麻雀 ビンタ と は。 ビンタ麻雀

ウマ (麻雀)

麻雀 ビンタ と は

「ロン 2(ロンロン)」は、 「有限会社麻雀ネットワークサービス」が開発・運営を手がけ、 2004年 12月 6日から「ロン 2」の公式サイトで正式サービス配信および運営が開始されている 会員制(月額固定料金制)のオンライン麻雀ゲーム! 「日本プロ麻雀連盟」公認である本作は、連盟に所属しているプロ雀士たちと対戦できるのが最大の特徴で、毎月開催されている大会で上位の成績を残せば、希望のプロを指名して対局できる特典を手に入れることも可能だ。 「段位免状」も申請できるため、腕に自信がある人は要注目だぞ。 プロの雀士が多数参戦している麻雀ゲームをプレイしたい人、自分の実力を上げて目に見える評価をもらうことが好きな人、安心して課金できるオンライン麻雀ゲームを探している人にはおすすめの新作オンライン麻雀ゲーム! 「雀ナビ麻雀オンライン」は、 「株式会社ウインライト」が開発・提供を手がけ、 2016年4月21日から公式サイトで正式サービス配信がスタートしている基本プレイ無料(一部課金制)の ブラウザ型のオンライン麻雀ゲーム! 2014年にPCの大画面でプレイ可能な DMM GAMES版が登場し、2016年の大型アップデートによってダウンロードとインストールが一切不要の新バージョンに生まれ変わった本作は、登録を済ませばすぐに楽しむことができる!豊富なゲームモードを搭載し、プロ雀士との対局もできるのが大きな魅力だ! PCでプレイできるオンライン麻雀ゲームを探している人、プロの雀士と対戦して実力を試して見たい人、 美麗なグラフィックを持った麻雀ゲームが好きな人にはおすすめのブラウザ型の新作オンライン麻雀ゲーム! 雀シティは 「株式会社fuzz」が2018年2月23日に、出会えた気がするオンライン麻雀ゲームとしてWindows R 版でリリースした。 公式サイトよりダウンロードが行えて、インストールしてゲームを行う。 カメラを利用してプレイヤー達の顔を見ながらの対局が可能で、 雀荘にいるような雰囲気を味わえるオンライン麻雀ゲームだ。 ネットと言えば、顔を隠して色々な発言ができるコトで広まっていた。 しかし、雀シティではあえて顔を出して、コミュニケーションツールとして活用しようとした着目点は面白い。 顔を見ながらの麻雀は想像以上に盛り上がるので、友だちや仲間を増やしたいという人におすすめの新作オンライン麻雀ゲームだ! 「雀神道」は、 「株式会社レコム」が開発を手がけ、 2018年 5月 18日から 「 Yahoo! ゲームプラス」で正式サービス配信が開始されている基本プレイ無料(一部課金制)の オンライン HTML5ネットワーク対戦型麻雀ゲーム! オンラインで対人戦ができる本作は、手持ちのポイント「雀 P」を点数に変換して遊ぶシステムを採用しており、対局終了時に一定以上の点数を維持できなければ何も還元されないという厳しいゲームシステムを持っている。 無料で続けるためには「勝つ」しかないため、スリリングな対局が楽しめる点が魅力だ。 オンラインで対人戦を楽しみたいと考えている人や、高レートな対局でシビれるような展開を楽しみたい麻雀ファン、豊富なカスタマイズ機能を利用して自分の個性をアピールしたい麻雀好きにはおすすめの HTML5ネットワーク対戦型の新作オンライン麻雀ゲーム! 「雀REVO」は、ソフトウェア開発会社 「有限会社イーフォルダ」が開発・運営を手がけ、 2010年2月10日から公式サイトでのダウンロードサービスが開始されている基本プレイ無料(ゲーム内課金制)の オンライン麻雀ゲーム! インターフェースは簡潔にまとめられており、麻雀初心者でも安心だ。 全部で21段階ある昇級制度は単純明快で分かりやすく、勝ちを重ねて上を目指す楽しみがある。 また、月額540円で「プレミアム会員」になれば、対局をプレイバックする「牌譜再生機能」が利用できるぞ! シンプルな麻雀ゲームをプレイしたい人、キャリアを確実に積み重ねてレベルアップすることが好きな人にはおすすめの新作オンライン麻雀ゲーム! 「真・雀龍門」は、オンラインゲーム会社 「 NCsoft Corporation」が開発を手がけ、 2013年 1月 15日からダウンロードサービスが開始されている基本プレイ無料(ゲーム内課金制)の オンライン麻雀ゲーム! 多彩なゲームモードとプレイヤーアバターを変える各種アイテムが登場してやり込み甲斐は十分!麻雀ゲーム初の「3D物理エンジン使用」によるリアルなグラフィックや、和了時に登場する凝った演出など、クオリティの高い高品質なゲームに仕上がっているのが大きな特徴だ! ハイクオリティな描画能力を持つ麻雀ゲームが好きな人、場代を支払う真剣勝負の麻雀で対局したい人にはおすすめの新作オンライン麻雀ゲーム! 「麻雀 4」は、 「 NHN PlayArt 株式会社」が開発を手がけ、 2009年 9月 17日に現在のタイトルへとバージョンアップし、 「 NHN ハンゲーム株式会社」が運営するポータルサイト 「ハンゲーム」で好評サービス配信中の 基本プレイ無料(ゲーム内課金制)オンライン麻雀ゲーム! 1日に 1回無料で補充することが可能な「麻雀コイン」で遊ぶ本作は、特に課金をしなくても無料で遊べる点が特徴だ。 ゲーム内では定期的に大きな大会が催されているので、腕に自信がついてきたら参加して豪華景品を勝ち取ろう! 無料でも楽しめる麻雀ゲームが好きな人、多くのユーザーと対戦してランキングを上昇させるのが好きな人にはおすすめの新作オンライン麻雀ゲーム! 「近代麻雀 我流. net」は、 「株式会社サミーネットワークス」が運営を手がけ、 2012年 2月 1日からオンラインでパチスロ・パチンコアプリが遊べるゲームサイト 「 777タウン. net」内で正式サービス配信が開始されている基本プレイ無料(一部課金制)の オンライン麻雀ゲーム! 「スリーセブン麻雀」を大幅に刷新し、人気の麻雀コミック誌「近代麻雀」とのタイアップで再スタートした本作では、「近代麻雀」の人気キャラクターが多数登場してプレイを盛り上げてくれる。 有料フロアと無料フロアが別れているため、初心者でも安心してプレイできるのも大きな魅力だ。 コミック誌「近代麻雀」を欠かさず読んでいるファンの人や、漫画のキャラクターが登場するゲーム全般が好きな人、無料で楽しめる麻雀ゲームを探している人にはおすすめのオンライン麻雀ゲーム! 「 100万人のための 3D麻雀」は、 「株式会社アンバランス」が開発を手がけ、 2008年 11月 14日からパッケージ版およびダウンロード版の販売が開始されている 人間的な思考を追求した本格 4人打ち麻雀ゲーム! オフライン専用の麻雀ゲームである本作では、 3Dグラフィックによって鮮やかに再現された美しい麻雀卓と麻雀牌を見ながらプレイできるのが大きな特徴で、 PCの大画面で実際の麻雀をしているかのような雰囲気に浸ることができる。 オンラインで麻雀ゲームをすることに対して抵抗がある人、自分の好きな時間帯にじっくりと楽しめる麻雀ゲームを探している人、綺麗なグラフィックで麻雀ゲームを楽しみたい人にはおすすめの新作本格 4人打ちオンライン麻雀ゲーム!.

次の

ビンタ麻雀の恐ろしさ!どのくらいのレートがちょうど良いのか?

麻雀 ビンタ と は

順位ウマ [ ] 4人打ちの麻雀では多くの場合、終了時において下表のような順位ウマのやり取りがなされる。 1位の者と2位の者が、それぞれ4位の者と3位の者から支払いを受ける。 ウマとオカの合計が、その半荘のトップ者の成績となる。 一般的なフリー雀荘では、順位ウマの額は上表のいずれかに該当することが多い。 多くは10-20もしくは10-30だが、まれに5-15としている店舗や(10-30の半額)、20-60としている店舗も見られる(10-30の倍額)。 順位ウマの額が大きくなればなるほど、1局単位の和了よりもゲーム全体を通した順位取りの重要度が高くなる。 差しウマ [ ] 差しウマとは、2人もしくは2人以上のプレイヤー間において、終了時の着順が下位の者が上位の者に一定の点数を支払うルールのことである。 「握りウマ」「オニギリ」「別横」などとも言い、差しウマの勝負をすることを「差しウマを握る」と言う。 一般に、フリー雀荘ではプレイヤー間での公平性が損なわれる場合があるため、差しウマは禁止されていることが多い。 これは、差しウマに参加していないプレイヤーの存在を無視して差しウマを取ることのみを目的とした打牌がなされることがあったり、逆に不参加者の和了によって差しウマの勝敗がひっくり返ってしまうケースが発生するなど、差しウマがトラブルの原因となることがあり、経営側がそうした事態を嫌うためである。 馬身 [ ] 馬身(ばしん)は差しウマの一種で、着順の差によって支払いの額を2倍・3倍にする差しウマである。 競馬の着差に由来する。 通常の差しウマならばどんな着順差でも支払う額は同じであるが、馬身の場合は着順差によって支払い額が変わってくる。 馬身1000の場合 Aの順位 Bの順位 着順差 Bの支払額 1位 2位 1 1000 1位 3位 2 2000 1位 4位 3 3000 総ウマ [ ] 総ウマ(そうウマ)とは、総てのプレイヤー間で差しウマが行われるルール。 すなわち「全員が参加する差しウマ」である。 総サシ(そうサシ)と呼ばれることもある。 総ウマは一般的なとは区別されて扱われるが、たとえば1万点の総ウマは実質的にワンスリーの順位ウマと同じである。 したがってワンスリーのゲームで1万点の総ウマを握ることは、順位ウマをツーシックスにすることに等しい。 また、総てのプレイヤー間で馬身の差しウマを握ることを「総馬身」と呼ぶ。 総馬身もやはり結果的には順位ウマの増額と同じである。 ビンタ [ ] ビンタも差しウマの一種である。 ビンタでは、特定の点数(配給原点とすることが多い)を超えているプレイヤーとそうでないプレイヤーの間で支払いが倍になる。 倍になるか否かの基準点を クビと言い、基準点を下回ることを「クビが切れる」、基準点を上回ることを「クビができる」と言う(25000点をクビとする場合、25000点ちょうどならクビは切れていない)。 やり取りの場合分けは下の表の通りである。 両方を満たすとビンタの収支はプラスになる(2つ目の表のB)。 また、3着であってもクビが切れていなければビンタの収支はゼロである(3つ目の表のC。 Aに-1000、Bに-1000、Dから+2000)。 逆に2着であってもクビが切れていれば収支はゼロである(1つ目の表のB。 Aに-2000、CとDから+1000ずつでゼロ)。 麻雀においてマイナスではないということは重要で、そのためビンタ麻雀ではクビを保つことが終盤の最重要事項となる。 なお、決め次第では、B、Cとは200ビンタ、Dとだけ1000ビンタを握るという方法も許される。 その場合、AはDのクビを切れるか否かで収支が大きく変わってくる。 また、誰ともビンタを握らない(ビンタを降りる)というのも許される。 沈みウマ [ ] 原点(30000点)を基準に、沈んでいるプレイヤーに課される点数。 通常はトップ者が総取りする。 浮きの2着または浮きの3着であれば沈み馬を支払わなくてよいので、沈みウマのルールの場合は3万点を上回ることで支払いを回避することができる。 の精算方法に似ているが、大きく浮いたトップ者がいるときや、大きく沈んだ者の目標がゲーム終盤になるとなくなってしまう問題もあり、近年では採用されなくなりつつある。 外ウマ [ ] 外ウマとはゲームに参加しない者(見学者)が任意のプレーヤーに賭けることで得られる、あるいは支出する点数である。 その場合の点数は、賭けた対象のプレイヤーが得るまたは支出する点数と同額である。 たとえばプレイヤーABCDがいて見学者EがプレイヤーAに「外ウマに乗る」と宣言した場合、AがBに支払ったポイントと同額をEもBに支払う。 AがCからポイントを得た場合、EもCからポイントを得る。 これを外ウマと呼ぶ。 また、場合によってはゲームに参加しない者同士のみで互いに任意のプレイヤーに賭けて収支のやり取りをするルールもある。 脚注 [ ].

次の

チャンタ

麻雀 ビンタ と は

トップウマ 別名、トップ賞。 オカとも。 さらに持ち点とは別に、トップの価値を高くする目的で、半荘が始まる前にいくらかのチップを供託しておき終了時にトップ者が受け取るシステムもある。 差しウマ 対局者の内、2人だけでやり取りするウマ。 「ニギリ」とも呼ぶ。 4人での収支とは別に、差しウマを行なっている2人の得点の上下により金額の授受を行う。 常に一定額の授受を行う通常の差し馬以外に、得点差に応じて額を変える場合や、浮き沈みの状態で額を変える場合(サシビン)がある。 クラブでのルールとして採用されるのでなく、あくまで当事者間の決めごと。 雀荘によっては禁止していることも多い。 というよりも大っぴらに認めている雀荘は無いはず。 順位ウマ 着順によりプラスマイナスされる得点。 「ワン・スリー(1・3)」なら、トップに+3万点/2着に+1万点/3着に-1万点/ラスに-3万点がそれぞれ追加される。 「ゴットー(5・10)」の場合、トップに+1万点/2着に+5千点/3着に-5千点/ラスに-1万点がそれぞれ追加される。 「ゴットー」の場合、「5000点&10000点」を意味する場合以外に、「500円&1000円」を意味する場合がある。 もし、レートが50円で、この意味の「ゴットー」ならば、トップに+20000点/二着に+10000点/三着に-10000点/ラスに-20000点という事。 浮沈ウマ 原点(通常は30000点)浮き沈みによりプラスマイナスされる得点。 浮いている者は無条件に一定のプラス点が追加され、沈んでいる人間には同額のマイナス点が付く。 沈んだ人間の数によりトップ者の収入が大きく変わるのが特徴。 一人浮きならば、トップ者には三人分のウマが入る。 三人浮きならば、トップ者は一人分マイナスのウマになる。 沈みウマ 原点(通常は30000点)から沈んだ者にのみ適用されるマイナス得点。 沈みウマの得点はすべて、トップ者の収入になる。 混合ウマ 順位ウマと浮沈ウマとが合わさったウマ。 代表的なのは「七五三の五十(シチゴサンのゴットー)」と「123(ワンツースリー)」。 「七五三の五十(シチゴサンのゴットー)」の場合は、 一人浮きならば、二着に-3000点/三着に-5000点/ラスに-7000点のウマが付き、 二人浮きならば、二着に+5000点/三着に-5000点/ラスに-10000点のウマが付き、 三人浮きならば、二着に+5000点/三着に+3000点/ラスに-15000点のウマが付く。 「123」の場合は、 一人浮きならば、二着に-10000点/三着に-20000点/ラスに-30000点のウマが付き、 二人浮きならば、二着に+10000点/三着に-10000点/ラスに-30000点のウマが付き、 三人浮きならば、ラスにだけ-30000点のウマが付く。 二人浮きの場合の二着のプラス点が無い場合も多い。 ビンタ 着順下位の者が上位の者全員に一定の支払いを行う。 定額ビンタと浮沈ビンタとがある。 ビンタの場合、他のウマと違い、その授受の額を点数でなく実際の金額で言うが、このページではすべて点数に置き換えて表現する。 「10000点」という表現は、ピンなら「1000円」というわけ。 定額ビンタの場合、「10000点」ならラス者は1~3位の3人全員に 10000点を支払い、3位はトップと2位に 10000点を支払い、2位はトップにのみ 10000点支払う。 順位ウマで「ワンスリー」のように、比率を1対3に設定してある場合と同じ結果となる。 浮沈ビンタの場合(ビンタと表現する場合こちらの方が主流)、支払う相手と自分の浮き沈み状況により、授受する額を変更する。 「5000点、10000点」ビンタでは、沈んでいる下位者が浮いた上位者には 10000点を支払い、(浮き沈みが)自分と同じ状態の上位者には 5000点を支払う。 トップ者にとっては混合ウマと似た結果となるが、沈んだ2着目でも支払いが免れるのが特長。 ラスに厳しいウマでもある。 トップウマと差しウマ以外の一覧表 A=順位ウマ「ワン・スリー」 B=順位ウマ「ゴットー」 C=浮沈ウマ「ピンのピン」 D=沈みウマ「ピンのピン」 E=混合ウマ「七五三の五十」 F=混合ウマ「123」浮き2着プラス有り G=混合ウマ「123」浮き2着プラス無し H=定額ビンタ「10000点」 I=浮沈ビンタ「10000点、20000点」 それぞれの状態でのウマの一覧表。 A B C D E F G H I 一 人 浮 き トップ +30000 +10000 +30000 +30000 +15000 +60000 +60000 +30000 +60000 二 着 +10000 + 5000 -10000 -10000 - 3000 -10000 -10000 +10000 無し 三 着 -10000 - 5000 -10000 -10000 - 5000 -20000 -20000 -10000 -20000 ラ ス -30000 -10000 -10000 -10000 - 7000 -30000 -30000 -30000 -40000 2 人 浮 き トップ 上 と 同 じ 上 と 同 じ +10000 +20000 +10000 +30000 +40000 上 と 同 じ +50000 二 着 +10000 無し + 5000 +10000 無し +30000 三 着 -10000 -10000 - 5000 -10000 -10000 -30000 ラ ス -10000 -10000 -10000 -30000 -30000 -50000 3 人 浮 き トップ 上 と 同 じ 上 と 同 じ -10000 +10000 + 7000 +20000 +30000 上 と 同 じ +40000 二 着 +10000 無し + 5000 +10000 無し +20000 三 着 +10000 無し + 3000 無し 無し 無し ラ ス -10000 -10000 -15000 -30000 -30000 -60000 全 員 沈 み トップ 上 と 同 じ 上 と 同 じ 西入 西入 西入 西入 or ウマ無 西入 or ウマ無 上 と 同 じ +30000 二 着 +10000 三 着 -10000 ラ ス -30000.

次の