ご教授 意味。 「ご教示」と「ご教授」どちらが正解?正しい意味・使い方の決定版!

ご教授いただければ幸いです・ご教授くださいの意味/使い方/英語

ご教授 意味

「伝授」の意味や使い方 「伝授」には、 「伝え授けること」という意味があります。 特に学問や宗教、芸道などの奥義や秘事を伝え授けることを、 「伝授」と言います。 例えば野球のコーチが、選手にバッティングのコツを伝えて授ける時、 「外角低めを打つコツを伝授する」などと、 「伝授」という言葉を使えます。 「教授」の意味や使い方 「教授」には 「学問や技芸を教え授けること」という意味があります。 また 「学生に知識や技能を授けること」という意味もあります。 さらに 「大学や高校学校などで、研究や教育職の最高位の人」を 「教授」と言います。 「教授」は 「ご教授」という言葉を付けて、上の立場の人から学問や技芸を教え授けてもらう時に使うことがあります。 例えば、職場の先輩にセールスのコツを教え、授けてもらう時、 「先輩に、セールスのコツをご教授してもらう」などと 「ご教授」という言葉を使います。 「伝授」と「教授」の違い 「伝授」と 「教授」という言葉の違いを紹介します。 「伝授」には、 「伝え授けること」という意味があります。 「教授」には 「学問や技芸を教え授けること」という意味があります。 似た意味を持つ二つの言葉ですが、 「教授」より 「伝授」の方が、歴史のある物、技術などを授けるというニュアンスが強くなっています。 「伝授」を使った例文と意味を解釈 「伝授」を使った例文を紹介し、意味を解釈します。 「我が流派に伝わる奥義を、息子に『伝授』する」 この例文は、武術の流派に伝わる一子相伝の奥義を、息子に伝え授けるという場面になります。 このように 「伝授」には 「伝え授ける」という意味があります。 子供がたくさんいる場合は、一人だけ選ばれて、奥義を 「伝授」することになります。 「教授」を使った例文と意味を解釈 「教授」を使った例文を紹介し、意味を解釈します。 「男性にモテるコツを、友達にご『教授』してもらう」 この例文は、モテる友達に、男性にモテるコツを教えてもらおうとしている人についての文章になります。 このように 「教授」には 「教え授ける」という意味があります。 実際にモテている男性や女性には、異性を引き付けるためのコツを何かいらもっているため、 「教授」されたら、現在よりもモテるようになりそうです。 まとめ 「伝授」と 「教授」という言葉の違いについて見てきました。 奥義や秘事などを伝え授ける時は 「伝授」、学問などを教え授ける時は 「教授」と、それぞれの意味と使い方を知り、様々な場面で使い分けましょう。 「伝授」と 「教授」の違いについて紹介します。 さらに 「伝授」と 「教授」を使った例文と意味を紹介し、解釈して行きます。

次の

准教授(じゅんきょうじゅ)とは

ご教授 意味

概要 [ ] 日本の第九二条は「大学には、、教授、(旧・)、、、及び事務職員を置かなければならない。 」と定めている。 大学教授職という場合には、字義通りには正教授のみを指すが、助教や講師等の職階を含む教員集団全体を教授職と呼ぶこともある。 大学教授職の特質 [ ] 大学教授職は以下のような特質を有する。 大学教授職は専門職である。 大学教授職は専門分野を通して学問の発展に寄与することを使命としている。 大学教授職には階層があり職階の集合体である。 なお、は、専任教員(教授、准教授または講師)としてしたであって、教育上または上特にのあった者に対し、各大学または各高等専門学校の定めるところにより、大学または高等専門学校をした後に授与されるである。 大学教授職は専門分野に即して特有の文化を構築している。 大学教授職には国際的な共通性があるが相違性もある。 ヨーロッパ [ ] ヨーロッパの大学教授は国家とを対極とする構造をとどめており、大学の組織構造では国家と教授の権限が強くなっている。 やなど、大学はもともと学問ギルド(同業者組合)として誕生し、教員はその同業者組合の組合員であった。 大学は幅広い社会階層に開かれていたが、学寮型の大学に移行するとともに、による教育や単位の取得、学問のための費用などの要因からエリート層に限定された組織となり、大学教授職もエリート色の強い地位に変化した。 科学や研究が未発達な段階では、教授職は宗教を中心とするを媒介として学生に知識を伝達する教師であり教育に重点が置かれていた。 19世紀前半になるとなどで科学的研究が本格化し、大学教授は教師から研究者や科学者としての役割に比重が移った。 日本 [ ] 教授の資格 [ ] 日本における教授の資格については、法令に基づく形がとられている。 各種法令においては、最低基準としての教授の要件が例示されている。 教育施設ごとに規程・規則等が定められ、規程・規則に基づいて、少なくとも法令が定めている基準以上の者を教授として選考する。 大学設置基準 [ ] 第14条では以下のように定められている。 第14条:教授となることのできる者は、次の各号のいずれかに該当し、かつ、大学における教育を担当するにふさわしい教育上の能力を有すると認められる者とする。 の学位(外国において授与されたこれに相当する学位を含む。 )を有し、研究上の業績を有する者• 研究上の業績が前号の者に準ずると認められる者• (28年文部第9号)第5条の2に規定する(外国において授与されたこれに相当する学位を含む。 )を有し、当該専門職学位の専攻分野に関する実務上の業績を有する者• 大学において教授、准教授又は専任の講師の経歴(外国におけるこれらに相当する教員としての経歴を含む。 )のある者• 、等については、特殊な技能に秀でていると認められる者• 専攻分野について、特に優れた知識及び経験を有すると認められる者 教授職の種類 [ ] 一般に教授と呼ばれるにも、以下のような種類がある。 なお、主任及び専任教授の場合には、満了まで教授職に留まれるが、や招請(招聘)教授の場合には、一定の年限が課されている場合が多い。 特に、客員の場合には、寄附講座の設置などによって新たに設置される教授職のためである。 招請の場合には、他学校との併任である場合が多い。 なお、同様の職制として准教授、講師、助教、助手(一般には研究員とされることが多い)にも同じような種類が存在する。 主任教授 学部もしくは学科(研究科・専攻科)の責任者としての教授職 昇格職ではない。 学部所属の教授達が持ち回り的に選任されるケースが多い。 専任教授 研究もしくは教育に専念を行う教授職 特別の目的のために外部から登用した教授職 兼任教員(非常勤教員)扱い。 招請教授 特別の目的のために外部から招請した教授職 兼任教員(非常勤教員)扱い。 「招聘教授」と呼称される場合もある。 教授 大学以外の病院などに勤務して、非常勤で大学の医学生の教育(特に)に当たる教授職 兼任教員(非常勤教員)扱い。 このほか正規の教員に準じて任用した非正規教員である特任教授などがある。 さらににが優秀な准教授が管理業務などを免除され、研究に専念することができる「研究教授」制度を制定。 2018年11月現在、5名の研究教授がいる。 以上のように、「教授」の使用も多様化する傾向にある。 教授の任命 [ ] 各学校及び研究所毎の内規によって定められている。 最終任命権者は、国立の場合には学長、公立、私立の場合には理事長もしくは学長・総長である。 通常、教授の任命にあたって本人に試験が課されるということはない。 教授選挙によって選出される者(大所帯の学科に多い)• の推薦によって職位が与えられる者(公募職の場合)• 原則として、勤続年数、研究業績などが審議される。 ただ、機関によってはその審議が形骸化し、単にになっていることもある。 特別の業績によって選出される者(学長や総長などによってヘッドハンティングの形で登用される)• 官公庁などからので職位が与えられる者(1種もしくは2種の場合にはある)も含む。 寄附講座の設置などにより寄附先から派遣されてきた者(学校にを設置したからの出向者)。 フィクションにおける「教授」 [ ] 作品(小説、漫画、アニメ、テレビドラマ、映画など)にも「教授」あるいは「プロフェッサー」と呼ばれるキャラクターは数多く登場する。 大学等の現役教員や名誉教授である場合だけでなく、善悪両面の学識への敬意・畏怖から、退職後も又は教授職に就いたことがないのにそう呼ばれたり、知恵者や優秀な科学者・技術者、の自称・他称として使われたりする作品もある。 脚注 [ ] []• 有本章、江原武一『大学教授職の国際比較』1996年、10頁• 有本章、江原武一『大学教授職の国際比較』1996年、13頁• 有本章、江原武一『大学教授職の国際比較』1996年、18頁• 有本章、江原武一『大学教授職の国際比較』1996年、15頁• 有本章、江原武一『大学教授職の国際比較』1996年、16-17頁• 2018年9月21日. 2018年9月23日閲覧。 2018年11月16日. 2018年11月19日閲覧。 『』の教授、『』の大教授ビアスなど。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - (大学や高等専門学校の関連条文を参照)• - (第14条を参照).

次の

教授(きょうじゅ)の著者・刊行日 Weblio辞書

ご教授 意味

1 teaching 教師が教材をにして学習者に知識,技術を伝え,また諸能力や価値観を形成せしめる教育活動の形式。 実践的意志作用としての訓練と対置される概念。 習得される内容面に注目すると,能力や態度に注目するとのが考えられる。 教授過程は単なる「教え込みと記憶」から体系化へ進み,段階的教授法 例,ヘルバルト派の予備,提示,比較,総合,応用 の諸定型を生み出す。 ただ教授は学習過程と不可分で,学習者の熟達度や意欲を無視しては成功せず,この意味で学習指導とをなす。 2 大学など高等教育機関のの。 出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について の解説 大学における研究・教育の組織の中枢にあって、専門とする学術の進歩ならびにその教育に対して責任を負う職であり、など大学の教師のなかの最高位に位置する。 従来大学の講座の担当者として大きな影響力をもっていた。 なお、大学の付置研究所などには研究に主力を注ぐ教授も置かれている。 学校教育法は「教授は、専攻分野について、教育上、研究上又は実務上の特に優れた知識、能力及び実績を有する者であつて、学生を教授し、その研究を指導し、又は研究に従事する」(92条6項)と規定している。 教授の資格については、大学基準協会が1947年(昭和22)に定めた大学基準およびこれを母体としてつくられた大学設置基準(昭和31年文部省令28号)に規定がみられる。 後者によると、教授となる資格は、教育研究上の業績や教員の経歴が重視され、博士の学位を有するか、もしくはそれに準ずる業績の認められる者、大学における助教授(学校教育法改正により2007年4月より准教授)の経歴または旧制の高等学校・専門学校における5年以上の教授の経歴があり、教育研究上の業績の認められる者、芸能・体育などについては特殊の技能に秀で教育の経歴のある者、としている。 大学基準によると、大学院の教授の場合は、学位をもつだけで十分であるというのではなく、研究の指導ならびに教育上の能力および識見をもっていることが必要である。 准教授は、一般に大学教員の中堅層にあり、教授候補となっている。 学校教育法では第92条7項に准教授について規定がある。 また、准教授の資格については、大学設置基準の第15条に定めがある。 大学教授はその真理探究や教育についての活動においては自由であり、官僚統制には服さない特権を与えられている。 このことは、学問や教育という特別の事項の性質に由来する。 しかしこれによってまた大学教授は、大学の研究機関、教育機関としての使命を果たす義務を負う。 なお、大学は、学長、教授、准教授または講師として大学に多年勤続した者であって、教育上または学術上とくに功績のあった者に対し、当該大学の定めるところにより、「名誉教授」の称号を授与することができる(学校教育法106条)。 大学の学部は教師団という意味もあり、自己の意志決定機関として教授会が設けられてきた。 教授会は従来の学部以外の学内組織にも設けられるようになった。 教授会の組織は教授を本体とするが、准教授そのほかの職員を加えることができる(学校教育法93条2項)。 教授会が審議する事項は、 1 講座・学科ならびに教育・研究に関する施設の設置・廃止、 2 教育課程、 3 学生定員の決定、学生の入学・退学・転学・休学・卒業、 4 学生団体・学生活動・学生生活、 5 学生の懲戒、 6 そのほか教育・研究および運営に関する重要事項、などである。 大学の学長や部局長の採用、ならびに教員の採用と昇任は選挙によるが、その選考は、大学管理機関が行うことになっている。 この場合の「大学管理機関」は、一個の学部を置く大学にあっては、当分の間、「教授会」に読み替えられる(教育公務員特例法25条1項)。 [手塚武彦].

次の