イオンカードローン。 イオンカードの審査日数と実際にカードが利用できるまでの所要時間

イオンカードのキャッシングとイオン銀行カードローンの金利

イオンカードローン

イオン銀行カードローンの魅力は、 上限13. そのため、なるべく利息を節約したいという方に選ばれるカードローンと言えるでしょう。 そんなイオン銀行カードローンですが、 利用できるのは審査に通過した人のみです。 一般的にカードローンという金融商品はどれも審査があり、それに落ちてしまうと利用できません。 イオン銀行カードローンも例に漏れず、 審査落ちしてしまう人が一定数いるのです。 すでに審査に落ちてしまい、審査に落ちた理由が気になる人や、緊急でお金を用意したいと考えている人は、 下のボタンから「イオン銀行カードローンの審査に落ちる理由」まで進むことができます。 緊急でお金を用意したいという人は、まずは審査落ちする理由を理解してから、他の方法を検討してみてください。 イオン銀行カードローンの審査には、 在籍確認があります。 これはイオン銀行が、申込者の勤務先に電話連絡をする行程です。 勤務先に電話連絡をして、あなたが会社に在籍をしているのか確かめます。 イオン銀行カードローンの利用が可能なのは、安定して収入がある人だけです。 そのため、職の有無を確認して、お金を貸しても大丈夫か確かめます。 この際の応答で特に問題がなければ完了します。 この会社への電話連絡ですが、避けることができません。 この行程が終わるまでは、審査は完了しないのです。 3:信用情報を確認 申し込み内容の確認、会社連絡での収入状況の裏付け、信用情報の確認。 全ての工程が完了したのち、イオン銀行の担当者が融資の可否を見極めます。 全ての要素から、 「返済能力が十分にあるか」という点が確かめられるのです。 返済能力が低い人は、踏み倒しのリスクがあるとして、審査に落とされてしまう可能性があるでしょう。 この審査が長引いてしまう人は、 審査に通過する基準ギリギリの人です。 反対に、返済能力に関して問題がないという方は比較的スムーズに審査に通過するでしょう。 イオン銀行カードローンの審査時間 イオン銀行カードローンでは、審査時間について具体的に公表されていませんが、イオン銀行の公式HPには以下のように記載されています。 審査時間に最短でも2営業日かかる理由として、警察庁データベースへの照会に時間がかかることがあげられます。 警察庁データベースへの照会が審査時間を長引かせている イオン銀行カードローンの審査時間が長引く原因は、審査の工程で 警察庁データベースへの照会が行われるためです。 この照会はイオン銀行カードローンのみならず、他の銀行カードローンでも義務づけられています。 この工程では、申込者と暴力団・犯罪組織との間に関係がないことを確認しています。 この照会に最低でも2営業日かかるため、審査結果がわかるまでにどんなに短くとも2営業日かかってしまうと言えるのです。 審査に時間がかかるため、イオン銀行カードローンを含め銀行カードローンは、 すぐにお金を用意しなければならない人にとって不向きであるといえます。 イオン銀行カードローンの審査に落ちる5つの理由とは カードローンの審査に通過するのに必要な最低限の年収額に決まりはありません。 審査は、勤務先や勤続年数などその他の項目と合わせて総合的に行われるからです。 ほぼ確実に言えることは、年収が低い場合は少額しか借りれないという点です。 これは、金融業社は年収の3分の1までしか個人へお金を貸し出しできない規制と、その金融業社で利用実績のない新規の申込者にはやや保守的に借入枠を設定する傾向があるためです。 逆に言えば、少なくとも申込額の3倍以上の年収が必要になります。 また、一般的に金利の低い銀行は審査が厳しいため、例えば年収が200万円以下など日本の平均額を下回る方は、消費者金融へ申し込む方が通過率が高いと言えます。 審査に落ちる理由3:他社借入が多すぎる イオン銀行のカードローン審査だけではなく、ローンの審査時は基本的に過去の返済内容も確認されます。 特に 過去5年以内に金融事故 クレジットカードの強制解約や利用停止、債務整理など が信用情報に記載されている場合、返済に対する姿勢に問題があるということで、信用を得られなくなります。 信用情報がブラックになる代表的な例は以下のとおりです。 延滞 過去に他のクレジットカードやローンの返済で、返済遅れをしていると、「延滞」という記録が信用情報に記載されます。 具体的には61日以上もしくは3ヶ月以上の返済遅れをしてしまうと、ブラックになっていしまいます。 強制解約 なお、クレジットカードやローンを過去に強制解約になった方も信用情報がブラックになってしまいます。 例え、延滞にならない短期返済遅れだとしても、何回も繰り返ししていると、利用実績が悪いとみなされてしまいます。 そうなった場合、強制解約となる可能性も否定できません。 債務整理 過去に利用したクレジットカードの代金やローンで借りたお金の支払いができなくなってしまった人も、信用情報がブラック化します。 弁護士や専門機関を利用した公的な制度により、問題を解決した場合でも、信用情報がブラックになりますのでご注意ください。 金融事故を起こした人を「ブラック」などと呼ぶことがあります。 ブラックとなった人は、事故を起こした履歴が消えるまで、正規の金融業社からローンが組めなくなります。 クレジットカードを作ることも、場合によっては携帯電話の契約もできません。 金融事故には複数の種類がありますが、意外と多いのが、携帯電話料金の2ヶ月以上の滞納です。 金融業社が審査などで利用する信用情報は、ローンやクレジットカードの返済履歴や利用実績がメインですが、携帯電話、特にスマートフォンの場合は月々の通信費と合わせて端末代を分割で支払っているケースが多く、この分割払い部分が未納となると信用情報に傷がつくことになります。 審査状況によっては、数日、時間がかかると考えておきましょう。 何か不明な点がございましたら、 イオン銀行のローン専用ダイヤルがございますので、そちらに問い合わせてみましょう。 どうしてもお金が必要な時の打開策 どうしてもお金がないと困るのに、イオン銀行カードローンで審査落ち…そんな状況でも お金を用意できないリスクは無視できません。 「家賃が払えそうにない」 「クレカの代金支払いを忘れていた」 「公共料金もまだ払っていない」 本当にお金が必要な状況にあって困っている方は、他の選択肢も検討してみてください。 他のカードローンに申し込み直すのも1つの方法 イオン銀行カードローンで審査落ちした場合、 他のカードローンへ新たに申し込みをするのもひとつの手です。 審査というのは 各金融機関で基準が異なるため、1社の審査が通らなかったからといって、必ずしも全て審査落ちするとは限りません。 大手消費者金融に目を向けてください 他のカードローンに申し込むなら、視野を広げて大手消費者金融にも目を向けてみましょう。 もちろん、大手消費者金融も厳正な審査を行っているため、誰しもが利用できるとは限りません。 しかし、 銀行と消費者金融では審査の仕組みが異なるので、以前とは違った結果になることも考えられるでしょう。 大手消費者金融は成約率を公開している ちなみに、大手消費者金融の中には投資家向けのIR情報で 成約率を発表している企業もあります。 例えば、大手消費者金融のひとつであるプロミスの成約率は、 46. 審査落ちしている人もいますが、 お金を借りられている人がいるのも事実。 改めて申し込み先を選ぶ際は、こういった点に着目しても良いでしょう。 大手消費者金融は早ければ即日融資にも対応している 大手消費者金融は審査が最短30分。 早ければ即日融資にも対応しています。 手続きにあたっては 特定の銀行口座を作る必要がないので、手続きも非常にシンプルです。 今日・明日中にお金が必要、そういった状況の方には大手消費者金融がおすすめでしょう。 おすすめのカードローンはこちら プロミス.

次の

イオン銀行カードローンの審査に通る裏技と審査時間

イオンカードローン

イオン銀行カードローン イオン銀行カードローンは、パソコンやスマートフォンなどWEBで24時間いつでもお申し込みが可能です。 お申し込みからご契約まで全ての手続きがWEBで完了します。 イオン銀行カードローンの審査時間は最短翌営業日ですが、通常は2~3営業日程度かかるでしょう。 ご利用限度額は10万円~最大800万円、少額からまとまった資金まで利用ができます。 イオン銀行カードローンは、少額から何度でも繰り返しお使いいただけるので、カードローン初心者の方でも安心して利用できます。 ローンカードのお受取りの前に振込融資が可能です。 イオン銀行カードローンBIGからイオン銀行カードローンに名称が変更になったことで、口座開設も不要になり本人確認書類などは専用マイページよりアップロードで簡単に提出することが可能です。 イオン銀行カードローンは、お申込書や口座開設申込書などの書類の郵送も不要です。 お申し込みからご契約までの流れ WEBから申し込みフォームに必要事項に入力して送信します。 お申し込み完了後に、本人確認書類や収入証明書などを専用マイページよりアップロードします。 必要書類などのアップロードが完了後に審査になります。 本人確認書類などは、デジカメや携帯電話で撮影してアップロードで提出することが可能です。 審査完了後にメールで審査結果の連絡があります。 メールにて審査結果が確認できる専用ページのURLをご案内いたします。 審査結果は専用ページにて確認します。 審査に承認されるとご契約手続きを済ませます。 イオン銀行口座をお持ちの方なら、カードがお手元に届く前に銀行口座へ振込でのご融資が受けられます。 振込融資をご希望の場合は、専用ページよりお振込先のご登録が可能です。 審査完了後、5日程度でカードのお届けとなります。 カードは受取人確認サポートで送られてきます。 イオン銀行口座をお持ちでない方は、お借入れ可能となるのは、ローンカード到着後となります。 イオン銀行カードローン審査結果連絡 審査結果連絡はメールになっています。 送られてきたメールに、審査結果が確認できる専用ページのURLの案内がされています。 審査結果は専用ページで確認することになっています。 審査結果連絡がこない遅い場合などは、イオン銀行コールセンター ローン専用ダイヤルに問い合わせができます。 1週間程度経過しても、審査連絡がない場合は確認しましょう。 カードは本人しか受け取れないので注意が必要 イオン銀行カードローンのカード受け取りは、審査に承認されご契約手続きが完了後に、自宅に受取人確認サポートで佐川急便の宅配サービスで、ローンカードがおくられてきます。 イオン銀行カードローンのカード受け取りは、運転免許証などの公的証明書などで、受取人とお申込み者が同一人物か確認されます。 確認ができると、カードを受け取ることができます。 本人以外はカードを受け取ることができないので注意しましょう。 また、ご家族でもカードの受け取りができません。 本人確認が必ず必要になります。 イオン銀行カードローンは口座不要・WEB完結・振込融資可能 イオン銀行カードローンのお借入れやご返済は、コンビニATM・イオン銀行ATMでは手数料無料、提携金融機関ATMで利用できます。 インターネットから簡単にお申込ができるので、誰とも顔を合わせずにカードの受け取りからお借入れまで可能です。 カード発行の際に決まった限度額までなら、必要な金額をいつでも何度でもお借入れいただけます。 残高に応じて、無理のない返済額を設定ができます。 コンビニや銀行ATMで任意返済も可能です。 イオン銀行口座をお持ちの方なら便利な引落返済もご利用いただけます。 お借入限度額を10万円から最大800万円で設定できます。 毎月のご返済やお借入れも1,000円可能になっているので利便性抜群です。 たとえば、前月末のお借入残高が3万円以下の場合、約定返済額はなんと1,000円からです。 各種預金やカードローンのお取引き状況や残高が一目でわかるお取引明細書を、イオン銀行ダイレクトにて無料で閲覧・ダウンロードができます。 イオン銀行にあらかじめ普通預金口座をお持ちのお客さまは、審査完了からローンカードが届くまでの間に、初回振込融資サービスを1回のみご利用いただけます。 審査時間や審査回答連絡、アルバイトやパートなどの方など、カード受け取りなどの詳細な時間や日数などは、必ず公式サイトで確認しましょう。 スポンサーリンク イオン銀行カードローンは即日融資ができない イオン銀行カードローンは即日融資には対応していません。 審査時間が最短でも翌営業日で通常は2~3日程度かかります。 そのため、お申し込み当日のお借り入れはできません。 イオン銀行だけではありませんが、2018年1月より審査の時間がながくなりました。 そのため、銀行のカードローンは即日融資には対応できなくなりました。 振込融資を受けることは可能になっている イオン銀行カードローンで振込融資を利用するには、イオン銀行に普通預金口座をお持ちの方が対象です。 振込融資をご希望の場合は、専用ページよりお振込先のご登録が必要です。 ご契約手続き完了後にお客さま名義の金融機関口座に振込がおこなわれます。 ローンカードが届く前に、振込によるお借り入れが可能になっています。 振込融資を利用するには、イオン銀行に普通預金口座をお持ちの方が対象になっています。 振込融資をご希望の場合は、専用ページより振込先のご登録が必要です。 新規お申込時の1回だけですが、お客さま名義の金融機関口座に振込がおこなわれます。 イオン銀行カードローン極度額増額方法 イオン銀行カードローンの極度額増額は、ご自分で増額の申請をする方法とイオン銀行より限度額の増額のご案内が届くことがあります。 極度額増額の申請は、イオン銀行店舗・ご郵送・WEBやインターネットバンキングなどでお申込みが可能です。 限度額増額の場合でも審査があります。 極度額増額の審査結果のご連絡はメールで回答してくれます。 ご希望にそえない場合は、郵送でのご連絡になる場合があります。 新規よりも限度額増額の方が審査は厳しい傾向にあります。 他社のご利用状況などにより、ご利用限度額が減額され、新たなお借入れができなくなることがあります。 他社ローンなどで延滞などがあれば、カードローンの利用が停止になることもあります。 利用限度額の増額案内が届くこともある 優良顧客と判断されると、イオン銀行より増額案内のお知らせが届くことがあります。 増額案内の連絡がきたから、必ず極度額の増額ができるわけではありません。 増額案内は、信用情報などに途上与信などをおこない、他社借り入れ状況や返済状況などを把握しています。 後は、勤務先などの確認や年収などの確認などがおこなわれます。 増額案内の連絡がきた場合には、ご自分で増額申請をするよりも、増額できる確率がたかくなります。 ただし、審査次第では増額審査に否決されることもあります。 イオン銀行カードローン在籍確認 お申し込み後、勤務先への在籍確認は必ずあります。 担当者の方が個人名で連絡してくれます。 在籍確認を回避したり省略することは、審査で必須のためできません。 在籍確認の電話連絡は、イオン銀行か保証会社からありますが、銀行か保証会社のどちらが連絡してくるかは分かりません。 担当者の個人名なのでプライバシーは安心です。 イオン銀行カードローン審査基準評判 イオン銀行カードローンの審査基準や審査評判などは他社とかわらないといえるでしょう。 年収だけではなく、他社借入状況と信用情報を重視しています。 他社の返済に延滞や遅れなどがあれば審査には通りません。 審査に不安な方は、他社カードローンやおまとめローンを検討しましょう。 イオン銀行カードローンの審査時間や審査日数、お借りやご融資までの時間、ご利用いただける方などの詳細は必ず公式サイトで確認してください。 スポンサーリンク イオン銀行カードローンの基本情報 実質年率 3. 8%~13. 公式HP参照 借入限度額 10万円~800万円(10万円単位) 収入証明書 — 審査時間 — 即日融資 — 振込融資 〇 在籍確認 あり お試し診断 — 主婦 — パート・アルバイト — 担保・保証人 不要。 保証会社 イオンクレジットサービス(株)、またはオリックス・クレジット ご利用いただける方 以下のすべての条件を満たす個人のお客様 1. 日本国内に居住している方、外国籍の方については永住許可を受けている方 2. ご契約時の年齢が満20歳以上、65歳未満の方 3. ご本人または配偶者に安定かつ継続した収入の見込める方 4. 保証会社であるイオンクレジットサービス 株 、またはオリックス・クレジット 株 の保証を受けられる方。

次の

イオンプロダクトファイナンス株式会社:マイカーローン

イオンカードローン

以前イオン銀行では、「イオン銀行カードローンBIG」と言う商品を用意していましたが、この商品はイオン銀行普通預金口座を持っていないと申し込むことができませんでした。 その後、普通預金口座をもっていない方でもお金を借りられるようリニューアルされたのが「イオン銀行カードローン」です。 以前のようにキャッシュカード機能のついたローンカードを利用することはできませんが、普通預金口座をもっていなくても審査申し込みができるため、お金を借りられる方の幅も広がりましたね。 低金利でお金を借りることができますし、提携ATMから手数料無料で入出金が可能となるため、利便性も高いカードローンと言えるのではないでしょうか。 今回は、イオン銀行カードローンの金利や限度額、審査申込み方法、お金を借りる方法、お金を返す方法、イオン銀行カードローンでお金借りるメリット・デメリットなどを解説します。 イオン銀行カードローンの特徴 イオン銀行カードローンの基本情報 金利 年3. 8%~13. 8% 利用限度額 10万円~800万円(専業主婦(夫)の場合は限度額50万円まで) 申込資格 ・日本国内に居住している満20歳以上満65歳未満の、安定した継続的な収入がある方。 ・イオンクレジットサービス(株)かオリックスクレジット(株)の保証が受けられる方。 (パート、アルバイト、自営業、専業主婦も可。 学生は不可) 担保・保証人 不要 入会金・年会費 無料 審査結果 最短で、2~3日で審査完了。 口座開設 不要 公式サイト イオン銀行カードローンの金利 イオン銀行カードローンの金利は、借入限度額や申し込み内容などを考慮し、以下のように金利が決定します。 借入限度額 金利 10万円~90万円 年11. 80%~13. 80% 100万円~190万円 年8. 80%~13. 80% 200万円~290万円 年5. 80%~11. 80% 300万円~390万円 年4. 80%~8. 80% 400万円~490万円 年3. 80%~8. 80% 500万円~590万円 年3. 80%~7. 80% 600万円~790万円 年3. 80%~5. 80% 800万円 年3. 80% イオン銀行カードローンの利用は口座開設は不要 イオン銀行カードローンは、イオン銀行の普通預金口座を持っていない方でもお金を借りることができます。 また、カードローン利用のために新たに口座を開設する必要もありません。 借り入れや返済はATMから行うことができますし、もし口座振替による返済を希望していたとしても、イオン銀行以外の銀行口座を返済用口座に指定することもできます。 イオン銀行普通預金口座を持っていた方が、インターネットバンキングを利用した借り入れなどができますし、自動融資サービスも利用できるため便利ではありますが、口座開設が必須ではないので、カードローンを利用してからゆっくりどうするか考えることもできますね。 イオン銀行カードローンの審査時間は?即日融資は可能? イオン銀行カードローンでは、即日融資を受けることはできません。 また、ローンカードを郵送で受け取ってからの借り入れ開始となるため、申し込んでから実際にお金を借りるまでには1週間以上かかることが予想されます。 <お金を借りるまでの必要日数> イオン銀行カードローンの申し込みから審査終了まで最短で2~3日程度。 ただし、申し込み内容や審査状況によって変動します。 また、必要書類をすぐに提出するとスピーディーな流れとなりますが、必要書類のアップロードが遅くなるとさらに審査完了までの時間が長くなります。 審査完了からローンカード受け取りまでは、最短で5日程度。 カードを受け取る際は本人確認が必要です。 カードを無事受け取ると、ATMからお金を借りることができるようになります。 このことから、審査にかかる時間とカード郵送にかかる日数を考えると、早くても1週間~10日程度はかかりそうですね。 急いでお金を借りたい方は、必要書類を速やかに提出するよう心がけましょう。 (申し込み後、イオン銀行から必要書類提出のためのURLを添付したメールが届くので、メール受け取り後すぐに提出するといいでしょう) また、ローンカードが郵送されてきても本人しか受け取ることができないので、確実に本人確認ができるようにしておくことが大切です。 ただし、元々イオン銀行に普通預金口座を持っている方は、最初の1回だけローンカードを受け取る前に振り込みでお金を借りることができます。 この場合は、審査完了後、すぐに振り込みの申し込みをすると、最短で申し込みから3日程度での借り入れも可能となります。 即日でお金を借りたい方は「」をご覧ください。 イオン銀行カードローンの審査申し込み方法 イオン銀行カードローン 審査申し込み~契約の流れ イオン銀行カードローンの申し込みからお金を借りるまでの基本的な流れは以下の通りとなります。 振り込み先を登録しておくと、新規の申し込み時の1回だけ、ローンカードが手元に届く前に振り込み融資を受けることができます。 イオン銀行カードローンの審査申し込み方法 イオン銀行カードローンの審査申し込み方法は「WEBで申し込み」の1種類のみとなっています。 イオン銀行の窓口はイオンのショッピングセンターにありますが、窓口ではカードローンの申し込みに対応はしていないそうです。 (取扱い商品:住宅ローン、預金、投資信託、保険など) 電話での申し込みも受け付けていないため、カードローンを申し込む場合はパソコンやスマートフォンからとなってしまいます。 イオン銀行カードローンは、自宅にいながら手続きができるため便利ではありますが、パソコン操作が不慣れな方や、窓口で相談しながら手続きを進めたいと思っている方には不便かもしれませんね。 WEBでイオン銀行カードローン審査に申し込む イオン銀行カードローンのホームページから申し込み手続きを行うことができます。 ホームページの「カードローンお申込み」ボタンから進みましょう。 申し込みフォームに必要事項を入力し送信すると、イオン銀行から必要書類を提出するためのURL付きのメールが届きます。 (メールで連絡が来るので、申し込み時にはメールアドレスが必要です) 必要書類をアップロードして提出すると、イオン銀行カードローンの審査がスタートします。 審査完了後、登録したメールアドレスに審査結果を確認するページのURLが添付されてくるので、専用ページから確認しましょう。 審査完了まで数日かかるので、連絡が来るまで待ちましょう。 イオン銀行カードローン審査に必要な書類 オン銀行カードローンの審査の際に必要な書類は、以下のような本人確認書類と収入証明書類になります。 必要書類は、スマホやデジカメ、スキャナーなどで画像を取り込み、イオン銀行からのメール内の「お客様専用マイページ」にログインし、アップロードして提出することになります。 また、外国籍の方の場合は、有効期限内で氏名・住所・生年月日が記載されている「在留カード」か「特別永住者証明書」が必要になります。 他社では健康保険証などでも対応してくれる場合がありますが、イオン銀行は免許証かパスポートを持っていないと申し込み自体ができなくなってしまうそうです。 どちらも、誰もが持っているというものではないので、必要書類が用意できないために申し込みができない方も出てきてしまうかもしれないのは残念ですね。 ただし、個人事業主や法人代表者の場合は、審査状況や借入希望額にかかわらず必要になります。 ・源泉徴収票(前年度、社名表記のあるもの) ・給与明細(直近3カ月以内に発行された、2か月分の給与明細。 ただし、佐川急便株式会社の「受取人確認サポート」になるため、ローンカード受け取り時は、申し込み者とカード受け取り者が同一人物かの確認が必要になります。 カードが郵送されてきたら、以下のような書類を提示しカードを受け取りましょう。 ・運転免許証 ・個人番号カード ・日本政府発行の旅券 ・在留カード ・特別永住者証明書 イオン銀行カードローンでお金を借りる方法 イオン銀行カードローンでお金を借りる方法は、「ATMからお金を借りる」「振り込みでお金を借りる」の2種類です。 <ATM借り入れの条件> ATM利用手数料 イオン銀行ATM、コンビニATMは24時間365日無料。 その他ATMは金融機関や時間帯によって有料。 振り込み先はイオン銀行の普通預金口座だけではなく、他の金融機関への振り込みも可能となるので急ぎの場合は助かりますね。 また、審査完了日の翌々日9時~であれば、インターネットバンキング「イオン銀行ダイレクト」を利用してイオン銀行普通預金口座へ振り込んでもらうこともできます。 ただし、イオン銀行普通預金口座を持っていない場合は振り込みでお金を借りることはできません。 ローンカードを受け取るまで待ちましょう。 <振り込みでお金を借りる条件> 振込申込方法 審査完了のお知らせメール時に案内してくれる専用マイページから申し込み。 (電話での本人確認が必要) 振込手数料 無料 借入可能額 イオン銀行普通預金口座への振り込みの場合は借り入れ限度額まで可能。 他の金融機関普通預金口座への振り込みの場合は借り入れ限度額か50万円のいずれか低い金額まで可能。 クレジットカードの決済や公共料金の支払いが口座振替返済の場合は安心ですね。 自動融資を希望する場合は別途手続きが必要なので、自動融資の申し込みを行っておきましょう。 ただし、以下のような理由での残高不足には対応できません。 ・積立式定期預金への自動振替 ・投信自動積立への自動振替 ・イオン銀行ローンの元金返済、利息支払い ・WAONへのオートチャージ ・イオンクレジットサービス(株)の引き落とし イオン銀行カードローンの返済方法 イオン銀行カードローンの返済方法は、「自動引き落とし返済」と「ATM返済」の2種類です。 返済用口座は、イオン銀行の普通預金口座を指定することもできますし、その他の金融機関の普通預金口座を指定することもできます。 その他、手数料はかかってしまいますが、利用可能な提携ATMも多いので安心ですね。 任意返済期間 毎月21日~月末日まで ATM利用手数料 イオン銀行ATM、コンビニATMは24時間365日無料(一部有料となる金融機関もあります) ATM時間外利用手数料 無料(一部有料となる金融機関もあります) 硬貨の取扱い イオン銀行は不可。 (他の金融機関ATMでは硬貨の取り扱いが可能となる場合もあります) 返済可能単位 最大2万円まで可能。 1,000円単位~。 (硬貨取扱い可能な金融機関の場合、1円単位から返済可能) 提携ATM イオン銀行、E-net、ローソン銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行、三菱UFJ銀行など イオン銀行カードローンの返済期日 イオン銀行カードローンは、毎月20日(土曜、日曜、祝日、国民の休日、12月31日~1月3日の場合は翌営業日)が約定返済日となります。 毎月1日~約定返済日の前日(19日)までの間に入金しておきましょう。 返済額は、前月末日の借り入れ残高に応じて決定します。 ただし、毎月21日~月末日までに入金すると、任意返済とみなされてしまいます。 任意返済をしても、約定返済は毎月必ずあるので注意しましょう。 イオン銀行カードローンの約定返済額 イオン銀行のカードローンの返済方法は、残高スライド方式となります。 前月末日の借り入れ残高に応じて、以下のように返済額が決定します。 そのため、WEBから24時間365日申し込みが可能で、土日祝日関係なく審査も行ってくれますので、土日を挟むことで審査結果の連絡が遅れるということもありません。 また、イオン銀行カードローンは、ATMも24時間365日利用できるため、時間や曜日を気にせず必要な時にいつでもお金を借りることができますね。 気軽に何度でも借入・返済ができるので助かりますね。 また、時間は限られてきますが、ゆうちょ銀行や三菱UFJ銀行、みずほ銀行でも手数料が無料となる時間帯があるので便利です。 口座がなくても、カードローンでお金を借りることができます。 自動融資の申し込みをすると、返済用普通預金口座が残高不足の場合、自動的に借り入れ限度額の範囲内で不足分を融資してもらえます。 うっかり入金し忘れていたり、他の引き落としがあり、気づかないうちに残高不足になってしまっていたとしても、自動融資サービスがあると安心ですね。 オリックス銀行においては、17. 8%と消費者金融並みの上限金利を設定しています。 それに比べると、上限金利を13. 8%としているイオン銀行は低金利と言えますね。 ただし、りそな銀行は上限金利を12. 475%ととても低く設定しているため、イオン銀行よりも低金利でお金を借りたい場合はもお勧めです。 やは最小返済額が10,000円~となっていますし、返済額を低く設定している楽天銀行や三菱UFJ銀行でも、最小返済額は2,000円~となっているため、それらに比べると1,000円~と言うのは少ないですね。 返済額が少なめだと月々の返済負担を抑えることができるため、計画的な返済を継続できるのではないでしょうか。 ただし返済を繰り返してもなかなか元金が減らない状態が続く危険性もあります。 最終的に総支払い額が増えてしまうため、余裕があるときには任意返済もしていくことをお勧めします。 しかし普通預金口座があると、以下のような様々なサービスを利用出来るようになるため、実際は口座開設した方が便利です。 ・新規申し込み時、ローンカードを受け取る前に振り込み融資が可能。 ・返済用口座が残高不足だった場合も、自動融資で不足分解消。 ・インターネットバンキング「イオン銀行ダイレクト」を利用して、イオン銀行普通預金口座へ振り込み融資が可能。 そのため、送付されてきたカードを受け取るためには運転免許証などの本人確認書類が必要になりますし、本人確認書類に記載されている住所にしか送付してもらうことができません。 勤務先など、自宅以外の場所に気軽に送付してもらうことができませんし、配達日や時間指定もできません。 家族に内緒でお金を借りたい場合は不便かもしれませんね。 ただし、不在通知が入っていた場合は連絡先へ連絡すると、配達日時を指定することがでます。 イオン銀行のカードローンを持っている場合はすぐに振り込みしてもらうことができますが、口座を持っていない方はお金を借りるためにはカードが送られてくるのを待つしかありません。 すると審査が順調に進んだとしても、申し込みからお金を借りるまでに1週間~10日程度かかると考えられます。 もし審査に時間がかかってしまうと、数週間かかってしまうこともあるため、急いでいる方のためのローンとは言えないかもしれませんね。 設置場所によって利用可能時間が異なるので注意しましょう。 これ以外の本人確認書類(健康保険証も不可)では、イオン銀行カードローンに申し込むことができません。 運転免許証があればいいのですが、免許証は全員が持っているわけではありませんし、パスポートを持っていない方や期限が切れてしまっている方も多いのではないでしょうか。 イオン銀行カードローンの申し込みをすると、ローン専用のローンカードが必ず発行されますし、ローンカードを受け取って初めてお金を借りることができるようになります。 (元々口座をもっている方は、カード受け取り前に振り込みでお金を借りることができます).

次の