ぴえん英語。 英語スピーキング教材ならYouCanSpeak®|英語スピーキング上達教材

「拝啓」を英語で表現するには? 英語ビジネスメールの書き方 [ビジネス英会話] All About

ぴえん英語

外国人が知りたい「ガイドブックにない日本」を網羅! 2009年出版の「英語で日本紹介ハンドブック」の改訂版。 統計データなどをアップデートし、世界遺産など近年の出来事の記述を加筆修正しました。 歴史、伝統から現代の暮らしまで、外国人が知りたい「ガイドブックにない日本」約380項目を網羅しています。 ベテラン通訳者による、まさに"企業秘密"公開とも言える本書。 「通訳のプロ・ビギナー」はもちろん、「来日した外国人を案内・接待しなければならない」「留学やホームステイ先、旅行した国で日本を説明したい」「最近、仕事先やご近所に増えてきた外国人と交流を深めたい」などなど、外国人に日本を正しく説明したい人、日本を好きになってもらいたいすべての人たち必携の一冊です。 外国人からの、当然過ぎてかえって詰まってしまうような質問、日本人の想像を超えた質問とその答え方もたっぷり。 分かりやすい英語で、核心を突いたできるだけ簡潔な説明を施しています。 かつ、必要に応じて統計やディテール情報も盛り込んでいるので、外国人に興味を持って聞いてもらえること請合い。 また、日本各所の世界遺産17エリアについての解説も設けました。 【著者】 松本美江(まつもとよしえ): 同志社大学文学部英文学科卒業。 米国コロラド大学にて言語学と英語教授法の修士号を取得。 1977年に通訳案内業試験に合格後、通訳ガイドとして活躍。 右手にユーモア、左手に統計資料を携え、現在までに世界各国数万人の外国人のガイディングを担当。 世界トップ企業の重役やVIPからの指名も多い。 協 全日本通訳案内業者連盟 JFG 理事長として、通訳案内士試験合格者のための研修も担当している。 著書に『英語で話す日本の名所』 講談社バイリンガルブックス などがある。 全体的に不満が残る本です。 まずは、内容がつまらない。 「企業秘密を惜しげもなく公開」とあるので期待して全てのページを丹念に読んだが、そこらへんのガイドブックと変わらない浅い内容の記事しかなく、ベテランガイドならもっと気の利いた案内してるはずなのにそういうネタは一切書かれていない。 次に英文の質。 日本人である著者が書いてネイティブがざっと校正しただけの英語。 高級な英語は通訳現場では出てこない現実を踏まえた現実的な視点に立った英語のレベルにしてあるのかもしれないが、これではいかにもつまらない。 通訳案内士の英語ってこんなにレベルが低くても足りるのかと疑問に思ってしまった。 最後に、本書の内容は「いま」の日本や日本文化を案内していない。 伝統芸能や史実などの過去はもちろん大切だが、現在との関連性が説明されないと外国人旅行者の大半から繰り出されるであろう質問に答えられない。 その意味で本書の「外国人の疑問」コーナーはもっと充実させて欲しかった。 本書は英語レベルにおいても知識レベルにおいても高校生向けの本である。 有名な通訳案内士さんが書いたからといってすぐに飛びつくことのないようご自分の力量を認識した上で選んでほしい。

次の

英語スピーキング教材ならYouCanSpeak®|英語スピーキング上達教材

ぴえん英語

英語の地口ダジャレの主な例 地口系のダジャレ表現には、辞書に載るような固定された言い回しは少なく、むしろその場その場で当意即妙に編み出される種類の表現といえます。 例として挙げ得る表現も、これが正解(他は不正解)といえるようなものではなく、あくまでも「たとえば」と前置きした上で挙げるような表現です。 つまり、正解はありません。 音の響きや言葉の選び方に関しては英語ネイティブスピーカーの好み・ツボのようなものはあるのでしょうけれど・・・・・・ Okie-dokie. okie-dokie は「O. 」の意味で用いられる言い回しです。 意味は OK と同じ、同意や了承を示します。 ニュアンスとしては「オッケー」「はいよ」「らじゃ~」くらいの軽さのある言い方です。 実質、OK に対応する部分は okie だけで、続く dokie には特に意味はありません。 okie-dokie は英語の地口としてはかなり人口に膾炙している部類の表現であり、地域や年齢に制限されずに気軽に用いられています。 Okie dokie artichokie. Okie-dokie. を発展させたような言い回しとして Okie dokie artichokie. というような表現も挙げられます。 artichokie は artichoke (アーティチョーク)の異表記あるいは幼児語的表現といえる語で、artichoke は和名をチョウセンアザミという植物の名称ですが、もちろん特に意味などなくて、-kie の音を畳みかけて面白がるだけです。 OK, croquet. OK の意味で用いられるフレーズとしては ok, croquet も比較的メジャーです。 こちらは O. の語末の音を「ケ」に近い音として扱っています。 croquet (クロッケー)はイギリス発のスポーツで、ゲートボールの源流といえる球技です。 Cucumber. Cucumber. はアメリカの子供の、おうた遊びとして比較的よく知られた言い回しです。 Mary Jane Where do you live? Cucumber きみの名前は? メアリージェーンよ きみのおうちは? 流されちゃった でんわは何番?きゅうカン番! はじめから各所で韻を踏んでおり、それでも意味は一応通るように構成されていますが、オチ部分の number と cucumber は完全に無意味な(むしろ意味が通ることを拒絶するかのような)ダジャレです。 Understand, rubberband? applesauce (リンゴソース)に意味はありません。 もしかしたら「俺がボスだ」にカワイイ雰囲気を加味する効果はあるのかも。 rubberband (ラバーバンド)は「輪ゴム」のことです。 もちろん無意味。 Understand? とだけ言う場合、「俺がボスだ分かったな」という上からの物言いになりますが、いちいちワケの分からない言葉を挿入することで、威厳も深刻さも感じさせないオドケた雰囲気が漂います。 動物ネタ この手のダジャレでは動物名を引き合いに出す言い方も比較的多く見られます。 See you later, alligator. 別れ際の挨拶といえば See you later. (またね)が定番ですが、これに alligator (アリゲーター)と言って韻を踏む言い方があります。 もちろん alligator に意味は特にありません。 After a while, crocodile. After a while, crocodile. は、別れ際に相手に See you later, alligator. と言われた場合の返し方として使える言い回しです。 「after a while」の意味は「またすぐ後でね」といったところ。 In a while, crocodile. とも言えます。 alligator も crocodile も、共にワニの区分の呼び名です。 会話の意味をなす部分では真っ当に呼応しつつ、地口を使って相手と同じ土俵に乗る、そしてワニ繋がりという共通点。 これには相手も思わず「我が意を得たり」「ピシガシグッグッ」という気分になるはずです。 別れ際の挨拶は割と絶好の機会らしい 別れ際の挨拶表現は、地口ダジャレ表現が用いられやすい機会といえます。 ワニに限らず色々と語呂がアレな動物名が引き合いに出されます。 Bye bye, butterfly. (蝶)• Give a hug, ladybug. (テントウムシ)• Blow a kiss, goldfish. (金魚)• See you soon, raccoon. (アライグマ)• Take care, polar bear. (シロクマ)• Out the door, dinosaur. (恐竜) 別れ際はしんみりした空気になりがちですから、場の雰囲気を少し陽気にしてくれる冗談が好まれるのかもしれません。 は、就寝前のやりとりで「おやすみ」と告げる場面で用いられるフレーズです。 bedbugs はトコジラミの類を指す語です。 この表現においては無意味というわけではありません。 night 、 tight、 bite が共に韻を踏んでおり、かつ、「おやすみなさい、よく眠ってね、ベッドの虫に刺されないでね」という気の利いたメッセージにもなっているフレーズです。 食べ物ネタ 動物の名前の他に食べ物の名前もよく用いられます。 Easy-peasy lemon squeezy. Easy-peasy lemon squeezy. は「とってもカンタン」という意味合いで用いられることのある言い回しです。 主にイギリス英語で用いられます。 easy-peasy 自体がイギリス英語で「すごく簡単」という意味で用いられる表現です。 すなわち lemon squeezy はなくてもいい部分です。 lemon squeezy は「レモンが絞りやすい」といった意味で使える表現です。 が、ここでは単に韻を踏むために引き合いに出されているだけで、意味を考慮する必要はありません。 は「どうかしたの?」と問いかける言い方としてよく用いられる表現です。 banana peel (バナナの皮)は the deal と韻を踏むために登場した部分です。 多少こっけいな雰囲気を演出する効果はあるかもしれません。 Do you know what I mean, jellybean? Do you know what I mean? そのものは「私の言ってること分かる?」という問いかけです。 mean と bean が韻を踏んでいます。 jellybean は豆の形をした、カラフルでポップなゼリー菓子の呼び名です。

次の

英会話スクール・英会話教室なら【日米英語学院】

ぴえん英語

この記事は 約 3 分で読めます。 こんにちは。 ペンギンです。 英語で分数の言い回し 以上の2つを解説します。 +:plus• 日本語で伝えられることが英語になると急に難しくなるので「かけ算」「割り算」は覚えておいて損は無いかもしれません。 英語で「かけ算:times, multiply」 かけ算は英語で言うと「times」「multiply」の2種類あります。 「times」の使い方 「times」を日本語でいうと「〜を掛ける」という意味の前置詞です。 2times 3 equals 6. 2times 3is 6. のようになります。 「multiply」の使い方 「multiply」は動詞です。 日本語でいうと「2と3を掛けると6になる」のように少し硬い表現な気がします。 Multiply 2 by 3 and you get 6. Multiply 2 and 3 together and you get 6. Multiply 2 by 3 and the product is 6. 2 multplied by 3 is 6. のようにいくつかの表現があります。 個人的には「times」の方が使いやすいと思っています。 英語で「割り算:divided by」 「divided by」を日本語でいうと「6を2で割ってください」のような表現の動詞です。 6 divided by 2 is 3. 6 divided by 2 equals 3. のようになります。 英語の分数の読み方• 「2分の1」これを英語で言うと「half」• 「4分の1」を英語で言うと「quarter」 じゃあ「3分の1」は? これがわからないんです。 学校でも重点的に教わらないので多くの人が知らなくて当然です。 日本語とは逆ですね。 分子を先に読んでから分母を読みますが「分母」は「first、second、third、、、」のように「序数」の読み方をします。 これは「one three」だと「13?」みたく勘違いしてしまうので、「third」のように「3つに分けたうちの」と言った表現をします。 混乱しないようになんとなく頭に置いておきましょう。 「s」が付くので気をつけておきましょう。 たまにしか使わない「かけ算「割り算」ですが頭の片隅に置いておくといいかもしれません。 また次の記事でお会いしましょう。

次の