安倍 マスク。 政府が配布するガーゼマスクのメーカーは?使わない場合は寄付もできる

安倍首相の主張「アベノマスクで在庫放出に成果」が怪しい訳

安倍 マスク

イメージ画像:「Getty Images」 安倍政権が各家庭にマスクを配る。 この緊急事態をマスクで耐えろと? 観光業や飲食業に倒産するところが出始めているのに、466億円もの費用をかけて? これには裏があるに違いないと誰でも思うだろう。 自民党が一枚岩ではなく、さまざまな主義主張や各界の利益を代弁する人たちの集まりであることは周知の事実。 もちろん反安倍派もいるが、その主張を簡単にいえば「アメリカに媚を売り、日本の中核技術や市場を売り渡す不届きな安倍一派は許せん」である。 日本がアメリカの言いなりであることは今に始まった話ではないが、イージス・アショアや次期主力戦闘機F35の大量購入など、いくらなんでも度を越しているというのが反安倍派の主張だ。 そんな反安倍一派の政策アドバイザーから聞いたのだが、今回のマスク配布の裏にどんな思惑があるのかといえば、旧郵政省からの天下り役人とアフラック(アメリカンファミリー生命保険会社)の救済なのだという。 アヒルのCMでよく目にするアフラックはアメリカ企業だが、売り上げの7割を日本で上げている。 しかも、アフラックには日本郵政が出資しており、株式の7%を取得している。 イメージ画像:「Getty Images」 小泉改革で行われた郵政民営化の狙いが、日本の保険市場にアメリカ資本が入るための布石だったことは当時から言われていた。 狙いは、かんぽ生命の持つ約74兆円の資産である。 実際、郵政民営化によって外資系の市場参入が容易になり、株式売買を通じて資産のいくばくかを収奪できるようになった。 そして2013年からアフラックと日本郵政は業務提携し、2019年には実質的にグループ会社化してしまった。 今やアフラックのがん保険は日本郵便とかんぽ生命保険が販売委託されており、アフラックは商品を作るだけで、営業も集金も日本側が行っている。 アメリカは日本郵政が持つ巨大な営業網を簡単に手に入れてしまったのだ。 アフラックとの提携は、これ以上の外資参入を防ぐためとの意見もある。 しかし客観的に見れば、現在の日本はがん保険市場の大部分をほぼ丸ごとアメリカに差し出してしまった状態だ。 極端に言えば、アフラックがストローになって日本の資産をアメリカに吸い上げている。 そのストローを国民に配っているのが日本郵政だ。

次の

アベノマスク“隠されていた1社”にさらなる疑惑! 安倍首相は逆ギレ、自分のマスクの有効性強弁も「漏れ率100%」の悲惨な実験結果|LITERA/リテラ

安倍 マスク

電機メーカーのシャープが生産を開始するなどマスクの国内製造の増産が進んでいる一方、急速な需要の拡大で店頭では品薄の状態が続いている。 対策本部での安倍首相の説明によると、3月中には全国の医療機関に1500万枚の医療用マスクを配布。 4月の第2週には追加で1500万枚を配布する予定だ。 高齢者施設、障害者施設、全国の小学校・中学校向けには布マスクを確保し、順次必要な枚数を配布する。 その上で、5月にかけて布マスクをさらに1億枚を確保するめどが立ったことから、4月の第2週に決定する緊急経済対策に、布マスクの買上げを盛り込み、全世帯に2枚ずつ配布することにしたという。 安倍首相も「世帯においては必ずしも十分な量ではなく、また、洗濯などの御不便をお掛けします」と述べていた。 また、布マスクの効果について疑問視する声も出ており、WHO(世界保健機関)も新型コロナウイルスに関して「綿やガーゼなどの布マスクは、どんな状況であれ勧めない」と文書で。 安倍首相は近く緊急経済対策をまとめると宣言しているが4月1日の、参院決算委員会で現金給付について「国民全員に一律に行うのではない」と。 そのため、現金の一律給付を期待していた人々を中心に、マスク配布に激しく反発する声が出ている。 ・モデルのゆきぽよさん 「その税金を現金で困ってる人にあげた方がプラスになる」.

次の

アベノマスク、安倍首相はどこで誤ったのか

安倍 マスク

興和株式会社• 伊藤忠商事株式会社• 株式会社松岡コーポレーション この3社にマスクを発注したと明らかになりました。 興和株式会社のプレスリリースにて中国で生産したマスクと発表がありました。 中国を中心とす る海外の生産協力工場を活用した布製マスクの緊急生産を推進してまいりました。 引用: また、他の製造メーカーについては厚生労働相から説明があったとのこと。 厚生労働省は23日の主要野党の会合で、全世帯配布が始まった布マスクの生産国について、 中国、ミャンマー、ベトナムと明らかにした。 受注した興和、伊藤忠商事、マツオカコーポレーションと生産国の関係に関しては「企業活動に関わるので答えは控える」と述べるにとどめた。 引用: 布マスクは「ガーゼマスク」のことで、 興和株式会社が製造するものが配布されるのではないか?という情報がありました。 興和株式会社のプレスリリースでも「 政府からの要請でガーゼマスクの取り扱いを推進する」と書かれています。 さらにテレビで報道されたのは、マツオカコーポレーションという衣料品製造メーカーが国から要請を受けてマスクの製造をされているという情報。 マツオカコーポレーションは広島にある衣料品のOEMをされている会社です。 布マスクのメーカーを公表していないのには訳があるのかもしれませんが、使用する側としてはどこで作られたものなのか知りたいなぁと思います。 興和株式会社は「三次元マスク」を販売しているメーカー。 三次元マスクの製造ラインとガーゼマスクの製造ラインは別になるので、 ガーゼマスクの製造を推進することで三次元マスクの製造には影響しないそう。 不織布製のマスクの生産も早く追いついてほしいですね・・・!.

次の