関西 電力 森山。 関西電力(役員)金品受領問題の謎

関西電力(役員)金品受領問題の謎

関西 電力 森山

原発マネー還流問題が発覚した関西電力 Photo by Ryo Horiuchi 江戸時代中期に幕府の老中として権勢を振るった田沼意次は、当時としては珍しい重商主義政策を採用した。 密室で代官と向き合った悪徳商人が差し出した菓子折りの下に小判が隠されていて、「お主も悪よのう」と代官が高笑いする時代劇のシーンは、その時代の象徴として描かれることもあった。 田沼意次の生誕300年に当たる2019年、令和という新しい時代を迎えた。 ところが、である。 まさに時代劇を地でいくような驚愕の事実が関西電力で発覚した。 関電の八木誠会長(10月9日付で辞任)や岩根茂樹社長を含む役員ら20人が06年から18年の間に、高浜原子力発電所が立地する福井県高浜町の元助役、森山栄治氏(故人)から総額3. 2億円相当の金品を受け取っていたのだ。 関電、吉田開発、森山氏の3者間で原発マネーが還流していた。 関電は問題が発覚してからも、情報公開が不十分で対応が後手に回った。 関電はこれまでの会見で、森山氏側からの金品の受け取りについて「個人口座には振り込まれていない」と疑惑を否定しており、新証言はこれを覆すものである。 自らの意思で伝えていたならば、初めから現金を受け取るつもりだったことになる。

次の

関西電力の金品受領問題の違和感。稲田朋美と同和の関与を報道しないマスコミ。

関西 電力 森山

Contents• 関西電力|高浜町の森山栄治元助役は生きている? 「森山元助役が生きている」という説ですが、ドラマチックにいけば、可能性は高いです。 ただ、この現代のSNS社会において、情報はもれがちです。 もし生きていたらネット上にさらされていることでしょう。 ただ、森山元助役は「高浜町の影の市長」と長年恐れられた方です。 しかも、高浜町は原発で成り立っている町。 いわば昔ながらの集落的要素が強い場所ということ。 さらには、高浜町は「原発で成り立っている町」という認識を現地の人々だれもが感じており、原発の恩恵に対し感謝をしています。 こうなってくると、森山元助役を全体でかばい隠すことで、高浜原発が今まで通りにいき、税金が投入され続けていく未来をつかもうとする可能性だってあります。 まぁこの辺りに関しては、そうした町で暮らした経験がないので管理人の憶測に過ぎないですが・・。 (高浜町の方すみません。 現地にお住まいの方、よろしければ現実をコメントして頂けると幸いです。 汗) 関西電力|高浜町の森山栄治元助役が生存説のワケ この森山元助役、報道が明らかになった日から生前の彼の行動も日を増すごとに明らかになっています。 簡単に言うと、脅迫めいたことをするのは当たり前の人物で、高浜町の「影の町長」とも呼ばれていたことが明らかになっているわけです。 こうした中で、森山元助役が生きていた時に、週刊朝日や朝日新聞などが本人に直接取材をしています。 直撃取材のあと、2019年である今年の3月に彼は死亡しています。 関西電力|高浜町の森山栄治元助役が死亡したからこそのニュース 一般的に考えていくと、「影の町長が死亡」したからこそ、このタイミングで一気に森山元助役の存在が明らかになったという流れです。 この話には「同和問題」という日本人がタブーにしている問題が根本にあります。 いずれにしても 森山栄治 が 生きている 間は同和関連事業の中心人物であり強大な影響力を持っていたという事でしょう まぁその中心人物が亡くなったことで、一気に吹きこぼれるように真実が明るみになったということです。 こういう人物が日本中にいると思うと、考えさせられるものがありますね。。

次の

関電がパワハラ被害者面する一方で言及を避ける「不都合な真実」

関西 電力 森山

地元建設会社が有利なように原発工事を受注 関西電力(関電)の役員ら20人が高浜原子力発電所のある福井県高浜町元助役の森山栄治氏(今年に死去)から計約3億2000万円相当の金品を受け取っていた問題で、関電は10月2日、昨年9月にまとめた社内の調査委員会の報告書を公表した。 公開は初めてだった。 報告書によると、役員の2人は受領額が1億円を超えていた。 それだけではない。 元助役に原発関連工事の情報が提供されていたことも明らかになった。 情報は元助役の森山氏と関係が深い地元高浜町の建設会社「吉田建設」に伝えられ、この建設会社が有利な条件で工事を受注していた疑いがある。 吉田建設は原発関連工事で売上を急増させ、少なくとも2013年から5年の間に売上を6倍に伸ばしていた。 記者会見で質問を受ける関西電力の八木誠会長(左から2人目)と岩根茂樹社長(同3人目)ら=2019年10月2日、大阪市福島区 美浜原発では蒸気噴出事故で11人が死傷が起きている 福井県には高浜原発以外に敦賀原発、美浜原発、大飯原発のあわせて4つの原子力発電所がある。 このうち美浜原発では2004年8月には蒸気噴出事故が起き、関電の協力会社の作業員5人が熱水を浴びて死亡、6人が負傷した。 原発運転中に死者を出した国内初の事故として知られている。 原因は経年劣化による配管の破裂だった。 配管は1976年の稼働開始から28年間、一度も検査されず、配管の肉厚が大幅にすり減っていた。 この事故をみるだけでも、関電という組織の杜撰な体質がわかる。 そう考えると、今回の金品受領問題にも、まだ表には出ていない不都合な事実が隠されている気がしてならない。

次の