プラズマライター 仕組み。 プラズマクラスター

最強の機種はどれだ!?アウトドアで大活躍のターボライター タイプ別11選|YAMA HACK

プラズマライター 仕組み

電子ライター(充電式)は、ガスもオイルも必要ありません。 炎ではなく電気により着火するエレクトリックライターです。 風や温度など環境によって着火性能が変化することがありません。 充電方式はUSB充電式が主流です。 大容量のバッテリーを搭載しフル充電で数十回~数百回の着火が可能なモデルや、コンパクトな筐体にして充電時間と着火回数を抑えたモデルがあります。 着火部分はニクロム線を使用してタバコの先端を押し付けて使うタイプと、プラズマスパークを発生させてパチパチと音を出しながら着火させるタイプがあります。 ニクロム線のタイプはニクロム線が消耗品となり定期的な交換は必要になります。 ニクロム線の消耗品自体は安価でガスやオイルに比べるとコストパフォーマンスに優れています。 プラズマスパークのタイプは消耗品がないのでメンテナンスも必要としませんが、万一故障した場合は自分で直すことはできません。 いずれの電子ライターも着火部分が小さく、紙巻たばこに火をつけることに特化しておりますので、焚き火をしたり、ろうそくに火をつけたりといった他の用途には向きません。

次の

ライター|名入れライター|激安ライター通販shop|プロボックス

プラズマライター 仕組み

ライターのバリエーション ライター(lighter)とはをつけるためのである。 その多くでは何らかの燃料を消費する式が主流であるが、式もある。 以降よりさまざまな創意工夫が凝らされたライターがされてきた。 ライターと、やその他を組み合わせることで、簡便なを可能としている。 小型のものは、主にに着火しするために、タバコと共にして使われる。 古くからあるであるため、さまざまなを凝らした製品も多く、利用者の性に応じてさまざまなが利用されている。 ガスやの奥まった場所にあるやなどへの着火を目的とした柄の長いもの、仏壇のろうそく用の小さなもの、風のある戸外の墓参り時における線香着火を目的とした大型の風防を備えたものなど、に応じてさまざまに変化した製品が存在する。 オイルライター オイルライター 燃料として(主に精製度を高めた、やなど)に火をつけるもの。 によってへと上がって来た液体のオイルがすることによって燃料となり、適切な揮発機構を持つオイルライターは、揮発機構内で気化した燃料を適度に含む空気が渦になってとどまるため、強風のなかでも高い着火性を持つ。 一方、どうしてもオイルの臭気が伴うことと、オイルが揮発するためこまめな補充を要するのが弱点である。 数週間も放置すると、(たとえ使用しなくても)タンクが空になり着火しなくなってしまう。 、、などのが有名。 なお、ベンジンを用いると燃料を事実上共用できる場合も多い(ただし自己責任で)。 ジッポーブランドの懐炉も存在し、その指定燃料はジッポーオイルとなっているため、それらの組み合わせにおいては、メーカ保証も受けられる。 用のガスライター。 横に炎が出る。 ガスライター 小型と小型が一体となった物である。 燃料として主になどのが使用されている。 のブタンはが小さく、空気に混じってしまうが、比較的低いで液体となるため、ライターには利用しやすい物質といえる。 液化ガス式ライターには、燃料を補充できるものと、補充できない使い捨てのものがある。 後者の製品は燃料補充の手間がかからないことと、非常に安価な製品(いわゆる 百円ライター)が1970年代半ば以降 普及したため、現在のライター製品の主流となっている。 また、気化したブタンやそのはほぼ無臭であるため、の香りをそこなわないとしてガスライターを重用する者もいる。 このことを理由にはガスライターで着火されることが多い。 ガスライターはその燃料の性質上、可燃気体のガス噴出量と周辺空気の混合比率が適切な状態でがおこるため、ライター周辺のが強いと本来設計された位置で点火用のを散らしてもに達せず、着火しない事がある。 ただし、ガスの噴出圧力を利用して強制的にを点火チャンバー内に供給する ターボライターの登場によって今日では強風のなかでも点火が可能になっている。 ターボライターはガスが高温燃焼するために、対象物への着火が早く、また一回あたりの燃焼時間が短くて済み、燃焼効率・燃費がよく、結果一回のガス()で使える回数が多くなるという利点もある。 しかし、炎の温度が高過ぎ、炎自体も淡く青いためにわかりにくいとされて敬遠されがちだった。 このため、現在では燃焼に等の金属を配して、ガスの燃焼にともなう熱で赤熱させて、着火をわかりやすくしている。 これにより、万が一にも炎が風で吹き消えても、白金フィラメントが十分にされていれば、によって再点火し、炎の性が格段に向上する。 このを応用した一般のものより高価な 触媒ライター(または 白金ライター)もある。 名は発明者の特許であることから)を使用している。 ヤスリの回転の摩擦熱と、合金が削られ微粉末となり増えた表面積が空気にさらされることで発火し、燃料に引火する。 もともと、「フリント()」とは鉄よりも硬いを指す言葉だが、これで鉄片を削って得られる火花よりも、前述のフェロセリウムを鉄のヤスリで削った方が、大量かつ高温の火花を放出できるという性質と、「合金であるために任意のへのがたやすい」という性質から、小さなライターにはちょうどよいということで好んで使用され、今日ではライター用のフリントといえばこのフェロセリウムを指す。 フリントを削るヤスリが露出しており、そこが水に濡れると容易に点火できなくなる欠点がある。 火花放電による点火(所謂「電子ライター」) 等の点火装置と基本的に同じ物が、ガスライターに使われている。 には昇圧を内蔵したによるで点火する物もいくつか存在し、によるスイッチングで、ボタンに触れるだけで連続放電をおこなって点火する高度な物も発売されたが、ポケットのなかで誤って発火する等の事故も起こりうるだけに、今日において 卓上ライター以外では、結晶構造を持つの一種であるを使った、ノック式の点火機構が主になっている。 圧電素子に衝撃を与えて高電圧を作りスパークさせて燃料に着火する。 レバーとバーナーが離れた長い製品も作れる。 今日、電気的な点火機構を持つライターを「 電子式ライター」ないし「 電子ライター」というが、これは、もともと、前出の昇圧回路を使用した物を指した。 しかし、圧電素子も衝撃を与えることで結晶体内部での移動がおこり、それを外部に導いて放電させるので、こちらも「電子式」と呼んでも間違いではない。 ちなみに、ターボライターはほとんどの製品が電子ライターだが、例外的にジッポーからフリント式のターボライターも発売されている。 取り扱い [ ] 引火性を持つ燃料を使用しているため取り扱いには注意を要する。 高温下に放置するとする危険性があるほか、強い衝撃によっても爆発する危険性がある。 特に、ガス式のものは内部のガス圧力が1よりも大きく、するおそれもあるため、損傷の認められるものの利用はすすめられない。 また、の破損がある場合は燃料が漏れつづけるなどの問題もあり、の破損したライターは使用に適さない。 オイル式では、燃料供給直後などではケース表面がオイルで濡れていると着火時にして危険であるため、燃料供給直後はよくふいてから使用するほうが無難である。 ガス式の場合は燃料供給直後にわずかながら漏れたガスが辺りを漂っていると危険であるため、のよい場所で燃料を供給し、燃料注入弁のがないか確認してからの使用が望ましい。 オイル式の物はその多くがを閉めるまで燃料が続く限り燃焼も続くものが大半であるため、燃焼中に不注意で取り落としても燃え続ける。 このため、可燃物の上で取り落とすと類焼の危険性がともなう。 ガス式の物は機構として所定の押しボタン式弁を持つものではボタンを離すと燃料供給が止まるため、火が消える。 ただ、ガス式のなかにも蓋を閉めるまで燃料ボンベの弁が開放されたままになるものもあるため、構造によってはその限りではない。 また、へする際の注意点として、持ち込みができるライターの種類及び数量は制限されており、液化ガス式ライタータイプの使い捨てライター(100円ライター等)及び、注入式ガスライター デュポン等 、吸収剤入りのオイルライター ZIPPO等 についてはいずれか1人につき1個までであれば飛行機内への持込が可能である。 ただし、同様のガス式ライターでも「葉巻ライター」(葉巻に使用するライターで青色の強力な炎を出す、ターボ式のライター)や着火マン、吸収剤の無いオイルタンク式ライターについては一切機内持ち込みすることができない。 また、どのタイプのライターであっても、受託手荷物内(預ける荷物)に入れることも一切出来ない。 愛煙家は、火気についてはジッポーまたは100円ライター1個だけを持って乗るか、現地で入手することになる。 いずれにしても、火気の取り扱いに対する相応の注意が求められる。 電熱式 [ ] 「」を参照 携帯用 [ ] - に流行した。 電熱線が赤熱できるだけのを流さねばならず比較的容量の大きなを必要としたため、電池が重く電池の持ちもあまりよくなかったために、今日ではを用いるものはほとんどない。 日本でも、立石電機株式会社(現・)が(昭和23年)当時に製造・販売していた。 現在は、小型軽量でタバコ専用のを電源として用いる型が、日本や中国のメーカーから市販されている。 タバコよりも太く硬い葉巻には使えない。 放電式 [ ] 2015年ごろから、ガス・オイル等の燃料を使わず、二次電池を内蔵する電気式 USB充電式 だが電熱線を用いるのではなく昇圧回路によるのみで対象物に着火させる「放電ライター」「ライター」等と称する、と思われる商品がなどで販売されはじめている。 こちらは、たばこ用だけでなく、用の長めのサイズのものもある。 現状、スイッチが二重化されていて誤操作に対する配慮がなされている商品はあるものの、点火スイッチそのものの押下圧は軽く、チャイルド・レジスタンス面では不安がある。 チャイルド・レジスタンス機構 [ ] 、ではによるライターを使用したに起因する事故やが問題視されるようになったことから、以降、幼児の誤使用を防ぐためのチャイルド・レジスタンス機構(CR)を備えないライター、幼児が興味を引かれかねない意匠やを備えたライター(ノベルティ・ライター)の製造・輸入が禁止された。 後に同様の問題は欧州でも指摘され、圏内でも以降、同様の規制が敷かれている。 具体的には、幼児の握力を超える強さでないと着火出来ない・着火には押し回しなどの操作を要することとされる(幼児は一度に二つ以上の操作は出来ない)。 日本 [ ] (平成22年)以降、立て続けにライターの悪戯を原因とする幼児の焼死事故が発生したことから、が中心となって「消費経済審議会製品安全部会ライターワーキンググループ」により、ライターの機構や形状に関するが検討された。 実際に(平成22年)からは、燃料を使うライターをの「特別特定製品」に指定し、45以上で押せないチャイルドレジスタンスが義務化、安全テストを合格したものにPSCマークを交付する。 (平成23年)より、従来のCR機構を持たない100円ライター、のような形状を備えるライターは販売禁止となった。 電熱式や2年のを付けた繰り返し利用出来るライターは対象外。 2段階式、簡単に着火出来ないライター以外は販売できなくなった(例外規定有り)。 なおこういった機構の採用は複雑化に伴うコスト増加や「使い易さ」の低下が予測されており、の低下したでは不便になるとも見られている。 過去に使い捨てライター大手のはチャイルドレジスタンス機構を採用した製品を150円で「先行販売」したが、売り上げが伸び悩み、製造を中止したこともある。 のちにで「チャッカマン」用の、女性や高齢者向け補助具が別に考案発売された。 なおこの規制は使い捨てライターや点火棒(喫煙用ではない長い多目的ライター)での短い製品(2年未満)に適用される ため、ライターメーカーの中には逆に道具としての使いやすさを求め高齢者向けとして、敢えてコスト上昇を受け入れ燃料用ガスの再充填が可能な保証期間を2年に設定した、仏壇まわりなどで使いやすい形にした製品を製造・販売しているところもある。 ファッションとしてのライター [ ] は社会的な風潮から年々減少傾向にあるため、今日ではライターを持ち歩く人もだんだん減りつつある。 ライター 安価な使い捨てライターは、一般の店頭販売が4個で税抜き100円程度からあるほか、日本国内においてはやなどのグッズとして、また煙草のカートン購入や新製品ののための付加価値として、無料で入手する途は多い。 しかし、という点からみるとや以上に絶好の個性主張のできるアイテムにもなりうるため、の喫煙具売り場などでは多種多様なライターが販売されている。 例えば、オイルライターでは高い力を持ち着火とは直接関係のない装飾のバリエーションを幅広く展開してコレクターを生んでいるメーカーがあったり、また男性向け・女性向けの一種として洗練されたを備えた高級ガスライターもある。 他方、有償のライターの中には、実用性を追求したもの(例:着火性と防風性を高めたターボライター)やを図ったもの(例:付き)もある。 ちなみに、現在では多数のコレクターがいるのライターも、その登場時においては実用性を追求(それ以前のライターに比べて大幅な防風性アップを果た)した製品であった。 歴史 [ ] この節のが望まれています。 火縄式のライターは古くからあり、広く使われた。 ヨーロッパでは17世紀末にはフリントロック式銃の機構を利用して火口に点火する thinder lighter あるいは tinder pistol と呼ばれるものが発明されていた。 18世紀初頭に作られたものは多数が現存する。 近代的なライターの開発は、にが、高効率のの合金をしを取得したことから盛んになった。 には、社が現代のライターのを製造、販売を開始。 にはアメリカでジョージ・ブレイスデルが耐風ライターのを発明。 日本 [ ] 最初に実用化されたライターは、(安永元年)にの発明した、にバネ仕掛けの小さなを打ち付けて点火する、を燃料として使用した物である。 このの点火機構によく似た「 刻みたばこ用点火器」は広く普及したという記録も無いが、当時の好事家には大変好まれたらしい。 に考案されたより歴史が古い。 なお鉄砲研究家の澤田平によると鉄砲火打と呼ばれる携帯型ライターが寛永年間 1624年〜1645年 に日本各地の時計師、鉄砲鍛冶師によって製作されていた。 主なメーカー [ ] 世界的なブランド [ ]• - 創業ののライターメーカー。 元祖オイルライターを製造。 - 創業。 世界初の全自動式ライターを開発したライターメーカー。 - 創業ののライターメーカー。 防風オイルライターが主。 - 「キーン」という独特の開閉音を持つの高級ライターメーカー。 日本 [ ]• - 1975年に100円ライターを開発。 他にチャッカマンなども有名。 - ガスライターや電熱式など。 - 自社ガスライターの製造、および等の海外ブランドライターの輸入元。 - 自社製品や輸入製品の取り扱い。 脚注 [ ] [].

次の

USBで充電可能!アウトドア向け電子ライター5選

プラズマライター 仕組み

アークプラズマライターを分解した ここで紹介する「アークプラズマライター」はmicroUSBの充電端子を装備。 誤操作防止カバーをスライドし、プッシュスイッチを押している間、先端の2つの電極間で放電が続きます。 この放電を利用してタバコやガスコンロに火を着けるのが、アークプラズマライターです。 静かなニクロム線の発熱に比べてジーとスパーク音が鳴り、紙や割り箸なども簡単に燃え出すなどアクティブで男心を刺激します。 そんなアークプラズマライターはどんな仕組みになっているのでしょう。 プラスの精密ドライバーが1本あれば、アークプラズマライターは分解可能。 その内部を見ていきます。 アークプラズマライターの活用方法 アークプラズマライターの内部は、電極に近い方から高電圧発生用のトランス、メイン基板、バッテリーの順で配置。 分厚いリチウムイオンバッテリーにより、1回の充電で数百回の放電が可能なアークプラズマライター。 モバイルバッテリーで充電できるため、ガス欠の心配も不要です。 また通常のライターと異なり、先端の放電は強風でもびくともしません。 アークプラズマライターは着火以外にも、厚紙の穴あけ・害虫退治・電子部品の破壊(USBメモリを安全に廃棄するなど)などさまざまな活用例があります。 今後も新たな活用方法が生まれるでしょう。

次の