キングダム 637 ネタバレ。 【キングダム】637話ネタバレ!王翦の鄴攻めの絵図(シナリオ)とは!?

キングダムネタバレ最新637話確定【食料が列尾を超える】

キングダム 637 ネタバレ

スポンサードリンク さて!今回は、2020年3月26日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画『キングダム』の最新636話のネタバレ・あらすじをご紹介していきます! 635話では、鄴(ぎょう)が完全に陥落する場面が描かれていました! 鄴に入っていた民衆が出てくるのを待つ桓騎軍。 しかしそんな中、李牧と対していたはずのゼノウが民衆の流れを無視して鄴の城内に突入しました。 圧倒的な武力を持つゼノウが城内に入り、鄴の城内の軍勢も混乱したようで、他の城門からの侵入も容易になりましたね。 一方の李牧率いる趙軍は、鄴の門が開いてしまったことで趙軍の士気も著しく低下。 さすがの李牧もこの状況に対しては打つ手は無かったようですね。 そして鄴の抱える問題点も李牧は考えていたようです。 この問題を抱えた鄴を遠巻きに包囲することを李牧は考えて、そして無駄な死人を出さないために早々と撤退したのでした。 では鄴の食糧問題を、王翦はどのように解決するのでしょうか? それでは2020年3月26日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画『キングダム』の最新636話のネタバレ・あらすじをご紹介していきます。 最後までお楽しみください! スポンサードリンク キングダムネタバレ最新話636話『王翦は金銭や財宝で食料を調達する?!』 桓騎軍が奪った財宝で食料を調達?! 鄴(ぎょう)の城主である季伯(きはく)が自害するという驚きの展開に。 鄴が陥落したことの全てが季伯の責任でもないと思うけどなぁ。 金毛も命を捨てる行動に出ようとした時に部下に止められたように、有能な人材であればこそ生きてやることがあるはずなのに。 何だか切ない場面だな。 李牧率いる趙軍も、鄴の城門が内側から開いたことに対して士気を大幅に低下させていましたね。 鄴の完全陥落。 それを王翦は成し遂げることに成功しますが、しかし鄴にはある問題が残っていました。 そしてこの食糧問題を、王翦が驚くべき方法で解決することが635話のラストに描かれていました。 では、その方法とはどのような方法なのでしょうか? 一つには桓騎軍が鄴で財宝を多く見つけていましたし、これまでも9つの城を落としたことで財宝を獲得しています。 この財宝で食糧を調達することが考えられますし、王翦は秦から出陣する際にも多額の金銭を持って行っていたのかもしれません。 それではどこで食糧を調達するのでしょうか? 邯鄲で食糧を調達する?! まず鄴から近いのは、趙の首都である邯鄲(かんたん)ですね。 また趙の王都ですので都市としての規模も大きく、充分な食糧が市場に出回っているはずです。 ここで鄴で手に入れた財宝や秦から持参した金銭を元に、食糧を調達するのではないか? こうした食糧調達手段も考えられますね。 斉で食糧を調達する?! キングダムの地図を改めて見てみると、秦よりも楚の方が大きな国ですし、趙もなかなかの領土の大きさ。 今の時点ではまだ秦はどの国も滅ぼすことはできていませんが、李牧が倒れて趙が滅びるなど一定の成果をあげてからは、一気に秦の統一に向けて物語が進んでいくでしょうね。 ちなみに秦が他の国と友好関係を築いている国があります。 ただこの時の斉秦同盟は、あくまで斉は秦の戦いについて「静観する」という同盟です。 秦の戦いに斉が軍勢を出してくれるなど、斉が秦に協力してくれるものではありません。 ですので斉から食料を調達するとしても、金銭などとの交換になると思います。 ただ王翦率いる秦軍が占領しているのは、鄴と周辺の9つの城。 そして楊端和率いる山の民と壁将軍が橑陽(りょうよう)を占領していますが、そこから斉まではまだ趙の領内であるかもしれません。 ただ朱海平原の戦いでも閼与(あつよ)からは李牧が大規模な軍勢を率いていましたし、この軍勢は疲労の色が濃く李牧と共に退避しています。 この他に秦軍を攻撃できる軍があるとすれば、それは王都・邯鄲の軍勢ぐらいでしょう。 しかしご存知のように、趙王は暗君(あんくん)として描かれています。 鄴がピンチという時にも軍勢を動かしませんでしたので、秦軍が食糧調達のために斉へ向かったとしても邯鄲軍は動かないのかもしれません。 スポンサードリンク キングダムネタバレ最新話636話『王翦は趙王との和睦交渉で食糧を調達?!』 王翦は趙王と和睦交渉を行う?! 鄴(ぎょう)が陥落してしまい、さすがの三大天を誇る李牧もこうなると打つ手なしだったか。 朱海平原の戦いで消耗もしていたし、こればかりは仕方ない。 それに守ろうとしていた城が中から崩壊してしまえば、さすがに士気も落ちますよね、やっぱり。 王翦が趙の情報をどの程度収集しているか? その点はもしかすると昌平君の方が得意分野なのかもしれませんが、昌平君に趙の情報収集を頼んだとしても、昌平君が手にした情報を秦の咸陽から鄴の王翦に伝達するには、列尾という障壁もあります。 ですので王翦は趙の情報収集を独自で行っているのではないか?と考えていますが、趙王と李牧の仲は決して良い関係ではありませんし、この情報を王翦はつかんでいるかもしれませんね。 また李牧と和睦交渉を行ったとしても、食糧を引き出すことは難しいはずです。 現時点で鄴に食糧があまりないことは李牧も熟知していますし、ここから李牧は鄴を兵糧攻めにするつもりに違いありません。 そうなると王翦は和睦の交渉相手を李牧とはせず、趙王と和睦交渉を行うことでしょう。 また趙王は政と違って、優れた王とは程遠い存在です。 戦況についても充分な理解をしないまま、重要でない一部の城を明け渡すことで、王翦側は食糧を得るという和睦交渉を行うのかもしれません。 趙王との和睦交渉成立の可能性は?! ただこの和睦交渉が成立する可能性はどうでしょうか? 交渉は難しいかもしれませんが、負ける戦いはしない王翦です。 趙王に可愛がられている臣下と、すでにつながりを作っているかもしれませんし、そのことで交渉がうまく運ぶかもしれませんね。 少し前には羌瘣(きょうかい)が、蚩尤(しゆう)の禁術を使って信を生き返らせたことがありましたね。 この時に羌瘣は、会ってすぐに信のことを気になる存在だったと言っていました。 信もこれまで羌瘣とは寝室を共にした時に、羌瘣を女性として意識していた場面もありました。 信と羌瘣が仲良さそうに話しているのを、遠目に見る河了貂・・・ そんな切ない場面も描かれるのかもしれません。 またはハッピーエンドとしては、河了貂は蒙恬や王賁と恋をする。 そんな展開になってくれると良いな、と個人的には思います。 スポンサードリンク キングダムネタバレ最新話636話『李牧は左遷される?!』 李牧は敗戦の責任を取らされる?! 鄴(ぎょう)が完全に陥落しましたね。 9つの城にいた人々を抱えた鄴でしたが、王翦(おうせん)が兵糧を焼かなければこのタイミングでこうした陥落は成し遂げられなかったはずですので、さすがは王翦といったところでしょうか?タイミングもまるで計ったかのようで、恐るべし王翦ですね。 実のところ史実では、李牧はこの鄴をめぐる戦いでは出てきていません。 ちなみにこの鄴攻めは、西暦で言えば紀元前236年のこと。 キングダムでは灼熱(しゃくねつ)の始皇11年と描かれていましたね。 そして史実では紀元前234年に、大将軍に任命されて中央に呼ばれたということになっています。 それは秦の鄴攻めから、およそ2年後のこと。 その2年後に至るまで、李牧はこの鄴をめぐる戦いでの敗戦の責任を取らされるのかもしれません。 本当の責任は邯鄲軍を出さなかった趙王であっても、その責任は問われることなく、李牧の責任とされるのではないでしょうか? ここでもどこかやるせない場面がキングダムで描かれるかもしれませんね。 李牧の行く末を案じる王翦? 王翦が李牧を誘って新しい国を作ると言ったなぁ。 確か李牧は史実でも秦からの策略で、趙王からの信頼を失って誅殺された(罪に問われて殺害された)はず。 ここで李牧が裏切ったらそんな展開になるのかと思ったけど・・・でも李牧は勝算があったから、王翦の話に乗らないか。 もしも李牧が今後の展開の中で左遷されてしまうとすれば、王翦が李牧の身を案じる場面も描かれるかもしれません。 「だからあの時に言ったのだ。 」 そう李牧へ向けた一言を、王翦が言い放つ場面もあるかもしれません。 スポンサードリンク 『キングダム ネタバレ 最新話 636話』まとめ 鄴(ぎょう)に入った王翦(おうせん)たちですが、当然ながら王翦が鄴の城内の兵糧を焼きましたので、食糧問題に突き当たることになります。 これを王翦は驚くべき方法で解決すると635話のラストに書いていましたね。 鄴を解放しようとした李牧達も、鄴が内側から崩壊したことで士気を完全に失ってしまいます。 また鄴の城主、季伯(きはく)も自殺する事態にまでなりました。 個人的には鄴が落ちたのは、季伯の責任だけとは言えなかったと思います。 王翦も指摘していましたが趙の国内での戦いであったにも関わらず、趙の邯鄲(かんたん)軍が動かなかったことで、趙国内での戦いの有利さを活かせなかったことは間違いありません。 もちろん秦の蒙恬、王賁、信の活躍もありましたが、趙王が暗愚(おろか者)であったことが大きな要因にもなったと思います。 責任感が大きいがゆえに賢人だと李牧にも評されていましたが、賢人であればこそ生きてすべきことがあったように個人的には思います。 また鄴の食糧問題の解決が、次の636話の主なポイントになってきますが、桓騎軍がすでに行っていたように軍馬を食べることも一部には行われるかもしれません。 ただそれだけでは足りないと思いますので、金銭や奪った財宝を元に邯鄲などの都市で食糧を調達するのも一つの方法だと思います。 または秦と同盟を組んでいる斉で調達が容易になるのかもしれません。 または和睦交渉で趙王から食糧を得る。 そんな方法も王翦は考えているかもしれませんね。 それでは以上で週刊ヤングジャンプの掲載漫画『キングダム』の最新636話のネタバレ・あらすじ予想を終わります! 最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!.

次の

キングダムネタバレ最新話637話確定速報!!兵糧は一体どこへ!?

キングダム 637 ネタバレ

黄河(水路)で兵糧を送る 秦の補給部隊を襲撃した趙軍。 秦軍の大将・介億(かいおく)は、想定よりだいぶ早くバレてしまったことに、参ったと言いますが余裕の表情。 介億は、バレてしまってはムダ死になため、補給部隊の兵を退却させるよう命令します。 鄴(ぎょう)へ兵糧を送れなくなることを心配する兵達ですが、問題ないと介億は言います。 本命は別のルートで運んでいると。 秦が鄴(ぎょう)へ兵糧を送るに選んだ本命のルート、それは黄河(水路)でした。 霧に紛れて全力で船を漕ぐ秦軍。 秦国、咸陽(かんよう)に、補給船団が列尾(れつび)横を越え、趙国の水域に侵入したとの報告が入ります。 その報告を口元に手を当て、無言で聞く昌平君(しょうへいくん) 李牧は見抜いていた 兵糧を送るのに、黄河(水路)を選択した秦ですが、李牧はそれすらも見抜いていました。 陸路の補給部隊を襲撃した舜水樹(しゅんすいじゅ)に、李牧は事前に、秦軍は必ず水路を使って兵糧を運ぶと伝えていました。 舜水樹は、逆にさらに裏をかいて、陸路が本命の線かと思い襲撃しましたが、李牧の言った通りで余計な心配だったかと言います。 黄河(水路)で兵糧を運ぶ秦国に対し、「アホ共が」と吐き捨てるように舜水樹は言います。 黄河(水路)は既に趙軍が封じており、追い風の趙軍は一斉に矢を放ち、防戦一方の補給船団。 さらに、上流の秦軍に対して、下流の趙軍、河の水量が違うため、水軍の練度も違うと、趙水軍大将・甲鬼央(こうきおう)は言います。 鄴(ぎょう)城内では、兵達が飢えに苦しんでいます。 信はこの状況に、どうすればいいのだと焦ります。 王翦の鄴攻めの絵図とは!? 鄴(ぎょう)の様子を見続ける李牧。 カイネは李牧に、自分たちが鄴(ぎょう)の様子を見ているので、天幕で休んで下さいと言います。 黄河(水路)での補給を読んでいた李牧ですが、わずかな胸騒ぎを感じます。 しかし、王翦(おうせん)には水路の他にもう手はないはず。 答えがでない李牧は、カイネ達の気遣いに甘え、天幕で少し休もうとしますが、その時、王印の騎士団が現れ、今すぐ王都・邯鄲(かんたん)へ同行願いますと言います。 今ですか?と聞く李牧に、「今すぐです」と答える騎士団。 李牧は、断ると言ったら?と聞き、カイネは腰の刀を握り、いつでも抜刀できる態勢をします。 騎士団は、カイネ含めた側近のすぐ背後をとり、首元に針を当て、側近たちを皆殺しにして連行するだけと言います。 李牧は、分かりましたと答え、この場を雷伯(らいはく)に引き継ぐようカイネに指示を出します。 手枷をはめられ、まるで罪人のように連行される李牧。 李牧軍では、見たことのない騎士団だとの声が出ますが、あの旗って・・・との声も出ます。 李牧は騎士団に、朱海平原敗戦の咎(とが)ですか?と聞き、そう聞いておりますと騎士団は答えます。 李牧は、あと十日、王翦軍が飢えて鄴(ぎょう)を取り戻すところまで待って頂けたから、ありがたかったのですがと言いますが、仕方がありませんと騎士団。 王の命令は絶対ですと言います。 李牧は騎士団に、あなた方も大変ですねと言いますが、あなた様ほどではありませんと騎士団は答えます。 李牧は考えます。 せめて、黄河(水路)の水軍の勝報まで確認して去りたかったが・・・信じてますよ、舜水樹(しゅんすいじゅ) そこさえ止めてしまえば王翦軍は餓死します、そこさえ止めれば! 黄河(水路)では補給船団の俵が次々に黄河の中へ捨てられます。 咸陽(かんよう)に、水軍が全滅との急報が入ります。 皆が焦る中、昌平君(しょうへいくん)は、出陣前に王翦から言われていた言葉を思い出します。 王翦は出陣前、一つ頼んでおきたいことがあると言い、何かを伝えていました。 その頼みを聞いた昌平君は、「今、何と・・・」と驚きます。 これが王翦の鄴攻めの絵図(シナリオ)と思われますが、残念ながら内容まではまだわかりません。 キングダムのアニメと漫画の最新刊が無料で読める!? キングダムのアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか? その方法とは、 U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。 U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、160,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。 (マンガ22万冊、書籍17万冊、ラノベ3万冊、雑誌70誌以上) U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、 「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。 このポイントでキングダムの最新刊を 1冊無料で読むことができます。 さらにキングダムのアニメも 全て「見放題」です!! 第1シーズン 第2シーズン 映画のキングダムも有料ですが視聴可能です。 さらに!キングダム第3シーズンが2020年4月からの放送が決定しましたが、こちらも おそらく見放題と思われます。 ', '... php on line 337.

次の

キングダムネタバレ最新637話確定【食料が列尾を超える】

キングダム 637 ネタバレ

Contents• 黄河の水路を使う 黄河の水路から必死に漕いで兵糧を届けようとしている。 李牧は先の様にこれを読んでいた。 目の前に現れるのが趙の水軍の兵。 水軍の熟練度では圧倒的に趙が有利。 上流と下流とでは河の水の量が違う それ即ちそのまま水軍の練度の差よ 水軍の大将である甲鬼央将軍が出てくる。 秦国の船も慌てて戦闘船を前に出して臨戦状態。 鄴では飢えが進む 鄴では兵達が飢えている。 信たちにもどうする事もできない。 李牧に王命 李牧の元に王命として直下の兵が現れる。 扱いは罪人と同じ。 王翦が飢えて取り戻すまで10日ほど待ってくれればと李牧。 朱海平原の敗戦の咎ですか? そう聞いています あと10日 王翦が飢えて鄴を取り戻す所まで 待っていただけたらありがたかったのですが 鄴での指揮は雷伯に委ねて、罪人の如く手錠をはめられて馬車で移動する李牧。 史実では悼襄王は愚王とは言われていない。 しかしキングダムではかなりの暗愚の王である。 更に後に李牧が光と評した次の王でる嘉が王位を剥奪される。 この話はもう少し後だろうが、それに関わる何かがこの王命の一件に関わってくるだろう。 キングダム639話 キングダム639話は別の道からの兵糧となる。 予想としてあがっているのが閼与からの兵糧運びとなる。 そう言われる理由は、軍の偏りである。 そもそも李牧の軍は王都の軍ではない。 王に断られている事から、閼与の軍を使って鄴を見張っている。 朱海平原の戦で繰り出した兵達だ。 更に水軍は全てだし、舜水樹は念の為に橑陽から列尾に向かった。 山を守っていた守護者である扈輒も列尾にいる。 また橑陽には今、唐利将軍も加わって増援として楊端和を包囲した。 どうだろう。 閼与周辺の兵はとてつもなく減っていると言える。 李牧は胸騒ぎがすると言っていたが、まさにこの事ではないか。 まさか最初から山脈を超えて、閼与側に秦国軍が居るとは思っていないのだ。 しかし出陣前の二十日以上前に伝えられているのだとすればどうか。 間に合ってしまう。 李牧もさすがに今の戦況を王翦が最初から予想していたとは考えられない。 この時点ですでに王翦の軍略は李牧のそれを圧倒的に凌駕していると言える。

次の