パナマ 国旗。 中国がパナマと国交樹立、その意味を考える:日経ビジネス電子版

パナマ国旗の特徴や意味、由来、誕生年、フリーイラストや画像を徹底的に解説します

パナマ 国旗

パナマの歴史 > パナマの歴史 [pr] パナマの歴史 独立記念広場 (写真:) 16世紀に始まるスペイン人らの侵略により、病気が蔓延したり、奴隷として酷使されたため、 先住民の種族は79から7つに激減したという悲しい歴史がある。 また、パナマ運河を巡るアメリカの権益に翻弄され、 新の意味での独立は1999年12月31日の運河返還といえよう。 白地多彩文土器と豊富な金製品を特色とする。 この文化の重要な遺跡であるシティオ・コンテ Citio conte には高さ約2mの石の列柱、土の塚、石墓などが発見されている。 金製品は多彩で、人物、神像、動物などをかたどった耳飾、鼻飾、腕飾、ペンダント、冠、容器などが作られた。 1502年 コロンブスの第4回航海で、カリブ海側のモスキトス湾 Golfo de los Mosquitos 沿岸が探査され、 チリキ沿岸やポルトベーロ Portobero に上陸した。 ポルトベーロは、コロンブスによって命名され「美しい港」の意味である。 1510年 ダリエン湾岸にスペインの植民地が建設された。 奴隷を逃れた先住民たちは、抵抗力がないためにヨーロッパ人の持ちこんだ病気により、次々と死んだ。 バルボアは、ヨーロッパ人として最初に太平洋を発見し、 「穏やかな、あるいは平和な海」を意味する太平洋と名付けた。 1519年 スペインがパナマ市に植民地を建設した。 パナマという名前は、先住民の「魚が豊富なところ」という言葉が由来になっている。 1538年 オーディエンシアという植民地支配のための機関が、パナマに置かれる。 1572年 英国人のフランシス・ドレイク船長がノンブレ・デ・ディオス Nombre de Dios を襲撃する。 1597年 地峡横断ルートのカリブ側基地として,ノンブレ・デ・ディオスにかわり,防御の容易なポルトベーロ Portobelo が建設された。 ペドロ湾を守る5つの要塞が築かれ、サンロレンソ要塞とともに世界遺産の文化遺産に登録されている。 1666年 ヘンリー・モルガン船長が、ポルトベーロを襲撃 1671年 海賊モルガンたちは、パナマを襲撃し、破壊と略奪により廃墟となった。 1673年 スペインは、アルフォンソ・メルカド・デ・ビリャコルタを司令官とし、 8km離れた現在の旧市街 カスコ・ビエホ Casco Viejo に、新しい町を再建した。 現在でも、歴史的地区としてカテドラルや国立劇場などのスペイン様式のコロニアル建築が残っている。 1821年11月10日 ロス・サントス市がスペインからの独立を宣言した。 1821年11月28日 スペインから脱した大コロンビア連邦共和国の一州として、パナマも植民地支配から脱する。 この日を記念して、 11月28日は「スペインからの独立記念日」となって祝日になっている。 1855年 パナマ市とコロンを結ぶパナマ地峡横断鉄道が開通した。 これは、アメリカのカリフォルニアのゴールドラッシュがおき、アメリカの東海岸から西海岸への旅が困難であったため、 パナマ地峡を横断する必要があったのである。 建設には黒人労働者に9千人の犠牲者が出た。 1869年 アメリカ合衆国大陸横断鉄道が完成し、以後パナマ横断鉄道は急速に衰退した。 1881年 フランス運河会社がフェルディナンド・マリエ・デ・レセップスの指導により運河建設に着手したが失敗に終わった。 レセップスは、スエズ運河の建設を管理した技術者である。 この運河は、水門がないスエズ運河のように海面式であり、難工事であったばかりでなく、 黄熱病、マラリアなどの熱帯病や雨季の氾濫により工事が阻まれ、3万人が死亡した。 1903年11月3日 コロンビアから独立し、パナマ共和国となる。 アメリカ政府は、運河建設に関する条約をコロンビア政府に拒否されたため、パナマの独立派を援助したのである。 11月3日は「コロンビアからの独立記念日」となって祝日となっている。 1903年〜1914年 パナマ独立後、アメリカはパナマと運河条約を締結し、運河両側各8km地帯の永久租借権、治外法権、武力干渉権を確保し、 米国によりパナマ運河が建設された。 建設のピーク時には4万3千人以上の労働者がおり、その4分の3はアンチル人と呼ばれた英国領のカリブ海諸島の黒人であった。 1964年 1月9日国旗事件が起こる。 パナマと米国の両国の国旗を掲揚することに反対した米国人右翼学生が、運河地帯内のバルボア高校で米国国旗のみを掲揚した。 これによりパナマ人の暴動が発生し、パナマ運河境界線に殺到した人々に対し、米軍が発砲し死者が出た。 この暴動により4人のアメリカ市民と20人のパナマ市民が亡くなり、この人々を記念して、 1月9日は「殉教者の日」として祭日となっている。 1968年 軍のクーデターにより政府の実権はオマール・トリホスらの若手将校の手に移った。 1977年 新パナマ条約が締結され、1999年12月31日正午を期してパナマ側に無償で譲渡されること, その後の管理・運営・維持はパナマが行うこと,その防衛もパナマの手に委ねられること, 運河は国際的通航水路として永久に中立化され,戦時であると否とを問わずあらゆる国の船舶がまったく平等に通航できることなどを決められた。 1981年 トリホス将軍が、航空機事故で死亡した。 1983年 軍内政変によりノリエガが実権を掌握した。 1989年 アメリカは、ノリエガ将軍を捕らえるために、パナマに侵攻した。 ノリエガは捕らえられ、ギジェルモ・エンダラが大統領に就任した。 1999年12月31日 アメリカは、全面的にパナマ運河を返還した。

次の

パナマ国旗の特徴や意味、由来、誕生年、フリーイラストや画像を徹底的に解説します

パナマ 国旗

パナマの歴史 > パナマの歴史 [pr] パナマの歴史 独立記念広場 (写真:) 16世紀に始まるスペイン人らの侵略により、病気が蔓延したり、奴隷として酷使されたため、 先住民の種族は79から7つに激減したという悲しい歴史がある。 また、パナマ運河を巡るアメリカの権益に翻弄され、 新の意味での独立は1999年12月31日の運河返還といえよう。 白地多彩文土器と豊富な金製品を特色とする。 この文化の重要な遺跡であるシティオ・コンテ Citio conte には高さ約2mの石の列柱、土の塚、石墓などが発見されている。 金製品は多彩で、人物、神像、動物などをかたどった耳飾、鼻飾、腕飾、ペンダント、冠、容器などが作られた。 1502年 コロンブスの第4回航海で、カリブ海側のモスキトス湾 Golfo de los Mosquitos 沿岸が探査され、 チリキ沿岸やポルトベーロ Portobero に上陸した。 ポルトベーロは、コロンブスによって命名され「美しい港」の意味である。 1510年 ダリエン湾岸にスペインの植民地が建設された。 奴隷を逃れた先住民たちは、抵抗力がないためにヨーロッパ人の持ちこんだ病気により、次々と死んだ。 バルボアは、ヨーロッパ人として最初に太平洋を発見し、 「穏やかな、あるいは平和な海」を意味する太平洋と名付けた。 1519年 スペインがパナマ市に植民地を建設した。 パナマという名前は、先住民の「魚が豊富なところ」という言葉が由来になっている。 1538年 オーディエンシアという植民地支配のための機関が、パナマに置かれる。 1572年 英国人のフランシス・ドレイク船長がノンブレ・デ・ディオス Nombre de Dios を襲撃する。 1597年 地峡横断ルートのカリブ側基地として,ノンブレ・デ・ディオスにかわり,防御の容易なポルトベーロ Portobelo が建設された。 ペドロ湾を守る5つの要塞が築かれ、サンロレンソ要塞とともに世界遺産の文化遺産に登録されている。 1666年 ヘンリー・モルガン船長が、ポルトベーロを襲撃 1671年 海賊モルガンたちは、パナマを襲撃し、破壊と略奪により廃墟となった。 1673年 スペインは、アルフォンソ・メルカド・デ・ビリャコルタを司令官とし、 8km離れた現在の旧市街 カスコ・ビエホ Casco Viejo に、新しい町を再建した。 現在でも、歴史的地区としてカテドラルや国立劇場などのスペイン様式のコロニアル建築が残っている。 1821年11月10日 ロス・サントス市がスペインからの独立を宣言した。 1821年11月28日 スペインから脱した大コロンビア連邦共和国の一州として、パナマも植民地支配から脱する。 この日を記念して、 11月28日は「スペインからの独立記念日」となって祝日になっている。 1855年 パナマ市とコロンを結ぶパナマ地峡横断鉄道が開通した。 これは、アメリカのカリフォルニアのゴールドラッシュがおき、アメリカの東海岸から西海岸への旅が困難であったため、 パナマ地峡を横断する必要があったのである。 建設には黒人労働者に9千人の犠牲者が出た。 1869年 アメリカ合衆国大陸横断鉄道が完成し、以後パナマ横断鉄道は急速に衰退した。 1881年 フランス運河会社がフェルディナンド・マリエ・デ・レセップスの指導により運河建設に着手したが失敗に終わった。 レセップスは、スエズ運河の建設を管理した技術者である。 この運河は、水門がないスエズ運河のように海面式であり、難工事であったばかりでなく、 黄熱病、マラリアなどの熱帯病や雨季の氾濫により工事が阻まれ、3万人が死亡した。 1903年11月3日 コロンビアから独立し、パナマ共和国となる。 アメリカ政府は、運河建設に関する条約をコロンビア政府に拒否されたため、パナマの独立派を援助したのである。 11月3日は「コロンビアからの独立記念日」となって祝日となっている。 1903年〜1914年 パナマ独立後、アメリカはパナマと運河条約を締結し、運河両側各8km地帯の永久租借権、治外法権、武力干渉権を確保し、 米国によりパナマ運河が建設された。 建設のピーク時には4万3千人以上の労働者がおり、その4分の3はアンチル人と呼ばれた英国領のカリブ海諸島の黒人であった。 1964年 1月9日国旗事件が起こる。 パナマと米国の両国の国旗を掲揚することに反対した米国人右翼学生が、運河地帯内のバルボア高校で米国国旗のみを掲揚した。 これによりパナマ人の暴動が発生し、パナマ運河境界線に殺到した人々に対し、米軍が発砲し死者が出た。 この暴動により4人のアメリカ市民と20人のパナマ市民が亡くなり、この人々を記念して、 1月9日は「殉教者の日」として祭日となっている。 1968年 軍のクーデターにより政府の実権はオマール・トリホスらの若手将校の手に移った。 1977年 新パナマ条約が締結され、1999年12月31日正午を期してパナマ側に無償で譲渡されること, その後の管理・運営・維持はパナマが行うこと,その防衛もパナマの手に委ねられること, 運河は国際的通航水路として永久に中立化され,戦時であると否とを問わずあらゆる国の船舶がまったく平等に通航できることなどを決められた。 1981年 トリホス将軍が、航空機事故で死亡した。 1983年 軍内政変によりノリエガが実権を掌握した。 1989年 アメリカは、ノリエガ将軍を捕らえるために、パナマに侵攻した。 ノリエガは捕らえられ、ギジェルモ・エンダラが大統領に就任した。 1999年12月31日 アメリカは、全面的にパナマ運河を返還した。

次の

世界の国々 / 北アメリカ / パナマ

パナマ 国旗

パナマは中米に位置する小国ですが、スペインの探検家ロドリーゴ・デ・バスティーダスによって発見され16世紀にスペインが入植するまでに先住民族の数は約200万人住んでいたとされています。 1501年にスペインがパナマを発見すると1508年にスペイン人が入植を開始しはじめました。 1519年には植民地化が完了しパナマ市が建設されました。 パナマは他の南米諸国と同じように疫病と奴隷労働で先住民族は大打撃を受けました。 スペインは、他の植民地よりもパナマを重視していました。 それは、パナマが地理的に南米大陸に通じる重要拠点であったため、パナマを中心としてピサロはインカ帝国の侵略計画を策定し実行しました。 そのため、パナマはスペインに物資を送るための中継地点として長い期間反映します。 主にスペイン輸出用のボリビアで取れるポトシ銀山の銀は陸路でパナマを経由した後に海路でスペインへ輸出されました。 周辺諸国の植民地化が終了したスペインは、新たに創設されたヌエバ・グラナダ副王領にパナマを編入しました。 1808年にスペイン独立戦争が勃発するとスペイン植民地でも独立運動が各地で起こりました。 1819年に南米解放の英雄シモン・ボリバールがヌエバ・グラナダ副王領を開放すると所属していた各国は一斉に独立。 パナマもその勢いに乗り独立に成功し、自発的に新国家大コロンビア共和国に加盟しました。 その後エクアドルを初めとした大コロンビア共和国所属の国家が独立したため、大コロンビア共和国は解体され、新たにコロンビア・パナマを中心としたヌエバ・グラナダ共和国が建国されました。 この時に使用されていた国旗は、赤・青・黄色の縦三色国旗でした。 始めは順調に行っていたヌエバ・グラナダ共和国でしたが、コロンビアの権力が強くなり始めたことでパナマ内部から不満が出始める中、アメリカも戦略的事情から中米の国家を必要としていました。 アメリカはコロンビアからパナマ運河の建設を反対されたため、パナマを独立させ管理地区として統治を開始しました。 この時に国旗が制定されました。 その後パナマは1999年にすべての統治地域をアメリカが返却したことにより完全独立を果たしました。 パナマ共和国は、青赤の五角星を配した青赤の4分割国旗特徴で、このデザインは1903年にコロンビアから独立した際に一番初めに掲揚され、1905年に正式に現在の国旗が制定されました。 デザインの発案者は初代大統領のマヌエル・アマドールであり、制作者は大統領妃のマリア・デ・ラ・オッサ・デ・アマドールでした。 独立時に旗は作成されましたが、その時にデザインは影響力が強かったアメリカ国旗を参考にしたと言われています。 パナマはアメリカの支援もあり独立に成功しました。 しかし、新たに制定された憲法ではパナマ運河地帯の幅16kmの主権を永遠にアメリカ合衆国に認めるとの規定があり、以降パナマはアメリカ合衆国によって事実上支配されることになりました。 運河地帯の主権を獲得したアメリカ合衆国によって運河建設は進められ、1914年にパナマ運河が開通しました。 これによりパナマは、中米における最重要拠点の一つとして数えられるようになりました。 国旗の色にも意味があり、独立当時の2大政党であった保守党と自由党が互いに今日よく関係を築き、平和な国家を作るという願いが込められています。

次の