ゆう メンタル クリニック 上野。 ゆうメンタルクリニック 上野院(台東区/上野駅)

どじょうは部長とOLの食べ物だった、という話。

ゆう メンタル クリニック 上野

「銀座駅」からお越しの場合 地下鉄メトロ「丸の内線」方面の「C2」出口を目指します。 東急プラザには入らず、「C2」出口に向かいます。 更に「C2」出口に向かいます。 「C2」の出口から地上へ出ます。 地上へ出ると、ちょうど「BALLY」の真横くらいに出てきます。 「BALLY」の入居している「東急プラザ」ビルの裏手、「数寄屋公園」が右手にある脇道を突き当りまで進みます。 「数寄屋公園」が右手にあることを確認しつつ、直進してください。 「泰明小学校」も右手に、その手前に「公衆トイレ」があります。 交差点を渡り、まっすぐ進みます。 「銀座ベルビューホテル」の看板を左手に確認しつつ、そのまま進みます。 更に、そのまま進んでください。 左手に見えてくるビルが「ゆうメンタルクリニック銀座新橋院」の入居している「ニューギンザビル 1号館」になります。 こちらが「ゆうメンタルクリニック銀座新橋院」のある、「ニューギンザビル 1号館」のエントランスです。 ) 「ニューギンザビル 1号館」のエントランスです。 ロビーの通路を進んでいただいて、エレベーター・ホールへ エレベーターにて「7F」にお越しください。 こちらが「ゆうメンタルクリニック銀座新橋院」の入り口になります。 お越しをお待ちしております。 【住所】 104-0061 東京都中央区銀座7丁目3-13 ニューギンザビル 1号館 7F 【電話】 「新橋駅」からお越しの場合 JR 新橋駅「銀座改札」を出ます。 「旧新橋停車場」方面へ進みます。 スギ薬局の左隣りに見える特徴的なビル「静岡新聞・静岡放送」を目指して進みます。 歩道を渡ります。 「静岡新聞・静岡放送」のビルを目指して進みます。 首都高速の高架が見えてきました。 首都高速の高架下を潜り抜けます。 「静岡新聞・静岡放送」のビル前に出ました。 「静岡新聞・静岡放送」のビルを左手にし、その前の歩道を直進します。 右手にはガラス張りの「リクルート」のビルがあります。 しばらく直進すると「ニューギンザビル 11号館」が現れます。 ちなみに「ゆうメンタルクリニック銀座新橋院」が入居しているビルは「ニューギンザビル 1号館」になります。 もうしばらく直進すると、今度は「ニューギンザビル 12号館」が現れます。 「レストランテ・銀座シシリア」を左手に、更に直進します。 「asics(アシックス)」のショップを左手に、もう少し直進します。 こちらのビルが「ゆうメンタルクリニック銀座新橋院」が入居している「ニューギンザビル 1号館」になります。 1F は喫茶室「和蘭豆(ランズ)」です。 喫茶室「和蘭豆」の左横に、ビルのエントランスがございます。 こちらが「ニューギンザビル 1号館」のエントランスです。 ロビーの通路を進んでいただいて、エレベーター・ホールへ エレベーターにて「7F」にお越しください。 こちらが「ゆうメンタルクリニック銀座新橋院」の入り口になります。 お越しをお待ちしております。 【住所】 104-0061 東京都中央区銀座7丁目3-13 ニューギンザビル 1号館 7F 【電話】.

次の

受付・運営スタッフ募集

ゆう メンタル クリニック 上野

外来受付時間・休診日は診療科目によって異なることや変更になっている場合があります。 事前に必ず医院に直接ご確認ください。 アクセス方法 ・JR 上野駅 広小路口・不忍口 徒歩1分 ・東京メトロ 上野駅 4番出口 徒歩0分 ・京成電鉄本線 京成上野駅 徒歩1分 専門医 まだ登録がありません 専門外来 まだ登録がありません 特徴• バリアフリー• バリアフリー構造• 筆談など文字による対応(聴覚障害者への配慮) ホームページ• 医療法人社団上桜会 ゆうメンタルクリニック上野院• 精神科・心療内科• 〒110-0005 東京都台東区上野6-16-16上野ORAGAビル8F• 電話03-6663-8813• ゆうメンタルクリニック上野院は、JR上野駅から徒歩1分。 地下鉄4番出口徒歩0分。 うつ、適応障害、摂食障害など精神科全般、身体面の対応可能の医師常時3名以上在籍。 カウンセリングにも定評があります。 医療法人社団上桜会 ゆうメンタルクリニック池袋院• 精神科・心療内科• 〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-7-5池袋イースタンビル2F• 電話:03-5944-8883• ゆうメンタルクリニック池袋院は、JR池袋駅から、明治通り沿い徒歩1分。 若い先生・年配の先生、女性の医師など、精神科・心療内科の第一線の医師が在籍し、優秀な心理士と共に責任をもって治療に当たっています。 医療法人社団上桜会 ゆうメンタルクリニック新宿院• 精神科・心療内科• 〒160-0023 東京都新宿区西新宿1-11-11河野ビル2F• 電話:03-3342-6777• 医療法人社団上桜会 ゆうメンタルクリニック渋谷院(渋谷駅0分)• 精神科・心療内科• 〒150 0043 東京都渋谷区道玄坂1-3-1渋谷駅前会館(飯島ビル6F• 電話:03-5459-8885• ゆうメンタルクリニック渋谷院は、渋谷駅西口、徒歩0分。 年中無休。 行動療法中心の医師をはじめ、第一線の精神科医師が在籍し、優秀な心理士と共に治療しています。 華やかで安らげる、Francfranc中心の内装です。 医療法人社団上桜会 ゆうメンタルクリニック秋葉原院• 精神科・心療内科• 〒101-0025 東京都千代田区神田佐久間町2-1 大原ビル2F• 電話:03-3863-8882• ゆうメンタルクリニック秋葉原院は、秋葉原駅昭和通り口、徒歩1分。 年中無休。 行動療法中心の医師をはじめ、第一線の精神科医師が在籍し、優秀な心理士と共に治療しています。 華やかで安らげるクリニックをテーマとして、「あなたの家」を基調にしたイメージで作り上げています。 ゆうメンタルクリニック池袋西口院• 精神科・心療内科• 〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-15-9第一西池ビル7Fゆうメンタルクリニック池袋西口院• 電話:03-5944-9995• 池袋の心療内科、ゆうメンタルクリニック池袋西口院は、JR池袋駅西口から徒歩0分。 年中無休でカウンセリング重視。 若い先生・年配の先生、女性の医師など、精神科・心療内科の第一線の医師が在籍し、優秀な心理士と共に責任をもって治療に当たっています。 池袋皮膚科ゆうスキンクリニック駅0分• 皮膚科・美容皮膚科• 〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-15-9 第一西池ビル7F ゆうスキンクリニック池袋駅0分(皮膚科・美容皮膚科)• 電話:03-6914-0003• 池袋の皮膚科・美容皮膚科、ゆうスキンクリニックは、池袋西口から徒歩0分。 年中無休。 安く安全で安心な治療。 レーザー脱毛・ボトックス注射・スマスアップ(切らない小顔治療)など、すべてを分かりやすいシステムでお届けしています。 もちろんニキビ・肌荒れ・アトピーなどの保険診療もお気軽にどうぞ。

次の

アクセス/診察時間

ゆう メンタル クリニック 上野

どじょうは部長とOLの食べ物だった、という話。 最近、ふと食べたくなって、はじめて どじょうを食べに行きました。 理由はシンプルで、少し前に読んだマンガで、どじょうを食べているシーンがあったからです。 ちなみに作品は、かのギャンブルマンガ「カイジ」のスピンオフで「ハンチョウ」というもの。 地下の収容所に入れられた男性たちが、たまに一日だけ外出して人生を楽しむ、というマンガです。 その中でどじょうを食べに行くシーンがあり、そこでどじょうは絶賛されていました。 良くも悪くも、すぐに影響されてしまう自分は、これを見て、行きたくて行きたくてたまらなくなりました。 どじょうの名店で検索してみますと、老舗と言われる店が2つほど浅草にあり、ゆうメンタルクリニック上野院からもたいした距離ではありません。 そのうち一つのお店に、大急ぎで行ってみました。 そして頼んだのがコチラです。 どじょう鍋。 とにかくたくさんのどじょうが煮込まれています。 そしてこちら。 柳川鍋。 どじょう鍋のどじょうから、小骨と頭を取り除き、身だけにした上で、卵と一緒に煮込んでいます。 どっちも、とてもとてもおいしそう! では試しに、柳川鍋の方から食べてみます。 おいしい! どじょうの身が柔らかくて、うなぎを小さく淡泊にした感じです。 それが卵とからんで、ふんわりと口の中で溶けます。 すごい! ミニうなぎ! …じゃあ最初からうなぎ食べればいいじゃん、と言われそうですが、いや、それでもとても感動的でおいしかったです。 そしてうなぎより安いです。 どじょう、もっと流通すればいいのに! うなぎに成り代わる最強素材じゃん! なぜこんなにおいしいのに、そこまでお店がないのだろう! そう思いつつ、もう一つのどじょう鍋を食べます。 ネギをたっぷり振って、とてもとてもおいしそうです。 柳川鍋でこんなにおいしいのなら、こっちは最強の味なのだろう!と。 すると! ………。 あれっ。 なんか小骨があります。 頭も固いです。 そして何か…。 泥臭いです。 正直、え、うん。 何て言うか、すごいツウ向けの味でした。 よく言えばツウ向け。 悪く言えば、あまりおいしくない。 ここで分かりました。 柳川鍋は、 どじょうを「開き」、 小骨と頭という食べにくいものを取り、さらに 泥臭さなどもすべて取り除き、 とても手間をかけて食べやすくしていたのだ、と。 すなわち、どじょう単品ではちょっとハードなところ、手間ひまかけて、やっと実現していた味なのだと。 そういう意味で、なぜそこまでどじょうが普及しないのか、ちょっと分かった気がします。 ある意味、本当にツウ向けな料理ジャンルなのかもしれません。 ぜんぜん関係ないのですが、お店にいたお客さんたちは、全員 「中年部長+入社後7~8年前後のOL」 みたいな雰囲気のペアばかりでした。 不思議です。 部長クラスはこういう雰囲気のお店が好きなのでしょうか。 ちょっと若いOLにたいして、やっぱりツウっぽさを出したいのでしょうか。 色々な思いが浮かびながら、ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

次の