し の つく 雨 と は どんな 雨。 肘笠雨(ひじかさあめ・ひじがさあめ)ってどんな雨?名前の由来は?

地雨と驟雨の違いって何?使い方や読み方は

し の つく 雨 と は どんな 雨

驟雨とは 次にご紹介するのは驟雨です。 驟雨は地雨よりさらに使う機会が少ないと思いますが、驟雨と書いて「 しゅうう」と読みます。 驟雨もあまり日常的に使わないのですが、俳句の季語として使う人も多いです。 同じ雨の言葉になるのですが驟雨と地雨の違いは大きく存在します。 というのも、地雨はしとしとと降り続けるゆっくりと雨の事を表すのですが、驟雨はその地雨に反して激しく降り続ける雨の事を指します。 さらに、時間に関しても違いが存在し、地雨はしとしとながらも長時間降り続ける雨ですが、驟雨は短時間で終わるような雨の事を指します。 そのため、地雨と驟雨は大きく意味が異なる雨と認識すると間違いないかと思います。 地雨と驟雨以外の雨の種類 地雨と驟雨についてご紹介しましたが、地雨と驟雨以外にも似ている雨の種類は存在します。 似ている雨の種類とその違いを簡単にご紹介していきますので、ぜひご参考いただけたらと思います。 にわか雨 雨の種類として多くの方がご存知なものとして挙げられるのが、にわか雨です。 にわか雨は日常的に使い機会が多いと思いますが、漢字で書くと「俄雨」となります。 俄雨は多くの方もご存知のように、急に振り続けてくるような雨を指し、雨が降ったかと思うと急にまた止むような雨の事を指します。 そのため、ちょっとした雨の事をにわか雨が降ったというように使います。 通り雨 次にご紹介するのは通り雨です。 通り雨はにわか雨に続いて日常のシーンで耳にする機会が多いですよね。 通り雨は名前からもわかるように、雨雲が通り過ぎたように、さっと降ってさっと止むような簡単な雨の事を指します。 そのため、空を見上げると晴れていることも多く、あっという間に終わってしまった雨などを通り雨ということが多いです。 霖雨 続いてご紹介するのは霖雨です。 霖雨はなかなか耳にする機会がないと思います。 霖雨と書いて「りんう」と読むのですが、霖雨は降って止んでを繰り返するような悪天候が何日も続くようなことを指します。 そのため、梅雨のような天候の時に使われやすい言葉とされています。 豪雨 次にご紹介するのは豪雨です。 豪雨は地雨やにわか雨のようによく使われる言葉の一つでもあるのですが、激しく降り注ぐ雨の事を指します。 一度降った雨の勢いはすさまじく、集団的な雨を指す場合が多いです。 豪雨が原因で地盤が緩んだりすることも多いので、豪雨の際には周りの環境にも注意する必要があります。 篠突く雨 次にご紹介するのは篠突く雨です。 篠突く雨はなんとなくでも聞いたことがある方も多いと思います。 篠突く雨と書いて「しのつくあめ」と読むのですが、篠突く雨の篠とは群れとなって存在する細かい竹の事を指します。 この細かい竹が降り注ぐかのような雨が篠突く雨と呼ばれることが多いです。 雨の粒は細くても、雨の勢いは凄いので濡れることが多く、豪雨に比較的近いような雨でもあります。 肘かさ雨 次にご紹介するのは肘かさ雨です。 肘かさ雨はあまり馴染みのない言葉だと思いますが、「ひじかさあめ」と読みます。 これはどのような雨かというと、肘で雨を傘代わりとして使うような状況の雨を指します。 そのため、肘かさ雨はどちらかというと、雨の強さというよりも突然降り出した雨の場合に使われることが多いです。 あまり強くはないものの、急に雨が降って傘を持ち合わせていない状況で肘で顔が濡れないようにしているような状況の雨を肘かさ雨と呼ぶことが多いです。 村雨 次にご紹介するのは村雨です。 村雨は本来の村雨、雨の意味でない場合で聞くことが多いと思いますが、村雨と書いて「むらさめ」と読みます。 村雨はどのような雨かというと、雨がいっきに降り注いでくるような雨の事を指します。 そのため、別名「群雨」と呼ばれることがあるのですが、豪雨や篠突く雨のように束になって降り注いでくる集中豪雨のような雨の事を村雨と呼ぶ場合が多いです。 怪雨 次にご紹介するのは怪雨です。 怪雨も普段の生活ではあまり聞きなれない言葉だと思いますが、怪雨と書いて「あやしあめ」と読みます。 この怪雨は雨の強さなどではなく、雨に花粉、黄砂、火山灰などといったあまり体によくない塵交じりの雨の事を表します。 そのため、普段の雨よりも濁ったような雨に使われることが多く、怪雨が降った際には警戒が必要と言えます。 天泣 次にご紹介するのは天泣です。 天泣は言葉からではあまりどのような雨か想像つきにくい方も多いと思いますが、天泣と書いて「てんきゅう」と読みます。 天泣はどのような雨かというと、空を見上げても雲がほとんどない状況なのにも関わらず、細かい雨が降り注ぐような状況を天泣と呼びます。 別名「狐の嫁入り」と呼ばれることが多いのですが、通り雨とかなり似ているといえます。 外待雨 次にご紹介するのは外待雨です。 外待雨も天泣と同様に普段ではあまり聞かないような言葉ではあるのですが、外待雨と書いて「ほまちあめ」と読みます。 外待雨は別名「私雨」と呼ばれることもあるのですが、その一部にだけ降り注ぐような雨の事を指します。 そのため、自分の田んぼや畑、家だけや、関東や関西だけといった局地的な雨を外待雨として使うことが多いです。 驟雨の使い方 雨の種類についてたくさんご紹介しましたが、次は驟雨の使い方についてご紹介したいと思います。 驟雨の使い方と言っても日常で使うよりもどちらかというと、俳句などで使う機会が多いです。 驟雨はご紹介したことからもわかるように、激しく降り注ぐような雨なのですが、主に夏の季語として使われます。 そのため、突然降り出した雨の言葉として驟雨を使うと普段よりも少しインテリ感のある雰囲気を演出することが可能です。 驟雨は夏に使われる季語なのですが、驟雨とは違って秋や冬の季節に細かい雨が降り注ぐことを「時雨」と呼びます。 時雨も驟雨と同じように俳句の季語として使われることも多いので、ぜひ合わせて一つの知識として覚えていただけたらと思います。 「まとめ」雨の種類や意味を知って使い分ける 地雨や驟雨・そのほかの雨の種類についてご紹介しましたがいかがだったでしょうか。 雨と一言で言っても種類はたくさん存在します。 雨の種類の言葉を変えるだけでもどのような雨の状況か感じることもできますので、ぜひ皆さんの知識の一つとしてご参考いただけたらと思います。

次の

日本情緒あふれる「雨の呼び名」を紹介 一説には400語超とも

し の つく 雨 と は どんな 雨

驟雨とは 次にご紹介するのは驟雨です。 驟雨は地雨よりさらに使う機会が少ないと思いますが、驟雨と書いて「 しゅうう」と読みます。 驟雨もあまり日常的に使わないのですが、俳句の季語として使う人も多いです。 同じ雨の言葉になるのですが驟雨と地雨の違いは大きく存在します。 というのも、地雨はしとしとと降り続けるゆっくりと雨の事を表すのですが、驟雨はその地雨に反して激しく降り続ける雨の事を指します。 さらに、時間に関しても違いが存在し、地雨はしとしとながらも長時間降り続ける雨ですが、驟雨は短時間で終わるような雨の事を指します。 そのため、地雨と驟雨は大きく意味が異なる雨と認識すると間違いないかと思います。 地雨と驟雨以外の雨の種類 地雨と驟雨についてご紹介しましたが、地雨と驟雨以外にも似ている雨の種類は存在します。 似ている雨の種類とその違いを簡単にご紹介していきますので、ぜひご参考いただけたらと思います。 にわか雨 雨の種類として多くの方がご存知なものとして挙げられるのが、にわか雨です。 にわか雨は日常的に使い機会が多いと思いますが、漢字で書くと「俄雨」となります。 俄雨は多くの方もご存知のように、急に振り続けてくるような雨を指し、雨が降ったかと思うと急にまた止むような雨の事を指します。 そのため、ちょっとした雨の事をにわか雨が降ったというように使います。 通り雨 次にご紹介するのは通り雨です。 通り雨はにわか雨に続いて日常のシーンで耳にする機会が多いですよね。 通り雨は名前からもわかるように、雨雲が通り過ぎたように、さっと降ってさっと止むような簡単な雨の事を指します。 そのため、空を見上げると晴れていることも多く、あっという間に終わってしまった雨などを通り雨ということが多いです。 霖雨 続いてご紹介するのは霖雨です。 霖雨はなかなか耳にする機会がないと思います。 霖雨と書いて「りんう」と読むのですが、霖雨は降って止んでを繰り返するような悪天候が何日も続くようなことを指します。 そのため、梅雨のような天候の時に使われやすい言葉とされています。 豪雨 次にご紹介するのは豪雨です。 豪雨は地雨やにわか雨のようによく使われる言葉の一つでもあるのですが、激しく降り注ぐ雨の事を指します。 一度降った雨の勢いはすさまじく、集団的な雨を指す場合が多いです。 豪雨が原因で地盤が緩んだりすることも多いので、豪雨の際には周りの環境にも注意する必要があります。 篠突く雨 次にご紹介するのは篠突く雨です。 篠突く雨はなんとなくでも聞いたことがある方も多いと思います。 篠突く雨と書いて「しのつくあめ」と読むのですが、篠突く雨の篠とは群れとなって存在する細かい竹の事を指します。 この細かい竹が降り注ぐかのような雨が篠突く雨と呼ばれることが多いです。 雨の粒は細くても、雨の勢いは凄いので濡れることが多く、豪雨に比較的近いような雨でもあります。 肘かさ雨 次にご紹介するのは肘かさ雨です。 肘かさ雨はあまり馴染みのない言葉だと思いますが、「ひじかさあめ」と読みます。 これはどのような雨かというと、肘で雨を傘代わりとして使うような状況の雨を指します。 そのため、肘かさ雨はどちらかというと、雨の強さというよりも突然降り出した雨の場合に使われることが多いです。 あまり強くはないものの、急に雨が降って傘を持ち合わせていない状況で肘で顔が濡れないようにしているような状況の雨を肘かさ雨と呼ぶことが多いです。 村雨 次にご紹介するのは村雨です。 村雨は本来の村雨、雨の意味でない場合で聞くことが多いと思いますが、村雨と書いて「むらさめ」と読みます。 村雨はどのような雨かというと、雨がいっきに降り注いでくるような雨の事を指します。 そのため、別名「群雨」と呼ばれることがあるのですが、豪雨や篠突く雨のように束になって降り注いでくる集中豪雨のような雨の事を村雨と呼ぶ場合が多いです。 怪雨 次にご紹介するのは怪雨です。 怪雨も普段の生活ではあまり聞きなれない言葉だと思いますが、怪雨と書いて「あやしあめ」と読みます。 この怪雨は雨の強さなどではなく、雨に花粉、黄砂、火山灰などといったあまり体によくない塵交じりの雨の事を表します。 そのため、普段の雨よりも濁ったような雨に使われることが多く、怪雨が降った際には警戒が必要と言えます。 天泣 次にご紹介するのは天泣です。 天泣は言葉からではあまりどのような雨か想像つきにくい方も多いと思いますが、天泣と書いて「てんきゅう」と読みます。 天泣はどのような雨かというと、空を見上げても雲がほとんどない状況なのにも関わらず、細かい雨が降り注ぐような状況を天泣と呼びます。 別名「狐の嫁入り」と呼ばれることが多いのですが、通り雨とかなり似ているといえます。 外待雨 次にご紹介するのは外待雨です。 外待雨も天泣と同様に普段ではあまり聞かないような言葉ではあるのですが、外待雨と書いて「ほまちあめ」と読みます。 外待雨は別名「私雨」と呼ばれることもあるのですが、その一部にだけ降り注ぐような雨の事を指します。 そのため、自分の田んぼや畑、家だけや、関東や関西だけといった局地的な雨を外待雨として使うことが多いです。 驟雨の使い方 雨の種類についてたくさんご紹介しましたが、次は驟雨の使い方についてご紹介したいと思います。 驟雨の使い方と言っても日常で使うよりもどちらかというと、俳句などで使う機会が多いです。 驟雨はご紹介したことからもわかるように、激しく降り注ぐような雨なのですが、主に夏の季語として使われます。 そのため、突然降り出した雨の言葉として驟雨を使うと普段よりも少しインテリ感のある雰囲気を演出することが可能です。 驟雨は夏に使われる季語なのですが、驟雨とは違って秋や冬の季節に細かい雨が降り注ぐことを「時雨」と呼びます。 時雨も驟雨と同じように俳句の季語として使われることも多いので、ぜひ合わせて一つの知識として覚えていただけたらと思います。 「まとめ」雨の種類や意味を知って使い分ける 地雨や驟雨・そのほかの雨の種類についてご紹介しましたがいかがだったでしょうか。 雨と一言で言っても種類はたくさん存在します。 雨の種類の言葉を変えるだけでもどのような雨の状況か感じることもできますので、ぜひ皆さんの知識の一つとしてご参考いただけたらと思います。

次の

しのつく雨、どんな雨?【ことば検定】 答え林修

し の つく 雨 と は どんな 雨

先日、窓から外を見ると 雨が降っていまして。 いやぁ~、日本人の感性ってすごいですね。 「 季節(春、梅雨、夏、秋、冬)」と「 雨の降り方」で分けてみましたよ。 あと、「 雨がつく男の子と女の子の名前」も少し紹介しています。 子供の名前に「雨」を付けたいママは良かったら参考にしてくださいね。 季節ごとの雨の名前と種類 「日本の 四季は美しいですよね~」 ということで、まずは「 季節ごと」に雨の名前と種類を分けてみましたよ。 「春夏秋冬」に「梅雨」も加えたので「五季」になっちゃいましたけど、気にしない(笑) 「春の雨」の名前と種類一覧 ・春時雨 はるしぐれ 春に降る時雨のこと。 時雨は晴れたと思ったら降りだし、降りだしたと思ったら止むを繰り返す定まらない雨のことです。 ・小糠雨 こぬかあめ ・ひそか雨・ぬか雨 春先にしとしとと降る霧雨。 ・桜雨、花の雨 桜の花にかかる雨。 桜が咲く3月下旬~4月上旬に降る雨のこと。 ・花時雨(はなしぐれ) 桜の時期に降る時雨のこと。 ・春霖 しゅんりん 3月から4月にかけて天気がぐずつく時期のこと。 春の長雨とも呼ばれます。 ・菜種梅雨 なたねつゆ 菜種の生る3月下旬から4月頃に関東よりも西の地域で天気がぐずつくこと。 ・春雨 はるさめ 3月下旬から4月頃にいつまでも降り続く地雨のようなしっとりした雨。 ・虎が雨 とらがあめ 旧暦5月28日頃にに降る雨。 由来は有名な仇討ちの話です。 曽我兄弟は5月28日に仇討ちを遂げますが、兄の曽我十郎は敵に切られ亡くなりました。 兄の恋人であった「大磯の虎」という遊女が虎御前で流す悲しみの涙が、命日に雨となって降るそうです。 スポンサーリンク 「梅雨の雨」の名前と種類一覧 ・卯の花腐し うのはなくたし 卯の花が咲く旧暦の4月から5月頃に降る雨。 ちなみに、この頃の曇り空を「卯の花曇」とも呼びます。 ・入梅 にゅうばい 梅雨に入ること。 梅雨は梅の実が熟す時期に降るのが由来となっています。 ・栗花落 ついり 、堕栗花(ついり) 梅雨入りのこと。 栗の花が散って落ちる頃に梅雨入りするのが由来です。 ・五月雨 さみだれ 梅雨のこと。 旧暦の5月に降る雨というのが由来です。 ・走り梅雨、迎え梅雨 5月の中旬から下旬にかけてのぐずついた天気。 ・送り梅雨 梅雨が明ける頃の雨の名前。 ・戻り梅雨、返り梅雨、残り梅雨 梅雨明け後に再び雨が降り続くこと。 ・空梅雨 からづゆ 、早梅雨(ひでりつゆ)、枯れ梅雨 雨の少ない梅雨のこと。 ・陽性の梅雨・男梅雨 雨が降る時は短時間に集中して降り、降らない時はすっきりと晴れている梅雨のこと。 ・陰性の梅雨・女梅雨 あまり強くない雨がしとしとと降り続く梅雨のこと。 「夏の雨」名前と種類一覧 ・青葉雨、翠雨(すいう)、緑雨 初夏に降る雨。 青葉をつややかに見せることが由来。 ・瑞雨(ずいう)、穀雨(こくう)、甘雨(かんう) 夏に穀物や草木を潤す恵みの雨。 ・喜雨(きう)・雨喜び(あまよろこび)・慈雨(じう) 夏の日照りが続いた後に降る喜びの雨。 ・夕立 ゆうだち ・白雨 はくう 夏の夕方に降る激しい雨。 ・洗車雨 せんしゃう 七夕の前日の7月6日に降る雨。 彦星(牽牛)が織姫に会う為、牛車を洗う水が雨になると言われています。 ・洒涙雨(さいるいう) 七夕当日の7月7日に降る雨。 「織姫と彦星が分かれた後に流す寂しさの涙」、あるいは「会う事ができずに流す悲しみの涙」とも言われます。 ・御山洗 おやまあらい 富士閉山の旧暦7月26日に降る雨。 多くの登山者で汚れた富士を洗い清める雨のこと。 ・半夏雨 はんげあめ 夏至から11日目の半夏生(はんげしょう)に降る雨です。 「秋の雨」の名前と種類一覧 ・秋雨 あきさめ)秋霖(しゅうりん)、秋湿り 8月下旬~10月にかけて降り続ける長雨のこと。 ・秋入梅(あきついり) 秋の長雨の季節に入ること。 「冬の雨」の名前と種類一覧 ・山茶花梅雨 さざんかつゆ 11月下旬~12月上旬の山茶花 さざんか が咲く季節にぐずつく雨のこと。 ・時雨 しぐれ 晩秋から初冬にかけて、ザーッと勢いよく降り、すぐにカラッと晴れる雨。 ・冬雨(とうう)、寒雨(かんう) 冬の冷たい雨。 ・氷雨(ひさめ) 晩秋から初冬に降る氷の粒が混じった冷たい雨。 ・凍雨(とうう) 氷が雨のように降ることです。 雪が雨に変わる時によく見られます。 ・寒九の雨 かんくのあめ 寒に入って9日目に降る雨。 豊年万作の兆しといわれます。 ・村時雨 むらしぐれ ひとしきり強く降っては通り過ぎてゆく雨のことです。 ・片時雨 かたしぐれ 空の片側だけ時雨が降り、片側は晴れている冬の天気。 ・横時雨 よこしぐれ 横殴りに降る時雨のこと。 スポンサーリンク 「状態を表す雨」の呼び名と種類一覧 ・豪雨(ごうう) 激しく大量に降る雨のこと。 ・驟雨 しゅうう ・俄雨(にわかあめ) 急に降り出す雨。 たいていは入道雲ができて雷と一緒に降ってきます。 ・宿雨(しゅくう)・長雨・霖雨(りんう) 連日降り続ける雨。 昨夜から降り続ける雨。 ・長雨(ながさめ) 長い時間、降ったりやんだりする雨のこと。 ・地雨 じあめ 数日しとしとと降り続ける雨。 梅雨に降る雨は地雨の事が多いです。 ・肘笠雨 ひじかさあめ ・肘雨 急に降り出した雨。 笠をかぶる暇がなく、肘を笠代わりにする様子が由来。 俄雨(にわかあめ)のこと。 ・天泣 てんきゅう 空に雲が無いのに雨が降ってくること。 「狐の嫁入り」「天気雨」とも呼ばれます。 ・篠突く雨 しのつくあめ 「篠」は細く集まって生える竹や笹の事です。 篠竹を束ねたものが落ちてくるような激しい雨のこと。 ・外待雨 ほまちあめ 局地的な範囲に降る雨。 近畿地方では「私雨」とも呼びます。 雨がつく男の子と女の子の名前は? 最後に「雨がつく男の子と女の子の名前」も少し紹介しますね。

次の