ブレイン テスト。 ブレインテスト2 攻略 山田一家 : レベル 1

Web媒介型サイバー攻撃対策プロジェクト「WarpDrive」スマートフォン向け実証実験を開始~「攻殻機動隊 S.A.C.」タチコマからの問いに答えながらセキュリティ機能を強化~

ブレイン テスト

公官庁にも納入実績 ブレインオリジナル商品『水のいらない防災トイレ』は、国内生産で安心品質。 多彩なラインナップにより用途に合わせて商品をお選びいただけるのが嬉しいポイント。 あらゆるシーン、あらゆる防災プランにぴったりな備えを可能にするため、日本全国、企業・団体・自治体への納入実績がございます。 公官庁 国税局 …他 自治体 企業・団体 関東甲信越地方各市役所 中部地方各市役所 北陸地方各市役所 近畿地方各市役所 四国地方各市役所 九州地方各市役所 九州地方各県庁 …他 関東地方大学 その他学校法人 全国の県立病院 全国のマンション管理組合 消防組合 …他 3つの特徴 ブレインの非常用トイレの性能には、3つの特徴があります。 生理現象なので我慢で何とかなるものでもありませんし、無理をすると体調も崩します。 地震や台風などで断水になればトイレは使えなくなりますし、集合住宅では停電になった時にも、水の供給ポンプが電動なので実質断水状態になってしまうことが多いでしょう。 「お風呂に水を貯めておく」「備蓄水を用意している」など、災害時の備えをしていれば多少は安心ですが、断水がいつ回復するかわからないとき、特に飲み水にも使えるキレイな水であれば節約しておきたいものです。 当社の抗菌非常用トイレは、排泄物の水分で凝固剤が溶けジェル化。 排泄物を包み込みますので、基本的に水は必要ありません。 凝固剤には「粉末」「シート」「ボール」と三つのタイプがありますが、溶剤が溶けだしておよそ60秒で排泄物を包みこみ凝固します。 固形排泄物の処理方法 排泄物に水分が足りない場合、水を振りかけて凝固剤を溶かしてください。 ジェル化した凝固剤で大便を包むように袋を縛れば、臭いも漏れず衛生的に長期保管もできます。 吸水ポリマーの保水力 吸水ポリマーが水分を吸収後、保水状態を三日、七日、一ヶ月、六ヶ月、一年と経過を観察しました。 その結果、抗菌非常用トイレに配合されている吸水ポリマーは、水分を吸収した状態で密閉保管すると、1年を経過しても水分は分離せずジェル状に固まったままであるという結果が出ました。 保存期間は製造から15年 ブレインの抗菌非常用トイレは、未開封未使用で15年の保管期間を定めています。 2019年リニューアルした「ダブルアルミパック」や、当社のアイディア商品「トイレの缶詰」は密閉力が強いため品質を維持したまま長期の保存が可能になります。 また、アルミ個包装や、シートタイプ、トイレボールも10年の保存期間があり、製品には出荷時に保管期間を記載したシールを貼ってお届けしております。 この保管期間を過ぎるとただちに製品の凝固性能がなくなるわけではなく、期間経過から徐々に性能が落ちてゆくものになりますので製品保管にご参考くださいませ。 公的機関で品質テスト済み ブレインの抗菌非常用トイレは、確かな品質をお客様へお届けするため各種性能を公的機関でテストしました。 高い消臭力のヒミツ 非常用トイレを利用する、排泄物を保管するのに、何より気になるのは臭いです。 ブレインの抗菌非常用トイレには、ヤシ殻活性炭を豊富に配合しています。 備長炭などにいわれるように、炭には表面に細かな穴があいており、その穴に微細な不純物を吸着することで水の浄化や消臭効果を発揮します。 「活性炭」は有名な備長炭の100倍以上の吸着能力があり、その中でも「ヤシ殻活性炭」の表面の穴はミクロ単位のとても細かいもの。 その分表面積も大きくなり、より沢山の不純物を吸着することが可能。 高い消臭効果を持つ成分なのです。 製品テストでもこの消臭力が証明されました。 消臭力測定 結果 測定は「日本食品分析センター」にて行いました。 排泄物の臭い成分として有名な、アンモニアを吸収した場合の、経過時間ごとの濃度を測定。 結果、無臭になるとの評価になりました。 強い抗菌力のヒミツ 災害時には、非常用トイレを使用後すぐに排泄物の処分ができない場合も珍しくありません。 長期に排泄物を保管するのに怖いのが衛生面です。 食中毒や感染病に至れば、普段の治療環境も失っているかもしれない非常時において致命的な危機にも陥る重要な問題です。 ブレインの非常用トイレには銀成分を配合。 銀イオンが細菌に取り込まれることで細菌の活動を死滅させる効果により、凝固した排泄物へ菌の繁殖を防ぎ、衛生的で安全なトイレ環境を保ちます。 抗菌力測定 結果 測定は「大阪市立工業研究所」にて行いました。 食中毒の原因にもなる大腸菌、黄色ブドウ球菌を人工的に培養し、当の非常用トイレに植え付け18時間放置した経過を観察しました。 非常用トイレの抗菌力により、大腸菌、黄色ブドウ球菌の増殖を防ぐ、強力な抗菌力が証明されました。 燃やしても環境に問題なし 当社の非常用トイレを使用した後、凝固した排泄物はビニール袋にいれて燃えるゴミとして処分してください。 凝固剤を燃やしても化学物質が出ないことをテスト済み。 環境にも優しく使用することができます。 焼却残渣測定 結果 測定は「株式会社環境ソルテック」にて行いました。 有害な化学物質として有名なダイオキシン類、放射能の発生を測定。 誤って口に入っても安全(急性経口毒性測定) 万一、製品が口に入った場合の毒性も検査済みです。 マウスでの測定の結果、死亡検体もなく、ブレイン非常用トイレが誤って口に入った場合もただちに命に係わる毒性はないことが証明されました。 肌への刺激もなし(皮膚一次刺激性試験) ウサギでの生体測定の結果、当製品が肌についた場合にも問題がない「無刺激性」であるとの結果が出ました。 凝固剤の種類 ブレインの抗菌非常用トイレ凝固剤には、いくつかの形状があります。 それぞれに特性があり、用途やシーンに合わせてお選びください。 便座と便器の間に汚物袋を挟んでください。 中に組み立て式簡易トイレを置けば、あっという間に個室トイレが設置できます。 カプセルテントは薄くコンパクトに収納ができるので、省スペースで沢山備蓄しておくことができます。 大きな避難所ではトイレも沢山必要になります。 女性トイレは男性トイレの三倍の数が必要といわれますが、全ての避難所に学校や商業施設のような数のトイレはありません。 しかし、緊急時に仮設トイレの建設をしている余裕もないでしょう。 そんな時に役立つのがカプセルテントです。 組み立ては一瞬ででき、軽いので女性やお子様でも持ち運び設置が可能。 トイレだけでなく避難所の目隠しや簡易ベッドにも使えるので、大規模な避難所利用が想定されている施設に備蓄されていると安心でしょう。

次の

家族で盛り上がること間違いなし! クイズゲームBrainTest(ブレインテスト) をご紹介 ♪

ブレイン テスト

2020年6月4日 エーザイ株式会社(本社:東京都、代表執行役CEO:内藤晴夫)は、このたび、当社が日本で発売しているブレインパフォーマンス(脳の健康度)をセルフチェックするためのデジタルツールである「のうKNOW TM」(読み:ノウノウ、非医療機器)が、株式会社ユーフォリオ(本社:東京都、代表取締役:大久保誠二、以下 ユーフォリオ)の運営する定額会員制美容室Attina 読み:アティーナ)において展開されることをお知らせします。 近年、様々な研究において、定期的な運動やバランスの良い食事などの生活習慣を見直すことにより、脳の健康度低下のリスクを減らすことができる可能性が示されていますが、当社の調査によれば、正しい予防行動を理解している方や認知機能をチェックしている方は少なく、それらの習慣化に向けて大きな溝(キャズム)が存在しています。 当社は、キャズムの解消に向けて、「のうKNOW」を通じてブレインパフォーマンスの維持・向上に向けたセルフチェックと予防行動の習慣化に取り組んでおり、定期的なブレインパフォーマンスチェックが可能な場を幅広く構築したいと考えています。 働き盛りの世代から、「のうKNOW」を用いてブレインパフォーマンスを定期的にセルフチェックすることにより、生活習慣の見直しや予防行動、周囲の方や医療従事者への相談などを行うきっかけとなることが期待されます。 当社は、顧客との信頼関係に基づくチェック後のフォローが可能で定期的な来店が見込める美容室を「のうKNOW」による定期的なブレインパフォーマンスチェックの大変有効な場(健康拠点)の一つとして考えています。 ユーフォリオ代表取締役の大久保誠二氏は、「私たちの経営理念である「美容を通して人がイキイキする」を実現するためには「美と健康」が必須であると考えています。 今回、エーザイが日々取り組んでいる、国民の健康寿命を伸ばす取り組みに共感して、一緒に「美容室の健康拠点化」の実現に取り組むことになりました。 ブレインパフォーマンスチェックを美容室で行うことで、多くの方の健康寿命をのばし、美容のみならず、健康も手に入れる場所として新しい時代の美容室を確立することをめざします。 」と述べています。 当社は、「美容室の健康拠点化」のコンセプトに基づき、美容室を「のうKNOW」による定期的なブレインパフォーマンスチェックの場として提案していくほか、自治体や企業による健康診断や介護施設、フィットネスクラブをはじめとする幅広い場に「のうKNOW」の展開を進め、日常生活におけるブレインパフォーマンスチェックの習慣化をはかります。 当社は、日常生活から医療までをつなぐ認知症エコシステムを構築し、社会を変えるイノベーションの実現をめざします。 以上 <参考資料> 1. 「のうKNOW」は、Cogstate Ltd. (本社:オーストラリア)が創出した認知機能テストであり、エーザイが日本において独占的に開発・商業化権を有しています。 PCやタブレット端末を用いた簡便なトランプテストによって、脳の反応速度、注意力、視覚学習および記憶力を評価する4つのテストを行い、ブレインパフォーマンスを定量的に測定します。 利用者が単独かつ短時間(約15分)で測定することができ、日常生活や健診等において、定期的なセルフチェックが可能なデジタルツールです。 現在、自治体や企業等の法人向けに販売しています。 「のうKNOW」について、現在、株式会社ユーフォリオのほか、鹿島建設株式会社(本社:東京都)などにおいて採用が決定しています。 株式会社ユーフォリオについて 株式会社ユーフォリオは、「美容を通して人がイキイキする」を経営理念とし、全ての人が美しく、素敵になることにより、人生をポジティブに過ごすことができる社会を目指しています。 そのための実践場として、恵比寿と表参道で「ヘアサロンAttina(アティーナ)」を運営し、美容院およびスタイリストの社会における新たな役割を追究しています。 Attinaは、お客さまが何度でも必要なだけ、必要なメニューすべてを時間や予算を気にせずに利用して、髪の美しさや頭皮の健康をより高めていただける、完全定額制の「オールインクルーシブ・サロン」です。 現在、このオールインクルーシブ・サロンを全国に展開すべく、各地域の美容室オーナーと連携するプラットフォームの構築や、その支援のためのクラウドファンディングを実施しています。 オールインクルーシブ・サロンAttinaの情報は、をご覧ください。 クラウドファンディングの情報は、をご覧ください。

次の

ブレインブランドの抗菌非常用トイレ

ブレイン テスト

2020年3月23日 エーザイ株式会社(本社:東京都、代表執行役 CEO:内藤晴夫)は、このたび、Cogstate Ltd. (本社:オーストラリア 以下 Cogstate社)が創出した認知機能テスト「Cogstate Brief Battery TM」 以下 CBB について、日本において、ブレインパフォーマンス(脳の健康度)をセルフチェックするためのデジタルツール(非医療機器)として開発し、「のうKNOW TM」(読み:ノウノウ)の製品名で3月31日に新発売することをお知らせします。 自治体や企業等の法人向けから販売を開始します。 「のうKNOW」は、PCやタブレット端末を用いた簡便なトランプテストによって、脳の反応速度、注意力、視覚学習および記憶力を評価する4つのテストを行い、ブレインパフォーマンスを定量的に測定します。 利用者が単独かつ短時間(約15分)で測定することができ、日常生活や健診等において、定期的なセルフチェックが可能です。 結果画面には、「記憶する」「考える」「判断する」などのブレインパフォーマンスを定量化した指標(「ブレインパフォーマンスインデックス BPI 」)と生活習慣において ブレインパフォーマンスを維持するためのアドバイスが表示されます。 7%、食事、運動、睡眠等の正しい予防行動が習慣化しているのは19. 7%であり、さらに認知機能チェックを習慣的に実施している人は2. 1%に過ぎないことが明らかとなっています。 疾患理解の促進や認知機能チェックの習慣化に向けて、これらの越えなければならない溝(キャズム)を解消することが求められます。 働き盛りの世代から、本ツールを用いてブレインパフォーマンスを定期的にセルフチェックすることにより、脳に係わる健康や疾患を正しく理解し、生活習慣の見直しや予防行動、医師等への相談などを行うきっかけとなることが期待されます。 自治体や企業等の法人向けから販売を開始し、個人向けに対しても、現在開発中のエーザイ認知症エコシステムプラットフォームの会員向けスマートフォンアプリ TM とのデータ連携が可能となる予定です。 なお、本ツールは、医師などの医療関係者による診察および診断に代わるものではありません。 また、医療領域においても、簡便な診断ツールの浸透に向けたキャズムが存在しており、米国、欧州、オーストラリア、ニュージーランドでは、CBBを医療従事者向けの専門的なフィードバック機能を有する医療用として開発された「Cognigram TM」が医療機器として承認され、医師などの医療関係者によるMCIや認知症の診察や診断の際に使用されています。 当社は、日本において、CBBを医療用の診断ツールとして開発することも検討中です。 当社は中期経営計画「EWAY2025」において、「Medico Societal Innovator(薬とソリューションで社会を変える企業)」をめざし、神経領域とがん領域に集中したイノベーション創出の取り組みを進めています。 特に認知症領域においては、就業時間の1%を認知症当事者およびそのご家族と共に過ごす活動(共同化)から得た認知症当事者の憂慮に応えるために、当社が有する抗認知症薬治験で得られた認知機能およびバイオマーカーなどのデータセット等を活用したエーザイ認知症プラットフォームの確立を企図しています。 そのうえで、医療機関、診断薬開発企業、研究機関やバイオベンチャーに加え、民間保険、フィットネスクラブ、自動車メーカー、小売業、介護施設と連携して、新たな便益をお届けする「認知症エコシステム」の構築をめざしています。 当社は、日本において「のうKNOW」の普及に取り組み、ブレインパフォーマンスの維持・向上に向けたセルフチェックと予防行動を支援することに加え、認知症エコシステムによるSocial Innovationに貢献してまいります。 あなたの脳の健康度に関する結果が表示されます。 脳の健康を維持するための、有益な情報が表示されます。 Cogstate Ltd. について Cogstate Ltd. (ASX:CGS)は、1999年に創設され、オーストラリアビクトリア州メルボルンに本社を置くニューロサイエンステクノロジー企業です。 脳の健康評価の最適化を通じて新薬の開発を促進し、ヘルスケアに関する早期の臨床的洞察を可能にすることを追求しています。 Cogstate社のテクノロジーにより、従来の紙媒体による認知機能評価から、より信頼性が高く、コスト面にも優れた、迅速かつ高感度のリアルタイムの電子臨床アウトカム評価(electronic Clinical Outcome Assessment: eCOA)に基づく認知機能評価が確立されました。 Cogstate社の臨床試験ソリューションには、革新的な運用アプローチ、高度な分析、科学コンサルティングを組み合わせた研究エンドポイント向けの品質保証サービスが含まれています。 20年近くにわたり、Cogstate社はバイオ医薬品企業や学術機関の最先端の研究ニーズと、世界中の医師や患者の臨床ケアのニーズをサポートしてきました。 詳細については、をご覧ください。 当社は、2019年8月、Cogstate社とCBBについて、日本において独占的に開発・商業化をするための業務提携契約を締結しました。

次の