ブルーベリー パン レシピ。 ブルーベリーパンプティング/ブルーベリーレシピ

ブルーベリーパン

ブルーベリー パン レシピ

料理のプロフェッショナルにレシピの極意を教わる連載。 料理教室を主宰する「料理の先生」による、リクエスト率ナンバーワンの人気レシピを紹介します。 おいしさはもちろん、生徒たちに愛される理由が満載のメニューに隠れた秘密を探ります。 >> 行楽の日にうれしい、屋外ランチ 5月に入って気温はぐんぐん上がり、毎日がおだやかで過ごしやすく、行楽にはもってこいのシーズン。 これからは梅雨をはさみ、夏は海や山でアクティブに、また秋には紅葉と、外遊びが楽しい時期が続きます。 今月は、そんなワクワクするお出かけに華を添えるおいしいレシピを、料理家の池田愛実さんに教えてもらいました。 池田さんは、神奈川・湘南エリアで本格的なフランスのパンを学べるパン教室「クラム」を主宰。 フランス流のパン作りを学び、現地フランスでも修業を積んだ池田さんによるレッスンは、小麦本来の味を楽しめる味わいも見た目も本格的なパン作りを、親しみやすい和やかな雰囲気の中で学べると好評です。 そんな池田さんが、お出かけにふさわしいパンとしてレシピを公開してくれたのが、初夏から夏にかけて旬を迎えるブルーベリーをたっぷり使った「生ブルーベリーブレッド」。 「ブルーベリーをフレッシュなまま生地に練り込んだパン。 原価は度外視、家庭パンだからこその贅沢なレシピです。 見た目にも華やかで、行楽のお供にはもちろん手土産にもぴったり。 ブルーベリーの粒とミルククリームチーズを包んで焼き、子どもから大人まで誰もが好きな味に仕上げています」 レッスンでは、紫色のあじさいを添えてテーブルコーディネートし、あじさいの色にもリンクするその愛らしい姿で生徒の心をわしづかみに。 また、「生のブルーベリーを練り込んでいるから、生地の風味が濃厚でとってもフルーティー」「中に包んだブルーベリーがジャムのようにトロッとして、ミルククリームとの相性も抜群」と、その味わいも大絶賛でした。 ちなみに、生のブルーベリーが入手できない時期は、冷凍のブルーベリーを解凍して使用すればOK。 だから、夏に限らず年間を通じて楽しむことができます。 「生地の色は、使うブルーベリーの色によって変わります。 グレーがかったものを使うと生地もグレーになってしまうので、きれいな青紫色を出したいなら国産ブルーベリーを選びましょう。 また、生地はやや柔らかめですが、しっかり捏ねることでソフトな焼き上がりになります。 ご家庭にホームベーカリーがあれば、捏ねは機械にお任せしてもよいでしょう」 教室では、ブルーベリーから起こした自家製酵母でレッスンしたそうですが、今回はパン作りに慣れていない人でも手軽に焼けるようにと、イーストに置き換えたレシピを紹介してくれました。 ちなみに、天然酵母とイーストは、どちらも生地をふくらませるときに必要不可欠なパン酵母。 天然酵母は、フルーツや穀物などに付着する酵母菌を自然に発酵させたもので、発酵に時間と手間がかかる分、より風味豊かなパンになるとされています。 一方のイーストは、パン作りに適したパン酵母菌だけを集めて人工的に培養したもの。 発酵力が安定しているので、使い勝手がいいのが特長です。 こうした酵母を含む発酵のほか、小麦粉や油脂の使い分けなど、とにかく奥が深いパン作り。 学べば学ぶほどもっと知りたくなり、その魅力にはまるパン作りに、ぜひチャレンジしてみてください。

次の

ブルーベリーパンプティング/ブルーベリーレシピ

ブルーベリー パン レシピ

その後、とうとう壊れてしまい、私も スチームオーブンを楽天で購入! お菓子もパンも、やっぱりスチームを使うと焼き上がりが断然ちがいます。 私の買った スチームオーブンNE-SS30は、スポンジケーキ、 シュー、フランスパンのスチーム自動メニュー付き。 ケーキはふっくら、しっとりとした見事な焼き上り。 フランスパンの皮はパリッとした絶妙な仕上がりです。 スチームショットを使えば自分で自由にスチームを投入できるから、いろいろなお菓子作りに応用できます。 現在では、機能が更にアップし、 ビストロというブランド名で進化を続けています。 柔らかいクッキ-生地を、パンの上にぬって焼きました。 【作り方】 【1】ボールにパン生地の材料を全部入れ、ミキサーのラセンの棒のようなニーダーで混ぜます。 材料を別のボールに入れミキサーでよく混ぜます。 【2】生地をひとまとめにし、ラップをかけ1次発酵を約1時間。 オーブンの『発酵』機能を使います。 途中でも様子をみて、生地が2. 5倍くらいにふくらんだら、指に粉をつけ差してみます。 穴が縮まないでそのままなら発酵完了。 縮むようならもう少し発酵を続けます。 ラップをして5分ほど休ませます。 そして、オーブンの『発酵』で2次発酵。 約20~23分。

次の

超絶品!完璧な『ブルーベリークリームチーズパン』のレシピ公開 | なかちゃん&ぞのちゃんブログ

ブルーベリー パン レシピ

大好きな旦那さんの一声をきっかけに、初めて『ブルーベリークリームチーズパン』に挑戦しました! かなりふっかふかに美味しく出来たので、簡単にレシピをブログに残しておこうと思います。 ) ・塩 5g ・無塩バター 30g(常温である程度柔らかくしておくことで、混ぜやすくなります。 ホームベーカリーがあると便利ですね〜。 けどわたしは手ごねで生地の状態を見ながら混ぜるのが好きです。 ある程度生地がまとまってつやつや感が出てきたら、ドライブルーベリーを混ぜ込みます。 生地を広げてドライブルーベリーを撒き散らし、全体にドライブルーベリーが行きわたるようにくるくる巻きしたあと、また手ごねです。 ホームベーカリで作る場合は、最初から無塩バターとブルーベリーとブルーベリージャムと粉糖以外のものを全部入れて混ぜ、生地がまとまってきたら無塩バターを入れてまた混ぜ合わせるのが良さそうです。 生地にダマがなくまとまったら、丸く丸めて1次発酵です。 耐熱性のあるボウルに閉じ目を下にして入れてラップをします。 40度で15分ほど発酵させ、生地が倍近く膨らむのを見守ります。 うまく膨らまない場合は、わたしの経験上ドライイーストを涼しいとこで空気に触れないよう保管していなかったか、発酵時間が足りないか、計量ミスだと思います。 しっかり膨らんだら、生地を拳でギューっと数回押し、ガス抜きをします。 全体の量を測って均等に分割します。 だいたい70g前後で9分割ぐらいになると思います。 分割したら、また閉じ目が下にくるように丸め直し、生地を10分ほど休ませます。 このとき乾燥しないように濡れ布巾をかぶせておくといいですよ。 10分たったら閉じ目を上にして、生地を円形にのばします。 その上に、準備しておいたクリームチーズとブルーベリーをのせて包み込みます。 左はブルーベリーのみ、右はクリームチーズとブルーベリーをのせています。 包む量は好みなんですけど、あまりたくさん包もうとするとうまく閉じれなくなるので気をつけてくださいね! また、しっかり閉じないと焼いてる途中で形が崩れたり、破裂することもあるので閉じるときはしっかりと閉じ、閉じ目は必ず下にくるようにしてくださいね!! 7. ラップをして、その上に濡れ布巾を被せて2次発酵です。 もう一回り膨らむように、40度で10分ほど発酵させます。 2次発酵は倍ほど膨らむまでする必要はないと思います。 オーブンを200度で予熱します。 2次発酵が終わったら、茶こしで粉糖を振りかけて、生地にハサミが垂直に入るように十字に深く切り込みを入れます。 しっかり切り込みを入れないと、焼き上がったときキレイに生地が花びらみたいに開かずジャムを乗せれなくなります。 「ジャムを別に飾らなくてもいいよ」って人は、切り込みは入れる必要はありません。 みなさんもぜひ『ブルーベリークリームチーズパン』作ってみてください! 宮崎県高原町という田舎で、創業43年のお掃除の会社【有限会社クリンシア】を経営している、中堂薗孝二と中堂薗歩美です。 中堂薗と書いて【なかどうぞの】と言います。 夫の方を【なかちゃん】、妻の方を【ぞのちゃん】と気軽に呼んでもらえると嬉しいです。 なかちゃん激似の母親が創立した会社を、なかちゃんが30歳のとき2代目として引き継ぎ、今年で8年経ちました。 その一方、ぞのちゃんは結婚当初、掃除が苦手で、清掃現場での清掃経験ゼロ、資格なしで会社の中でも落ちこぼれで足を引っ張る存在でした。 それでも、2015年から掃除を鬼勉強しはじめ、暮らしに取り入れやすい汚れの落とし方や、洗剤の便利な使い方などをSNSで情報発信し続けてきたことで、清掃業界の専門誌「ビルクリーニング」から執筆の依頼がきたり、他業種からも掃除方法の執筆依頼を受けるようにもなりました。 住まい・暮らしの情報メディア「LIMIA」では、ランキングユーザー部門1位を獲得したり、掃除用品のネット販売だけで、毎月100万円以上の売り上げを出しています。 また、お菓子作りやパン作りも好きでよく作っているので、掃除ネタだけでなく楽しいレシピなどもたまに紹介していきます。 様々な方向から、暮らしに役立つ情報を執筆していきますので、どうぞよろしくお願いします。

次の