インスタ タイムライン 自分の投稿 表示しない。 Instagramの投稿がタイムラインに表示されないのはなぜ?

【インスタグラム】投稿した写真が時系列順に表示されないナゼ?

インスタ タイムライン 自分の投稿 表示しない

もくじ• インスタのタイムラインを時系列にする方法 インスタのタイムラインを見ると、時系列ではなくランダムに投稿が並んでいます。 そのため、インスタのタイムラインの投稿を時系列にする方法を探しているユーザーが多いです。 インスタのタイムラインは、時系列にすることができるのかを説明していきます。 インスタグラム時間表示がおかしい? 以前のインスタグラムのタイムラインの投稿は、時系列に並んでいましたが、現在は時系列ではなく、インスタのアルゴリズムによって並び替えられた順番で並んでいます。 インスタグラムのタイムラインを見て、時間表示がおかしい?と思うユーザーが多く、もしかすると、フォローユーザーの投稿をいくつか見逃している可能性があります。 インスタグラムのタイムラインの投稿の時間表示がおかしいのは、開いてすぐの最初の方に表示される投稿です。 インスタグラムのタイムラインを順に見ていくと、最後の方になるにつれて、時系列で並んでいます。 3日前 最初の方の投稿では、例えば「17時間前の投稿」の次に「3日前の投稿」が並んでいたりするので、時間表示がおかしい?と混乱してしまうケースが多いのです。 インスタのタイムライン表示順にいいねが関係している? インスタのタイムラインの投稿の表示順は、自分の関心度で決められている可能性が高いです。 インスタのタイムラインの表示順に関係なく、いいと思った投稿に「いいね」をしますね。 つまり、インスタの「いいね」で関心度が予測されており、「いいね」をした数が多いフォローユーザーの投稿からの表示順になっている可能性が高いです。 インスタのタイムラインの表示順が変更されてから、Instagramのヘルプセンターでは、下記のように公表されています。 投稿は、どのくらい最近シェアされたのか、投稿をシェアした人との関係性、あなたが投稿に関心を持ちそうかどうかなどの要素に基づいて順序付けされます。 あなたが関心を持ちそうな投稿は、フィードの上の方に表示されます。 また、フィード表示形式は引き続き改善される予定です。 引用: インスタのタイムラインの投稿の表示順は、「いいね」をした数だけが基準になっているとは限りませんが、関心度が高いユーザーの投稿から優先される表示順なのは確かです。 インスタ時系列にする方法 インスタのタイムラインは時系列にする方法は残念ながらありませんが、気になるユーザーの投稿を個別に時系列で閲覧する方法はあります。 タイムラインで気になるユーザーの投稿を見つけたら、ユーザーネームをタップします。 投稿写真が一覧されている 気になるフォローユーザーのプロフィールページの写真は、必ず時系列に並んでいます。 タイムラインに特定ユーザーの投稿を表示させない方法 インスタのタイムラインを見ていると、フォローしているけれども関心がないユーザーの投稿が多く表示されるケースがあります。 そんな時は、インスタのタイムラインに特定のユーザーの投稿を表示させない方法で対策できるといいのですが、残念ながら、特定のユーザーの投稿を表示させない方法はありません。 フォローを外すかブロックで表示させない方法 タイムラインで特定のユーザーの投稿を表示させない方法はありませんが、最終手段として特定のユーザーのフォローを外すか、ブロックする方法で表示させない方法があります。 まず、フォローを外す方法をご説明します。 インスタの自分のプロフィールページの中にある「フォロー中」をタップします。 「閉じる」をタップ これでブロック作業は終了です。 相手のフォローを外したり、ブロックをしても、一切、相手には通知されないので安心です。 インスタのタイムラインが表示されない時の対処法 インスタのタイムラインが表示されない時は次のことを確認してみましょう。 ・まだ1人もフォローしていない フォローユーザーがいない場合は、タイムラインに何も表示されません。 ・フォローユーザーが長期間投稿をしていない フォローユーザーはいてもを長期間投稿していない場合は、タイムラインに何も表示されません。 ・通信環境に問題がある スマートフォンなどの通信環境に問題がある場合、インスタの画像や動画が表示されません。 タイムラインだけではなく、全ての閲覧が難しくなります。 ・アプリに不具合が生じている スマートフォンのインスタのアプリに不具合が生じている場合は、正常にタイムラインが表示されません。 インスタ側の不具合か、自分のスマートフォンのアプリの不具合か?を確認してから、表示を待ちましょう。 自分のスマートフォンのアプリに不具合がある場合は、アプリを一度閉じてから再起動し、それでも改善されない場合は、スマートフォンを再起動してみましょう。

次の

インスタの投稿が見れない!?4つのパターンと対処法をまとめてみた!

インスタ タイムライン 自分の投稿 表示しない

インスタは拡散力が低い理由 インスタグラムは、他のSNSと比べて拡散力が低いと言われています。 その理由はいくつかありますが、もっとも拡散力が低いことに影響しているのは以下の2点でしょう。 ・シェア機能がない ・フォロー相手の投稿しかタイムラインには表示されない この2点の仕様により、インスタグラムの拡散力が低くなっていると考えられます。 以下でそれぞれ解説していきます。 シェア機能がない シェア機能とは、他人の投稿を自分のフォロワーに教える機能です。 シェアすることで、シェアした人のフォロワーのタイムラインにシェアされた人の投稿が流れます。 その結果シェアされた人数に比例して爆発的な拡散力が期待できるのです。 しかし、インスタグラムにはシェア機能がありません。 他人の投稿をフォロワーに教える術がないので、ひとつの投稿を拡散することは非常に困難です。 ですが、外部アプリを利用すれば、シェア機能に似たリポストが使えます。 リポストすれば多くのユーザーに投稿を拡散できるので、拡散させたい投稿がある場合はリポスト用のアプリを利用するとよいでしょう。 フォロー相手の投稿しかタイムラインには表示されない インスタグラムのタイムラインには、フォローしているユーザーの投稿しか表示されません。 フォローしている人以外の情報が拡散されにくい仕様です。 というのも、ツイッターのような他のSNSではフォローしているユーザーが「いいね」や「シェア」をしたら、フォロワーにもその投稿が表示されます。 「いいね」や「シェア」の数だけ投稿が表示されるユーザーが増えるので、すごい勢いで投稿が拡散されるのです。 しかし、インスタグラムでは「いいね」をしてもフォロワーにその投稿内容が伝わりません。 シェア機能もないので、情報を拡散することが非常に難しいです。 フォローしているユーザーの投稿か、検索した画像しか見られないので、インスタグラムは情報拡散力が非常に低いと言えるでしょう。 インスタの拡散力を向上させる方法 1章ではインスタグラムの情報拡散力が低いことを説明しました。 しかし、以下の対策をおこなえば、インスタグラムでも情報拡散力を向上させられます。 ・ハッシュタグ検索を活用する ・リポスト用の外部アプリを使う ・他のsnsと連動させる それぞれ解説していくので、参考にしてください。 ハッシュタグ検索を活用する インスタには公式にシェア機能が無いとお伝えしましたが、フォロワー以外にも自身の投稿を露出させる方法が1つあります。 それはハッシュタグを利用する方法です。 例えばプチプラコーデを紹介した投稿をアップした際に、キャプションに「#プチプラコーデ」というハッシュタグを設定した場合、このタグで検索したユーザーに対して、投稿を見てもらえる可能性があるのです。 インスタユーザーの多くはハッシュタグ検索で目的の投稿を探しており、好みとマッチするアカウントの場合、投稿からフォローしてもらえるケースも少なくありません。 また、インスタにはハッシュタグ自体をフォローしてタイムラインに表示させる機能もあるため、投稿をフォロワーでないユーザーにまで拡散させたい場合に、ハッシュタグを活用しない手はありません。 ただし、ハッシュタグは闇雲に設定すれば良いという訳ではありません。 効率よく投稿をユーザーに拡散させるためには、以下の様なポイントを意識してハッシュタグを活用してみてください。 ・1つの投稿にハッシュタグを10個以上つける ハッシュタグは最大で30個まで設定することができます。 なるべく多くのユーザーに届けるため、1つの投稿に対して10個以上設定するようにしましょう。 ・スモールワールド、ミドルワード、ビッグワードをバランス良く盛り込む 多くの投稿にタグ付けされているビッグワードのハッシュタグは、それだけライバルも多いため表示されるのが難しくなるため、投稿件数の少ないスモールワードやミドルワードも抑えるようにしましょう。 また、ビッグワードであればあるほど、ターゲティングはゆるくなるため、例えばプチプラコーデであっても、 ターゲットが40代~の場合「#プチプラコーデアラフォー」「#プチプラコーデママファッション」など、絞り込んであげると良いでしょう。 投稿件数はインスタアプリの検索画面に実際にタグを入力することで確認することができます。 その際に一緒に関連ワードもサジェストで表示してくれるので、タグ探しの参考にしてください。 タグの付け方が分からない場合には、同じジャンルのインフルエンサーの投稿を参考にしてみてください。 フォロワーが多いインフルエンサーはほぼ例外なくハッシュタグの使い方が上手なので、どんな投稿にはどんなハッシュタグをつければ良いのか、ヒントをたくさん得ることができるでしょう。 リポスト用の外部アプリを使う リポスト用の外部アプリを使うことでも、インスタグラムでの拡散力を高められます。 リポストとは、他のSNSで言うところのシェアと同じような機能です。 他人の投稿を自分のアカウントで投稿するので、フォロワーに拡散することができます。 しかし、シェア機能とは異なり、リポストではリポストされたユーザーの名前が表示されません。 他人の投稿ではなく、自分の投稿に見せかけて拡散することも可能になっているのです。 これはやってはいけない行為として広く知られているので、絶対に他人の投稿を転用しないようにしましょう。 他のsnsと連動させる インスタグラムの拡散力を向上させるには、SNSとインスタグラムを連動させる方法があります。 インスタグラム内では拡散できませんが、他のSNSで拡散されればあなたの投稿をより多くのユーザーに見られるでしょう。 Facebook、ツイッターやミクシィなど多くのSNSにシェアできるので、複数のアカウントを運用しているのなら、積極的に使っていくことをおすすめします。 他のSNSと連動させるには、以下の操作をおこなってください。 設定内の「アカウント」タップする 2. アカウント内の「リンク済みアカウント」をタップする 3. 連動させたいSNSをタップする 4. ログイン画面でIDとパスワードと入力する 以上でインスタグラムと他のSNSが連動します。 インスタグラムの投稿を他のSNSでシェアする場合は、以下の操作をおこないましょう。 シェアしたい画像の右上にある「…」をタップする 2. 「シェア」をタップする 3. 投稿をシェアしたいSNSの横をタップしてONにする 4. 右上にあるシェアをタップする 以上の操作で、インスタグラムでの投稿内容を他のSNSでシェアできます。 非常に簡単なので、ぜひともお試しください。 他のSNSとの相乗効果を狙う 他のSNSの運用も行っている場合には、連携させて自動投稿するだけでなく、他のSNSからInstagramにシェアする方法もおすすめです。 例えばインスタと並行してTwitterの運用も行っているとしましょう。 インスタは純粋なコンテンツ勝負であるのに対し、Twitterはリツイート機能によって非常に拡散性が高いため、様々な方法でフォロワーを増やすことができます。 例えば何かのツイートがバズった際に、「インスタでも情報発信しています。 」というツイートをバズったツイートにリプライでぶら下げれば、多くのユーザーをインスタのプロフィールページに流せるチャンスです。 また、アカウントが既に育っている場合、テキストベースでの発信が適した情報はTwitterで発信し、「説明画像」や「実際に使っている動画」などはインスタの方にポストしたのでチェックしてみてくださいといった形で使い分け、誘導をかけるというような方法も有効です。 インスタ、Twitter、Facebookといった大手のSNSは利用者数がそれぞれ3000~4000万人程度もいるため、複数のSNSを併用しているケースは珍しくありません。 インスタは投稿にURLを貼れないため、他のSNSへの誘導には向きませんが、Twitterなどはプロフィールにもツイートにも自由にリンクの設定ができるため、 Twitterでコンテンツの拡散やフォロワーの誘導を行うなど、アイデアと使い方次第でインスタとうまく相乗効果を発揮し、投稿を拡散することが可能です。 インスタの拡散力は工夫すれば高められる インスタグラムの拡散力は確かに低いです。 しかし、他のSNSと連動させたり検索流入を増やしたりすることで、拡散力を高められます。 インスタグラムで多くのユーザーにあなたの投稿を見てもらうために、積極的にハッシュタグを使ったり他のSNSを運用するようにしましょう。 とはいえ、他のSNSとの両立は非常に難しいかもしれません。 また、効果的なハッシュタグの挿入も簡単ではないでしょう。 もし、競合相手よりも効果的にSNSを運用したいのなら、Next Stageにご連絡ください。 Next StageならSNSの運用代行だけではなく、SNS広告の出稿にも精通しています。 あなたの意向に沿えるように全力でサポートいたしますので、ぜひ一度ご相談ください。

次の

Instagramの投稿がタイムラインに表示されないのはなぜ?

インスタ タイムライン 自分の投稿 表示しない

インスタのブロックとは?自分・相手の表示方法 インスタグラムのブロックとは、特定の相手に対して自分の投稿 写真や動画、ストーリー を非表示にする機能です。 またDMやコメントといったやりとりも制限できます。 フォロー・フォロー外に関係なく全ユーザーをブロック可能です。 もしも誹謗中傷を繰り返す悪質ユーザーに悩んでいる場合、ブロックを検討してみてください。 なおブロックしても相手に通知が届くことはありません。 しかし通常と比べて画面表示が異なるので、ブロックしたことが相手にバレる可能性は高いです。 とはいえブロックの設定や解除は簡単にできるので、状況に合わせて利用しましょう。 ブロックした自分側の表示画面 自分が特定の相手をブロックした際、下記4つのように表示されます。 相手のプロフィール画面が非表示に• 相手の投稿・ストーリーがタイムラインから非表示に• 相手からのいいね・コメントが非表示に• DMのやりとりができなくなる 基本的には自分のタイムラインに、相手の投稿が一切表示されなくなります。 各画面表示について詳しく紹介します。 相手のプロフィール画面が非表示に 特定の相手のプロフィールにアクセスはできますが、ほぼ非表示になります。 投稿やフォロー・フォロワーが全て0人と表示されます。 相手の投稿・ストーリーがタイムラインから非表示に ブロックした相手が写真やストーリーを投稿しても、自分のタイムラインに表示されることはありません。 相手のプロフィールにアクセスしても表示されないので、当然いいねやコメントもできなくなります。 相手からのいいね・コメントが非表示に ブロックした相手が、過去自分の投稿に付けたいいね・コメントが非表示になります。 またフォローユーザーの行動が表示される「アクティビティ」でも、相手の行動は表示されません。 DMのやりとりができなくなる ブロックした相手と過去にやりとりしたDMは、スレッド一覧に残ったままです。 ちなみに「チャットを削除」をクリックすれば、スレッド一覧からも削除されます。 ブロックされた相手側の表示画面 ブロックされた相手の画面には、下記4つのように表示されます。 DMの既読や投稿共有が非表示に• 自分のプロフィールが非表示に• 自分の投稿やストーリーが非表示に• 各画面表示について詳しく紹介します。 DMの既読や投稿共有が非表示に インスタには、相手がDMを読んだかどうか判別できる既読機能があります。 しかしブロックされた相手は、自分にDMを送れるものの、メッセージは届きません。 そのため既読が付くことはありません。 またDM内で投稿を共有できますが、ブロック後は「投稿を見ることができません」と表示されます。 ちなみに投稿を削除しただけの場合、「この投稿は削除されたため利用できません」と表示されます。 ブロックと削除で表示される文が異なるので、ブロックかどうか判別できます。 自分のプロフィールが非表示に ブロックされた相手が自分のプロフィールにアクセスすると、アカウントが削除されていないにも関わらず、「ユーザーが見つかりませんでした」と表示されます。 投稿内容や投稿数、フォロー・フォロワー数も非表示になります。 「フォローする」ボタンを押しても、無効です。 また相手が検索フォームで自分のIDを入力した場合でも、自分のアカウントが表示されることはありません。 アカウント自体は存在しているものの、一切アクセスできなくなります。 投稿やストーリーが非表示に 自分が写真やストーリーを投稿しても、相手のタイムラインには表示されません。 もちろん相手は自分のプロフィールにアクセスできないので、投稿・ストーリー・ハイライトなどは見れません。 投稿で自分をタグ付けできない インスタグラムで写真や動画を投稿する際、相手のアカウントをタグ付けできます。 しかしブロックされているとユーザーを検索できないので、タグ付け画面に表示されません。 インスタグラムのブロック方法 インスタグラムでは、下記4つのブロック機能が用意されています。 特定の相手を完全にブロック• 自分のストーリー表示のみブロック• 相手のコメントのみをブロック• 相手の投稿をブロック どの方法も簡単なので、ブロックする目的によって使い分けましょう。 各ブロック方法を詳しく紹介します。 特定の相手を完全にブロック 特定の相手からのアクセスや視聴を完全にブロックする方法です。 自分の投稿を相手に表示させなかったり、相手の投稿を非表示にできます。 ブロックしたい相手のプロフィールにアクセスし、右上のメニューバーをクリック。 「ブロック」ボタンをクリック。 以上でブロック完了です。 ブロックした時点から、全ての制限がかかります。 なお念の為、ブロックできたかどうか確認しておきましょう。 インスタグラムの設定ページにある「プライバシー」をクリック。 「ブロックしたアカウント」をクリックし、先ほどブロックしたユーザーが表示されていればOKです。 自分のストーリー表示のみブロックしたい 「特定の相手に自分のストーリーを見られたくない…」時は、ストーリー表示のみブロックしましょう。 投稿やDMに制限は掛からず、ストーリーのみ非表示にできます。 インスタグラムの設定ページにある「プライバシー」をクリック。 「ストーリーズ」をクリック。 「ストーリーズを表示しない人」をクリック。 ストーリーを非表示にしたい人にチェックを入れ、「完了」をクリックすればOKです。 相手のコメントのみをブロック 特定の相手が自分の投稿にコメントするのをブロックできます。 「悪質なコメントを繰り返すユーザーがいる…」時におすすめです。 インスタグラムの設定ページにある「プライバシー」をクリック。 「コメント」をクリック。 「コメントをブロックする相手」をクリック。 フォームにコメントをブロックしたいユーザーIDを検索フォームに入力し、「ブロックする」をクリックすればOKです。 相手の投稿をブロック 自分のフォロワーの中には「頻繁に写真やストーリーを投稿して煩わしい…」と感じる人もいるのではないでしょうか? ただ「交流があるのでブロックはできない…」そんな時は「ミュート機能」を利用しましょう! ミュート機能は相手の投稿を非表示にできるものの、DMやコメントなどのやりとりはできます。 また相手は自分の投稿をチェックできたり、相手のプロフィールから投稿を見れることも可能です。 ブロックとは大きく異なり、ミュートがバレる心配はありません。 ミュートしたいユーザーの投稿のメニューバーをクリック。 「ミュート」をクリック。 「投稿のみミュート」か「投稿とストーリーをミュート」を選択できます。 用途に合わせて各ボタンをクリック。 以上でミュート完了です。 インスタグラムのブロックの解除方法 「インスタでブロックしたけどやっぱり解除したい…」時も、簡単に解除可能です。 相手のプロフィールが表示されるので、「ブロックを解除」をクリック。 「ブロックを解除しますか?」と確認されるので、再び「ブロックを解除」をクリックしましょう。 以上でブロックを解除できました。 ただしブロック解除後は、互いにフォローが外れている状態です。 再びフォロー関係になる場合、「フォローする」ボタンをクリックしてください。 またミュートした相手を解除する方法は、まずミュートを解除したい相手のプロフィールに移行します。 そして「フォロー中」ボタンをクリック。 「ミュート」ボタンをクリック。 あとはミュートを解除したい項目のチェックを外せばOKです。 インスタグラムでブロックする際の注意点 インスタグラムで特定の相手をブロックする際、注意すべき点は下記の3つです。 閲覧を防ぐために「非公開設定」にする• グループスレではブロック相手とトークできてしまう• ブロックはトラブルの元となるので慎重に 各注意点を紹介します。 閲覧を防ぐために「非公開設定」にする インスタのブロックは、あくまでも特定ユーザーからのアクセスを制限する機能です。 そのためブラウザ版からログインせずにアクセスしたり、別垢から自分の投稿を見られる可能性があります。 不特定多数の人から自分の投稿を見られるのを防ぐため、「非公開設定」にしましょう。 非公開設定とは鍵垢のように、自分が承認したユーザーにのみ投稿を見せられます。 非公開設定の方法は、インスタの設定ページから「プライバシー」に移動し、「アカウントのプライバシー設定」をクリック。 「非公開アカウント」をオンにすればOKです。 非公開設定すればブラウザから自分のアカウントを検索されたり、別垢で申請されても拒否すれば、見られることはありません。 グループスレではブロック相手とトークできてしまう インスタのDMには、複数での会話が可能なグループスレッドがあります。 万が一ブロックした相手と同じグループに属している場合、自分の会話や相手のメッセージが届いてしまいます。 また第三者が自分とブロックした相手を追加して、グループトークを作成することもできます。 どうしても嫌な場合は別グループを作成したり、自分が退出しましょう。 ブロックはトラブルの元となるので慎重に 近年SNSでのトラブルが増加していますが、お互いのブロックも原因の一つです。 特にリア友や交友のある人を一方的にブロックすると、トラブルの原因となってしまいます。 トラブルを防ぐためにも、ブロックは慎重に行いましょう。 まとめ インスタのブロックを利用すれば、特定の相手のアクセスを制限できます。 また投稿やストーリーなど、一部機能を制限できるブロックもあるので、目的に合わせて使い分けましょう。 ブロック設定や解除は簡単なので、今回の記事をぜひ参考にしてみてください! 関連記事はこちら.

次の