鶏肉 ソテー ガーリック。 簡単・時短だけど激ウマ!! 「鶏肉のガーリックソテー」がおすすめな件[パパレシピ]

朝日放送テレビ|上沼恵美子のおしゃべりクッキングレシピ印刷用ページ|

鶏肉 ソテー ガーリック

鶏もも肉の皮をパリッと焼き上げたい! けど上手くいかない! という方は意外と多いのではないでしょうか? スキレットを使っても、いくつかのポイントを押さえないと、やっぱり皮はパリパリになりません。 そこで今回は、 皮パリパリにこだわって、スキレットでチキンを焼く手順をご紹介します。 材料 鶏もも肉 1枚 塩こしょう 少々 下ごしらえ ・鶏肉は 焼く30分前から常温に戻しておきます ・余計な脂は取り除きます ・皮がなるべく平らになるよう、しっかり伸ばします ・大きい場合は、半分または4分の1に切ります ・身の厚みがあるところには、 切れ目をいれて開いておきます ・水分をキッチンペーパーでふき取ります ・皮側と身側に塩コショウします 常温に戻したり、厚みのある部分に切れ目を入れたりすることで、均一に火が通るようにします。 しっかり下ごしらえしておきましょう。 焼き方 1. スキレットにサラダ油を薄くひきます 2. 皮のほうを下にして鶏肉を入れ、弱めの中火にかけます 3. 重石となるものを乗せるか、上からフライ返し等で押し付けるかして、皮を平らにするように焼きます 4. 皮を下にした状態で 8割ほど火が入るまで焼きます(フタはしません) 5. 裏返して火が通るまで焼きます ポイントは 上からギューっと押し付けて皮を平らにすること。 このひと手間で、皮のパリパリ具合が違ってきます。 そして フタをせずに、気長に皮を下にして焼くこと。 弱めの火でじっくり焼くので時間はかかりますが、美味しく焼けますよ! パリパリチキンに合うソースや味付け チキンソテーはお肉の旨みこそあるものの、それ自体の味わいは淡白。 だからこそ様々なソースや味付けが合います。 オススメの楽しみ方は、事前に何種類かソースを用意しておき、その場で好みのものを選んで食べるスタイル。 ここではオススメの付け合わせをご紹介します。 鶏の皮に火が通ったぐらいでスキレットの脇へじゃがいもを並べて、ときおり裏返しながら一緒にソテーします。 スキレットに乗せて塩コショウし、軽く温める程度ですぐに鮮やかな付け合せになります。 細かくカットするとフレッシュトマトソースにも。 凍ったものをそのまま乗せるとスキレット内で水が出る場合があるので、さっとゆでたものを入れるのがおすすめ。 チキンの味が沁みて美味しいです。 おすすめアレンジ By: 最後に、チキンソテーを使ったおすすめアレンジをご紹介します。 シーザードレッシングやオニオンドレッシングでも美味しいですが、バーベキューソースもおすすめです。 その後包んだまま切ると安定しますし、食べやすくなります。 いくつかのポイントをおさえるだけで、誰でも手軽さに作れるので、スキレットを使ってぜひ試してみてくださいね。

次の

簡単・時短だけど激ウマ!! 「鶏肉のガーリックソテー」がおすすめな件[パパレシピ]

鶏肉 ソテー ガーリック

みなさん、こんにちは! マス太です。 「鶏肉のガーリックソテー」がおすすめな件 今回のレシピですが、参考にさせてもらったのは こちらの「」っていうサイト。 僕がパパ料理を始めたきっかけでもある、 パパ料理研究家:滝村雅春さんが関わってらっしゃるサイトです。 パパごはんっていうだけあって、どのレシピも 手順が短く、かつ材料もめっちゃシンプル!! これはいいサイト発見しましたわ^^ その中でも特に目を引いた、 「鶏肉のガーリックソテー」を 早速作っていきます 材料(2~3人分) 鶏もも肉(1枚 ) ピュアオリーブオイル( 大さじ1) にんにく(1かけ ) 塩(少々) 粗挽きこしょう(少々) 白ワイン(大さじ2) 作り方 1・ 鶏もも肉に、裏表包丁で筋をいれる この時点で 「切れ込みが甘いっ!!」とママンからダメ出しが。 「りょ、了解しました~ 」 2.塩、粗引きこしょうを裏表ぬりつける。 ここは長女の出番なんだけど、、、、 コショウがドバッと出そうで、どうしても写ってしまう僕の手(笑) 3. フライパンに、オリーブオイルと、つぶしたにんにくを加える。 ここはパパと長女の共同作業。 4.香りが立ったら、1の肉の皮面を下に、強めの中火で焼く。 音が表現できないのが残念だけど、 にんにくを炒めた香りと 「ジュワーッッ」っていう音が めっちゃ食欲をそそる^^ 5.焼き色がついたらひっくり返し、 白ワインを振って、 フライパンを 同時に前後にゆすり焼いたら蓋をする。 ここもママンに相談して、 白ワインではなく料理酒で代用することに。 6.弱火で5~7分ほど蒸し焼きにする。 その後5分ほど火をとめて寝かせる。 「焦げてね~かな?」「大丈夫??」 いろんな雑念が頭をよぎるけど、じっと我慢。 チキンを取り出し、上から肉汁をかけて完成。

次の

簡単・時短だけど激ウマ!! 「鶏肉のガーリックソテー」がおすすめな件[パパレシピ]

鶏肉 ソテー ガーリック

みなさん、こんにちは! マス太です。 「鶏肉のガーリックソテー」がおすすめな件 今回のレシピですが、参考にさせてもらったのは こちらの「」っていうサイト。 僕がパパ料理を始めたきっかけでもある、 パパ料理研究家:滝村雅春さんが関わってらっしゃるサイトです。 パパごはんっていうだけあって、どのレシピも 手順が短く、かつ材料もめっちゃシンプル!! これはいいサイト発見しましたわ^^ その中でも特に目を引いた、 「鶏肉のガーリックソテー」を 早速作っていきます 材料(2~3人分) 鶏もも肉(1枚 ) ピュアオリーブオイル( 大さじ1) にんにく(1かけ ) 塩(少々) 粗挽きこしょう(少々) 白ワイン(大さじ2) 作り方 1・ 鶏もも肉に、裏表包丁で筋をいれる この時点で 「切れ込みが甘いっ!!」とママンからダメ出しが。 「りょ、了解しました~ 」 2.塩、粗引きこしょうを裏表ぬりつける。 ここは長女の出番なんだけど、、、、 コショウがドバッと出そうで、どうしても写ってしまう僕の手(笑) 3. フライパンに、オリーブオイルと、つぶしたにんにくを加える。 ここはパパと長女の共同作業。 4.香りが立ったら、1の肉の皮面を下に、強めの中火で焼く。 音が表現できないのが残念だけど、 にんにくを炒めた香りと 「ジュワーッッ」っていう音が めっちゃ食欲をそそる^^ 5.焼き色がついたらひっくり返し、 白ワインを振って、 フライパンを 同時に前後にゆすり焼いたら蓋をする。 ここもママンに相談して、 白ワインではなく料理酒で代用することに。 6.弱火で5~7分ほど蒸し焼きにする。 その後5分ほど火をとめて寝かせる。 「焦げてね~かな?」「大丈夫??」 いろんな雑念が頭をよぎるけど、じっと我慢。 チキンを取り出し、上から肉汁をかけて完成。

次の