とろサーモン久保田 暴言内容。 とろサーモン久保田さんら謝罪 上沼恵美子さんへの暴言:朝日新聞デジタル

上沼恵美子、とろサーモンを“公開処刑”…久保田、各局が起用自粛で芸人生命に終止符か

とろサーモン久保田 暴言内容

とろサーモン・久保田かずのぶ とろサーモン・久保田かずのぶとスーパーマラドーナ・武智が2日の『M-1グランプリ2018』(テレビ朝日系)終了後に、審査員を務めた上沼恵美子に対する暴言をネット動画で配信した問題が、深刻な余波を広げている。 新星・霜降り明星の戴冠で今年の『M-1』が幕を閉じ、日付が変わった3日未明、武智が自らのインスタライブで飲み会の様子を配信。 酒に酔った様子の久保田が「酔ってるからっていうのを理由に言いますけど」と切り出し、言葉を選びながらも上沼の審査を痛烈に批判。 武智が合いの手を入れるように「右のオバハンにはみんなうんざりですよ」「更年期障害かって」と続けた。 飲み会には同番組に出演していた和牛・水田信二、ギャロップ・林健、かまいたち・濱家隆一も同席していた。 今回の暴言騒動について、お笑い関係者が語る。 「久保田と武智、林の3人は大阪NSC22期生の同期ですし、水田と濱家も、長く関西の劇場で同じ釜の飯を食ってきた仲間ですから、気持ちはわからないでもありません。 飲み会でクダを巻くのもいいですが、ネットで配信してしまったのは、あまりにも筋が悪い。 上沼さんは常々『M-1の審査員をやりたくない』『松本(人志)の依頼だから』と口にしていましたから、彼らは松本の顔に泥を塗ったことになりますよ」 上沼は後にラジオで審査員からの引退を宣言。 「むしろ(現役の漫才師として)出たい」とユーモアにしてみせたが、内心は穏やかではないだろう。 だが、事態は上沼の引退と2人の謝罪だけで済みそうもない。 「久保田は単なる先輩芸人ではなく、昨年の王者。 つまり、『M-1』を象徴する存在としての振る舞いが求められる立場です。 くしくも『M-1』の過去と未来を担う芸人たちが揃って映り込んでしまいました。 番組全体に遺恨を残すことになりますよ」(同) さらに、影響はスポンサー筋にも広がりそうだ。 看板商品である『ストロングゼロ』を飲みながら、千鳥の2人が決勝進出メンバーに話を聞くというスタイルですが、この配信の中で久保田以外の面々がゴクゴクとストロングゼロを飲むシーンが、しきりにアピールされました。 久保田らが『酒に酔って』と今回の舌禍について釈明すればするほど、SUNTORYのアルコール飲料に対するイメージが悪くなるという構図です。 SUNTORYがスポンサーを降りれば、来年以降『M-1』の開催が危ぶまれる可能性も少なくありません」(同) 松本人志の意向と、大スポンサーの去就。 来年のM-1開催には、2つの不安要素が大きく横たわることになった。 ちなみに配信中、水田は先輩たちの尻馬に乗ることなく終始苦笑いを浮かべ、濱家は顔を伏せている。 主な発言者は久保田と武智、林という、すでにM-1出場資格のなくなった3人だった。

次の

とろサーモン久保田・スーマラ武智“上沼恵美子に暴言”の深刻余波「M

とろサーモン久保田 暴言内容

M-1グランプリ審査員の上沼恵美子に対し、「とろサーモン」久保田かずのぶと「スーパーマラドーナ」武智が暴言を吐いた件が終わりを見せないようだ。 二人は11月2日に放送されたM-1グランプリの終了後、インスタライブの生配信にて上沼の審査内容を痛烈に批判。 しかし配信直後から非難が殺到し、4日にはツイッターで全面謝罪に至っていた。 この件を巡っては、上沼が関西お笑い界の重鎮であることから、「二人とも干されるぞ」といった声があがっている。 だが世の女性たちも、スーマラ武智が発した言葉に怒りが沸騰しているというのである。 女性誌のライターが憤りを隠せない様子で指摘する。 「お笑いに興味のない人たちにとっては、二人が上沼さんをどう批判しようと『内輪の揉め事』に過ぎません。 しかし武智の発言は上沼さん批判を超えて、全女性に対する侮辱となっていました。 しょせん男性はこの程度の認識なのかと、怒りを通り越して悲しくなるほどです。 問題のインスタライブで武智は「右のおばはんや、右のおばはんにはみんなウンザリっすよ」と上沼を標的に。 そのうえで、「(上沼から)『嫌いです』って言われたら、更年期障害かと思いますよね」と言い放っていた。 それは若い女性がイライラしていたら『あの日なの?』と訊く無神経さと一緒で、明らかなハラスメント。 女性の感情表現を、女性特有の症状のせいにする性差別の典型ですね。 こういう暴言を口にする人は、年配男性から批判されても『勃たないからイライラしてるんだろ』とは言わないもの。 暴言の根底に女性への差別心があるのは明らかで、武智は上沼さんやM-1関係者だけにではなく、すべての女性に対して自分の無知を謝罪すべきです」(前出・女性誌ライター) 武智は結婚しており、子供もいる身だ。 もし自分の妻が更年期障害などを理由に批判されたらどう思うのか。 武智はあらためて、自分の発言がもたらす影響を実感すべきかもしれない。 (白根麻子).

次の

とろサーモン久保田、上沼“批判騒動”後も陰で別の人を批判…反省の色なし

とろサーモン久保田 暴言内容

とろサーモン久保田の上沼恵美子へ暴言の内容や松本人志の対応は? とろサーモン久保田さんが上沼恵美子さんへどのような暴言をされたのか取り上げていきたいと思います。 とろサーモン久保田さんはスーマラ武智さんとともに上沼恵美子さんに対して 「クソが」「更年期障害かと」 などという言葉を発したようです。 少し一般的な感覚では考えられないような内容ですね。 その後、とろサーモン久保田さんは、 この度は私の不徳の致すところで、上沼恵美子さまに失礼極まりない言動をしてしまい申し訳ございませんでした。 今後は二度とこのような事がないよう深く反省しお詫び申し上げます。 とツイートされました。 また、スーパーマラドーナ武智さんも 昨日の僕の醜態について、上沼恵美子さん、 M-1に携わる方々、すべての方々にお詫びしたいです。 申し訳ございませんでした。 とツイートされました。 騒動の発端となったのは、とろサーモン久保田さんと武智さんがM-1 2018の終了後に行ったインスタグラムの生配信です。 2017年のm-1覇者だったとろサーモン久保田さんはかなり酔っぱらっていた様子で、 「自分の感情だけで審査せんとってください」「1点で人の一生変わるんで」 とコメントされ、 武智さんも、 「右のおばはんや、右のおばはんにはみんなうんざりっすよ」「嫌いですって言われたら、更年期障害かと思いますよね」 とコメントされました。 一般的な感覚では少し考えられないような言い方ですね。 よほど上沼恵美子さんの審査に不満があったのでしょうね。 当然と言えば当然でしょうね。 「M-1を台無しにしましたね」「実力不足を審査員のせいにして負け犬の遠吠え」「ただただダサい」「謝罪したからと言って発言したことは消えません」「上沼さんの番組にもゲスト出演してるのに関わらず、恩を仇で返すのは芸人として失格やな」 というような言葉が集まりました。 不満があるのは仕方がないかもしれませんが、いい方には気を付けないといけませんね。 この騒動についてダウンタウンの松本人志さんは、 「彼らは何より勉強不足ですよね。 上沼さんという人がどれだけの人か、本当にわかっていない。 勉強不足だし、勉強が不足しているということすら勉強できていない」 と少し厳しめに叱責されました。 松本人志さんもおそらく上沼恵美子さんへの言い方に不満があったのでしょうね。 とろサーモン久保田の現在について とろサーモン久保田さんの現在の活動についてですが、テレビでの露出は少なくなっており、舞台で第一線で活躍しておられます。 もしかしたら、上沼恵美子さんへの暴言の騒動でまたテレビに出にくくなったのかもしれません。 年上の大御所の方を批判するのは芸能界ではしてはいけないことなのでしょうね。 一度不祥事を起こすと芸能界ではかなり厳しいので、気を付けないといけませんね。 とくに現代社会は、インターネットですぐに広まり、ユーチューブなどになると半永久的に証拠が残ってしまうので気を付けないといけませんね。

次の