ダーリンアイウォンチュー会いたくて 歌詞。 うたまっぷ歌詞検索アクセスランキング(2020年05月23日)(総合)

「アイウォンチュー」のスレッド検索

ダーリンアイウォンチュー会いたくて 歌詞

うたまっぷ歌詞検索アクセスランキング 2019年06月12日 総合• Children 18 NEWS 19 EXILE 20 レミオロメン 21 イマクニ? 22 Survive Said The Prophet 23 Official髭男dism 24 サザンオールスターズ 25 手嶌葵 26 井上あずみ 27 PRINCESS PRINCESS 28 aiko 29 椎名林檎 30 mao 31 大事MANブラザーズバンド 32 松任谷由実 荒井由実 33 くず 34 THE BEATLES 35 ドリーミング 36 少年隊 37 B'z 38 秦基博 39 Mr. Children 40 子門真人 41 スガシカオ 42 Foorin 43 アンジェラ・アキ 44 反町隆史 45 チューリップ 46 嵐 47 光GENJI 48 東京事変 49 あんしんパパ 50 マキシマム ザ ホルモン 51 松田聖子 52 Mr. Children 53 松任谷由実 54 iKON 55 吉幾三 56 一青窈 57 Disney 58 KAT-TUN 59 Creepy Nuts 60 aiko 61 サザンオールスターズ 62 JOHN DENVER 63 東京事変 64 マキシマム ザ ホルモン 65 つボイノリオ 66 久保田利伸 67 Mr. Children 68 童謡 69 NEWS 70 サザンオールスターズ 71 松たか子 72 合唱曲 73 B'z 74 中島みゆき 75 椎名林檎 76 Mr. Children 108 ポルノグラフィティ 109 平松愛理 110 ストロベリー・フラワー 111 ユニコーン 112 FIELD OF VIEW 113 ウルフルズ 114 高橋洋子 115 L'Arc~en~Ciel 116 秦基博 117 NEWS 118 ゆず 119 Mr. Children 120 キャンディーズ 121 なぎらけんいち 122 CARPENTERS 123 秋川雅史 124 QUEEN 125 Mr. Children 126 真夏竜 127 THE BOOM 128 スピッツ 129 ポルノグラフィティ 130 SMAP 131 童謡 132 supercell 133 かぐや姫 134 ASIAN KUNG-FU GENERATION 135 森高千里 136 CARPENTERS 137 童謡 138 WANDS 139 椎名林檎とトータス松本 140 iKON 141 椎名林檎 142 ザ・フォーク・クルセダーズ 143 童謡 144 Mr. Children 172 さだまさし 173 上白石萌音 174 ゴダイゴ 175 大森靖子 176 AEROSMITH 177 Mr. Children 178 Dreams Come True 179 Mr. Children 180 チェリッシュ 181 槇原敬之 182 Disney 183 THE BLUE HEARTS 184 エレファントカシマシ 185 ORIGINAL LOVE 186 薫と友樹、たまにムック。 187 大黒摩季 188 中西保志 189 AKINO 190 キリンジ 191 GLAY 192 マキシマム ザ ホルモン 193 中島みゆき 194 L'Arc~en~Ciel 195 ZARD 196 サザンオールスターズ 197 広末涼子 198 Dreams Come True 199 キングギドラ 200 NANA starring MIKA NAKASHIMA 201 THE YELLOW MONKEY 202 尾崎豊 203 サザンオールスターズ 204 THE YELLOW MONKEY 205 湘南乃風 206 B'z 207 KAN 208 ももいろクローバーZ 209 MISIA 210 マキシマム ザ ホルモン 211 山口百恵 212 B'z 213 スキマスイッチ 214 Dreams Come True 215 I WiSH 216 BEGIN 217 クリープハイプ 218 マキシマム ザ ホルモン 219 桑田佳祐 220 dicot 221 コブクロ 222 DEEN 223 Dreams Come True 224 つじあやの 225 THE BLUE HEARTS 226 B'z 227 松任谷由実 荒井由実 228 槇原敬之 229 太田裕美 230 柴咲コウ 231 吉幾三 232 財津和夫 233 井上陽水 234 KinKi Kids 235 福山雅治 236 コブクロ 237 あいみょん 238 サザンオールスターズ 239 Chara 240 Linked Horizon 241 class 242 郷ひろみ 243 Le Couple 244 QUEEN 245 RADWIMPS 246 桑田佳祐 247 Mr. Children 251 BEN E. KING 252 H2O 253 タンポポ児童合唱団 254 Mr. Children 255 合唱曲 256 TWICE 257 広瀬香美 258 サザンオールスターズ 259 サザンオールスターズ 260 氷川きよし 261 BLACK BISCUITS 262 ソナーポケット 263 合唱曲 264 平井堅 265 小柳ゆき 266 山田二郎 石谷春貴 267 渡辺美里 268 松任谷由実 荒井由実 269 THE BOOM 270 USA FOR AFRICA 271 小田和正 272 竹内まりや 273 中島みゆき 274 椎名林檎 275 MISIA 276 海援隊 277 ORANGE RANGE 278 森山良子 279 ポルノグラフィティ 280 SUPER BUTTER DOG 281 GReeeeN 282 サザンオールスターズ 283 ずっと真夜中でいいのに。 284 童謡 285 Superfly 286 神聖かまってちゃん 287 モンゴル800 288 クレイジーケンバンド 289 FIELD OF VIEW 290 コブクロ 291 中森明菜 292 郷ひろみ 293 Superfly 294 Aqours 295 Kiroro 296 Official髭男dism 297 バラクーダ 298 沢田研二 299 Mr. Children 300 ASKA 301 JUDY AND MARY 302 チューリップ 303 尾崎豊 304 島谷ひとみ 305 光GENJI 306 小田和正 307 BUMP OF CHICKEN 308 L'Arc~en~Ciel 309 livetune feat. 初音ミク 310 ビートたけし 311 THE YELLOW MONKEY 312 平井堅 313 椎名林檎 314 THE YELLOW MONKEY 315 サザンオールスターズ 316 BUMP OF CHICKEN 317 Mr. Children 318 aiko 319 狩人 320 SHE IS SUMMER 321 石川さゆり 322 YUKA 323 Mr. Children 324 日本国国歌 325 あいみょん 326 T. Revolution 327 SIAM SHADE 328 ずっと真夜中でいいのに。 Children 365 柴矢裕美 366 L'Arc~en~Ciel 367 THE BLUE HEARTS 368 THE YELLOW MONKEY 369 trf 370 MAKE-UP 371 チューリップ 372 今井美樹 373 AKB48 374 ドリーミング 375 福山雅治 376 和田アキ子 377 川嶋あい 378 GReeeeN 379 サザンオールスターズ 380 ビッケブランカ 381 サスケ 382 ケツメイシ 383 元ちとせ 384 ドリーミング 385 GLAY 386 TrySail 387 徳永英明 388 和田アキ子 389 ジャニーズWEST 390 SEAMO 391 松田聖子 392 19 393 GO! 7188 394 チェッカーズ 395 hide with Spread Beaver 396 Mr. Children 422 東京事変 423 フェイ・ウォン 424 XJAPAN 425 スピッツ 426 夏川りみ 427 小林幸子 428 GLAY 429 郷ひろみ 430 Official髭男dism 431 岡本真夜 432 布袋寅泰 433 ホーク・ウィングス 434 THE BLUE HEARTS 435 Ya-Ya-yah 436 Mr. Children 437 THE YELLOW MONKEY 438 スキマスイッチ 439 三浦大知 440 Mrs. GREEN APPLE 441 福山雅治 442 ちびまる子ちゃんwith爆チュー問題 443 KinKi Kids 444 古内東子 445 槇原敬之 446 THE BEATLES 447 Bank Band 448 藤井フミヤ 449 JAYWALK 450 KinKi Kids 451 河島英五 452 尾崎紀世彦 453 Mr. Children 454 森山直太朗 455 モーニング娘。 Children 488 Aqua Timez 489 THE BEATLES 490 松任谷由実 荒井由実 491 倉木麻衣 492 Acid Black Cherry 493 RIRI 494 HIROOMI TOSAKA 495 ずっと真夜中でいいのに。 496 Creepy Nuts 497 Mr. Children 498 サザンオールスターズ 499 斉藤和義.

次の

『恋に落ちて』という曲知ってますか?

ダーリンアイウォンチュー会いたくて 歌詞

A ベストアンサー 今の様に気軽に好きな曲だけ、好きなときに聞けると言う時代ではなく、音源は高価なレコードを小遣い叩いてやっと数枚買えれば良い方。 大概は友だちからレコード借りたり、カセットに録音した物をダビングさせてもらったり。 そのカセットすらポータブル機などない時代でしたから、どでかいデッキで部屋で聞くしかありませんでしたし、限られた歌番組をテレビのイヤホン端子とカセットレコーダーのマイク端子で直結して録音してみたり。 そんな時代でしたからタダで流れてくる音楽という意味では当時のヒット曲をテレビやラジオで受け身に聞いているしかなかったのです。 自ら好きなのだけ選び聞くなどとんでもない話で、好もうが好まなかろうがヒット曲は一方的に演歌も歌謡曲もフォーク、ニューミュージックも皆が皆同じ物を聞いて楽しむ時代でした。 ですので、横浜銀蝿もクラス中が同様に聞いていた、耳に入っていた物です。 Q 知り合いが、ローカルなカラオケ大会に出るのですが、歌う曲に迷っております。 本人曰く、レベッカの「フレンズ」やXJapanの「紅」、或いはTHE BLUE HEARTSの「リンダリンダ」のような、トーンが高くてテンポが速く、また激しくてかっこいい感じの曲で、なるべく有名な曲が良いとの事でした。 或いは、アニメ関連であればRADWIMPSの「前前前世」や杏里の「cat's eye」、或いは平野綾の「god knows…」辺りに似た感じの、テンポが早くてかっこいい曲 出来ればトーンも高い との事で、そこら辺の一般人でも知っているような有名な曲は、何か無いでしょうか・・・? それほど歌に詳しくない人でも知っているような有名な曲、というのが大きなポイントです Q 長くなりますがご容赦を。 その映画を見たのは昭和40年代で、当時私は小学5~6年だったと思います。 そして見たのは映画館ではなく、小学校の体育館でした。 当時、何らかの理由で小学校などを巡回上映されていたものと推察します。 (たぶんに今思えば教育委員会とか、なんかそんな感じの・・・) ですので、興行的作品ではなかったのでは?と思っています。 内容が素晴らしかったと思い、子供に見せたく思います。 映画のあらすじですが、7歳の子供(男子)が、その昔、お父さんと瀬戸内海を渡った事があり、 後にお父さんが出稼ぎか何かで、息子と離れて暮らしていました。 ある日、子供がどうしてもお父さんに会いたくなり、家出?をし、お父さんに会いに行くというものです。 以下、断片的な記述になります。 瀬戸内海を渡るのに、フェリーに乗るのですが、そこは7歳の子供です。 どのフェリー乗っていいのかがわからない。 そこで記憶を辿ると、フェリーにある「旗」が掛かっていることを思い出します。 注釈:昔の(いまでも?)フェリーには掲げられた「旗」に意味があり、 病気の客がいるとかの連絡方法の一つとして、数種類の旗を常時掲げられていたようです。 (映画の内容から察するにです) なので、その子供は覚えていた「旗」を掲げたフェリーが現れるのを何度も何度も何度も待つのです! (書いてて泣けてきました) そしてやっと目的の船に乗ることが出来ました。 (多分ですが往復する連絡船なので、船は1隻のみだったが子供にはそれが理解できなかった) 目的の対岸についてからは、ある目標を探しながらお父さんのところへ向かいます。 その目標が「ペプシコーラの大きな看板」でした。 子供がその目標を発見するときの描写がとても印象的だったのを覚えています。 すこし、塀の影になってて見つけにくいのですが、少し塀から後ずさるとそこには・・・ という感じで、私はそのシーンを見て泣いていたことを思い出します。 作品には主題歌?的なものがあって、 「僕は僕は7歳・・・・(中忘却)腹が減ったら水を飲んで・・・(以下忘却)」 というものでした。 それから、時々挿入される音楽には題名がわかりませんが、 「土佐の高知のはりまやばしで 坊さん かんざし買うをみた よさこい よさこい」 (よさこい節?すみません無知で) 瀬戸内海を渡るのに本州、四国、どちらからかは覚えていません(汗) 以上ですが、 知りたいのはタイトルよりも今でも入手可能なのかが(メディア可されているか)が知りたいです。 どうかよろしくお願いします。 長くなりますがご容赦を。 その映画を見たのは昭和40年代で、当時私は小学5~6年だったと思います。 そして見たのは映画館ではなく、小学校の体育館でした。 当時、何らかの理由で小学校などを巡回上映されていたものと推察します。 (たぶんに今思えば教育委員会とか、なんかそんな感じの・・・) ですので、興行的作品ではなかったのでは?と思っています。 内容が素晴らしかったと思い、子供に見せたく思います。 映画のあらすじですが、7歳の子供(男子)が、その昔、お父さんと瀬戸内海を渡っ...

次の

叶わぬ恋 不倫テイストの曲を教えて下さい💔

ダーリンアイウォンチュー会いたくて 歌詞

よっぽどのことってよほどよっぽどのことで、あの時も行ったのでそれ以上によっぽどのことって地球壊滅の日か。 それは困る。 もっぱら近所に有ります有名デスクユニオーンに行くんすが、そこに行ってレコめくってると必ずトイレに行きたくなる。 繰り返しますと条件反射になって・・・とゆう話じゃなくて、レコード屋さんに行きますと必ずBGMで音楽がかかります。 それによってけっこうその日のモチベが違う。 先週はあろうことかマイコー・ジャクソン特集でした。 スリラーと来てビート・イットと来たもんだ。 俺に帰って欲しいの? あはは。 顔面スリラー化したマイコーさんはいい書き方すると苦手です。 悪い書き方するとサxxばビxxチ。 おかげでソウル棚見ないで帰っちゃったよ。 ま、それまでに300円もの4枚見つけたから集中力増したとも言えよう。 サノバビッチなマイコーさんは駄目でも、お子様時代時代のジャクソンさんたちは大好き。 ジャクソンズになってからも好き。 要はお顔が黒いうちは好き。 お子様の時に大成功しちゃうってその後、大変なことなのかも。 音楽を演り続ける為に己をスリラー化したのか。 幸せなのかなあ。 もとい ジャクソン5! 最初から鮮烈デビュー、必殺完璧シングル2発で登場だ。 色気づきやがって・・・あ、失礼しました。 かわゆいです。 まだそんなんよくわかって無いのにねえ。 わかってたら怖い。 後にグラハム・パーカー氏来日の戦慄のライブで、この曲を再び聴きました。 すげえど迫力で・・・ 今、歌詞の内容を吟味しましたら、思い出し怖さ倍増。 そして第2弾! ABC 70年の2月24日にリリース、もちろんナンバー1、英国では5月に最高位8位。 これは歌詞解釈するの大変です。 掛け合い漫才になってますから。 出来るかな。 このあと。 あはは。 こうして書くと随分こズルイガキだちみたいな。 手口が親父。 理責めでクドこうとしてるじゃん。 それもかなり強引・・・。 じゃなくてー かわいいのだ。 いや多分抜き。 必死なんだな少年は。 自分の方がよっぽど勉強出来なかったりして。 99%はこの時分は女の子の方が勉強出来ますから、おそらく立場は逆になると思われます。 って、それ狙ってるとしたら、 親父じゃん。 なんてね。 皆さんのシカゴはどの顔でしょうか? 私のシカゴは「サタデイ・イン・ザ・パーク」から「愛ある別れ」直前までのシカゴです。 初期シカゴもカッコEー!。 でもいかんせんまだガキだったからなあ。 過去の未来となってる。 洋楽に夢中になってリアルタイムで出会ったシカゴがこの真ん中の顔のシカゴ。 ところがどっこい世ではシカゴは終わったと言われてた盤らしく、そんなー、終わった盤から俺のシカゴは始まったよ。 その中から1曲目の、 Harry Truman〜拝啓トルーマン大統領 アルバムに先駆けて2月に発売、3月8日にTOP40に33位で初登場、以後27-21-17-13-13-38位。 散々で始まり不吉な数字が最高位だとゆう何とも。 英国ではこの頃は全くヒットしてません。 色々な意味で問題作です。 歌もラムちゃん。 問題はこのハリー大統領、第2次世界大戦末期に突然死去した(暗殺説有り)ルーズベルト氏の後を受けて、 大統領になった人で、そうです、日本に原爆投下をする決定をした人です。 だもんで、この歌が出た当時小さくも大きく我が国では物議をかもし、シングルカットも出来ず、アメリカ人の胸中も複雑。 確かに戦争を終結させた人でその功績も讃えられもし、しかし一方でアイツは誰だ、いつのまにか大統領になってさ、 ただの親父みたいなのに・・・ってブーイングも有ったらしく。 民主党の大統領です。 ルーズベルトも民主党。 リベラルをもってする。 原爆投下については、共和党の重鎮たちは強硬な反対意見を持っていたとのこと。 そんな恐ろしい兵器を使うなって。 軍も共和党関係者が多く同じ意見。 それをぎりぎりになって突然通告し、有無を言わさず命令を出した。 二発立て続けに。 全部で18発もの投下承認を出していたってんだから言語道断、恐ろしいおさんや。 さすがにそれは出来るわけも無く。 しかしその後、水素爆弾の開発をも発表する。 二次大戦が終わった後は、共通の敵がいないってことがお互いの利益にならないと思ってソ連と冷戦体制を取ることを決めたとな。 出来レースかよ。 水爆の開発もウラン鉱脈に関する利権が絡んでたって話も。 そして現在の国際連合の設立を支援して、一方で朝鮮戦争。 戦争はこう着状態に。 この時国連軍総司令官だったマッカーサーは中国への核攻撃を要請したんだって。 トルーマン氏は第3次世界大戦になるのを恐れてマッカーサーを解任。 それが皮肉なことに人気低下につながって次の大統領選不出馬声明につながると・・・・ こんな方です。 この歌が出たのは、例のニクソン大統領がウォーターゲート事件でアメリカの歴史上初めて辞任したあと。 ニクソンショック、オイルショック、ドル下落とアメリカさん疲れきってぼろぼろで、 そんな中、無茶苦茶ながらがんがんやってたトルーマンさん頼むよーって内容・・・だけんども、 曲を聴き、アレンジを聴けばこれは強烈な皮肉であることは明らか。 だって、その元凶を作ったのは当のトルーマン氏なんだから。 民主党の。 そして今年は米大統領選挙。 くそみそな不況に突入かって中で後生楽にも盛り上がってるかの地。 初の女性大統領誕生か、黒人大統領誕生か。 怖いのは、男であれ女であれ、白人であれ黒人であれ、就任してやることがトルーマン氏だったらどうするのか?? 平凡な親父の顔をした。 民主党の。 大瀧詠一さんの 大瀧詠一 出すに当たっては様々な諸事情有ったと思し召しますが、それも今はいにしえのこと。 現在そのヴィニール盤はえりゃあ高い値段で存在する。 長いこと聴きたくても聴けなかった。 CD買えばいいじゃん。 あ、そうか。 思いも付かなかったよ。 そしたら突然えりゃあ安い値段で眼前に出現。 なぜかとゆうとほれ、スキャン画像から伺えますように接触するには手袋が必要じゃないかと思うほど、36年の月日を反映した染み染みジャケだからです。 それでも中身のレコード盤は異常なほど綺麗。 何かの因果で買ってしまった方がそのまま押入れにしまいこんでたものでしょうか? んならばその分我が家で喜んで聴かせていただきます。 ああ、ありがたや。 大瀧さんのアルバムは、現在ロンヴァケしか持ってません。 はっぴいえんどのアルバムは、オリジナルアルバム1枚CD「風街ろまん」と周囲のライブ、ベスト、シングルベストの3枚。 その間の隔絶、あまりにも長い年月が横たわり、すっかりミッシングリンク。 何で北京原人がクロマニヨン人になったのかしら。 今回目出度くネアンデルタール人の骨を見たさね。 素敵に若い音楽でした。 裏ジャケに写ってる大瀧さんのお姿そのもの。 若い時にある妙な気持ち悪さもそのまま封入、72年の空気ももうこれ以上無いって くらいぷんぷん。 貧乏の匂いもいくら表ジャケが大都会パノラマUSAキッス画面でもいっぱい。 しかし その貧乏は、金貧乏で有りまして、一方では大変な金持感が有ります。 音楽金持。 チキンラーメン主食でもこれだけ音楽が出来れば生きてるのが楽しくってしゃあない。 若いし。 若いから不満も沢山。 やりたいことはとことんやりたい。 それはみんな同じだからバンドではなかなかやりたいことの言うことを聞いてくれません。 その点、ソロなら、皆さん納得してやってくれる。 不機嫌大王左大臣ご機嫌うるわしゅう。 ニック・ロウ兄さんの「ジーザス・オブ・クール」と同じ位置のものが出来ました。 聴いてるこちらも同じ座り心地がして、安楽なことと言ったらたまりませぬ。 まだ はっぴいえんどの大瀧さんから、こちらが離脱していない。 ロンヴァケの大瀧さんに向かう音楽仙人ご隠居がちらりちらり。 そちらはこれからマジでハマるか引いてしまうか。 まだわかりません。 ミッシングリンクの最初はまだ閉じてないから。 少しづつパズルの欠片をはめて行って、そこから改めて見える風景が楽しみです。 焦ることも無いし。 まだまだ。 時間はたっぷりあるあるよ。 これくらいでわかった気になっちまったとしたら勿体無い勿体無い。 例えようも無いアルバムは 1973年の 「タトゥー」 そして いれずみの女〜Tattoo'd Lady 弾いて歌ってくれ。 貴方のギターと歌がちゃんと聴こえるぞ。 シューティング・ギャラリーにいるアンタの姿も見える。 もっと唄ってくれ。 弾いてくれ。 あんたは100万マイルの彼方にいる。 そしてすぐ前にいる。 流木みたいに浮かんでいるが、 嵐の港から離れようとしない。 離れられない。 どうしてそうなのか、俺だって知らねえ。 知らねえけど、 わかっている。 貴方はそこにいてくれる。 ホテルバーに誰もいなくなっても。 俺がたとえ隅っこで倒れても。 ブルースと一緒に 必ず叩き起こしてくれるだろう。 ストロール・オン スティーブ・アシュレイ氏 1974年作。 思いきしジャケ買いです。 思い出せなかった、アシュレイさん。 風と共に去りぬの方では無いし。 出て来そうで出てこん。 裏を返してクレジットを見ますと B.Jコール氏 アシュレイ・ハッチング氏 デイブ・マタックス氏 サイモン・ニコル氏 デイブ・ペグ氏 ダニー・トンプソン氏 ロイストン・ウッド氏。 これらの方々の名前に反応してしもうたら110番。 してしまいました、メン買いです。 メンバー買い。 レーベルはガル・レーベル。 レー買い。 レーベル買いです。 どきどきします。 針を落とさば、立ち上がるその音は・・・その音は・・・ 森。 英国の。 あの音階溢れ、笛鳴り響き、ヴァイオリンの音、朗々たるちょっとハスキーな声のスティーヴさんの声、 トラッドだ。 しかし1曲除いて、すべてアシュレイ氏作。 伝承音楽リアレンジ、ロック化をもってする英国トラッド、 これは時を超えて20世紀に蘇る、時止まった場所の。 デビュー・アルバムだそうです。 デビューなのにこの堂々たる音。 そは如何に? あのウィキッペにも資料が有らん。 1946年ロンドン生まれ。 この時すでに28歳。 60年代の初めから地元フォーククラブにてトラッドを唄ってらっしゃったそうです。 1972年に元フェアポート・コンベンションのアシュレイ・ハッチングス氏らとアルビオン・カントリー・バンドを結成、 すぐに脱退。 同時に再びソロで頑張るべく各レコード会社を駆け巡るも、ガチなトラッド魂の為、各社二の足を踏み、 ようやく74年になって新興ガル・レーベルにてこのソロ1stを出したとゆう顛末。 新人さんではありません。 苦節10年イギリス演歌の五木ひろしだ。 満を持してのそのアルバム製作に一にも二にも駆けつけたのが上記英国トラッド界の重鎮さんたちだっちゅう。 とても売れるわきゃあ無い地味滋味音楽を繰り広げます。 およそロックスター、ミュージシャンに憧れ、その道を志すものは皆、成功の夢の国を目指す。 しかしその夢の国へ駆け上る梯子が泥の梯子で有ったならば己の体も汚れてしまうじゃないか(by必殺からくり人富嶽百景殺し旅)。 ハート・オブ・ゴールドで出来た梯子を皆駆け上がってます。 自分に恥じぬこといささかも無い、これがイギリスの音楽。 1974年の。 勇壮なるドラムス、ベースの突進、そして10年分の名曲がここに。 うちに来てくれたのはアメリカ盤です。 盤のレーベル見たら何と配給元はモータウン・レコードだべさ。 宣伝出来たのかいな? ファンキーなお兄さんの宣伝担当さんがこれ聴いた時の顔、想像するといやもう楽しい。 100枚くらいしか売れなかったりして。 てこたあ、ある意味、すげえレアかよ。 ぜってー売らないから関係無いけどさ。 CDも日本盤、そして外盤とも出ています。 これまたどれくらい売れるかはわからぬとも、出さねば気がすまぬとの音楽界の方々がおった証拠なり。 それは聴いて、いやっちゅうほど納得いたしました。 すぐそばにいて我が家を守っておくれ。 収録曲に邦題付ければ 歩いて 1. 火と葡萄酒 2. 有限時間。 愚かな夏のゲーム。 春の歌。 チリマツ木。 別れの緑は去り。 クリスマスの勇気。 モリスマイナー。 聖燭祭祝歌。 ジョンダン歌。 ベイトマン卿。 続けてください。 ミュージック・ライフの表紙飾りそうです。 飾ってたわ。 しかあし、人は名前・続柄・格好その他でけっして色眼鏡で見てはいけません。 どえらいバンドです。 ガール 前にメタル・コンピで1曲目「ハリウッド・ティーズ」を聴いてからアルバム聴きたくてしょうが有りませんでした。 しかし、何故か目の前に現れるのは高価なブツばっかし。 何故だ。 CDもほら、えらい値段で。 それがふとした所で恐ろしき値段で入手。 しかも日本盤。 馬券はスってもその分どっかでいいことがあるもんですわ。 で、聴いてびつくり、さらに予想を超えた音がそこに。 この歳になってそんな嬉しい目にあうことなんざ滅多にありません。 デビューは1979年10月19日。 シングルで。 その登場には何とロッド・スチュワート兄貴の元恋人(元なのか)、ブリット・エクランド女史の後押しが有ったとか。 ELOで御馴染みジェット・レーベルと契約のこのアルバム シアー・グリード やっぱしさすが日本女子軍団、いち早く目を付けて数百通のファンレターをバンドの元に送りつけたそうな。 そんなことがあったとはいっこうに知りませんでしたわたくし、30年後に聴いてぶっとんでます。 ニュー・ウエイヴ寄りに誕生したのが、ウルトラヴォックス! ファンク寄りで登場したのが、ジャパン。 そしてハード・ロック寄りで誕生がこのガール。 いづれもどっか外れてずっぽりそのジャンルでは無い。 共通するのはグラマラスだったってことです。 ガールの音楽で、まずイカシてますは、そのやさぐれ具合。 こうゆうのが聴きたかったのだ。 シン・リジーがいます。 UFOもいます。 ニューヨーク・ドールズもおる。 類が友を呼んだロックの果てだわ。 極め付きは そのデビュー・シングルの「マイ・ナンバー」 出た、ガガガガ・ガガガガ。 かつてガガガガの山ちゃんと呼ばれたました俺。 それほどこのガガガガ・ビートが好きです。 ジャパンぽいし。 メンバーは強烈にジャパンが好きだったとか。 で、 なしてこのバンド、その後大成功しなかったのか?????? 謎だ。 英語版ウイッキペを読んでも納得せず。 ケンカ別れでもしたのかの。 英アルバム・チャートでは80年2月に最高位33位。 そうだよ。 ジャパン、ウルトラヴォックスも売れなかった。 当初は。 早過ぎたのだ。 時代より。 後にヴォーカルのフィリップ・ルイス君は、LAガンズに移籍、ギターのフィル・コリン君は、デフ・レパードに行ったとゆう。 しかしガール。 まことに惜しい。 こんなウルトラ・ハード・ロック、滅多にねえぜ。 他のブツ、これから血まなこで探します。 もちろん、今年の我年間ベスト10入り既に決定。 」 「あ、80のおっちゃんが懲りずにやって来た。 」 「おいおい、坊主。 ま、懲りてないけど・・。 」 ・・・・・・・・・・・ 「あれ、おいちゃん、今日は何も薦めないの?」 「いや、ここに来るたんびに余計なこと言って全然レコード売れんから、今日は座ってるだけにしました。 」 「ふーん。 」 「坊主、何か好きそうなもの有ったら自分で選んでみな。 」 「うん。 ・・・ぱらぱらぱら・・・、あ、これ何。 」 「また凄いの選んだな。 それは記録物じゃぞ。 」 「キロクモノー?」 「そうです。 それは記録物です。 1981年10月3日に全米TOP40に40位で初登場、以後40位、そして40位、そして消えるつう、 奇蹟の40位3週を為し遂げた曲じゃ。 それがどのくらいえらいこちゃつうと、大相撲前頭15枚目を3場所続けて維持するくらい。 」 「幕尻だね。 」 「そうそう。 7勝8敗で負け越してもたまたま十両から上がるヤツがおらんかったとか、ありえません奇蹟。 」 「そのバンドの名は?」 「そのバンドの名はーーーーーーー ブルー・オイスター・カルト 曲は お前に焦がれて ・・・・・・・ あ、誰も反応無い。 おそらくファンのあいだでもこの邦題流通してません。 バーニン・フォー・ユー です。 2曲目のTOP40ヒット。 」 「へー、新人さんなんだ。 」 「違います。 結成は1967年。 ニューヨークのバンド。 」 「4、4曲だけ??」 「はい、4曲だけ。 しかあし、人気絶大だぞ。 東海岸のグレートフル・デッドって呼ばれておる。 」 「微妙。 」 「しかもその4曲は必殺だ。 だいたい、あれだ、メリケンのバンドはのう。 ヒットしたいくせにヒット曲を作らんのだ。 何しろ広いから。 たまたま音楽の神様が降っておよこしになって、ああ、良かった、これで5年は喰える。 みたいなー。 」 「ふーん、マイペースなんだね。 」 「しかし、何でそれ選んだ?ジャケがお前さんに似てるからか?」 「えー、俺、こんな不気味な顔してないよう。 」 「いやー、似てるぞ。 ほれ、どアップ版。 」 「ぎゃ、凄い。 」 「あははは。 これでよく売れたと思ってる貴方に曲を早速お聞かせしましょう。 映像付きじゃーーー。 素敵な曲だね。 」 「おう、いい曲だろ。 」 「・・・・・・・」 「何か言いたいこと有りそうじゃな。 」 「ホモがどうたらとか、ホモ乗せてとか歌ってるけど・・」 「そーゆー曲じゃ有りません。 」 「つうか、歌詞意味不明なんすけど・・・・」 「意味は有りません。 」 「つうか、ビデオ貧乏なんですけど。 」 「貧乏です。 しかも先に言っちゃうけど、カッコ悪いです。 MTVで流したら一巻の終わりです。 」 「あは。 それで40位が3週・・・」 「そう、それで40位が3週。 40位になったら世間で急にヴィデオも流されちゃうからねえ。 」 「困りました。 」 「困りました。 困ったところで、今日はお仕舞い。 ほれ、それでもめげずに買う人は買ってちょーだい。 日本盤ベストは、ほら・・・いかん、こんな高値だ。 」 「整合性まるで無いんだね。 」 「それが音楽だっ。 それでは皆さん、来週までさらば。 また来るぞ。 アイ・ゴー・クレージー ポール・デイビス 1977年10月29日付全米TOP40に、TOP100入りしてから10週目にして37位初登場、 以後、 気合入れるぞ、 34-31-29-28-25- 25-23-23-休-21-21-19-18-16 -14-12-11-9-8- 7-7-7-28-35位。 最高位7位、25週6ヶ月半年に渡ってチャートインしまして、100位以内では何と40週、 10ヶ月いたのだこの曲は。 ディスコディスコに明け暮れていた一方、アメリカ人の頭の中でずっとそれが鳴り続けた。 えらいこっちゃです。 よく飽きなかったものだとお思いになるでしょう。 曲を聴いて下さい。 チューブにて。 何でこんな曲が・・・と思われるかもしれません。 超地味なバラード。 それがAMラジオが生きていた時代のマジックです。 とにかく繰り返しこの曲が流れた。 リクエストがある限り。 そしてとにかく繰り返し聴いたのです。 その結果がこれ。 完全な事実として残ってます。 自分からレコードかけて聴くって能動的な行為ではこうはなり得ません。 通勤の車の中、受験勉強の最中、働いているドーナツ屋さんの店内、工事中の大工さん水道屋さん電気屋さん、奥さんが皿を洗ってる時、 半強制で流れて聴かされて、2ヶ月目にハマり、4ヶ月目に狂い、6ヶ月目には自分の髪の毛になったのだ。 そうゆう曲です。 唄ってるのは、ミュージシャンってスタア稼業にはまるで似合わぬ風体のおじさん。 レコード会社は南部の田舎の中小会社バング。 同僚は同時にブレークした、ファンクバンドのブリック。 そしてこのただの歌です。 取り返しのつかない歌です。 とにかくその時好きだったらくっつき、嫌いになったら別れるっつう後先考えない人生方式なのがこの時分から今に至る米人。 恋愛ごとに限らずすべからくそうで、ですから転職も当たり前、人生が別れの連続だとゆう。 しかし、そう衝動的に別れてうまくいくことばっかじゃありえねえ。 未来に向かってより良き私になるわ。 流行歌は、人が勝手に歌うことですから、その流行りは逆に本音が出る。 だからそれはもう弱音歌ばっかりだったりして。 その最もたる、そっと歌って、そっと感じさせてくれたのが この歌。 その半年。 日本では、その時発売無し。 バングと付き合ってるレコード会社が無かった。 有ってもしなかっただろな。 発売されたのは、「なんとなく、クリスタル」って映画に使われてからです。 お洒落な歌として。 それを訊いた時、俺は狂って行ったよ。 そのシングルてば、私でもわかるひどい対訳付です。 そうゆうの多いから、 だから俺は出来るか出来ないかわからんでも、解釈に挑戦したくなるのだ。 ユー・メイク・ラヴィング・ファン 1977年10月29日に73位、60位と3週でTOP40の40位に初登場、以後30-17-15-13 -11-10-9-21位。 最高位9位。 今度はメインでフル歌唱です。 アルバムは1977年2月発売、ここに来て既に4ヶ月首位ですから、もうあまねく米人は聴いてるはずで、 こんなに遅いリリースになったのは勿体ぶっていた訳で無く前3曲のヒットが終わって出し終わって出ししてたらここまでかかったんす。 そして〆。 この曲はシングルにせんといかんだろうと誰もが思い、そしてついに出て、どわーっと聴いて終わった。 一段落。 それだけに満を持した背筋に戦慄が走る名曲です。 リフはブギ・ブルース。 敢えてハネず、ステディにリズムす。 エレピで。 それにクラビネットが絡み、じわじわっとリンジー・バッキンガム氏のギターが入る。 言ってみれば音はスッカスカ。 アナログ極致のマイクセッティングで各音が際立つ技術が有ればこその所業。 そしてこの歌に何の音が必要か、吟味に吟味を重ねた上での侘び寂び世界だ。 とてつもなくオリジナルです。 とかくビッグ・セールスのみが注目され、凡庸なるアメリカン・ポップスの代表みたいに当時も言われてたもんすが、 何回でも書くぞ。 このサウンドはとてつもなく異型で、それはもうすんばらしいものだぜ。 マックは、ボブ・ウエルチさん時代からそうゆう音をずっと作って来た。 手探りしながら。 その果ての究極な音です。 コードはGm、F、Ebと単純ながらマイナー不可思議な進行で進み、展開でBb、Bb7 、Gm7、F、Eb。 メジャーになり、ベースは音を抜き、ギターはアリペジオで開放感、お空の雲が急に目の前で開ける。 そして最後は最初の歌部分のコードでタイトル・リフレイン。 マイナーながら力強くポジティブになるのだ。 その間、リンジー氏、各所にこれっきゃないつうフレーズ挟み、指弾きならではのソロがまた強力。 ニックスお嬢様のゲロゲーロ声コーラスは展開と最後に威力を発揮します。 クリスティンさんの作風は、マック入った当初から変わりません。 どのアルバムでも必殺してた。 ここに来て、噂マックで何かが変わったとすれば、その研ぎ澄まされサウンドに煽られ、お嬢様加入でいつもより余計に廻しております。 おめでとうございます。 気合が入ってます。 その気合は、例のバンド内男女間愛憎のもつれグソグソからも来てるから、そりゃ半端じゃねえよな。 何とも・・・惜別に・・・懐深きつうか、キツイつうか・・・・ どう思ってたんだろうか、ジョン・マクヴィ氏は。 飲んでへろへろしてたりして。 それでもこのど真ん中ベース・フレーズをものしたんだから、精一杯の愛情のお返ししたのかもしれないす。 チューブに、あの時の武道館でのライブの映像が有りました。 それを見てた。 感無量です。 最後は、最後の最後はこの曲でした。 前回「水の中のASIAへ」アルバムの際、書き出しに書きましたが、今度も書きます。 アルバム 荒井由実&松任谷由実 1977年12月25日発売のベスト・アルバムです。 えー、正隆氏との結婚が1976年の11月29日、念願の目的を達し、引退しちまおうかって思われてたらしき新婚時代に出す気は無かったが、 エキスプレス・レーベル発売10周年つう名目で迫られしょうがなく出した盤だそう。 これは「汚点だ」とご本人思われてるらしく。 さらにどこがそうなのかよくわからんけど版権の問題でCD化されてません。 そんでただのそれまでのアルバムからの曲ピックアップならまだしも、問題はその空白の77年に発売された2枚のシングルの4曲が入ってる。 その内の2曲はリンク貼りました「sweet,bitter sweet〜YUMING BALLAD BEST」とゆうCDに収録されてるものの、2曲は完全に発禁です。 このレコードの中古を探して買うしか手はねえ。 福沢さんが何枚も必要な値段で流通してましたら、こうして我が家に来ることも無かったんすが、さいわい馬券10枚分の値段で入手。 いつもの某おじさんのお店で。 その発禁が1曲目にどわーっと登場してくる。 遠い旅路 1977年11月5日発売。 オリコン最高位38位だったそう。 TV時代劇の主題歌として依頼されたものの最終的にボツとなりの。 それはそうです。 聴いてぶっ飛ぶ。 軽快でめっちゃ明るいミドルテンポのいかにも主題歌でハマリそうな曲ながら問題は歌詞。 お茶の間で血を吐いてはいけません。 しかも思いっきりあっけらかんと。 しかもまずいことにこれは名曲だ。 いつものように。 それで、チューブにもアップされてない抹殺歌。 裏街道で流通するか、出そうで出ない中古LPを探すか。 取り返しのつかない過去もある。 それを自身で作ってしまうとこが悪魔です。 悪魔と言えば 結婚後、松任谷Y氏になってからの曲はそのシングルの4曲のみ。 そりゃそうで次のアルバム「紅雀」は78年。 続く荒井Yさんの曲を聴くに、その1年で唄い方がえろう変わっているのに驚く。 まだ企んでいないノースキャロライナな声の悪魔歌でいっぱい。 それでも声だけで内容はより怨霊深いとも言え、レーベル10周年に相応しきアッパーダウナーな曲ばっか。 どうするんだ。 で、「中央フリーウエイ」で、昨日府中で丸裸にされた人は、どーんと谷底まで落ち込み対岸のビール工場のビールでは無く、 発泡酒を飲み、 A面最後は、件のシングル「遠い旅路」のB面、 ナビゲイター 三菱電機「ダイアトーンステレオ」のCMソングだとー。 CMで。 えーーー、嘘ばっかつかれまして、無理やりとても納期までに出来ない仕事を押し付けられまくってるこのひと月の おいらの心境にぴったし。 千匹のハイエナが砂漠の中の一体の死体を争って貪ってる世界に引きずり込まれてしまった。 どないすればいいんや。 「みんな捨ててどこまでも行く 何だってやるう」って決心がつけばいいんだろうけど、Y氏のような度胸はなかなか出来んよ。 何とか相談出来るとこはありませんか? まー、もちろん死ぬ前に昨日のフィールドルージュのように、競争中止することだけは心に決めてますけど。 それはいつか? なおこの曲は先のベストCDに入ってます。 B面は必殺の「卒業写真」から始まり「海を見ていた午後」と容赦無い攻撃から。 3曲目に77年5月5日発売、松任谷Y氏として初めての記念すべきシングル 潮風にちぎれて これも先のベストCDに入ってる。 「あなたと来なくたって、わたしは元からこの海が好き」で〆ます。 ここでも生きてる。 しかも抹殺歌。 何故今に至るまで消去してしまったのか、その理由はY氏に聞かねばわからぬ。 それほど恐ろしい何かがあるんでしょうか? ここまで素っ気無いジャケはあるんかいなってジャケの中には、 LPサイズ4枚分のでかさの歌詞カード兼結婚ゲームすごろく付。 これがまたどうみてもパンク野郎絵柄のブツで。 全部スキャンすると丸一日かかるので一部だけちょいと。 強靭な狂人であることを再確認し、どこまでそうなのかこれからさらに聴く。 ヘッドバッキンでその辺の机の角に頭ぶつけ、額を割ろうとも。 違うかーーーーーー? ならばそれにふさわしき最も理屈抜きなのがええ。 モーターヘッドだ。 1977年爆発 ホワイト・ライン・フィーヴァー それもアルバム・ヴァージョンで無く、スティッフ・レーベルでワン・ショット契約でシングルで出したやつ。 それでなくちゃ 嫌だ嫌だやだやだやだ。 ダダをこねる。 パンクのコンピ買った筈がいきなし古式ゆかしいハードロックが飛び出して来た。 あのスティッフ・スタジオの貧乏たらしい音で。 これは来たでえ。 忘れかけていた何かが体内から大噴出。 それ以来俺の頭もモーターヘッドになる。 ユーのチューブでは聴けません。 最近までそのシングル買うか、件のLP中古を探すかしか聴けませんでした。 昨年、大スティッフ・ボックスなるすげえのが出て、何とそこで聞けるよ。 同じく突然感丸出しで。 レコード・ナンバーBUY9。 それでよし。 演るは、歌とベース:レミー、ドラム:アニマル・テイラー、ギター:エディ・クラークの最強トリオ。 しかるに年月もぶっ飛ぶ。 ハードロックはお時間は無用の介だからだ。 1984年リリース キルド・バイ・デス もはや最強相棒二人はいない。 レミーとその子分たちによってシングル・リリースのブツ。 ベスト・アルバム「ノー・リモース(後悔無用)」に入ってる。 も一つの、ハードロックに求めるものがここに。 それは哀愁だ。 マイナーで炸裂して泣きながら爆発する。 ついでに胸掻き毟る。 これはチューヴでナイスなクリップ拝聴可能。 見ながらきいてとくれ。 こんな歌だ。 よって、こいつはとことん生き延びる歌。 文句無し。 たとえこれがモーターヘッド外道歌で有っても。 速くも無いし、マイナーだし。 馬です。 腹回りボテ。 調教が足りなーい。 じゃなくて、サラブレットでは無く重種馬の模様です。 まったく人間の為に戦争にまで引っ張り出されるとは、うなだれたくもなるよ。 キーフ・ファンの皆様、お待たせいたしました。 名ジャケットの一つと呼ばれてます。 しかし音楽を聴いてこの写真を撮ったんじゃないな。 バンド名聞いて、どわっとイメージ広がり撮影したものの・・あとでヤバって思ってたりして。 70年の暗黒ロックファンの皆様お待たせいたしました。 まさにど真ん中の時代です。 ヴァーティゴ・レーベルのファンの皆様、お待たせいたしました。 眩暈のレコードレーベルです。 目が廻ります。 そしてパープル・ファンの皆様、お待たせいたしました。 パの字と聴くだけで胸が躍ります。 1970年作 ウォーホース ウォーホース 1stアルバム。 第一期ディープ・パープルを突然解雇されましたベースのニック・シンパー氏がその怒りと復讐と愛情を胸に、 そのシンパと結成いたしたバンドだ。 オリジナル・アナログはとんでも無い値が付いてると聞きました。 それが何故にビンボなウチにある。 およよ。 バーコード付だよ。 1990年にレパートワから発売されました復刻独逸盤だーー。 でも、レコードが白いんだぜ。 白ヴィニールが廻ってます。 嬉しい。 そしてさらに嬉しいのは、 まんまだ。 第一期パープルここに有り。 そりゃリストラの怒り。 俺こそがパープルだの執念入ってます。 どれくらいパープルかっつうと、MSGを解雇されたゲイリー・バーデン氏が作ったステイトトゥルーパーくらい。 すんごい。 しかしこれだけ為したのにこの後すぐパープルは違う方面行っちゃった。 そりゃ無いよ〜。 ですからライヴァルは、同じく解雇になったヴォーカルのロッド・エヴァンス氏のキャプテン・ビヨンドだ。 一緒にライブやったのかな? あ、 ジャイアン・ファンの皆様お待たせいたしました。 いきなしジャイアンが唄ってます。 蜜柑箱の上に乗って。 びっくりした。 凄い暴れ声。 この先どうなるかと思ったら、暴れなきゃ凄い上手い歌手さんでした。 そして顔共々、奇遇にもイアン・ギラン氏に似てる。 くえーーーーの叫び、頭の芯に響くぜ。 ちゃんと偽リッチーも偽ジョン・ロード博士もいます。 偽ペイス氏も。 全員ウルトラ上手い。 凄腕の影の軍団。 そして えりゃあ嬉しそうです。 演奏するのが。 暗黒ロックのはずじゃが。 あまりにも嬉しそうなのでアッパーでこっちまで聴いてると元気出て来る。 元気が一番。 元気が有れば何でも出来る。 だぁーー。 で、めっちゃ幻の名盤に相応しくなく、明るくてオポンチ。 さー、キーフさんどーする? and 第一期パープルのあのハッシュ・サウンドは、この時期世界中を席巻してた模様です。 アメリカでもクレイビー・アップルトンつうオポンチ・バンドがこのロール・サウンドのトリコに。 で、それは一挙に21世紀に連結し、クーラーシェイカーとなる。 スローで、チャイルド・イン・タイムな曲も有るで。 ジャイアン、高らかに冬の空に唄い上げる。 法外な値で入手さえしなけりゃ、これほど幸せな盤は有りません。 ロックがまともにロックしてて幸せだった時代の宝物。 日本でのライヴァルは、フライド・エッグ。 えりゃあ、羨ましいです。 出て来る楽器の音々、やってるロック。 そりゃスタアにはなれなかったけど。 それはハッシュみたいな、ハイウエイ・スターみたいな、リフ&サビ&メロで尋常で無いキャッチーな曲が出来なかっただけ。 各曲内に入ってるエナジーは天を貫いてます。 胸ときめいて俺も飛び上がりたい。 そのスワンソング・レーベル第一弾リリースの記念すべきアルバムです。 ジミー・ペイジ氏がもう大ファンで三顧の礼を持ってお誘いになったとゆう。 嗚呼、ヒプシノス。 美麗なる謎の世界ジャケ。 何故に魚雷に女人が乗り、それを手を振って見送る船員。 1974年作 シルク・トーピードウ プリティ・シングス silk torpedo=絹の魚雷。 だからかー。 1965年ロンドンにて発生デビュー。 あるときゃ野生のR&Bバンド。 あるときゃ世界初トータル・アルバム作った野郎ども。 リリースづれちゃって間を外した。 気が付きゃオリジナル・メンバーはヴォーカルのフィル・メイちゃんだけ。 ちょうどじわじわと米国にて謎の人気が盛り上がって来たことも有り、 思いっきりイギリスしてみました。 プロデューサーは、おっさんノーマン・スミス氏。 誰も止めるヤツはいない。 結果唯一の米国アルバムチャート200位以内入り。 いやー売れたぜ。 そしてその音は・・・いかん、ユーのチューブにも音が無い。 しかも説明しようが無いぞ。 むー、闇鍋です。 イギリス・ブリティッシュ・ロックの。 長いキャリア、気が付いたらこんなんなってた。 これは業だ。 スワン・ソングつながりで聴いたゼップ・ファンは喜ぶであろうか???? すごーく遠くでつながってるぞ。 だから同じくつながりでデイヴ・エドマンズ氏の盤を買ってしもうた時と同じ反応になってしまうでありませう。 それよりも 誰が喜ぶって、XTCのファンが喜ぶ。 この狂った出汁が効いたイギリスPOP味。 どこを切ってもじゅるじゅる出る。 その味はクイーンのキラー・クイーンのピアノの音と指パッチンの味です。 モット・ザ・フープルの土曜日の誘惑に誘惑されちゃった味。 エルトン・ジョン、黄昏のレンガ道のスイート・ペインテッド・レディの味。 ちょっとしたきっかけが有ればヒット連発だったろう掴みバチシのメロディとハーモニー、 何でそうはならなかったかっつうと、想像するに濃厚だったからだな。 濃いっつうこたあ 手に入れたあかつき、元を取ろうとしつこく聴く貧乏人にとってこれほど嬉しい、しゃぶってもしゃぶっても味の出るスルメはねえ。 ざまーみろ金持めアルバムだぜ。 驚くべきことに日本盤が出てます。 あの雑誌のレーベルだな。 外盤もちゃんとある。 きっと密かに、おめーらの為なら魚雷に乗ってぶっ飛ぶぜって老若男女が世界中におると推定した。 その名の通り かわゆいやつらです。 まずもって何でこのアルバムからこんな音が出てくるのうと驚愕すること請け合い。 」 「おー坊主、一週間は早いねえ。 元気か?」 「うん。 話せば長くなりますけど、 話します。 昨日の。 今日の為にレコード仕込む前に昼寝しとったらの。 夢見たんじゃ。 」 「昼から寝たの?」 「うん、寝たの。 で、夢。 あのね。 相模の国に鶴巻温泉て駅が有ってね。 そこのね。 すぐ前に踏切があってその脇のあばら家でおいちゃんがギター弾いて歌ってたんです。 何かとても寂しくてね、誰もいなくてどっか行っちゃって。 呼びたくてね。 弾いたの。 で、何弾いてたっかつうと リトル・ウイング ジミ・ヘンドリックス氏の。 昔ね、ギタリストだったとき・・」 「へえ、おいちゃん、ギタリストだったんだ。 」 「うんまあね。 ちょいとね。 んで、だったとき、出来もせんのにコピー挑戦したんだけど、ま出来んわな。 それが夢の中では出来たんじゃ。 だけど上手く出来て妙に哀しくての。 リトル・ウイング持って来ました。 」 「はいはい。 ライヴ版で。 1972年の2月最高位35位。 悲しい。 しかあしそれは聴くのが辛くて35位。 ジミさんもう天使になってたんじゃ。 」 「お、そうか。 じゃ、そこにあるストラト取っておくれ。 」 「ストラトなんか、ここには・・・有るじゃん。 おいちゃんレコード売らなくていいのー?」 「ちょーーーん。 いえいえいえいえいえい。 」 「あー。 屋台あづかってるからねー、来週また来てねーー。 」 「頼むでーー、これから兄貴に会いに行ってくるからああああ。

次の