存できる曲数は10万曲までとなっています。 この設定で、Apple Music開始直後に「iCloudミュージックライブラリを有効にできません」というエラーが出ていた人たちがいました。 私も出来ませんでした。 ミュージックアプリを終了させてからONにすると良いなど対策も書かれましたが、人によって出来る人と出来ない人がいました。 エラーでONに出来なかった人は、もう1度試してみてはいかがでしょうか? もしONに出来なければ• ミュージックアプリを終了する。 iPhoneを再起動する• 設定をする の手順で試してみてください。

次の

【iPhone】iCloudミュージックライブラリが表示されないときの対処法!

このアカウントではicloudミュージック

Apple Musicで楽曲の削除はダウンロードデータだけを削除する方法とライブラリから楽曲情報を丸々削除する方法の2つがあります。 ダウンロードデータだけを削除するとライブラリには楽曲情報が残るので再ダウンロードも簡単ですが、ライブラリから楽曲情報を丸々削除すると楽曲を探し直す必要があります。 Apple Musicを一度まっさらにしたい、もう聴かない曲をライブラリにも残しておきたくない場合に利用してください。 また、ライブラリから削除する際には注意したい点もあるので、 ライブラリから楽曲を個別・一括で完全に削除する方法について解説していきます。 ダウンロードデータだけ削除したい人は以下の記事を参考にしてください。 ライブラリから削除とは 「ダウンロードを削除」は端末に保存された楽曲のダウンロードデータを削除するだけで、ライブラリに楽曲情報は残ります。 そのため、再ダウンロードする際にはライブラリのプレイリストなどから簡単に楽曲を見つけることができます。 しかし、 ライブラリから削除すると楽曲情報が削除され、プレイリストなどには残りません。 個別、プレイリスト、アルバム単位で楽曲を削除すると、Apple IDで紐付けされているので他の端末でも同じ様に削除されます。 また、再ダウンロードしたい時は検索から楽曲を見つける必要があるため、少々面倒になります。 そのため、ライブラリから削除する楽曲は今後、まず再生することがない楽曲に対して行うといいでしょう。 購入した楽曲の再ダウンロードはiTunesが必要 購入した楽曲をライブラリから削除すると、Apple Musicから検索をしても見つけることができません。

次の