アメ 車 スポーツ カー。 なぜ「マッスルカー」というカテゴリーはアメ車とオーストラリア車(結果的に...

【随時更新】2020年の自動車・カーイベント一覧|ドライバージャパン

アメ 車 スポーツ カー

・外車メーカーごとの特徴をおさえておけば、自分に合った車種を選ぶのに役立つ ・「外車=高級車」ではない。 各メーカーのランクや価格帯を把握しておこう ・高価な外車でも中古車ならお得に購入できるのでおすすめ! 人気の高い外車メーカーランキング7選 日本車にトヨタ、マツダ、ホンダ、スバルなどがあるように、外車といってもさまざまなメーカーがあります。 ここでは、特に日本で人気の高い外車メーカーの特徴をみていきましょう。 外車購入を検討されている方は、メーカーごとの違いを知っておくと自分に合った車種を選ぶことができるでしょう。 【7位】ポルシェ ポルシェは1931年に設立されたドイツの自動車メーカーで、フォルクスワーゲングループに属しています。 フェルディナント・ポルシェのデザイン事務所で、乗用車や戦車の設計などを手掛けたことから始まりました。 ベンツ・アウディ・ボルボの仕事を手掛けて成長してきた技術力の高いメーカーです。 356シリーズや356を発展させた911シリーズなどスポーツカーやレーシングカーが有名ですが、現在ではセダンのパナメーラやSUVのカイエンなどラインナップの幅が広がっています。 【6位】プジョー プジョーは1882年に設立されたフランスの自動車メーカーです。 量産自動車を販売し始めた最初のメーカーだといわれています。 自動車メーカーとして有名なプジョーですが実は自転車を製造しているのも特徴です。 自転車ロードレースの最高峰ツールドフランスで総合優勝を経験したこともあります。 プジョー・スポールというモータースポーツ担当部門を作り、カーレースにも積極的に参加しているのも特徴です。 世界ラリー選手権、ダカール・ラリー、ル・マン24時間耐久レースなど世界中の様々な大会に参戦するなど、技術力の高いメーカーといえるでしょう。 【5位】ボルボ ボルボは1927年にスウェーデンで設立された自動車メーカーです。 元々はトラック部門や船舶エンジン部門などで構成されているボルボグループの1部門として始まりました。 1998年にフォードに買収されることでフォード傘下の自動車会社となり、2010年にはさらに中国の吉利汽車に買収されているメーカーです。 ボルボは世界一安全なファミリーカーと称されるほど安全性に優れているメーカーで、1994年にはオートリブと共同で世界初のサイドエアバッグの開発に成功しています。 【4位】アウディ アウディは1909年に設立されたドイツの自動車メーカーです。 ベンツの工場長として勤務していたアウグスト・ホルヒによって立ち上げられました。 元々はホルヒとして設立されましたが、以前設立して追い出された会社もホルヒという名前であることから訴えられてしまい、アウディという名称に変更しました。 アウディの4つの輪が繋がっているエンブレムは、1932年に合併したアウディ・DKW・ホルヒ・ヴァンダラー4社の結束を表しているものです。 モータースポーツにも積極的に参加するアウディは、ル・マン24時間耐久レースで優勝経験があります。 【3位】フォルクスワーゲン フォルクスワーゲンは1937年に設立されたドイツの自動車メーカーで、世界中に100を超える工場を所有する一大企業です。 社名にはドイツ語で国民車という意味がありますが、現在では高級車など幅広いラインナップを展開しています。 買収にも積極的で、中国の上海汽車、チェコのシュコダ、スペインのベントレーやランボルギーニなどを買収しています。 フォルクスワーゲンは、日本人にも人気が高いメーカーです。 カラーリングやフォルムなどのデザイン性が高く、高級過ぎない価格設定が親しみやすいが人気の理由といえるでしょう。 【2位】BMW BMWは1917年に設立されたドイツのメーカーです。 設立当初は航空機メーカーとして活躍していたため、エンブレムはプロペラをモチーフとしています。 その後1922年にバイク製造会社に変更し、1929年に自動車製造も始めました。 現在ではMINIやロールスロイスなども傘下に収める大手自動車メーカーです。 BMWは先端技術を積極的に採用し走りの良さを追求するメーカーで、車に詳しくない人でも知っている有名メーカーのひとつといえます。 【1位】メルセデス・ベンツ メルセデス・ベンツは1962年にダイムラー・モトーレン・ゲゼルシャフトとベンツ&シー・ライニッシェ・ガスモトーレン・ファブリークの2つのメーカーが合併することで設立されたドイツの自動車メーカーです。 ベンツは乗用車だけではなく、タクシーやバス、ダンプカーといった商用車の製造販売も行っています。 ベンツは「お金持ちが載っている車」というイメージもありますが、国産車とあまり変わらないような幅広い価格帯のラインナップもあるのが特徴です。 外車メーカーの格付けランク 「外車=高級車」というイメージを持っている方もいますが、実は外車のなかでもメーカーによって価格帯の幅は広いものです。 外車購入を検討される際に、メーカーごとのランクを知っておけば自分に合ったメーカーを選択できるでしょう。 ここではプレミアム・超高級車・希少性の高いスーパーカーの3つに分けて紹介していきます。 欧州のプレミアムブランド 欧州のプレミアムブランドとしては、ドイツ御三家と呼ばれるアウディ、BMW、ベンツをはじめとした日本でも人気な欧州車があげられます。 フォルクスワーゲン、ボルボ、ジープ、キャデラック、アルファロメオ、ジャガーなどもこのランクに位置するでしょう。 国産車と比べると高価なブランドですが、外車のなかでは多くの方に利用されている一般的な価格帯といえます。 超高級車として有名なブランド 超高級車として有名なブランドとしては、ポルシェ、ランドローバー、マセラティなどがあげられます。 プレミアムブランドより高価で、ブランド名を聞くと多くの方が高級車であると認識する有名なブランドです。 ポルシェのカイエン、ランドローバーのレンジローバーイヴォーク、マセラッティのギブリなどは日本でも人気でしょう。 希少性の高いスーパーカー 希少性の高いスーパーカーは乗用車のなかでは群を抜いて価格が高く、1,000万円を超えるモデルも珍しくありません。 希少性の高いスーパーカーとしては、ロールスロイス、メルセデスマイバッハ、フェラーリ、ランボルギーニ、マクラーレンなどがあげられます。 どれも非常に有名かつ高級なブランドです。 特にイタリアのスポーツカーブランドであるフェラーリやランボルギーニは日本でも人気が高いでしょう。 おすすめの外車7選 一口に外車といっても、グレードや性能などはメーカーによってさまざまです。 ここからは外車のなかでも特に人気が高く、おすすめの車を7つ紹介していきます。 車種の特徴やスペック、価格帯などを紹介していきます。 外車購入を考えている方は是非参考にしてください。 メルセデス・ベンツ GLE 350d 「GLE 350d」はアッパーミドルサイズのSUVです。 このグレードはモダンでセクシーな内装で、色気があり大人っぽい雰囲気を演出してくれます。 状態にもよりますが、中古なら300万円台から探すことができます。 ・最大トルク:63. ・総排気量:2,986cc• ・燃料タンク容量:93リットル• ・燃費:JC08モードで12. 2015年にモデルチェンジされてスタイリッシュになりました。 新車購入価格は473万円です。 中古なら走行距離2万キロ以下で、2年前に製造された車でも300万円台で購入できます。 ・最大トルク33. ・総排気量:1,995 cc• ・燃料タンク容量:51リットル• ・燃費:JC08モードで19. 2018年にマイナーチェンジされました。 新車購入価格は625万円と高価なSUVですが、中古なら走行距離2万キロ以下で、2年前に製造された車でも500万円台で購入できます。 ・最大トルク:35. ・総排気量:1,968 cc• ・燃料タンク容量:60リットル• ・燃費:JC08モードで12. 新車購入価格は300万円程度と外車にしては比較的安価です。 中古なら走行距離2万キロ以下で、2年前に製造された車でも100万円台で購入できます。 ・最大トルク:17. ・総排気量 1,197 cc• ・燃料タンク容量:50リットル• ・燃費はJC08モードで21. 新車購入価格は400万円程度となっていますが、中古なら走行距離2万キロ以下で、2年前に製造された車でも100万円台で購入できます。 ・最大トルク:20. ・総排気量:1,394 cc• ・燃料タンク容量:50リットル• ・燃費:JC08モードで19. 2017年にマイナーチェンジをしています。 新車購入価格は322万円で、中古なら走行距離2万キロ以下で、2年前に製造された車でも100万円台で購入できます。 ・最大トルク:30. ・総排気量: 1,598 cc• ・燃料タンク容量:50リットル• ・燃費:JC08モードで13. 加速から3. 3秒で時速100キロメートルに到達し、最高速度は310キロメートルとなっています。 新車購入価格は2,500万円ですが、中古なら1,000万円台でも購入できるでしょう。 ・最大トルク72. ・総排気量 3,799 cc• ・燃料タンク容量:68リットル• ・燃費:JC08モードで11. 人によっておすすめの車は変わるので、この記事を読んで自分に合った車を見つける参考にしてください。 ネクステージでは、コンパクトカーからSUVまで幅広い車種やさまざまな外車メーカーの車を販売しております。 実際見て触って自分に合った外車を選ぶのがおすすめです。 外車購入を検討している方は、ぜひネクステージにご相談ください。

次の

'70年代絶版アメ車ギャラリー/OHV

アメ 車 スポーツ カー

1953年 C1型 シボレー・コルベット GMのデザイン部門の初代副社長を後に務めることになる、もともとスポーツカー好きだったハーリー・アールが後の自動車競技における製・製スポーツカー(大戦後、たちが祖国に持ち帰った、、など)に感化され、GMはスポーツカーを製造する必要があると決意したことが、その誕生につながる。 コルベットに先立つ、 がのデザイナー、と英国のエンジニア、ドナルド・ヒーレーのパートナーシップのもと、2シータースポーツカー、ナッシュ・ヒーレーの販売を始めたが、ほとんど価格の高いモデルばかりだった。 アールは最初に、当時シボレーディビジョンのゼネラルマネージャーを務めていたエド・コールにプロジェクトを提案した。 コールはためらうことなく、この提案を受け入れた。 1951年後半、アールとスペシャルプロジェクトのクルーは、作業にとりかかり、その車がにシボレー・コルベットとして陽の目を浴びることとなったのである。 2シーターカーとしてほぼ同時期に誕生したと同じく、それまでの量産型米国車にあまり見られなかった小型軽量のボディーに適度のパワーを持ったエンジンを搭載し、当時憧憬の的であったを楽しめるアメリカンプレステージスポーツカーとして誕生したコルベットは、本来大衆車製造部門のポジションであったシボレーで、その後誕生するとともに数々のレースシーンに積極的に関与することでブランドの華やかさ・先進性・技術力・優秀性をアピールする役割を果たすこととなった。 当初は、欧州のをにしていた関係で、コルベットもそれらと共通した性格を基本とするかに見えたが、当時米国では新世代のエンジンの勃興期と重なっていて、マーケットからの要望を背景に、毎年ほとんどの車種でエンジンパワーが増大していく傾向にあり、コルベットもそのトレンドを積極的に取り入れる方向で発展していった。 このためシボレーコルベットは、はやばやと路線修正され、やがてGMないし米国内でもっとも強力なエンジンを搭載可能な、走行性能の優れた小型プレステージ2シーターカーという路線に乗ることとなった。 基本的なデザインは、一部を除きオープンエアモータリング可能でロングノーズショートデッキの小型軽量2シーターカーだが、アメリカ車らしく、ごく初期のわずかな期間を除き軽量コンパクトかつ高出力のV8エンジンをフロントに積み、V8エンジン特有のパワーを後輪に伝える、典型的なを7代目まで貫き通していたが、8代目からは駆動方式がに変更された。 また、時代に合わせて頻繁にアップデートが施され、時には外観のみならず、車の性格を激しく変えるほどのモデルチェンジが果たされたことも珍しくない。 その一方で、タフでパワフルなアメリカンV8エンジンによる余剰馬力の大きさを持ち味としており、一時期高性能エンジンを採用したことがあったものの、最新型においてもコンベンショナルなV8大排気量エンジンを採用し、強力な加速力と余裕の走りがコルベットのアイディンティティとなっている。 コルベットは、その基本性能の優秀さから初代 C1型コルベットの時代から様々なが製作され、数多い功績を挙げた。 での活動を休止していた時期もあるが、その間を埋めるようにプライベーターによる参戦も盛んに行われた。 現在、欧州ではシボレーのブランド名が落とされて、単にコルベットとして販売されているが、シボレーブランドのモデルであることには変わりない。 なお、日本への輸入はGMアジア・パシフィック・ジャパン GMAPJ によって行われており、販売店の関係で日本でも単に「GM・コルベット」として販売されていた時期があった。 の車名欄およびJAIA()の輸入車登録台数の統計では「シボレー」となっている。 初代 C1型(1954年-1962年) [ ] シボレー・コルベット(初代) C1型 販売期間 - 2人 2ドア ブルーフレイム型 3. 9L スモールブロック型 4. 3L スモールブロック型 4. 6L V8 スモールブロック型 5. 1953年にが披露され、翌年に生産を開始する。 製フレームに、量産車としては初めてとなるボディパネルを貼り付けた、ヨーロッパ車顔負けの先進的な特徴を有していながら、少なくとも本質的な走りを重視する人々の琴線を刺激するだけの魅力は持ち合わせていなかった。 先行して市場に投じられ、ほとんど同等のサイズと3. しかも品質不良での購入者からの苦情も殺到した。 これは先進的なFRP素材を使用したがために起こってしまった弊害である。 まだFRPの厳密な生産管理技術が確立されていなかった時代のため、温度差によってボディパネルが歪んでしまうことが原因だった。 初期にはこのようなメーカー側の不備から批判を受けたが、チューニングを生業とする者たちは、優れた車体特徴を備えたコルベットを見放さなかった。 彼らは市場の不満の声に応えるかのごとく、エンジン・チューニングキットや、マニュアルトランスミッションへの交換などを請け負い、潜在的な需要を満たした。 しかし、コルベットの評価を一転させるマイナーチェンジが行なわれることとなる。 その先鋒に立ったのがGM実験部門に所属していたエンジニア、 ゾーラ・アーカス・ダントフである。 シボレー・セダン用の4,343cc水冷V8 OHVエンジンを専用にチューンを施し、コルベットのエンジンルームに押し込むことにより、大幅なパワーアップを達成する。 ではオプション扱いだったものの、からは通常ラインアップに加わり、逆に当初の標準だった6気筒エンジンは蹴落とされる格好となった。 ちなみに、このエンジンは後々のコルベットにも スモールブロックユニットとして受け継がれていくこととなる。 も製の3速が選べるようになり、いよいよ本格的なスポーツカーとしての認知を得るに至る。 以降、ドーピングのごとくパワー至上主義路線を貫くようになり、200馬力前半だったパワーは、最後期には300馬力オーバーに達するまでになった。 C1型コルベットは、本格的にレースにも参戦し、そのテストベッドとしてに Mule(雑種の意)と呼ばれる、レーシングチューンの施されたV8エンジンを搭載したモデルがあった。 Muleは最高速トライアルやデイトナに参戦し、このモデルの活躍がコルベットの名声を高めるきっかけとなった。 その後、のセブリング12時間レースに参戦するために手直しされた コルベットSR(セブリング・レーサー)が出走し、クラス優勝に輝く活躍を見せ、1957年以降には数々のレースでアマチュアレーサーの手で走らされるコルベットを見るようになった。 また、SRが活躍したとほぼ同時期に、更なるパフォーマンスアップを図った SR2に発展し、のデイトナでの王者であるに続く2位に食い込み、その実力を示した。 しかし、コルベットのレース活動の指揮を執っていたゾーラ・ダントフの意向により、SR2の現役としての期間は短く、その活動はコルベットの名を冠した、しかしオリジナルとは関連性のない新たなレーシングカーである コルベットSSに委ねられた。 2代目 C2型(1963年-1967年) [ ] シボレー・コルベット(2代目) C2型 デザインの元となった XP-87スティングレー・レーサー 1959年 スティングレイレーサーのスタイルを基礎にしてデザインされた C2型コルベットは、原型となったレーサーモデルの名を取って コルベットスティングレイ(綴りはSting Ray)と呼ばれた。 スティングレイ stingray とはの意である。 名付け親は開発担当者の一人である ビル・ミッチェル で、これは彼がを嗜んでいたことに由来するといわれている。 なお、両車の間には構造的共通点はないに等しく、市販にあたって新たにボディ設計がなされている。 販売が開始されたのはから。 オープンモデルのみのラインナップだったC1型と違い、をメインに据えることとなった。 外観は大きく変貌し、ダイナミックだった先代のスタイリングに対し、これまでにない先鋭的でエッジの立った独特なスタイリングとなった。 初年度の式モデルのみの特徴として、ルーフからリアエンドに向かって走るフレームによって二つに寸断される「スプリット・ウインドウ」と呼ばれるリアウインドウを持っており、現在でも人気の高いモデルとなっている。 またの採用はこの代が初となり、以来C5型まで続く伝統となった。 エンジンは基本的に先代に採用されていたものが継承され、それに更にチューニングを加えたもの。 排気量は大幅に拡大され5,358ccの水冷V8OHVエンジンで、の違いで300馬力、340馬力、仕様の360馬力のものが設定された。 特に360馬力仕様は事実上のレーシング仕様で、足回りがレースを前提として硬くセッティングされており、公道での走行には適さないものであった。 デビューから2年後のには、レーシングスペックの Z06 ズィーオーシックス が登場。 6,489ccという排気量を持つ、通称 ビッグブロックユニットが搭載され、425馬力、約64kgmというハイパワーを誇った。 後にビッグブロックは更なる排気量拡大を受け、427立方インチ 6,997cc までスープアップされている。 C1型での欠点だったトランスミッションも改良され、標準装備の3速MTのほか、オプションで3速AT及びをクロスさせた4速MTが設定された。 こうしてコルベットは、シボレーの的存在へと昇華する事となる。 ボディは完全な新設計で、ラダーフレーム方式を採用。 車高は先代に比べ低くなり、低重心化に貢献している。 C2型コルベットは フロントエンジン車でありながらリアヘビーという、かなり特異な前後重量配分を有していた。 これは燃料タンクが最も後ろに配置されていたためで、通説では前後47:53の重量配分と言われている。 足回りはフロントが、リアがで、後輪にを採用していた先代と比較すると、前後輪ともによって支持されるという進化を遂げた。 フロントはだが、リアには本来縦向きに配置されるリーフスプリングを横向きに配置している。 これは後々のコルベットにも受け継がれる特徴のひとつであるが、この配置にはバネ下重量を理論上ゼロに抑えることができる利点があった。 ブレーキは当初は前後輪ともだったものが、からは前後輪ともに改められている。 L88型 [ ] L88型と呼ばれるC2型末期のに追加されたエンジンは、レーシングカー用エンジンをデチューンしたものである。 燃料には103以上のレース用ガソリンを使用しなければ動かないという、あくまでGTレースに出走するためのを取得するためのモデルだった。 L88型は430馬力と公表されたが、監督官庁の懸念や保険料の問題等で伏せていただけで、実際は500馬力以上だったとも言われている。 L88型エンジンを積んだコルベットは、20台が市販されるに留まっている。 このL88型を搭載したC2型コルベットには、オークションにて約7,600万円の値が付けられた事がある。 3代目 C3型(1968年-1982年) [ ] シボレー・コルベット(3代目) C3型 後ろから その独特なスタイルと、バリエーションにと量産車初のTバールーフのタルガトップを採用しながらも、シャシーやサスペンションは基本的に先代・C2型のものを引き継いでいる。 リトラクタブルヘッドライトの機構は先代から変更され、回転式でなくカバーを上へ持ち上げるオーソドックスなメカを採用している。 これは歴代コルベットの中では唯一である。 エンジンラインナップは先代から変更はないが、には ビッグブロックユニットが7,440ccに排気量を拡大。 標準エンジンである スモールブロックユニットも同年に排気量を5,358ccから5,738ccに拡大しているが、出力は300馬力で変更はない。 また同エンジンを基本にチューニングを施した LT1ユニットは350馬力仕様に加え、までは高圧縮化で370馬力にまでチューニングされたものが設定されていた。 、総生産数3台(市販車両に搭載されたものはわずか2台)という幻のパワーユニット、 ZL1ユニットが追加される。 これはC2型コルベットに搭載されていたL88ユニットの発展型で、エンジンヘッドのみならずエンジンブロックまでもアルミ化されたスペシャルエンジンである。 このエンジンはオプション設定という形でカタログに記載されたが、価格が非常に高額だったため、ごく少数の生産に留まることとなった。 1971年にはが全面施行され、プレミアからレギュラーガソリンに対応、三元触媒の取り付けなど排ガス対策に追われたため、全てのパワーユニットが軒並み20~30馬力ほどダウンすることとなる。 その対策として、ビッグブロックユニットを425馬力にまでチューンしたエンジンが追加されるが、環境問題が叫ばれる逆境などを理由にに廃止された。 にはクロームメッキバンパーを廃止、ウレタン製のものが装備されるようになる。 4mmで5,733ccのV8 OHVエンジン一本となり、標準仕様は190馬力、オプションで210馬力、更に排ガス規制の厳しい向けに、コンピュータ制御の排ガスコントロール装置を取り付けた仕様も登場した(180馬力)。 にエンジン性能の表示がグロス値からネット値に移行したため、従来よりも低い馬力換算がなされていたものの、このエンジンは従来のものより確実にパワーダウンを強いられていた。 C3型の最も大きなマイナーチェンジはのことである。 大きな変更点として、それまで垂直に降り立つリアウインドウが、ルーフからボディ後端までを繋ぐ湾曲した一枚ガラスに変化し、規制によってが装着された。 オプション設定にはグラストップが追加されるが、これはコルベットがスポーツカーというより、長距離を高速で移動することに主眼を置いたGTカー的な方向に寄ったものであることを示していた。 にはオプション設定されていたエンジンが姿を消したが、C3型最後の年には、キャブレターからとなり、10馬力上乗せの200馬力を計上した。 トランスミッションは4速MTと3速ATが用意され、には4速ATが設定されたが、この年にはマニュアルトランスミッションの設定がなく、このことからも後期のC3型はGTカーとしての位置づけを与えられていたことを裏付けている。 C3型コルベットは型がラストイヤーだったが、同年に予定されていた新型コルベットへの移行が翌年にずれたため、一時は「コルベットはC3が最期」と騒がれてしまった。 4代目 C4型(1983年11月-1996年) [ ] シボレー・コルベット(4代目) C4型 販売期間 1983年11月 - 1996年 2人 2ドア 2ドア スモールブロック型 5. 7L V8 GM LT型 5. ただし予定より開発がずれこんでしまったため、型と銘打って生産を開始しているため、事実上1983年型のモデルは存在していない。 マニアの間では「テストカーとして製作された43台」を1983年型と呼称することもあるが、これはGM側が正式にアナウンスしたものではない。 ちなみにテストカーのほとんどはクラッシュテストのために破壊されているが、一台のみはアメリカ・ボウリンググリーンに存在するコルベットの生産工場に併設された コルベット博物館に保管され、現存している。 これまでのコルベットは、ダイナミックで力強いスタイルを特徴としたアメリカニズムを押し出したデザインが特徴だった。 しかし国内、世界的情勢を意識して大きく路線変更することとなり、ロングノーズは踏襲されているものの、大きく盛り上がったフェンダーなどはなだらかに整形され、全体的に洗練されたスタイルを纏った。 これは開発関係者にヨーロピアンデザインに造詣の深い人物がいたためといわれている。 構造的にも、特徴の多くを先代から受け継いでいたC3型とは違い、エンジン以外のほぼ全てを新規設計した。 エンジンは前輪車軸後部に搭載され49:51とスポーツカーとしてほぼ理想的な前後重量配分を実現した。 足回りは前不等長ダブルウィッシュボーン式、後5リンク式へと進化、アームには市販車初の軽合金を採用し、バネ下重量の低減を狙っている。 また、前後とも伝統の横置きを使用しているが、それはFRP製であり、軽量化が徹底されている。 ボディ構造は角断面鋼管フレームとセミモノコックを組み合わせたユニフレームとなり、旋回性能を上げるためにショートホイールベース化され、前後トレッドを広げて操縦安定性を確保している。 また、洗練されたスタイリングは空力にも十分な配慮がされ、Cd値0. 34と当時のスポーツカーとしては最高水準の値をはじき出している。 なお、ボディバリエーションはクーペとTバールーフを廃止したタルガトップを用意していたが、C3後期に安全性の問題でラインナップから落ちたコンバーチブルが型から復活している。 4mmで5,733ccのV8 OHVとなり、クロスファイア・インジェクションと呼ばれた、コンピューターインジェクションを搭載し、205馬力と少々控えめの数値だったが、 Z51と呼ばれるハイパフォーマンスモデルに注目が集まり、人気を呼んだ。 これはハードなスプリングレート、・製、ワイドタイヤなどを組み込んだ仕様で、ノーマルでは4速ATが選択できたが、4速MTしか設定されていない硬派な仕様だった。 このモデルの登場で、コルベットが優秀なハンドリング性能を有していることを世界に知らしめることとなった。 - エンジンが変更される。 排気量に変わりはないが、・ジェトロニックをベースに改良を施したチューンド・ポート・インジェクション TPI 仕様のL98型となり、最高出力は230PSに引き上げられた。 - アルミブロックの採用で230PSを達成、そしてコンバーチブルのみがボディー剛性を踏まえクロスメンバーというフレームが追加され復活した。 - アルミヘッドを採用。 240PSにアップされた。 - にはエンジンがチューンドポートインジェクションの245PS、トルク47. 5kgにホイールはF. Rとも9. 5j、タイヤは27-40-17が標準となった。 C4型コルベット最強のグレード ZR-1が追加された。 - リアフェイスがZR-1を基本にしたものとなり、またハードセッティングのZ51が、よりハードなZ07にチェンジ。 - エンジンがL98からLT1に変更、基本スペックは引き継ぐものの、数々の改良を受けて最高出力が大幅に向上し、300馬力となる。 を標準装備、タイヤも太いものにグレードアップされた。 このモデルは外装がルビーレッドに塗られ、同色の本皮スポーツシートを装備した上級装備モデルだった。 ZR-1は405馬力までパワーアップ。 - コンバーチブルのリアのスクリーンがビニール製からガラス製に変更されオートロックのリモコンが標準装備になり、助手席のエアバッグが標準になった(1991年から1993年まで助手席ダッシュボードの小物入れとしていた部分にエアバッグが搭載される)• - ZR-1はこの年で生産が打ち切られた。 - 最終年となったこのモデルには2種類の特別仕様が投入された、一つは記念モデル内装が記念モデル様になっているのとホイルがちがっていたコレクターエディションともう一つがZR-1から受け継いだ基本メカニズム、ブルーのボディカラーにノーズからテールにかけて太いストライプを中央に配しリアフェンダーにオーバーフェンダーをつけた335psのLT4エンジン搭載 グランドスポーツこのエンジンを搭載したモデルにマニュアルミッション以外の選択肢はなかった。 (日本には99%クーペが輸入されているが本国ではごく少数のコンバーチブルが存在する)ラストイヤーを記念した2種類が設定され、C4型最後の年を飾った。 スレッジハンマー [ ] A GM LT5 engine 1989年モデルから追加された。 キング・オブ・ヒルというニックネームがつくほどのパフォーマンスを持ち、1989年は63台のみが生産された。 0mmで5,727cc と排気量そのものはほぼそのままだがブロックもアルミニウム化したオールアルミニウム製のエンジン 、圧縮比11. ヘッドの大型化を防ぐためバルブ挟角は22度に小さくしてある。 は設定されず、製6速 が組み合わせられた。 ブレーキは大径化され、フロントはホイール9. タイヤを収めるためにリアの造形に変化が生じ、角張っていたリアフェイスは丸まり、フェンダーが外側に拡大されていた。 その高性能振りを物語るエピソードとして、各地で行なわれていた24時間スピード競技で数々の世界記録を打ち立てるなどの快挙がある。 2秒、0-400mは12. 2秒、最高速度は289. ちなみにZR-1はZ06やZ51と同様にベースグレードのパッケージオプションである。 当時オプション価格は20,000ドルでコンバーチブルは選べなかった。 5代目 C5型(1997年-2004年) [ ] シボレー・コルベット(5代目) C5型 販売期間 - 2人 2ドアクーペ 2ドアコンバーチブル GM LT型 5. 70kgfm~55. C4の構造は角断面鋼管フレームとセミモノコックを組み合わせたユニフレームだったため部品点数が多く、どうしてもボディのゆがみが出てしまっていたが、C5では一体成型シャシーとなり高剛性を実現し、ゆがみを減らした。 また、旋回性能を上げるためにC4からさらにショートホイールベース化、ワイドトレッド化されたことに加え、操縦安定性を確保するため、トーイン、トーアウト、キャンバー角も見直されている。 そして何より特筆すべきは、レイアウトを採用したことで前後重量配分を50:50に近づけ、鋭く素直なステアリング応答性を実現したことである。 しかし、リトラクタブル式のヘッドライトや円形の4連テールランプ、ダブルウィッシュボーンにリーフスプリングを組み合わせた足回り等の伝統は引き継がれている。 また、C5コルベットは市販乗用車としては最後の搭載車でもある。 今までコルベットはパワーはあるが、曲がらない止まらないと言う直線番長的な面があった。 しかしそれはC3までであるというのが正しく、C4から始まった近代スポーツカーへの転換の試みが一応の完成型となったC5コルベットからはスムーズに速く、しなやかに曲がり、確実に止まることのできる車となった。 C5のデリバリーを契機にコルベットレーシングも復活し、ルマン24時間耐久レースやアメリカンルマンズ耐久レース等のレースシーンで1-2フィニッシュを飾るなど華やかな結果を残している。 また、マイナーチェンジでダンパーに磁気流体機構を付けた、マグネティックセレクティブライドを採用。 これはセレクトスイッチでショックの硬さを変化させるもので、ツアーモード、スポーツモードがある。 前者はロングドライブ向けの仕様で、ダンパーを柔らかめに設定し、高級車のような乗り心地を得るためのモード、後者はサーキットや高速道路上でダンパーを固めに設定し、ロールを抑えて操縦安定性を得るモードになっている。 内装は依然としてプラスチックオンレザーを多用しているなど、目に見えるアメリカらしさこそ残るが、ツインコックピットスタイルと呼ばれる独特の内装や、使いやすくまとまった計器類にフロントウィンドーに速度などを映し出すヘッドアップディスプレイなど充実した装備で、世界に対抗できる「アメリカンスポーツカー」に仕上がっている。 2004年に生産を終了し、翌2005年からC6コルベットにフルモデルチェンジした。 6代目 C6型(2005年-2013年) [ ] シボレー・コルベット(6代目) C6型 販売期間 - 2人 2ドアクーペ 2ドアコンバーチブル GM LT型 6. 0L V8 2005—2007 GM LT型 6. 2L V8 2008 — Z06:GM LT型 7. 0L V8 2006 — ZR1:GM LT型 6. そのため、メカニズムに共通点は多いものの、そのほとんどは新しく設計されている。 実際の生産は秋頃から開始され、日本での販売はから行なわれている。 また衝突安全性や軽量化の視点からは廃止され、吊り目型の固定式が採用された。 C5型にも密接に関わり、その後GMハイパフォーマンスカー設計グループのチーフを務めたデイブ・ヒルが開発リーダーを務めた。 C6型 コルベットのリア 曲面で構成されていたC5型と比較し、よりエッジの利いたラインで構成された力強いスタイリングとなった。 また、運動性能向上のためダウンサイジングを敢行し、先代より全長が100mm短縮されたが、逆にホイールベースは30mm延長され、オーバーハングを縮小することで安定性を高めている。 足回りは前後ダブルウィッシュボーン式、コンポジット材を使用した横置きリーフスプリングという組み合わせは不変であるものの、C5型末期に採用された、路面状況に合わせて減衰力をオートマチックに制御する マグネティック・セレクティブ・ライド・コントロールを装備している。 歴代コルベットからフレーム構造を引き継ぎ、C5型で採用されたハイドロフォームによって成型される、フロアの周囲にフレームを巡らせたスチール製ペリメーターフレームを基本に、ボックス断面のセンタートンネルなどを組み合わせたフレーム構造を有する。 フロアパネルにはコンポジット材を用いるなど、軽量化にも配慮がなされている。 基本的にはとプラットフォームを共有しており、この車の開発にはデイブ・ヒルが指揮を執った経緯が存在する。 また、細部形状の適正化により、先代のCD値0. 29を更に上回り、0. 28と優秀な空力特性を実現している。 パワートレインは先代からの流用で、新型に合わせて改良を施されている。 LS2と銘打たれた、5,967ccにボアアップされた スモールブロックユニットは404馬力を発生する。 トランスアクスルも引き継がれており、前51:後49という、スポーツカーとして理想的な前後重量配分を保っている。 トランスミッションのバリエーションは2種類で、日本仕様ではクーペにのみ設定される6速マニュアルミッションと4速オートマチックが用意される。 また、2006年モデルではオートマチックが6速・パドルシフト付きに変更される。 モデルでは、エンジンのシリンダーブロックの改良を受けると同時に排気量が6,156ccに上げられ、最高出力も436馬力に上げられた。 また、パドルシフト付き6速ATも反応速度が上がり、同時に6速MTもギアレイアウトが改善され、さらに高いパフォーマンスを発揮することとなった。 なお、ハイパフォーマンス版である「Z06」 ズィーオーシックス も用意される。 軽量化のためにチタニウム製のコネクティングロッドとインテークバルブを奢られた、6,997ccに排気量が上げられ、511馬力を発揮する、ドライサンプのLS7型スモールブロックエンジンが搭載された。 なおトランスミッションは、トランスミッションオイルクーラーを備えた6速マニュアルミッションのみとなる。 C6・ZR1 [ ] 限定モデルではあるがZR1が販売された。 エンジンは製付き6. 2LのLS9型となった。 最高出力は647馬力を発生し、シボレー・コルベットとしてついに600馬力を超えるに至った。 またルーフやフロントスポイラーなどに積極的にを採用するなど、内容的には同世代のやなどスーパースポーツに並ぶものとなり、価格も10万ドルを超えるに至った。 発売当初、アメリカではが監督したテレビが放映されたが、「子供がクルマを運転するのは危険」だと指摘され、すぐに放送中止となった。 7代目 C7型(2014年-2019年) [ ] シボレー・コルベット(7代目) C7型 販売期間 - 2ドア 2ドア 6. 2L V8 LT1 6. 6kgm Z51 64. 2kgm Z06 89. トランスミッションは7速MT、6速AT、8速ATを搭載する。 別名はC2型、C3型でも呼ばれていたスティングレイ。 新たに設計されたフレーム構造とシャシー、パワートレーンを採用。 エクステリアでは大幅な変更があり、クーペモデルではC3形後期から採用されていたラップアラウンド形のリアウィンドウが廃止され、通常のノッチバック式となった。 またテールランプでは歴代モデル史上初の角型が採用されている。 FRP製のボディを持ち、ボンネットとルーフはドライカーボンで成型されており車体の軽量化に貢献している。 また、ルーフを取り外すことでオープンカーとしても楽しめるようになっている。 インテリアにはカーボンファイバーとアルミニウム、ハンドメイドのレザー素材を使用し、サポート性に優れた軽量マグネシウムフレームを持つ2種類の新型シートが用意された。 8インチ・デュアルドライバー・インフォテイメント・スクリーンは設定により変化するグラフィカルなメーターが表示され、フロントガラスに投影されるヘッドアップディスプレイも用意されている。 C7はインテリアの質感も飛躍的に向上した 新しいエンジンは先端技術を採用した新型6. 2リッターLT1型V8・OHVエンジン。 直噴システムとアクティブフューエルマネージメント、連続可変バルブタイミング、パワーと低燃費を両立させた先進的燃焼システムを採用し、最大トルク610N・mと最高出力335kW(450hp)を発揮、0-60mph加速は4秒以下コーナリング時の最大横Gは1Gを超える性能を備えている。 日本市場においては、同年7月6日より受注を開始した。 初期受注分は「カスタムプレオーダーキャンペーン」として、ボディカラーなどを本国で設定されている限り自由に選択できた。 デリバリーは2014年。 のちに、ドライサンプや大口径ブレーキローターとインチアップタイヤでスポーツ性を高めた466PSのZ51(ジーフィフティワン)と、付き650PSでワイドボディを持つZ06(ジーオーシックス)が追加された。 2018年には最強モデルとなるZR1が発表され、最高馬力は766PS(最大トルク96. 販売期間 2020年 - Tom Peters 2人 2ドア 2ドア 6. 2 L LT2 V8 駆動方式 495PS 65. 0kgm 8速 全長 4,630 mm 全幅 1,933 mm 全高 1,234 mm 2,723 mm 車両重量 1,527 kg 2019年7月18日、発表された。 今回のモデルチェンジでエンジンレイアウトが長年貫き通してきたFRからミッドシップに変更された。 エンジンはV型8気筒 6. 2リッター直噴エンジンが搭載される。 トランスミッションは8速。 日本での販売 [ ] 2019年7月19日、日本市場での導入が発表された。 歴代コルベットで初となる右ハンドル仕様が導入された。 レーシングプロトタイプ [ ] スティングレイレーサー [ ] 1959 Corvette XP-87 スティングレイレーサー C2型コルベットの直接的なデザインスタディとなったのが、 スティングレイレーサーと呼ばれる車である。 しかし、この車は紆余曲折の末にようやく生まれた車だった。 当時の AMA(自動車工業会)は、ので起こった事故を契機に神経質になり、自動車企業に対し一切のワークスによるレース活動を事実上禁ずる処置を申し合わせていた。 そのためシャシーを完全新設計し、コルベットの名を借りたレーシングカーとしてサーキットでの活躍を確約されていた コルベットSSは、大きな舞台をほとんど経験することなく、テストカーとして生涯を終える運命にあった。 それを阻止したのが、C3型コルベットまで開発の中枢メンバーの一人だったビル・ミッチェルである。 彼はコルベットSSのフレームを流用した Mule(C1型ベースのものではなく、コルベットSSの計画が立ち上がる際に新規製作されたもの)をわずか1ドルで引き取り、新たなデザインに仕立て直した。 デザインを手がけたのは、の設計を担当したこともある である。 彼は当初、クーペスタイルを主張したが、いくつかの変遷を経てオープンカーとすることになった。 フレームには鋼管スペースフレーム構造が採用され、オープンカーながら剛性の高いシャシーを実現した。 サスペンションは、前ダブルウィッシュボーン式、後ドディオン・アクスル+トレーリングアームが採用された。 しかし、デフにLSDを採用せず、ブレーキはレーシングカーとしては性能不足な4輪ドラムブレーキだったため、ハードなコーナーリングをすると内側のタイヤがホイールスピンし、レースを走り終えると必ずフェードを起こす、レーシングカーとしてあるまじき事態を引き起こした。 ブレーキに関してはディスクブレーキの性能に懐疑的だったGM首脳陣が採用を認めなかったことが原因と言われている。 詳細は「」を参照 2017年はドイツADAC GTマスターズでもシリーズチャンピオンを獲得した。 参考文献 [ ]• 2001年9月号()• 『ワールドカーガイド8ロータス』ネコ・パブリッシング 注釈 [ ]• 『ワールドカーガイド8ロータス』p. 158。 『ワールドカーガイド8ロータス』p. 158。 『ワールドカーガイド8ロータス』p. 158。 『ワールドカーガイド8ロータス』p. 158。 『ワールドカーガイド8ロータス』p. 158。 『ワールドカーガイド8ロータス』p. 158。 『ワールドカーガイド8ロータス』p. 158。 『ワールドカーガイド8ロータス』p. 158。 『ワールドカーガイド8ロータス』p. 158。 2019年11月6日. 2019年12月7日閲覧。 2019年12月7日閲覧。 2019年10月3日. 2019年12月7日閲覧。 株式会社インプレス 2019年7月19日. Car Watch. 2019年7月19日閲覧。 株式会社インプレス 2019年7月19日. Car Watch. 2019年7月19日閲覧。 関連項目 [ ]• - C4型がダークジェイカーとして登場する。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の

シボレー・コルベット

アメ 車 スポーツ カー

トヨタのスポーツカー:86(ハチロク) 86はトヨタとスバル(旧・富士重工業)が共同開発したスポーツカーです。 FRでハンドリングを楽しめるフィーリングと、高出力かつハイトルクなスポーツエンジンが乗る楽しさを最大限に引き出してくれます。 マニュアルシフトにも徹底的にこだわっており、ギアの噛み合う瞬間が手に伝わってくる快感を得ることができる構造です。 さらにサーキット走行向けの「 TRACKモード」を搭載し、より本格的なドライビングを楽しみたいときにも活躍してくれます。 トヨタ:86(ハチロク)• 新車価格: 2,623,320円~• 燃費性能(JC08モード):11. 目標値引き額:5〜20万円 レクサスのスポーツカー: LC LCは一見すると、単なるラグジュアリークーペと思われがちですが、走りはスポーツカーそのもの。 低重心プラットフォームに高剛性・軽量ボディを組み合わせた車体のステアリング感覚は、走る喜びを存分に味わえます。 V8 5. インテリアも贅の限りを尽くした上質感があり、乗る人を惹きつけて放しません。 ハイブリッドシステムを採用しているため、車格のわりには燃費は良好です。 レクサス:LC• 新車価格: 13,022,000円~• 燃費性能(JC08モード): 7. 目標値引き額:0〜5万円 なお、レクサスにはLFAという非常にハイスペックかつ高価なスポーツカーがありましたが、現在は販売が終了しています。 日産のスポーツカー:GT-R 日産が世界に誇る、最上級スポーツカーに君臨するGT-R。 その完成度の高さとブランド力はスポーツカー好きなら誰もが認める存在です。 フロントデザインは好き嫌いが分かれますが、4連の丸いテールランプはGT-Rらしさを十分に発揮しています。 価格帯はもはやスーパーカーの域で、インテリアは上質そのもの。 本革シートを採用し、極上の室内空間を演出しています。 エンジンについては気筒別点火時期制御を採用し、気筒別に点火時期を制御することで最大燃焼能力を高め、さらに燃費の向上にもつなげています。 新車価格で1000万円クラスなので、買える人は限られるでしょうが、スポーツカーを語るうえで欠かせない存在であることは確かです。 日産:GT-R• 新車価格:9,960,840〜18,700,200円• 燃費性能(JC08モード):8. 目標値引き額:0〜5万円 日産のスポーツカー:フェアレディZ フェアレディZも日産のスポーツカーでは長い歴史を持つ車種です。 エンジンには「VVEL」というシステムを組み込んでおり、これによりアクセルの加減をダイレクトにエンジンに伝えることができます。 つまり、運転する人のフィーリングを車がすぐに感じ取ってくれるわけです。 スポーツカーの楽しみの1つがマニュアル操作です。 ギアをいかに操るか。 これが運転の醍醐味でもあります。 フェアレディZはEXEDY社製のクラッチを採用し、ギアの操作性向上を狙っています。 価格、燃費ともにまずまずですが、コンパクトで操りやすいスポーツカーとしては高い価値を持つ車といえるでしょう。 日産:フェアレディZ• 新車価格:3,907,440〜6,401,160円• 燃費性能(JC08モード):9. 目標値引き額:10〜20万円 ダイハツのスポーツカー:コペン ダイハツの軽自動車でありながら、その走行性能は高く評価されています。 AT車では7速スーパーアクティブシフト付CVT、パドルシフトが採用されて車を操る楽しさをしっかりと堪能できます。 自動ブレーキの採用はありませんが、衝突軽減ボディによって安全性も確保されているのが特徴です。 コペンがなによりも楽しいのは、選べるボディタイプでしょう。 コペンは以下から選ぶことができます。 ・Cero• ・Robe• ・XPLAY 次に紹介するホンダ・S660と競合車種となりますが、どちらも大人の趣味カーとしては申し分ない出来映えです。 日産:コペン• 新車価格:1,852,200〜2,138,400円• 燃費性能(JC08モード):22. 目標値引き額:10〜15万円 ホンダのスポーツカー:S660 個性的なフォルムとスポーツカーとは思えないコンパクトさ。 これこそ、ホンダが大きな話題を呼んだ軽自動車スポーツカー「S660」です。 一時期は販売が追いつかないほどの人気で、予約待ちとなりました。 コンパクトでありながら、走行性能は本格的。 軽自動車で初めて6速マニュアルトランスミッションを採用し、高速巡航するときの快適性を高めています。 スポーツカーは燃費が悪いというイメージはどこへやら、S660はJC08モード:24. 軽自動車にしては価格が高いですが、気軽にスポーツカーを所有したい人にはピッタリの車種です。 ホンダ:S660• 新車価格:1,980,000〜2,280,000円• 燃費性能(JC08モード):24. 目標値引き額:0〜10万円 ホンダのスポーツカー:シビック タイプR 日本からは撤退したものの、北米カー・オブ・ザ・イヤーを受賞するなど着実に実績を重ねてきたシビック。 そんな名車が、ついに日本国内で復活を果たしました。 先代のタイプRは台数限定で注文が殺到するほどの人気でしたが、今回は通常のラインナップとして取り扱われています。 タイプRには高出力・高レスポンス2. 0L VTEC TURBOエンジンが搭載されていて、アクセルを踏んだ瞬間から加速を感じられます。 また、3つのドライブモード([Rモード]、[SPORT]、[COMFORT])を搭載しているので、サーキットでの機敏な走りはもちろん、街乗りやロングドライブの快適性能を使い分けることができます。 スポーツカーとしても普段乗りとしても使うことができるのは、嬉しいですね。 ホンダ:シビック タイプR• 新車価格:4,500,360円• 燃費性能(JC08モード):12. 目標値引き額:0〜10万円 ホンダのスポーツカー:NSX 日本が世界に誇るスーパーカーとして確固たる地位を築いてきたNSX。 マクラーレンを彷彿とさせるデザインは、乗る人はもちろん、見る人も魅了します。 徹底的に低重心にこだわったボディは空気抵抗を最低限に抑制し、走行性能を高めています。 5L V6 DOHC ツインターボエンジンはコンパクト設計でエンジンスペースの有効活用と低重心化を図っています。 走行性能や見た目のデザインは素晴らしいのですが、「内装がイマイチ」という声が聞かれるのも事実。 実際、アルミペダルはオプションで追加しなければいけませんし、室内のインテリアも2000万円クラスの車には見えません。 ホンダ:NSX• 新車価格:23,700,000円• 燃費性能(JC08モード):12. 目標値引き額:0〜5万円 マツダのスポーツカー:ロードスター 2015-2016 日本カーオブザイヤーを受賞した車です。 質感の高い内外装とオープンカーという刺激的なジャンルでありながら、価格を200万円台〜と求めやすい設定になっていることが大きな強みです。 RSグレードにはRECARO社製シートも採用されているので、乗り心地と満足感を味わいたい人におすすめ。 また「幌はちょっとイヤだな」という人は、リトラクタブルハードトップの ロードスターRFという選択肢もあります。 ボタン1つで約13秒でルーフトップが開閉します。 FRということもあり、リアの収納もそこそこあるので長距離ドライブもけっこう快適です。 マツダ:ロードスター• 新車価格:2,494,800〜3,196,800円• 燃費性能(JC08モード):17. 目標値引き額:5〜30万円 スバルのスポーツカー:WRX STI スバルが世界誇るスポーツカー、WRX。 そのSTIモデルです。 水平対向エンジンを採用し、コンパクトかつ揺れの少ない快適な乗り心地を味わうことができます。 また、直列型・V型エンジンに比べて低重心になるので、サーキット走行におけるハンドリングもスムーズに進みます。 コース上でハンドルを切ると、即座に反応するレスポンスの高さを実感できます。 注意したいのは、スバルの真骨頂とも言える「アイサイト ツーリングアシスト」がWRX STIには未搭載だということです。 スポーツカーに乗る人は頓着しないかもしれませんが、安全性のことを考えるならSTIモデルではなく、アイサイト ツーリングアシスト搭載のWRX S4を選びましょう。 スバル:WRX STI• 新車価格:3,866,400〜4,060,800円• 燃費性能(JC08モード):9. 目標値引き額:15〜40万円 スバルのスポーツカー:BRZ 最初に紹介した86と見た目は一緒のBRZ。 トヨタと共同開発したので、当然ながら同じ顔つきです。 86とBRZのちがいについては、まず価格。 BRZのほうが少し価格帯が広く設定されていて、少し高めです。 デザインについては、フロントのバンパーの形状がちがいます。 86は波打っていて、BRZは直線的。 これは好みで選べばいいと思います。 また、サスペンションにもちがいがあります。 86は前輪へのサスペンションをやわらかくしていて、後輪は滑りを重視しています。 一方のBRZは後輪へのサスペンションがやわらかく、乗り心地が良いです。 デザインと内装については大きなちがいはありませんが、走行性能については明確なちがいがあります。 このあたりはトヨタ or スバルのどちらが好きかといったブランドの選択で選んでも問題ないでしょう。 ドリフトなどのアクティブな走行を楽しみたいなら、86のほうが良いかもしれません。 スバル:BRZ• 新車価格:2,430,000〜3,375,000円• 燃費性能(JC08モード):11. 目標値引き額:10〜30万円 新車で買えるスポーツカーおすすめランキングTOP3• 1位 ホンダ シビックタイプR• 2位 スバル WRX STI• 3位 マツダ ロードスター わたしは走行性能よりも見た目のカッコよさを重視してスポーツカーを選びたい派です。 そのため、デザインで選ぶと圧倒的にシビックタイプRが好み。 WRXもゴツゴツ感をスマートさが混在しているデザインが良いですね。 オープンにして楽しむなら、ロードスターかS660という選択になります。 実用性はないけど、走りとスタイリングを楽しむという意味ではクルマ好きの目的を多いの果たしてくれるスポーツカー。 ちょっとお高いクルマが多いので、きちんと予算計画を立ててからじっくり選びたいですね。 【 ナビクルって? 】• 1回の申し込みで最大10社の買取業者に見積り依頼ができる• スマホやパソコンで車の情報を入力するだけ• その場でスグに査定額の目安が表示される• 査定はすべて無料 車の買取額を比較するためには、わざわざ複数の業者に見積もりを依頼する必要があります。 1件1件自分で査定予約をして、時間を作らなければいけません。 たとえば5社に査定してもらおうと思えば、5社と連絡をとって査定の予約をしなければいけないということです。 これは大変ですよね。 でも、ナビクルを使えば、その面倒な手続きをカットできます。 なぜなら、1回の入力で最大10社にまとめて見積もり依頼ができるからです。 あなたがすることは、査定額を比較して最高額の業者に売却するだけ。 わたしもこれまでに何度か使ってますが、本当に簡単です。 申し込みをすると買取業者からすぐに連絡が来ますので、査定日を決めましょう。 最短即日で査定してもらうこともできます。 なので、時間帯によっては今日査定してもらって、その日のうちに買取を成立させることも可能です。 早ければ今日中に結果が出るので、急いでいる人にもおすすめします。

次の