目をパチパチする癖。 瞬きが多い人の心理!目をパチパチさせる癖には理由がある

目をパチパチ、まばたきが多いのはクセじゃない?「チック症」

目をパチパチする癖

チック症って何なの? まずはチック症とは何なのか?について整理していきましょう! チック症とは? チック症とは、ピクピクっとした素早い動きなどが、本人の意思とは関係なく、繰り返しおきてしまうものをいいます。 一番多いのは瞬きで、そのほかにも、肩をぴくっと動かす、頭をふる、顔をしかめる、口を曲げる、鼻をフンフンならす、などいろいろとあります。 声を出す チックもあります。 ため息のように声や、咳払いがめだちます。 出典:塚田こども医院 簡単に言うと、 無意識の間に体が動いてしまう症状のことを言うんですね。 小さな子供に多く見られ、目をパチパチと 不自然に多く瞬きすることも チック症の症状とされるようですよ! 芸能人で言うと ビートたけしさんの独特な首の動きが チック症の症状なのでは?といわれています。 ものまねでよく取り入れられている動きだったため チック症であることに気づきませんでした…! チック症の原因は? トゥレット症候群など強く長引く症状が出る場合は、遺伝的要因が関連している場合もあります。 ただしこの場合もさまざまな環境要因が関係するため、必ずしも遺伝的要因だけで発症するわけではありません。 子供なら5人に1人は発症するとされている 身近な症状です。 愛情不足やストレスが原因だといわれたこともありましたが、 近年の研究では 脳の働きにより自然と表れてしまう体の反応だということがわかりましたので 大きなストレスを抱えているからチック症の症状が出ているんだ、 とも言い切れないんですね! 大野智とチック症の関係は? 先に説明をしたチック症ですが、 なぜ大野さんがチック症だといわれているのでしょうか? 調べてみると大野さんは、 瞬きをするときに右頬をピクッと上げる癖があるようです。 これを見た人たちが、 大野智はチック症なのでは?と 話したそうです。 ですが正直これだけではチック症だと断言はしづらいですし ただの癖な感じもしますよね…。 まとめ チック症とは、 脳の働きにより無意識のうちに体に現れる動きを指す症状でした! 病気としてとらえるよりも、その人の 個性としてとらえるのが正しいようです! 大野さんもチック症を発症しているのでは?と 言われていますが、その症状といわれている動きが 微弱なものなので、チック症を発症しているとは 言い難いように思いました!.

次の

瞬きが多い人の心理!目をパチパチさせる癖には理由がある

目をパチパチする癖

心理 2019. 21 瞬き(まばたき)の回数が多い人の心理8選|パチパチする癖の直し方も 目をよくパチパチする人って、どんな気持ちなのか気になりませんか?今回は、瞬きの回数が多い人の心理について大人と子供の場合に分けて詳しくお伝えしていきます!また、まばたきが多い癖の治し方についても紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね!• 就職の面接を受けている時や人前で発表する時など、人は緊張すると手に冷や汗をかいたり、瞬きの回数が増えることがあります。 「失敗したらどうしよう!」という恐怖を感じているので、なんとか自分を落ち着かせたいのです。 採用の面接や大事な発表が終わって緊張状態から解放されると、パチパチする瞬きの回数は少しずつ落ち着いていきます。 大事な場面ではどうしても極度の緊張から、無意識に瞬きの回数が増えてしまうだけなのです。 相手に対して傷付けるような発言をしてしまった時や怒らせてしまった時などに、居心地が悪く気まずい状態になっているのです。 「機嫌が悪そうだけど、怒らせちゃったかな?どうしよう」と困惑しているのです。 相手との間に微妙な空気が流れていて、本当はその場から離れたい気持ちが働いています。 しかし、逃げたらもっと怒られそうなので、逃げられないような気まずい状況なのです。 気持ちがソワソワしてどうも落ち着かない状況になっています。 居ても立っても居られないため、瞬きの回数がどんどん増えてしまうのです。 好きな人と会った時には、つい胸が高まってドキドキしてしまいます。 気分が高揚すると心拍数だけではなく瞬きの回数も多くなるのです。 会った時に必ず瞬きを多くする人は、自分に好意を持っているのです。 頬を赤らめながら目をパチクリしていたり、笑顔が引きつりながら瞬きしていたら好きすぎて緊張しているのです。 会う回数が増えて一緒にいる時間が増えていけば、ドキドキすることが減っていくので自然と瞬きの回数も減っていきます。 彼氏が浮気をしているのではないか疑って問い詰めている時に彼氏が瞬きの回数が急に増えた場合には、嘘をついている可能性があります。 「やばい、浮気がバレたら彼女に怒られる!」と思って焦っているのです。 浮気や本当のことがバレないように、嘘をついてごまかす時に瞬きの回数が多くなります。 彼氏はうまく口では浮気をしていないと嘘をついて隠しているつもりでも、動揺していることを完全には隠しきれないのです。 女性が目をパチパチとさせている時には、目をもっと大きく見せたい、キュートな自分をアピールしたいと思っています。 男性に自分のことを好きになってもらいたいから、目をパチクリするのです。 わざとらしく目をパチパチと瞬きしてくる女性は、男性のことが好きなのです。 「あなたに甘えたい、可愛い私をデートに誘って!」と瞬きをして熱い視線を注いでくるのです。 また「目にゴミが入って痛い」と言って、瞬きをしながら顔を近づけてくる場合には、相手に自分のことを見つめて欲しい気持ちが隠されています。 両親が喧嘩をしていたり、保育園に通い始めて慣れていない場合など、子供が不安を抱えている時に瞬きの回数が増えることがあります。 不安な気持ちを言葉ではまだ上手に表現ができないため、瞬きとして現れるのです。 子供は親や家族の愛情をたっぷりと受けたい甘えん坊です。 そのため、下に妹や弟ができたり親が仕事で忙しかったりなど、愛情が足りないと感じた時に瞬きの回数が増えることがあります。 もっと自分を構って欲しいのです。 下の子を妊娠出産してあまり手をかけられなくなった、仕事が忙しくて保育園に迎えにいく時間が遅くなったなど、環境や心境の変化に子供はとても敏感です。 もし瞬きの回数が増えるような愛情不足を感じさせてしまう心当たりがあれば、子供をぎゅっと抱きしめて愛情をたっぷり注いであげましょう。 いたずらをしたり、悪いことをして怒られた場合などに、子供は反省していないようで実は傷ついていることがあります。 繊細でデリケートな心を持った子供は、キツく叱られると傷ついてしまい瞬きの回数が多くなります。 子供は深く傷ついていることを口でうまく表現できないため、目をパチパチとして瞬きに現れてしまうのです。 子供にキツく怒ってしまった場合やしつけが厳しい時には、子供の瞬きの回数を減らすために少し叱り方を見直してみることがおすすめです。 仕事で大事なプレゼンをする時や採用試験を受ける時など、重要な場面で人は瞬きの回数が増えることがあります。 緊張がピークに達すると落ち着かないので、なんとかコントロールしたいという気持ちがあるのです。 頭の中で考えを巡らしている時に、目をパチクリとさせて瞬きをたくさんしてしまうのです。 「この案件はどうしたら良くなるだろうか、なんか良い解決方法はないだろうか」などと思い悩んでじっくり考えているのです。 「あの人は素敵だな」と思ってついつい見惚れていると、相手も視線に気づいて目があってしまった時にドキッとしてしまいます。 好きな人の視線にドキドキして、とっさにたくさん瞬きをしてしまうのです。 食事に誘っても予定があって行けないと断る人が瞬きをしている場合には、嘘をついて断っている可能性があります。 本当は予定がないけれど、一緒に食事に行くのはあまり乗り気じゃないから嘘をついているのです。 また一瞬、断ろうかどうか心の中で迷っている場合にも瞬きの回数が異常に増えることがあります。 食事やデートなどに誘った時に相手の瞬きの回数が急に増えているとしたら、相手は迷惑な気持ちで困っており正直乗り気ではないのです。 ずっとパソコンで仕事をしていたりゲームをして目を使いすぎた時には、目が疲れて瞬きが増えることがあります。 パソコンの画面などを見すぎていたために、目の血流が悪くなっていたり目が乾燥してしまっているのです。 目をちょっと使いすぎてしまったと思った時には、目を休ませてあげましょう。 そうすることで、目の疲れも取れて瞬きの回数が少なくなります。 目をパチパチとさせて瞬きを多くしている人がいたら、目にゴミが入ったりコンタクトレンズがずれてしまって目が痛いのかもしれないと思います。 友人や同僚だったら「目にゴミが入ったの?目が痛いの?」と声をかけてしまいます。 目を必要以上にパチパチとさせて瞬きをたくさんしている人を見たら、「緊張しているのかな?何かショッキングな出来事や嫌なことでもあったのかな?」と気になって心配してしまいます。 瞬きの回数がすごく多くなっているということは、その人がひどく動揺している状態で精神が不安定なのだと思ってしまうからなのです。 好きな女性が目をパチパチとして見つめてきたら、「甘えてくれているな、可愛い子だな」と男性は思ってしまいます。 女性が可愛く見せたくて、自分に好意を持って見つめてくれていることがわかるからなのです。 緊張状態や気まずい雰囲気から瞬きの回数が多くなっていまいますので、なるべく緊張したり嫌な気持ちにならないように心がけましょう。 暖かい飲み物を飲んでリラックスしたり、気分転換をしてストレスを発散させることが大事です。 目を酷使している場合には、目をホットタオルなどで温めて血流をよくしてあげましょう。 また、仕事中には目の周りをマッサージすることで目の疲れを緩和してあげることが大事です。 目を労わることで瞬きの回数も減っていくからです。 鏡を自分の近くに置いて何度か鏡を見ることで、自分が瞬きをしすぎていないかを常にチェックすることができます。 また、目薬をさして目の状態をチェックして、瞬きをあまりしすぎないように意識を向けることが大切です。 いつもネガティブになりがちな人は瞬きを多くしてしまいます。 そのため、自分の好きなことや嬉しかったことを思い出してハッピーな気持ちになるようにしましょう。 瞬きの原因になる緊張や不安を吹き飛ばすことが重要なのです。 まばたきの回数が多い人の気持ちを理解しよう! ここまで瞬きの回数が多い人の心理について詳しくお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか?緊張している時や困惑している時だけではなく、嘘をついている時にも瞬きが増えてしまうことがわかりました。 また、好きな気持ちや可愛く見せたい気持ちが働いて目をパチパチさせることもわかりましたね。 今回お伝えした瞬きの回数が多い人の心理について以外にも、目を見開く心理について男女別で説明した記事や、目を見て話せない心理について詳しく説明した記事もありましたので、ぜひ合わせてご覧ください。

次の

大人のチック症とは?症状とストレスとの関連性、受診先や治療法、生活上の工夫を紹介!【LITALICO発達ナビ】

目をパチパチする癖

チックとは、急速でリズムのない運動や発声が、ある一定のパターンで繰り返されることです。 ご相談にある「まばたき」のほか、「首を左右に動かす」「突然の奇声」などがありますが、大きくわけて「運動チック」と「音声チック」、さらにその中で「単純チック」と「複雑チック」の症状があります。 簡単に説明すると、以下のようになります。 「単純運動チック」・・・まばたきのような目の症状が多く、他には首を振ったり、肩をすくめたり 「複雑運動チック」・・・大きな体の動作が出たり、人やものに触ってしまったり 「単純音声チック」・・・せき払いなど 「複雑音声チック」・・・発声や汚言(【おげん】きたない言葉を絶えず口にすること)が出ること 例えば、ビートたけしさんがくねくねと首を動かしたり、 石原慎太郎さんが時おり目をパチクリまばたきさせるのは「単純運動チック」の一種とも言われています。 意識すれば、このようなチック症状を一定の時間は止めていることができますが、なかなか思い通りにならないものです。 このような症状が出た場合は、他の疾患の可能性も考えないといけません。 舞踏病や部分てんかんなどは、意識が保たれたまま不随意運動(意志とは無関係におこる運動)をおこし、チックと似た症状が出ます。 医師が診察をし、くわしく話を聞いて経過観察することで、ほぼ「チック症」の診断は可能ですが、きめ手となる検査がないのが実情です。 場合によっては、これらの疾患を鑑別するために血液検査や画像検査などをおこなうこともあります。 チック症は、6、7歳でおこることが多く、中学生以降は少なくなります。 多くの場合、症状は一過性で1年以内になくなります。 なかには慢性化して長引くことがありますが、その多くは成人期までによくなります。 チック症の一般的原因としては、以前は心理的なものと考えられていた時期がありました。 とはいえ、例えば人前での発表会や行事など緊張が強まることや家族・友人関係などの精神的なもので症状が悪化することがあり、心理状態に影響される疾患とも言えます。 治療は、子供や周囲の大人が、その症状を理解し受け入れることから始まります。 このような環境調整で改善することも多いです。 基本的には自然によくなるため薬物療法の対象にはなりませんが、重症度が高い時やチックの症状で日常生活に支障をきたす場合には投薬を行います。 今回の場合は、年齢的には早めですが、「まばたき」のみのようなので単純運動チックと思われ、また運動会でストレスがかかった可能性があると思われます。 しかし、上記で述べたように一過性のことが多いので、基本的には経過観察になります。 本人には「まばたき」の症状を過度に意識しないような配慮をしてあげて下さい。 全く「まばたき」に触れないように周囲が緊張する必要はありませんが、「まばたき」を叱ったりすることは逆効果だと思います。 また、悪ふざけを叱ることも時に必要とは思いますが、なるべく言い聞かせる、ほめてあげる、と言ったことを意識するほうが長期的に有効と思われます。 難しいと思いますが、悪いことをしたときに叱ることよりも、普通のことが普通にできたときにほめてあげて下さい。 例えば、車に乗る時ちゃんとチャイルドシートに座れた、とか病院に行って挨拶ができた、などでいいと思います。 また診察の時は口を開けるなど事前に予測されることがあれば、あらかじめ説明しておくことも有効だと思います。 緊張や不安はチックの原因ではありませんが、増強させるものなので、なるべく気楽な生活が送れるように努めて下さい。

次の