竜剣士 デッキ。 竜剣士(遊戯王OCG)

Dragoncleaver Roy

竜剣士 デッキ

デッキをより良くするためにコメント(何故ここを変えたのか説明するなど)をした上でさらに編集してください。 もし、自分の編集する内容に不安を感じる場合はコメントで議論した上で編集すると良いでしょう。 「ページ利用の際の注意事項」• 質問、意見をする場合には過去に出た話題でないか過去レスを参照すること• 「~は?」「~はいらない」だけではなく根拠や代替案も含めて意見すること• 内容の編集は議論終了後に議論の結果に基づいて行うこと メニュー• デッキ集• デッキ作成• プレイング• その他• 外部リンク• (コナミ公式)• ただし「各デッキの回し方」に回し方のページがある場合はリンクを貼る。 php? 攻守の歪な旅人爆竜狩りが本職。 ガン積み派は旅人鏖殺狙いの彼岸メタ要員。 一方ピン刺し派はEM竜剣士ミラー後手番時の展開阻害に用いる。 速攻魔法なのでブラック・ホールと違い相手番の動きを崩したりも 永続 闇の護封剣 生体防御札の無力化は月の書の仕事と似る。 向こうがヴェーラー回避X召喚妨害戦闘補助と小回りが利くのに対し、こちらは進撃下帝王や巡礼者すらも裏返す解決力が頼もしい。 罠 枚数 分類 名称 備考 通常 奈落の落とし穴 除外で再利用を封じる落とし穴シリーズの定番。 条件の都合から彼岸の悪鬼とマジェスペクター・ユニコーンは落ちてくれない 永続 虚無空間 EMも彼岸も真帝もこれ1枚でみんな沈黙 永続 生贄封じの仮面 対真帝戦最強の一手。 但し場の帝には手を付けられない。 決まると強いが素材制限がキツイ。 EM竜剣士オッドアイズが結果残してるし…あとは魔術師とかマジェ混ぜてる人も居るみたい -- 名無しさん 2016-03-27 13:18:32• ここももう終わりか……悲しいのう…… でも、オッドと魔術師を混ぜたら何とかなるかな…ならないか……そうですか… -- 名無しさん 2016-03-28 07:19:52• EM龍剣士「3月31日まで俺らが環境トップだ!」(涙目) -- 名無しさん 2016-03-28 12:03:34• 結構何とかなるんだけどな ペンデュラムのグッドスタッフみたいなもんで 環境が安定してないから、今はまだってところだけど -- 名無しさん 2016-03-30 10:15:58• 誰だEM竜剣士を殺したのは 誰だEM竜剣士を殺したのは -- 名無しさん 2016-04-01 00:29:49• コンマイ「僕だ!」 -- 名無しさん 2016-04-01 10:48:15• チェインって何と変えるんでしょうか? -- 名無しさん 2016-04-01 15:41:43• 兎EM竜剣士イグナイトマジェスペクターというハイブリッドデッキがワンチャン。 先攻でタイタニックギャラクシーとユニコーンとフレシアが普通に並ぶ。 流石にナチュビは無理だったけど…。 -- 名無しさん 2016-04-04 00:19:48• とりあえずテンプレを7月制限の入賞デッキに変更しました。 -- 名無しさん 2016-06-29 19:44:55• 規制されてからも使ってますが 他に使っていらっしゃる方いますか? -- 名無しさん 2016-06-30 12:42:20• 使ってますぜ マスケットいらんのかな -- 名無しさん 2016-06-30 13:48:19• 完全に環境から消えたよな 単純にガチデッカーが現環境デッキに移っただけってのもあるんだろうけどもう入賞するだけの力は無いのか? -- 名無しさん 2016-06-30 14:19:23• 効果使ってマスター、ベクターをS素材にした後 P召喚してさらに展開出来ますし -- 名無しさん 2016-06-30 17:04:57• 禁止刺さってからキツくなったデッキ代わりのカードも有るけどペンデュラムマジシャンの 制限が一番いたっかかな?ジョーカーとかのサーチカードが制限されて本当に悲しい -- 遊戯王評論家 2016-07-12 22:20:35• ここのイグナイト・ドラグノフのステータス違うね 海外では攻撃力1800の閃光の騎士がよく入ってるけど なんで日本はこれの代わりにイグナイト・ドラグノフなの? スケールは同じ7だし、攻撃力1700のイグナイト・ドラグノフは微妙に思えてくる -- 名無しさん 2016-07-28 01:15:16• 普通にドラグノフのP効果使いたいからじゃないの -- 名無しさん 2016-07-29 17:45:23• ただのバニラよりはまだエクストラ肥やせる可能性があるからな -- 名無しさん 2016-07-29 22:28:13• EM竜剣士って最も現在安定してるデッキですよねー -- 名無しさん 2016-08-07 19:38:15• EMって、魔術師型と竜剣士型どっちの方が安定してますか? 出来れば、理由もお願いします。 -- 名無しさん 2016-08-09 03:13:02• 竜剣士型だと沈黙入れる枠はないですかね -- 名無しさん 2016-08-16 22:23:16• オッドアイズに寄せたほうが安定するだろうな -- 名無しさん 2016-08-17 19:26:33• なんかアクセス伸びてる このデッキは新ルールではどうなんでしょう? -- 名無しさん 2017-07-05 21:31:55• なかなか入ってるカードがいろいろ奥ゆかしいですね -- 名無しさん 2017-11-27 21:39:54• バニラ竜剣士が3枚ずつ入ってるとは・・・。 真マスターPを入れたくなるなぁ。 -- 名無しさん 2018-08-05 20:38:42• 竜呼・予想外入れてドラグノフ成金抜こう -- 名無しさん 2019-09-22 20:33:34• 竜呼相打つ無制限だぞ -- 名無しさん 2019-12-31 12:35:01 名前: コメント:.

次の

【魔術師デッキ】優勝デッキレシピや回し方,相性の良いカードを考察! |2019年10月新制限

竜剣士 デッキ

アモルファージの初動を安定させるべく竜剣士を採用しました。 アモルファージはPゾーンで発動する様々なメタ効果を持ち、フィールドではエクストラ封じの共通効果を持ちます。 Pゾーンで最大2種類のメタ効果を適応させ、フィールドではエクストラ封じを適応させる事で、相手の動きを止めながらライフを削っていきます。 アモルファージのP効果・モンスター効果をいかに早く適応させ、途切れずに維持させるかが鍵となります。 強みである、メタも強力なメタを持ったモンスターは、このコンセプトだと活かす事が出来ないので、アモルファージである意味が薄い。 適応させやすいEXメタも帝で同等の事が可能で、帝の方が、お手軽である。 以上の理由から、このデッキは へと生まれ変わった。 永続魔法のような使い捨てで使用する事になりますが、後続のアモルファージがPゾーンにあるときにコスト要員としてフィールドにP召喚すら出来ない点があり、下級アモルファージは星4に統一する事にしました。 《アモルファージ・プレスト》はアモルファージモンスターの星4を極力多くするため、3積みにしました。 スケールバランスを考慮して《アモルファージ・ノーテス》を《アモルファージ・イリテュム》に変更しました。 《虚竜魔王アモルファクターP》は召喚できる回数よりも手札で腐っている事が多い為、不採用となりました。 《神風のバリア -エア・フォース-》はデッキの弱点である手札からの高打点モンスターに対して、デッキに戻す方が有効な為《波紋のバリア -ウェーブ・フォース-》に変更し、2積みにしました。 《神の通告》《神の通告》は《アモルファージ・キャヴム》による制限下で《緊急脱出装置》の方が小回り利くため不採用になり、《緊急脱出装置》を2積みにしました。 下級アタッカー。 アモルファージモンスターでFSXすることは殆ど無いので、《アモルファージ・インフェクション》や《アモルファスP》でステータス上昇し、重要なアタッカーとなります。 《アモルファージ・オルガ》 3積み。 《アモルファージ・ヒュペル》と同じくアタッカー。 P効果はリリースを封じるので、スケールとしても出番が多いですが、自分のスタンバイフェイズ時にフィールドのモンスターがアモルファージ以外のモンスターしか残っていない場合、コストを払えず自壊します。 また、上級モンスターをアドバンス召喚する際も、アモルファージ以外のモンスターはリリース出来ません。 《アモルファージ・キャヴム》 3積み。 主にディフェンダー。 素の防御力でも下級モンスターには突破されにくいです。 P効果はチェーンを封じますが、自分のカードにも影響するので注意が必要です。 《アモルファージ・プレスト》 3積み。 《アモルファージ・キャヴム》と同じくディフェンダー。 P効果は罠を封じますが、自分のカードにも影響するので注意が必要です。 《アモルファージ・イリテュム》 3積み。 スケールバランスを考慮しています。 P効果はアモルファージ以外のカードを《マクロコスモス》です。 星8の最上級モンスターなのでP召喚は出来ません。 《アモルファージ・ノーテス》と同じく、必要に応じてスケールにするか召喚するか選択します。 《竜剣士ラスターP》 3積み。 アモルファージだけではスケール確保・P召喚が困難な場合に活躍してくれます。 《アモルファージ・インフェクション》 3積み。 アモルファージをサーチし、アドバンテージを稼いでくれます。 ステータス上昇効果も下級メインで戦闘する事が多いので、重要なカードです。 《アモルファスP》 3積み。 追加ドローでアドバンテージを稼いでくれます。 ステータス上昇効果も下級メインで戦闘する事が多いので、重要なカードです。 《アモルファージ・ルクス》のP効果適応中の場合は発動出来ません。 《竜呼相打つ》 3積み。 初手の安定性を上げるため、竜剣士・竜魔王を呼び込みます。 主な対象は《竜剣士ラスターP》になります。 《アモルファージ・ルクス》のP効果適応中の場合は発動出来ません。 《揺れる眼差し》 1積み。 竜剣士をPゾーンに張った後、自分で破壊する事が出来ない為。 自分のPゾーンを破壊する必要がある場合、若しくは相手のPゾーンを破壊する為に使用します。 エクストラデッキ 《剛竜剣士ダイナスターP》《爆竜剣士イグニスターP》《昇竜剣士マジェスターP》以外は汎用モンスターです。 エクストラデッキ 相手に合わせてアモルファージモンスターを変更します。 備考 《竜剣士ラスターP》について 《竜剣士ラスターP》の基本ですが《竜剣士ラスターP》と星4スケール3のアモルファージが手札にあれば、とりあえずアモルファージのP効果1種類とフィールド効果を適応させる事が出来ます。 適応中でない場合は竜剣士・竜魔王・アモルファージを同時にP召喚出来ます。 《アモルファージ・キャヴム》のP効果適応中について 採用していませんが、《奈落の落とし穴》等の召喚成功時に発動する効果は、相手の召喚したモンスターに相手が召喚成功時に発動する効果がある場合は、自分は《奈落の落とし穴》等の効果を発動する事が出来ません。 《波紋のバリア -ウェーブ・フォース-》等の攻撃反応型は、相手モンスターの攻撃宣言時は相手に優先権がある為、相手が効果を発動した場合は、自分の《波紋のバリア -ウェーブ・フォース-》等の効果を発動する事ができません。 また、巻き戻しが起こった場合も攻撃宣言時のタイミングはありません。 因みに、攻撃反応型ではなくフリーチェンの効果であればバトルステップ終了前のフェイズ移行タイミングで発動する事ができます。 自分モンスターの攻撃宣言時に《急脱出装置》等の効果を発動する事で、相手の攻撃反応型を恐れず確実に攻撃を通す事も可能です。 Easily, the post is really the greatest on this laudable topic. I concur with your conclusions and will thirstily look forward to your future updates. Saying thank will not just be sufficient, for the wonderful c lucidity in your writing. I will instantly grab your rss feed to stay privy of any updates. Solid work and much success in your business enterprise! You can connect XEvil 3. Interested? There are a lot of introducing videos about XEvil in YouTube. You read it — then IT WORKS! Good luck 😉 XRumer201708• You can connect XEvil 3. Interested? There are a lot of demo videos about XEvil in YouTube. You read it — then IT WORKS! See you later 😉 XRumer201708• You can connect XEvil 3. Interested? You can find a lot of impessive videos about XEvil in YouTube. You read it — then IT WORKS! See you later! XRumer201708• You can connect XEvil 3. Interested? You can find a lot of introducing videos about XEvil in YouTube. You read it — then IT WORKS! See you later 😉 XRumer201708• You can connect XEvil 3. Interested? There are a lot of introducing videos about XEvil in YouTube. You read it — then IT WORKS! See you later! XRumer201708• You can connect XEvil 3. Interested? You can find a lot of introducing videos about XEvil in YouTube. You read it — then IT WORKS! Good luck! XRumer201708• You can connect XEvil 3. Interested? You can find a lot of introducing videos about XEvil in YouTube. You read it — then IT WORKS! See you later 😉 XRumer201708• You can connect XEvil 3. Interested? You can find a lot of introducing videos about XEvil in YouTube. You read it — then IT WORKS! Good luck! XRumer201708• You can connect XEvil 3. Interested? You can find a lot of introducing videos about XEvil in YouTube. You read it — then IT WORKS! Good luck 😉 XRumer201708• You can connect XEvil 3. Interested? You can find a lot of demo videos about XEvil in YouTube. You read it — then IT WORKS! See you later! XRumer201708• You can connect XEvil 3. Interested? You can find a lot of demo videos about XEvil in YouTube. You read it — then IT WORKS! Good luck! XRumer201708• You can connect XEvil 3. Interested? There are a lot of demo videos about XEvil in YouTube. You read it — then IT WORKS! See you later! XRumer201708• 0 XEvil 3. 0 is a revolutionary application that can bypass almost any anti-botnet protection. Captcha Recognition Google, Facebook, Yandex, VKontakte, Captcha Com and over 8. 4 million other types! You read this — it means it works! 😉 Details on the official website of XEvil. Net, there is a free demo version.

次の

【遊戯王/竜剣士デッキ】及び竜魔王モンスター+サポート11枚【Dracoslayer deck】

竜剣士 デッキ

魔術師デッキが2019年の環境下においても優勝!採用カードの変更と回し方や相性の良いカードをご紹介! 遊戯王 環境情報コーナーです。 魔術師デッキが新制限下の中でも優勝したという事で、今回は魔術師 デッキの回し方・動かし方・相性の良いカード。 制限になってしまった魔術師において何が変更されたのかを考察していきます。 「 遊戯王2019年環境コーナー!2019年以降の1月第一弾特集は魔術師デッキの優勝デッキと回し方・相性の良いカードの振り返りです。 また、採用カード等の変更について色々と考察&紹介していきます。 大会情報等は、IZAZIN様より引用許可を頂きました。 現状魔術師は2018年から様々なカードが制限下に置かれても活躍し続けるカテゴリーその裏にはリンクモンスターや数々の強力なカードの存在がありました。 特に魔術師デッキって何か規制されたとしても『オッドアイズ』『EM』『竜騎士』等のカードの出張が行われるので恐らく思いっきり規制がかかったとしても中堅以上で活躍し続けるデッキになるのは言うまでも無いでしょう。 実際、《》等のカードは採用されることも多く環境デッキにおいてもその代わりを務めるのに十分な性能なカードも多く代用可能なカードの存在も多いのが特徴。 魔術師デッキって言わばコピー効果を持つカードの存在もありますし種族変化なんかもお手の物。 また破壊効果もタイミングを選ばず打てるカードの存在なんかもあって『まだまだ中堅以上の実力を持っているデッキ』と言っても良いとは思っています。 友人の推しカードはコレらしいですけど、なんかソーサレスの流れでドラゴンを指定してそのまま出せるって喜んでたのもありましたね。 さて、そんな中でこの4枚の内新制限で複数枚採用したい程輝くカードはどれでしょう?ですの。 答えは下に書いておきますわよ」 魔術師デッキの効果をおさらい 《効果一覧》 「魔術師デッキの中心核となる存在の多くが制限となってしまった以上展開や構築においての爆発力は失ってしまいますが、そのカードプールの多さから制限になったとしても問題なく動いているというのが現状のようです。 まず大きな違いがあるとすれば《》の制限ですが、この問題も簡単に解決出来てしまうという事態になっています。 1 :このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。 デッキからPモンスター1体を選び、自分のEXデッキに表側表示で加える。 2 :1ターンに1度、このカード以外の自分フィールドの 表側表示のカード1枚を対象として発動できる。 そのカードを破壊する。 その後、自分のEXデッキから表側表示のPモンスター1体を手札に加える。 3 :自分のPゾーンのカードがフィールドから離れた場合に発動する。 自分はデッキから1枚ドローする。 購入はこちら>> 「まぁ考えてみるとコッチの型の方が優秀というのも理解が出来ます。 と言うのも、元々現在の魔術師デッキは『《》のコピーでもカウンターを狙える存在』がいるというのを忘れてはいけないと実感しました。 という訳で先ほどの答えは、《》です。 正直なところ、《》の汎用性が以上に高くエレクトラムかヴェノムのどちらかが禁止か制限になるまでこの強さは続くような気もします」 「しかしながら、実際エレクトラムが制限になったという事実は本当に痛いと思いますの。 《》でいくらエレクトラムの効果をコピーして補うとは言え単純に《》を出してもリンクマーカー先は広がらず後攻であれば誘発や異次元・さくらでシャットアウトされてしまえば止まりますので使いどころは慎重に選びたいですわよ」 「そこなんですよね。 実際に《》を複数枚採用するスタンスが皮肉ながら出来てしまった事もある一方で、そもそも制限になったとしても エレクトラムの効果で制限カードの《》はEXデッキに送れてしまうという利点があります。 【モンスター効果】 このカードはEXデッキからの特殊召喚はできず、このカードを融合・S・X召喚の素材とする場合、他の素材は全て「魔術師」Pモンスターでなければならない。 このカード名のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できない。 1 :このカードが手札からのP召喚に成功した時に発動できる。 デッキから「調弦の魔術師」以外の「魔術師」Pモンスター1体を守備表示で特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、フィールドから離れた場合に除外される。 1 :自分メインフェイズに発動できる。 このカードを破壊し、手札・デッキから「星読みの魔術師」1体を選び、 自分のPゾーンに置くか特殊召喚する。 【モンスター効果】 1 :自分フィールドのカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。 このカードを手札から特殊召喚する。 その後、このターンに破壊されたモンスター1体を選び、 その同名モンスター1体をデッキから手札に加える事ができる。 2 :フィールドのこのカードを除外し、自分の手札・フィールド・墓地から、 「ペンデュラム・ドラゴン」「エクシーズ・ドラゴン」「シンクロ・ドラゴン」 「フュージョン・ドラゴン」モンスターを1体ずつ除外して発動できる。 「覇王龍ズァーク」1体を融合召喚扱いとしてエクストラデッキから特殊召喚する。 購入はこちら>> 「さて、魔術師デッキの制限となってしまった《》や《》。 実際に制限となってしまったのは非常に痛手で、回収やアドを取る部分が非常に脆い上に回収やサーチ部分において選択する必要が出てきてしまったというマイナス面が多いです。 なんと言っても、《》がチューナーである事もありハリファイバーのアクセスが非常に厄介になる事となりました。 この部分をどう補うかが課題だと感じていましたが サーチやサルベージが多い魔術師においてはケアがしやすいので致命的ではなかったり。 最初の手札やサルベージ先は選びますが、遊戯王というTCGは「 マナやエネルギーなどの不確定な場所にカードが飛ばない」という部分が追い風すぎて確実に手中に加えられる手段があるのが問題かなぁ」 「実際問題、エレクトラムとスターヴのコピーがおかしいのもあるのですが、魔術師デッキの基本コンセプトは9期そのもので『グルグルと回してアドを取る』分止めるほうとしても複数の誘発で対抗するしかないというのが現状なんですわよね」 「まぁ、調弦の魔術師等の動きはハリファイバーに繋がるのでマスト・カウンターとして止めておきたい気持ちはあるものの 『調弦が出る=他にも展開出来る術がある』のと一緒なのが辛い所でしょう。 その代わり、サーチや置くカードの数が多くなってしまったので魔術師デッキでのプレイングや何が必須なのかを選択しておく必要が出てきましたわね」 「そうですね。 なんせ魔術師のメインの動きがまだ消えてないってのが大きいです。 《》から各種魔術師のP効果を駆使してアドを稼ぐって戦法もまだ出来ます。 ここから何をサーチするのかって話ですが、普通に《》や《》に繋げるのが基本でもありますよね。 知っての通り、エレクトラム等の効果や破壊効果でアドを稼ぐ上で重要な二枚ですので是非とも双方採用しておきたいカードでもあります」 「制限になってしまったというのもありますけど、慧眼の効果は『スケールを選べる』のも注目したいポイントですわよ。 特に現在はスケールの調整も難しかったのでココは非常に朗報ですの」 「基礎に立ち戻ったときにもスケールとPスケールを弄れるって重要と気づかされますよねー。 特に次の制限改訂で慧眼がやられてしまうと正直かなり動けなくなってしまうのでちょっと考えたい所。 このターンそのモンスターが相手モンスターとの戦闘で相手に与える戦闘ダメージは倍になる。 その後、このカードを破壊する。 【モンスター効果】 このカードはルール上「ペンデュラム・ドラゴン」カードとしても扱う。 1 :このカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。 デッキから「ペンデュラムグラフ」カード1枚を手札に加える。 購入はこちら>> 魔術師デッキの優勝デッキをご紹介! その1 ブックマーケット東金沢店です 本日の遊戯王非公認大会優勝の「ひろ」さんな「魔術師」デッキです。 その裏で様々なカードの採用が見受けられたので1つずつ確認していきましょうか!」 魔術師デッキの枠を埋めるためのキーパーツたち。 その1 採用による採用による【竜剣士魔術師】 「まず注目したいのは《》を採用した魔術師デッキのタイプが増加した事です。 元々の相性の良さは『昔の環境で流行した竜剣士魔術師』を知っている人ならご存知の組み合わせ。 魔術師のパーツの空きが増えた事でこのカードもなんなく入る事が出来るようになりましたね。 このカードの活用は主にPスケールに配置する事で『Pスケールのカードを破壊できる』事。 エレクトラムの効果を使わずに魔術師を破壊できるスケール5と言う有用性は見逃せません。 《》や《》の二枚を破壊してしまい効果を発揮する以外にも 《デュエリスト・アドベント》、《超天新龍オッドアイズ・レボリューション・ドラゴン》でサーチ出来るカードというのも特徴でしたね」 「枠の空きの他にスケールの優秀さも見逃せない1枚となっていますわね」 「便利な点はそこだけじゃなくて『スケールをどかせる』のも注目したいですね。 回収効果を使い切った魔術師等のカードを使いつつ動ける面もポイント。 その2 を採用した【覇王魔術師】 「そして再び注目されているのが《》。 このカードは召喚・特殊召喚時に覇王門というカードを手札に加える事が出来る効果を持っていて、墓地からの蘇生を自力で出来る他に ペンデュラムスケールで設置してもレベル4は特殊召喚出来るのがものすごくマッチしてるんですよね。 一時期魔術師デッキでは【EM魔術師】にデッキがシフトチェンジされていましたが、今回の制限からカード枠が空いたためにそのまま採用できるという部分に繋がっております。 デッキから「覇王門」Pモンスター1体を選び、自分のPゾーンに置く。 この効果の発動後、ターン終了時まで自分は闇属性モンスターしかP召喚できない。 【モンスター効果】 「覇王眷竜ダークヴルム」の 1 2 のモンスター効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。 1 :このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。 デッキから「覇王門」Pモンスター1体を手札に加える。 2 :このカードが墓地に存在し、自分フィールドにモンスターが存在しない場合に発動できる。 このカードを墓地から特殊召喚する。 購入はこちら>> 「また、採用枠に《》を採用している場合も増えているはずです。 この理由は《》を採用しているので「レベルが1でもP召喚が出来るようになっている」事が理由に挙げられますね。 これによりレベル1の《グローアップ・バルブ》なんかも一緒にペンデュラム召喚が出来る他にエクシーズ・リンク。 ハリファイバーへのアクセス等数え切れないほどの展開が可能になっているのが特徴です。 2 :1ターンに1度、もう片方の自分のPゾーンに「覇王門無限」が存在する場合に発動できる。 自分のPゾーンのカード2枚を破壊し、 デッキから「融合」魔法カードまたは「フュージョン」魔法カード1枚を手札に加える。 【モンスター効果】 1 :1ターンに1度、このカード以外の自分フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。 そのカードとこのカードを破壊し、ドラゴン族の融合モンスターまたは ドラゴン族のSモンスター1体をエクストラデッキから特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したモンスターの攻撃力・守備力は0になり、 効果は無効化され、S・X召喚の素材にできない。 2 :モンスターゾーンのこのカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。 このカードを自分のPゾーンに置く。 1 :このカードが墓地に存在する場合に発動できる。 自分のデッキの一番上のカードを墓地へ送り、 このカードを墓地から特殊召喚する。 購入はこちら>> 「実はこれで《》《》《》《》を入れるだけで従来の魔術師デッキの枠が空いている部分が補填されてしまうんですわよね」 「それね。 という訳で魔術師デッキはまだ現役としてやってはいけそうです。 魔術師デッキの根幹はエレクトラムで補強されている面は強いですが、スターヴのコピー効果によるサポート、 魔術師自身のシナジーの豊富さから9期のインフレがまだ残っているなぁという印象も受ける昨今。

次の