ここ から 竜王 アウトレット まで。 とにかく安いです

大津方面から電車とバスで竜王アウトレットに行く方法まとめ

ここ から 竜王 アウトレット まで

自動車の場合は、 金沢西ICから竜王ICまで 普通車でETC無しの場合は4,950円、 ETC有りの場合は2,500円~4,250円(時間帯や曜日によって変動します)です。 ガソリン代は車種や燃費がわからないのでなんとも言い難いですが、 燃費が1Lで10㎞、価格が1Lで150円として片道おおよそ3,000~3,500円程度でしょう。 所要時間は約2時間30分です(休憩や渋滞は考慮してません)。 電車の場合は、 金沢駅から特急しらさぎに乗って米原駅で新快速に乗換えて近江八幡駅下車、そこから路線バスというルートになります。 料金は片道JR運賃3,570円+特急料金2,810円+路線バスが500円の6,880円となります。 (しらさぎ指定席の場合、自由席だと6,170円です) 所要時間は金沢駅から近江八幡駅まで約2時間30分、近江八幡駅から竜王OPまで約30分です。 ただし、近江八幡駅から竜王OP行きのバスは1時間に1・2本と少ないので注意して下さい。 バスの場合は、 金沢駅西口からツアーバスがあるのですが、直近だと3月30日しかありません。 GW期間中は運行されるみたいです。 金沢駅西口8:00発で約5時間竜王OPに滞在後、金沢駅西口に19:30着予定で、料金は往復2,990円です。 詳しくは… 他は京都駅までバスで行き京都駅からJRで野洲駅へ行き、そこから路線バスとなります。 料金は京都駅までのバスが片道4,060円(往復割引だと6,060円)、京都から近江八幡まで480円、路線バスが450円となります。 所要時間は京都まで約4時間20分、京都から野洲まで約30分、野洲から竜王OPまで約30分です。 ツアーバスが運行される日はそれを利用するのが一番楽で安く済みます。 京都経由のバスは所要時間が5時間30分以上かかるので竜王OPでの滞在時間がわずかになってしまいます。 電車は運転しないで済む分楽かもしれませんが、時間や金額のことを考えるとメリットが少ないように思えます。 自動車は事故のリスク(高速運転に慣れていない人が名神を走ると結構怖い思いをするらしい)がありますが、時間や金額のことを考えると一番無難だと思います。 自分だと迷わず自動車で行きますが…。

次の

三井アウトレットパーク滋賀竜王へのアクセスは? 最寄駅からのバスも

ここ から 竜王 アウトレット まで

全3321文字 竜王と倉敷の店頭を見た限りではGAPのアウトレット店には、通常店からの在庫商品というものはほとんどないように見えた。 筆者個人の体感では「すべて」と感じるが、もしかすると記憶違いもあるかもしれないし、正確な比率は分からない。 それでも相当な比率の商品がアウトレット専用の商品だろう。 そして、アウトレット専用商品が開発されていることもあってか、価格は通常店の値下げ品の方がアウトレット店よりも安い。 アウトレット店はジーンズだと4900~5900円が中心(まれに2990円や1990円もある)だが、GAPの通常店だと2990円くらいまで値下がりするし、1900円や990円にまで下がる商品もかなりある。 Tシャツだと1900円までの値下がりは普通で、慣れた人なら990円や600円になってから買う。 筆者はウール100%のGAPのマフラーを4本持っているが、いずれも通常店で、990円以下で購入している 本来の位置付けからずれてきたアウトレット それでは、長年、通いつめたGAPの値下げプロセスから、筆者なりの「買い時」を解説したい。 例えば、メンズのパンツだと定価は7900~9800円程度である。 それが入荷からだいたい1カ月半から2カ月くらい経過すると、半額近くに値下がりする。 その時の価格は4900~5900円くらいである。 そこをやり過ごすと3週間後に1000円くらい値引きされ、3900~4900円となる。 どうしても欲しい商品ならこの時に買うのがお薦めである。 色柄・サイズともに豊富に残っているからだ。 しかし、もう少し待とう。 すると2900円に下がる。 筆者はどうしても欲しい商品ならこのときに買う。 けれどももう少し我慢しよう。 そのうち、こちらも「欲しい」という気持ちがマヒしてくる。 そうこうしているうちに1900円に下がる。 1900円の時点でも、色柄・サイズはかなりそろっていることが多い。 どうしても欲しい商品以外であっても、ここで買うことをお薦めしたいが、夏冬のセール終了間際まで待つと、これが990円に下がる。 この時点では色柄サイズは不揃いになる。 どの時点で買うかは高度な判断が試される。 (そこまで大げさなコトか?オイ) こうして見ると、アウトレット店で買うよりも通常店のセールをこまめにチェックした方が安く買える。 職場や学校の近所にGAPがあればそうすべきであろう。 ついでに言うと、GAPの値下げは水曜日か木曜日あたりに行われることが多いような気がする。 一応、不定期に値下げしているとのことだが、体感ではそうだ。 ここでは、たまたまGAPを例にとったが、無印良品だって店舗によっては最終7割引きで販売する。 今年2月にウール混メルトンのPコートを購入した。 ウールの原料高からか少しメルトン生地が薄いと思ったが、価格は1万2000円の7割引きの3600円だった。 これも通常店である。 ちなみに、無印良品で気をつけねばならないことは、店舗ごとに値引き率が異なるということである。 できれば、複数店を回って一番安い店舗で買うことをお薦めする。 ここまで読んでくださった方は、渋滞に耐えてアウトレットへ行くよりも、定期的に通常店の値下がりを待つ方が安い買い物ができることが理解いただけたのではないだろうか。 竜王などの郊外型アウトレットモールは非日常空間であり、商品が安いかどうかは別として「小旅行」的に利用する気持ちはわからないではない。 しかし、倉敷のような駅前直結型やそのほかの都心にほど近い立地のアウトレットモールなら、近隣のファッションビルやショッピングモールで最終処分価格品を買う方がずっとお買い得だし、効率的ではないだろうか。 そして何より、アウトレットが本来の位置付けとは相当ずれたものになっていることを、消費者も知っておくべきである。

次の

大津方面から電車とバスで竜王アウトレットに行く方法まとめ

ここ から 竜王 アウトレット まで

全3321文字 竜王と倉敷の店頭を見た限りではGAPのアウトレット店には、通常店からの在庫商品というものはほとんどないように見えた。 筆者個人の体感では「すべて」と感じるが、もしかすると記憶違いもあるかもしれないし、正確な比率は分からない。 それでも相当な比率の商品がアウトレット専用の商品だろう。 そして、アウトレット専用商品が開発されていることもあってか、価格は通常店の値下げ品の方がアウトレット店よりも安い。 アウトレット店はジーンズだと4900~5900円が中心(まれに2990円や1990円もある)だが、GAPの通常店だと2990円くらいまで値下がりするし、1900円や990円にまで下がる商品もかなりある。 Tシャツだと1900円までの値下がりは普通で、慣れた人なら990円や600円になってから買う。 筆者はウール100%のGAPのマフラーを4本持っているが、いずれも通常店で、990円以下で購入している 本来の位置付けからずれてきたアウトレット それでは、長年、通いつめたGAPの値下げプロセスから、筆者なりの「買い時」を解説したい。 例えば、メンズのパンツだと定価は7900~9800円程度である。 それが入荷からだいたい1カ月半から2カ月くらい経過すると、半額近くに値下がりする。 その時の価格は4900~5900円くらいである。 そこをやり過ごすと3週間後に1000円くらい値引きされ、3900~4900円となる。 どうしても欲しい商品ならこの時に買うのがお薦めである。 色柄・サイズともに豊富に残っているからだ。 しかし、もう少し待とう。 すると2900円に下がる。 筆者はどうしても欲しい商品ならこのときに買う。 けれどももう少し我慢しよう。 そのうち、こちらも「欲しい」という気持ちがマヒしてくる。 そうこうしているうちに1900円に下がる。 1900円の時点でも、色柄・サイズはかなりそろっていることが多い。 どうしても欲しい商品以外であっても、ここで買うことをお薦めしたいが、夏冬のセール終了間際まで待つと、これが990円に下がる。 この時点では色柄サイズは不揃いになる。 どの時点で買うかは高度な判断が試される。 (そこまで大げさなコトか?オイ) こうして見ると、アウトレット店で買うよりも通常店のセールをこまめにチェックした方が安く買える。 職場や学校の近所にGAPがあればそうすべきであろう。 ついでに言うと、GAPの値下げは水曜日か木曜日あたりに行われることが多いような気がする。 一応、不定期に値下げしているとのことだが、体感ではそうだ。 ここでは、たまたまGAPを例にとったが、無印良品だって店舗によっては最終7割引きで販売する。 今年2月にウール混メルトンのPコートを購入した。 ウールの原料高からか少しメルトン生地が薄いと思ったが、価格は1万2000円の7割引きの3600円だった。 これも通常店である。 ちなみに、無印良品で気をつけねばならないことは、店舗ごとに値引き率が異なるということである。 できれば、複数店を回って一番安い店舗で買うことをお薦めする。 ここまで読んでくださった方は、渋滞に耐えてアウトレットへ行くよりも、定期的に通常店の値下がりを待つ方が安い買い物ができることが理解いただけたのではないだろうか。 竜王などの郊外型アウトレットモールは非日常空間であり、商品が安いかどうかは別として「小旅行」的に利用する気持ちはわからないではない。 しかし、倉敷のような駅前直結型やそのほかの都心にほど近い立地のアウトレットモールなら、近隣のファッションビルやショッピングモールで最終処分価格品を買う方がずっとお買い得だし、効率的ではないだろうか。 そして何より、アウトレットが本来の位置付けとは相当ずれたものになっていることを、消費者も知っておくべきである。

次の