石原 裕次郎 銀座 の 恋 の 物語。 映画「銀座の恋の物語」ネタバレあらすじと結末

銀座の恋の物語

石原 裕次郎 銀座 の 恋 の 物語

本曲は1961年1月14日に公開された日活映画「街から街へつむじ風」(石原裕次郎主演)の挿入歌として使用されたものであり、公称300万枚を超える大ヒット曲となった。 現在でもカラオケなどにて定番のデュエット曲として愛唱されている。 1962年3月に上記を主題歌とする同名の日活映画 「銀座の恋の物語」が公開された。 デュエット曲「銀座の恋の物語」は1961年にテイチクより発売。 映画「銀座の恋の物語」は1962年3月4日に公開された歌謡メロドラマ。 石原裕次郎と浅丘ルリ子による、和製恋愛映画の古典的作品である。 少し寒 ClickTravelにようこそ! 今回紹介するのは、ご当地ソングの歌碑と尋ねる旅の第二弾! 昭 ClickTravelにようこそ!荒幡富士今回紹介するのは、お手軽富士登山。 と言っても、富士塚です。 ClickTravelにようこそ!今回紹介するのは、ご当地ソングの歌碑と尋ねる旅の第九弾!演歌界のア ClickTravelにようこそ! 今回紹介するのは、招き猫に纏わるところを紹介します。 広範囲 ClickTravelにようこそ! 今回紹介するのは、ご当地ソングの歌碑と尋ねる旅の第50弾! ClickTravelにようこそ! 今回紹介するのは、ご当地ソングの歌碑と尋ねる旅の第34弾!.

次の

石原裕次郎&八代亜紀 銀座の恋の物語

石原 裕次郎 銀座 の 恋 の 物語

解説 「アラブの嵐」の山田信夫と、「男と男の生きる街」の熊井啓が共同で脚本を執筆、「メキシコ無宿」の蔵原惟繕が監督した歌謡メロドラマ。 撮影もコンビの間宮義雄。 1962年製作/93分/日本 原題:The Love Story of Ginza 配給:日活 ストーリー 伴次郎はジャズ喫茶のピアノひきの宮本と一つ部屋を仕切って同居する絵かきで、「銀座屋」の針子秋山久子を愛していた。 次郎と宮本は苦しい生活の中で助けあった。 次郎は久子の肖像画作成に没頭した。 一方宮本はバーテンたちの企みで、クラブをクビになってしまった。 次郎は久子と結婚するために信州の母のところへいくことになった。 田舎いきのため、次郎は今まで売ろうとしなかった久子の肖像画を春山堂に売り払った。 出発の日新宿へ見送りにいった久子は、横からとびだした車にはねられてしまった。 久子は事故現場から姿を消したままになっていた。 次郎にはやけ酒の日が続いた。 ある日宮本のピアノをひきあげにきた月賦屋を次郎と宮本は悪酔いが手伝って殴り、留置所にいれられた。 次郎と宮本が釈放されて帰ってみると、二人の家は消えてなくなり、「銀座屋建築用地」の立札。 宮本は憤り、次郎のとめるのもきかず、何処かへきえ去った。 幾週かがすぎ次郎は久し振りで宮本にあった。 宮本は豪華なアパートに住み、次郎の描いた久子の肖像画をもっていた。 宮本の部屋からでた次郎はデパートに流れる久子の声を耳にした。 久子は記憶喪失症になっていた。 次郎は久子の記憶回復につとめ、二人の記憶がつながる肖像画を買いとりに、宮本の所へ行ったが彼は絵を手ばなさないといった。 その時電話がなり、宮本は蒼然と外へとび出していった。 彼は偽スコッチ製造の主犯だった。 彼はひそかに久子をおとずれ、例の肖像画をおいて、そそくさとでていった。 会社のご高齢の重役が夜のお店で綺麗なお姉さんとデュエットする曲で有名です もしかしたらカラオケの画像に本作が使われているものもあるかも知れません 歌はもちろん石原裕次郎、ラストシーンで初めて女性パートの歌が入りますが、これば浅丘ルリ子ではなく、樹理役の牧村旬子です レコードでは彼女が歌っているので、配役されたと思われます 台詞も出番も何回とあってそれなりに丁重に遇されています 浅丘ルリ子は歌いません その代わり江利チエミが出演しており、ステージシーンや挿入歌を歌ってくれます 歌唱力は圧巻です 主題歌はタイトルバックとラストだけでなく、序盤に短いものが何度もはいるだけでなく、おもちゃのピアノで弾いてみたり、様々なアレンジで劇伴で使われており始終流れています ベタベタのラブストーリーで突っ込みどころ満載ですがこれでいいんです! 泣きました 石原裕次郎 28歳、浅丘ルリ子 22歳の姿です 石原裕次郎は流石にスターのオーラが半端なくまるでステージのスポットライトを常に浴びているかのようです ただ浅丘ルリ子はまだオーラを発ししきれていません 鷲と鷹の時の17歳の可憐な少女から、大人の女性への脱皮のまだ途中という印象です 記憶喪失の治療を受ける医師が、本作の13年後に寅次郎相合い傘で車竜造として、浅丘ルリ子が当たり役のリリーさん役と共演することになるのも面白いです いかにリリーさんが浅丘ルリ子を個性を反映していた役であったのかがよく分かります 1962年の銀座 銀座がまだ若者の街だった時代 銀座4丁目交差点や松屋、日劇は分かりますが、後はもう変わりすぎてどこがどこやら 三愛ビルはまだ建設中でした しかし古い洋画の中のNY に少し似ています 主人公の伴 次郎と宮本の住むボロアパートは何となく、巴里のアメリカ人でのジーンケリーのアパートを思わせます 重要な小道具の久子をモデルにした肖像画が浅丘ルリ子に良く似ていてなかなか上手い絵でした 衣装もさすが銀座が舞台、垢抜けています テレビ大阪での石原裕次郎三十三回忌追悼放送を録画したものを鑑賞。 名曲「銀座の恋の物語」をモチーフとしたメロドラマ。 ストーリーは若干最近の韓国ドラマを彷彿とさせるものでしたが 恋人の失踪、記憶喪失 、普遍的な恋愛、挫折、再起、幸福の要素がきちんと押さえられていて、安心して観ていられました。 石原裕次郎はやっぱりスター。 オーラが違う。 佇まいが違う。 それに、何をやっても絵になるんだからなぁ、これが! 笑 それに華を添えるのが浅丘ルリ子。 なんとお美しいのでしょうか…思わず溜息が出ました。 大々的なものは無くなりましたが、テレビやDVDなどを通して、フィルムに焼き付けられたその姿をいつでも偲ぶことができる…ありがたい環境ですなぁ…。 リアルタイムの世代では無いですが、彼が出演した多くの作品に触れることで、その魅力は全く色褪せていないなと、その度ごとに実感させられます。 それは本作を観てもしかり。 類い希なるスター性を兼ね備えた俳優というのは、今後出て来ないんじゃないかなと思う今日この頃であります…。 ネタバレ! クリックして本文を読む このタイトルの歌はテレビでもよく流れていって今でも有名だと思うが、NHKBSプレミアムで録画して、映画は初めて観ている。 私が生まれる5年前。 この文章を書いている55年前の映画ということになる。 私が生まれる前。 私はそれから今まで、いくつもの分岐点があったはずだが、光り輝いてきたとは言い難い人生を送ってしまった。 そんなことを言えば今の周辺に失礼だが、こうした映画の内容にしても、よくみれば主人公にしても、デザイナーの日々の仕事での苦労話から始まるが、交際相手は庶民的なミシンで服を製造する工場の工員である。 主人公は石原裕次郎、ヒロインには浅丘ルリ子、裕次郎の友人の音楽家にジェリー藤尾。 江利チエミが小唄のような歌をジャズに乗せて歌うシーンがあるが、こうした無国籍的な感じがこの頃だったのか。 ヒロインが劇場のライトで、空襲を思い出したといって気分が悪くなるシーンがある。 昭和37年だが、その当時の若者の子供の頃に戦争体験があったような時期であったのか。 戦争の影がこの映画にも引きずられていたのか。 テレビが進出する時に、アナログな絵を描き続けたいという信念を持つ青年が主人公と言うことか。 その後、ネットまで現れる予想はこの頃は無かっただろうが、テレビという新しい情報発信する場所が大きな影響をこうした人達の仕事にも影響を与えていったか。 露骨な描写はみせないが、婚外交渉している事前事後のような描写があり、ここら辺が日活がロマンポルノに行ってしまう予兆があるのかどうか。 主人公は自分自身でデザインをしていたが、デザイン会社にスカウトされ、渋っていたが入社する。 江利チエミのミュージカル風の出番がけっこうある。 浅丘ルリ子のの若い頃のルックスは坂口良子辺りに引き継がれた感じか。 坂口のほうが早く亡くなってしまったが。 セリフに「待たせるもんじゃないよ。 女は」というのがあるが、デートの駆け引きに女が遅れるなんて言うのはその後のくだらないテクニックまがいなのかなと思った。 日活の映画の中でも誠実な相手とは誠実に交際しているのである。 ところがそれからハプニングが生じて来る。 会社の女上司に急に仕事をしろと言われてヒロインが仕事をせざるを得なくなる。 男は駅で待つが女が来ない。 仕事を終えて女は男の元へ急ぐが。 このすれ違いから話が出来てくるようだ。 スマートフォンがある現在なら起きない出来事であろう。 そして悲劇がやってくる。 男の元に急いでいたヒロインが車に轢かれてしまう。 そして死んでしまう。 それまで特にサスペンスがはっきりするわけでもなく、どういう話だと思うと、ここで急展開する。 と思ったら人違いだという。 これも死んだ人には悪いだろうが、 主人公にとってはほっとはする。 だが、それではヒロインはどこへ行ったのか。 そしてひと月行方不明なのだという。 行方不明のヒロインがサスペンスタッチか。 男は女を探し続ける。 友人の音楽家は愛なんて信じてないで捨ててしまえなどと言う。 主人公は仰向けに寝転んでいる。 ジュリー藤尾がなぜか女性に対して辛辣な、裏切っただけでよくある話だというような話を主人公にふっかける。 静かに怒る主人公。 音楽家への取り立てたちと主人公がアクションシーンになる。 めちゃめちゃに住まいがなったり、踏んだり蹴ったりだ。 そんな時にトランペットを練習している青年が外にいて、主人公はそれを見るが、このシーンは何かを与えているか。 音楽家は金だけが信じられるんじゃないかというが、主人公は違うという。 そして友人は出て行く。 ヒロイン不明で友人も去った後で主人公はデザインの仕事に打ち込む。 休憩中に屋上から眺めるとヒロインがいたと思い、走って追いかけるが、これも別人だった。 手術で死亡した女も別人だったが、また別人だった映画のトリックに気づかなかった。 ヒロインはなぜ消えたのかというミステリーともいえるが、思い出す男心に誠実さがある。 江利チエミとかなり裕次郎が共演しているが、江利チエミの元旦那の高倉健と裕次郎の共演作は映画もテレビも無いようである。 とうとうヒロインを探し出すが、別の名前の人になっていた。 記憶喪失中に別人に仕立て上げられていたケースかとも思うが、そうした話は他にもあったと思うが、思い出せない。 テレビでは、『ひよっこ』なんかが記憶喪失ものだった。 なにか映画にも似たものがあったかも知れない。 医師が催眠術で記憶を思い出させようとするシーンがある。 主人公も一緒に見ているが、ここら辺が映画である。 55年前に催眠誘導のシーンがあるが、その後精神科学はどうなっているのだろう。 そしてミシンをヒロインに踏ませて元職場に案内したり、主人公がヒロインの記憶を取り戻させるために尽力するシーンが続く。 ここでなぜか浅丘ルリ子のシーンで音声が出ない場面がある。 なんといったのだろう。 なぜ記憶喪失の女性にずっと主人公が一緒にいられるのかも、女性の家族も、そこらへんが省略されていて、そこが映画である。 犯罪組織に関わったような友人音楽家や、江利チエミ婦人警官だったことなど、主な出演者たちも交錯している。 主人公はヒロインの絵を描くことで記憶を引き出そうとする。 友人音楽家はヒロインにヒロインの昔の絵を渡して走り去る。 なぜか記憶喪失の女と主人公は一緒に家に暮らしているのも、よく思えば変なのだが、そして友人は警察に行きなんらかの自主をするわけか。 そして友人の手渡した絵をみせると、ヒロインに感情的動きが出て、泣いてしまうが思い出せず、主人公は途方に暮れる。 留置場にいる音楽家を主人公は訪ねるが、別れてまた会ってを繰り返した音楽家の女も一緒だった。 ここら辺にぐれていそうでも、一人の異性がいるという誠実さが日活映画にはあった。 和泉雅子なんかも脇役で明るく出ている。 友人とも仲直りし、とうとうヒロインも記憶が戻る。 高品格や清川虹子なんかも出ていた。 細かな脇役との交錯もあったりしながら、主題歌が流れる中、元に戻った二人は銀座を歩く。 紆余曲折があっても運命の異性とは巡り合えるというロマンスだった。 キスシーンもベッドシーンもない。 抱き合うシーンまでである。 良識を外していなかった日本映画がこの時代まではあったようだ。 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved. 「ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷」 C 2018 Danger House Holding Co. , LLC. All rights reserved. 「ANNA アナ」 C 2019 SUMMIT ENTERTAINMENT,LLC. ALL RIGHTS RESERVED. 「ハリエット」 C 2019 Focus Features LLC.

次の

銀座の恋の物語 : 作品情報

石原 裕次郎 銀座 の 恋 の 物語

解説 石原裕次郎の大ヒット曲「銀座の恋の物語」を、浅丘ルリ子とのコンビで映画化!「世界を賭ける恋」以来2年6ヶ月ぶりの競演は大ヒットとなり、カラオケで歌い継がれる名曲と共に、昭和を代表するまさに「誰もが知っている」思い出の国民的映画となった大人気作!憧れの街「銀座」を舞台として、若い画家の裕次郎とルリ子が、青春の夢と希望を駆け抜ける。 路面電車や建物・ネオン街等、今も名残が見受けられる「銀座」がロケーションとこれがお披露目となった日活銀座オープンセットで魅力的に描かれた昭和の「記念碑」的映画! ストーリー 画家の伴次郎(石原裕次郎)はジャズ喫茶のピアノ弾きの宮本(ジェリー藤尾)と、銀座の裏町で一つ部屋を仕切って同居していた。 窓を接したビルの洋装店「銀座屋」の針子・秋山久子(浅丘ルリ子)が恋人だった。 次郎と宮本は苦しい生活の中で助けあった。 次郎は久子の肖像画作成に没頭した。 一方宮本はバーテンたちの企みで、クラブをクビになってしまった。 次郎は久子と結婚するために信州の母のところへいくことになった。 帰郷のため、次郎は今まで売ろうとしなかった久子の肖像画を春山堂に売り払った。 出発の日新宿へ見送りにいった久子は、横からとびだした車にはねられてしまった。 久子は事故現場から姿を消したままになっていた。 次郎にはやけ酒の日が続いた。 ある日宮本のピアノをひきあげにきた月賦屋を次郎と宮本は悪酔いが手伝って殴り、留置所にいれられた。 次郎と宮本が釈放されて帰ってみると、二人の家は消えてなくなり、「銀座屋建築用地」の立札。 宮本は憤り、次郎のとめるのもきかず、何処かへ消え去った。 幾週かがすぎ次郎は久し振りで宮本にあった。 宮本は豪華なアパートに住み、次郎の描いた久子の肖像画をもっていた。 宮本の部屋からでた次郎はデパートに流れる久子の声を耳にした。 久子は記憶喪失症になっていた…。 特典 ・ 劇場予告編 スタッフ 監督:蔵原惟繕 脚本:山田信夫 熊井啓 企画:水の江瀧子 キャスト 石原裕次郎 浅丘ルリ子 ジェリー藤尾 江利チエミ 清川虹子 和泉雅子.

次の