機動戦士ガンダムuc テスタメント。 UC

機動戦士ガンダムUC

機動戦士ガンダムuc テスタメント

新刊自動購入は、今後配信となるシリーズの最新刊を毎号自動的にお届けするサービスです。 ・発売と同時にすぐにお手元のデバイスに追加!• ・買い逃すことがありません!• 現在発売中の最新号を含め、既刊の号は含まれません。 ご契約はページ右の「申込み」からお手続きください。 配信されるコンテンツによって発売日・金額が異なる場合があります。 ご契約中は自動的に販売を継続します。 お支払方法:クレジットカードのみ 解約方法:随時解約可能です 続巻自動購入は、今後配信となるシリーズの最新巻を毎号自動的にお届けするサービスです。 ・発売と同時にすぐにお手元のデバイスに追加!• ・買い逃すことがありません!• ・いつでも解約ができるから安心!• 現在発売中の最新巻を含め、既刊の巻は含まれません。 ご契約はページ右の「続巻自動購入を始める」からお手続きください。 配信されるコンテンツによって発売日・金額が異なる場合があります。 ご契約中は自動的に販売を継続します。 不定期に刊行される特別号等も自動購入の対象に含まれる場合がありますのでご了承ください。 お支払方法:クレジットカードのみ 解約方法:マイページの「予約自動購入設定」より、随時解約可能です.

次の

機動戦士ガンダムUCとは (キドウセンシガンダムユニコーンとは) [単語記事]

機動戦士ガンダムuc テスタメント

ユニコーンガンダム3号機 フェネクス(ユニコーンモード) ユニコーンガンダム3号機 フェネクス(デストロイモード) リバウ ユニコーンガンダム2号機 バンシィ U. 0095Ver. リゼルC型(ディフェンサーaユニット) リゼル(ディフェンサーbユニット) ガンダムデルタカイ デルタガンダム ジェガン(D型先行配備機) EWACジェガン シルヴァ・バレト シルヴァ・バレト(ファンネル試験型) バイアラン・カスタム2号機 バイアラン・カスタム2号機[バンデシネ版] シナンジュ・スタイン ギラ・ドーガ(フル・フロンタル専用機) ギラ・ドーガ(アンジェロ・ザウパー専用機) ドーベン・ウルフ(袖付き) クラーケ・ズール ユニコーンガンダム3号機 フェネクス(ユニコーンモード) 機体名称 ユニコーンガンダム3号機 フェネクス(ユニコーンモード) 型式番号 RX-0 英語表記 UNICORN GUNDAM 03 PHENEX UNICORN MODE 頭頂高 19. 7m 本体重量 23. 8t 宇宙世紀0095年、試験用に先行納入されたフル・サイコフレームの素体をもとに、白い1号機と黒い2号機の建造データを反映して組み上げた金色の《ユニコーンガンダム》3号機。 その出自には、ある地球連邦軍参謀の思惑が深く作用している。 登場作品• GFTドーム映像『機動戦士ガンダムUC One of Seventy Two』• ユニコーンガンダム3号機 フェネクス(デストロイモード) 機体名称 ユニコーンガンダム3号機 フェネクス(デストロイモード) 型式番号 RX-0 英語表記 UNICORN GUNDAM 03 PHENEX DESTROY MODE 頭頂高 21. 7m 本体重量 23. 8t フェネクスはRX-0の特徴であるNT-D(ニュータイプ・デストロイヤーシステム)を発動させることにより、本体装甲だけではなく背面部のアームド・アーマーDE2基も同時に展開。 広げた両翼を想起させる人型のシルエットは、青いサイコフレームの輝きと共に、自身が不死鳥モチーフの《ガンダム》であることを完全に現す。 登場作品• GFTドーム映像『機動戦士ガンダムUC One of Seventy Two』• リバウ 機体名称 リバウ 型式番号 AMX-107R 英語表記 REBAWOO 頭頂高 19. 6m 本体重量 40. 4t かつてハマーンのネオ・ジオンで開発された《バウ》を『袖付き』により大幅な改修が行われた可変モビルスーツ。 上半身(リバウ・アタッカー)のコックピット周辺と下半身(リバウ・ナッター)の機首部分にサイコフレームを採用し、パイロットの感応波によって完璧な分離連携機動が行えるようになった。 華美な装飾と赤い機体色は、《リバウ》が幻のフル・フロンタル専用機として用意されていたことの証でもあり、《シナンジュ》の入手が確定した後には、他の搭乗者によって複数の実戦に参加していたという証言が残されている。 登場作品• GFTドーム映像『機動戦士ガンダムUC One of Seventy Two』• ユニコーンガンダム2号機 バンシィ U. 0095Ver. 機体名称 ユニコーンガンダム2号機 バンシィ U. 0095Ver. 型式番号 RX-0 英語表記 UNICORN GUNDAM 02 BANSHEE 頭頂高 19. 7m-21. 7m 本体重量 23. 右手にアームド・アーマーVN、左手にビーム・マグナムを装備する。 登場作品• GFTドーム映像『機動戦士ガンダムUC One of Seventy Two』• リゼルC型(ディフェンサーaユニット) 機体名称 リゼルC型(ディフェンサーaユニット) 型式番号 RGZ-95C 英語表記 ReZEL Re-fine Zeta-gundam Escort Leader TYPE-C 頭頂高 20. 5m 本体重量 28. 3t 地球連邦軍の量産型TMS(可変モビルスーツ)であるRGZ-95《リゼル》、その指揮官向けに小改修が施されたC型をベースに、オプション装備のバックパックユニット「ディフェンサーa」を換装した仕様機。 ユニット先端部に接合したミサイルコンテナと、通常の50%増の高出力ビーム刃を形成するハイパー・ビーム・サーベルを有し、近接・中距離に特化した性能が与えられている。 登場作品• ゲーム『PS3 機動戦士ガンダムUC』• 漫画『機動戦士ガンダムUC バンデシネ』• 漫画『機動戦士ガンダムUC MSV楔』• リゼル(ディフェンサーbユニット) 機体名称 リゼル(ディフェンサーbユニット) 型式番号 RGZ-95 英語表記 ReZEL Re-fine Zeta-gundam Escort Leader 頭頂高 20. 5m 本体重量 29. 2t 多角的な運用に対応するため、複数種のバックパックユニットが設定されていた《リゼル》の中・長距離戦闘に特化した仕様機。 「ディフェンサーb」と呼ばれるユニット内に増設されたジェネレーターとのダイレクト・ドライブによって、ビーム・キャノンをはじめとした兵装の稼動効率強化が図られており、通常は単装で運用されるメガ・ビーム・ランチャーの2門同時使用をも可能とした。 登場作品• ゲーム『PS3 機動戦士ガンダムUC』• 漫画『機動戦士ガンダムUC バンデシネ』• 漫画『機動戦士ガンダムUC MSV楔』• 漫画『機動戦士ガンダムUC 星月の欠片』• アニメ『機動戦士ガンダムUC』• ガンダムデルタカイ 機体名称 ガンダムデルタカイ 型式番号 MSN-001X 英語表記 GUNDAM DELTA KAI 頭頂高 19. 6m 本体重量 28. 0t 一般兵でもニュータイプ並の戦闘能力を手にするというサイコミュ装置〈ナイトロ〉を搭載した試作型可変モビルスーツ。 大型携行火器ロング・メガ・バスター、背面のプロト・フィン・ファンネルを初めとした高威力兵装のみならず、シールドにはサブウェポン・ラックが設けられているなど、特に攻撃面を重視した設計が行われた。 《デルタ》に《カイ》が交わり、幻影は新たな意味と使命を持って宇宙世紀に現じる。 登場作品• ゲーム『PS3 機動戦士ガンダムUC』• 漫画『機動戦士ガンダムUC アクロス・ザ・スカイ』• デルタガンダム 機体名称 デルタガンダム 型式番号 MSN-001 英語表記 DELTA GUNDAM 頭頂高 不明 本体重量 不明 かつて全領域型TMS(可変モビルスーツ)として開発が行われたが、変形時の強度問題により非変形型へと設計変更した経緯を持つ金色のMS、《百式》が本来目指していた姿。 当時の技術では実現不可能であったものの、設計データ自体の完成度はきわめて高く、デルタを冠する後のMS開発に活用された。 また、戦闘シミュレーターの仮想敵機となって驚異的な力を示したともいうが…。 登場作品• ゲーム『PS3 機動戦士ガンダムUC』• 漫画『機動戦士ガンダムUC テスタメント』• 漫画『機動戦士ガンダムUC MSV楔』• ムック『ガンダムMSグラフィカ』• EWACジェガン 機体名称 EWACジェガン 型式番号 RGM-89DEW 英語表記 EWAC JEGAN 頭頂高 19. 5m 本体重量 24. 4t 《ジェガン》D型の換装バリエーション機体の一種で、人型にして異形のフォルムを与えられた偵察用MS。 任務の特性上最低限の武装しか与えられていないが、それを補ってあまりあるセンサー能力の向上を果たしている。 頭部と左前腕部のセンサー・ユニット、右前腕部のカメラ・ユニットは大部隊の「目」となって、この機体にしか持ち得ない最大の武器となる。 登場作品• ゲーム『PS3 機動戦士ガンダムUC』• 漫画『機動戦士ガンダムUC MSV楔』• アニメ『機動戦士ガンダムUC』• シルヴァ・バレト 機体名称 シルヴァ・バレト 型式番号 ARX-014 英語表記 SILVER BULLET 頭頂高 22. 2m 本体重量 33. 5t 地球連邦軍の試作型MS。 第一次ネオ・ジオン抗争後、アクシズで接収されたドーベン・ウルフを元に、オーガスタ研究所の元スタッフらによってアナハイム社グラナダ工場で改修された試作機。 腹部メガ粒子砲などのジェネレーター直結型火器を撤去し、火力を絞り込んだ結果、予想以上の高性能機に仕上がった。 準サイコミュを主眼に置いたテストの後、機体の一部はビスト財団に引き渡される。 登場作品• ゲーム『PS3 機動戦士ガンダムUC』• 漫画『機動戦士ガンダムUC バンデシネ』• シルヴァ・バレト(ファンネル試験型) 機体名称 シルヴァ・バレト(ファンネル試験型) 型式番号 ARX-014P 英語表記 SILVER BULLET 頭頂高 22. 2m 本体重量 35. 2t 連邦軍が接収したネオ・ジオンの量産型MS《ドーベン・ウルフ》をベースにAE(アナハイム・エレクトロニクス)社が改修を行った試作機。 準サイコミュのテストを主眼とした本機は、同様に開発が進められていた連邦製ファンネル兵器の試験機としても使用された。 ジェネレーターを内蔵した有線式大型ファンネルを背面に装備し、後のサイコミュ搭載機の開発に大きく貢献したという。 登場作品• ゲーム『PS3 機動戦士ガンダムUC』• 漫画『機動戦士ガンダムUC MSV楔』• バイアラン・カスタム2号機 機体名称 バイアラン・カスタム2号機 型式番号 RX-160S-2 英語表記 BYARLANT CUSTOM 02 頭頂高 20. 6m 本体重量 40. 2t 『グリプス戦役』においてティターンズが開発したRX-160《バイアラン》。 その残存機体を改良した技術試験機、RX-160S《バイアラン・カスタム》には、更なる改修が加えられた2号機が存在する。 背面部はビーム・キャノンを内蔵したムーバブル・バインダーへ換装し、腕部構成も5指タイプのマニピュレーターを採用。 また姿勢変化による高速巡航時の空気抵抗軽減を目的としたエアロ・アーマーを新たに備えている。 オプションの大型ブースターを含め、これらの改修には高々度での運用を可能としていたORX-005《ギャプラン》の技術が大いに取り入れられており、2号機も同様の稼動領域を獲得、当初の目的であった「大空を掌握する機体」として完成した。 登場作品• 漫画『機動戦士ガンダムUC 星月と『袖付き』と』 バイアラン・カスタム2号機[バンデシネ版] 機体名称 バイアラン・カスタム2号機 型式番号 RX-160S-2 英語表記 BYARLANT CUSTOM 02 [BANDE DESSINEE Ver. ] 頭頂高 20. 6m 本体重量 40. 2t RX-160S《バイアラン・カスタム》に、更なる改修が加えられた2号機。 宇宙世紀0096年、地球のとある連邦軍基地で生み出された本機は、ロンド・ベル隊旗艦《ラー・カイラム》の補充戦力として正式に配備されることとなり、同艦配属のリディ・マーセナス少尉が搭乗、同年に発生したジオン公国軍残党の鎮圧任務に参加したという記録が残されている。 (機動戦士ガンダムUCバンデシネ設定) 登場作品• 漫画『機動戦士ガンダムUC バンデシネ』 シナンジュ・スタイン 機体名称 シナンジュ・スタイン 型式番号 MSN-06S 英語表記 SINANJU STEIN 頭頂高 22. 6m 本体重量 23. 1t 『UC計画』においてサイコフレームの強度・追従性のテスト機として開発された試作MS。 本来は限界性能を計測するために人が乗り込むことを想定されていないはずの機体だったが、その実は人を越えた能力を持つ「ある者」に向けて造られていた。 開発コードはスタイン01。 明灰色の装甲はあくまで後に彩られる機体の無垢、いわば《シナンジュ》の原石(スタイン)でしかないという開発者達の揶揄によって名付けられた。 登場作品• ゲーム『PS3 機動戦士ガンダムUC』• 漫画『機動戦士ガンダムUC MSV楔』• 0m 本体重量 36. 8t 宇宙世紀0088年にロールアウトした《ドーベン・ウルフ》はその卓越した性能をネオ・ジオン軍上層部に買われ、精鋭部隊に優先して配備が行われた。 宇宙世紀0096年のネオ・ジオン残党軍においても残存機体が引き続き運用されており、カラーリングの変更、他の配備機同様『袖』のエングレービングが施され、本拠地である〈パラオ〉の防衛用モビルスーツとして変わらぬ存在感を示している。 登場作品• 漫画『機動戦士ガンダムUC バンデシネ』• 漫画『機動戦士ガンダムUC MSV楔』• クラーケ・ズール 機体名称 クラーケ・ズール 型式番号 YAMS-130 英語表記 KRAKE ZULU 頭頂高 21. 1m 本体重量 36. 8t ネオ・ジオン残党軍が技術試験用に開発した試作MS。 0096年の技術レベルで再現した機体。 肩部にメガ粒子砲を内蔵した有線式遠隔兵器となる大型の腕部を追加、下半身は大推力スラスターユニットに換装。 機体本体以上の大きさを持つ、長距離航行用の大型プロペラント・ブースターを背部に装着することも出来る。 アンジェロ・ザウパーがテストパイロットとなった。 登場作品• 漫画『機動戦士ガンダムUC バンデシネ』• 漫画『機動戦士ガンダムUC 『袖付き』の機付長は詩詠う』•

次の

「機動戦士ガンダムUC」から、試作型MS「シナンジュ・スタイン」がHGキットで登場!

機動戦士ガンダムuc テスタメント

HGUC イフリート・シュナイド episode 4「 重力の井戸の底で」、および漫画「 ストライカー イン トリントン Ninja of the Torington Base」に登場するイフリート・シュナイドさん。 カラーリングは「ミッシングリンクに登場するマルコシアス隊のダグ・ シュナイド」のパーソナルカラーである 紫になっており、フレッド・リーバーに受け継がれ改修されたという設定です。 そのため「イフリート・ シュナイド」と命名されています。 量は多くないですが、「腰部動力パイプ中央」「脚の甲」など角張った面に貼る事が多いです。 付属品がこちら。 ジャイアント・バズはドムの装備するものと同デザインですが、HGUCドムのバズとは違い新たに新造されています。 そして完成したHGUCイフリート・シュナイドがこちら。 ダグのパーソナルカラーである紫主体の成形色で立体化されています。 パーツ分割による色分けは優秀なのですが、腰部中央まわりや脚の甲など目立つ部分のオレンジをシールで補う感じです。 肩・腰・左腕に装備している全14本のヒート・ダートは、 全て着脱可能です。 肩周りの可動範囲がかなり動く、腕を大きく上げる事ができます。 開脚範囲もそこそこ広いです。 ただ、接地性は標準といったところ。 手足の関節は90度以上曲がりますが、モモがサイドアーマーに干渉するため足を上げる動作はちょい苦手です。 一応ヒザ立ちは可能です。 デザイン上、腰はほとんど 撚 ひねる事ができません。 頭部は重ね合わせるように組んでいくため、合わせ目が出ない優秀な造りをしています。 モノアイは光沢感のあるグリーンのシールで、凸形状は造形されています。 アンテナ先端には安全フラッグ有り。 頭部の色分けはかなり優秀です。 胴体の色分けは優秀で、側面の合わせ目は段落ちモールド化されています。 動力パイプは1パーツながら軟質素材が使われていて、曲げてバックパックに接続します。 本キット最大の長所ですが、肩フレームを外側に引き出すができ、肩の前後可動に優れています。 ただ、ショルダーアーマー(紫の部分)は前後はめ込み式で、上に合わせ目が出ます。 白い部分は1パーツです。 肩には、前後左右あわせて8本のヒート・ダートをマウントできます。 ショルダーアーマー自体はボールジョイント接続で、柔軟に可動。 腕部は「肩内部ブロック」「前腕部」に合わせ目が出ます。 二の腕は筒型1パーツです。 左腕には4本のヒート・ダートをマウントできます。 が、接続強度がちょい弱で「ヒート・ダート自体の刃部分と柄部分」もポロリしやすいです。 (何本かは丁度良かったので、個体差の可能性あり) バックパックのスラスターはグレー・オレンジのシールで色を補います。 角張った面に貼るため、できれば部分塗装推奨箇所といったところ。 フロントアーマーは中央をカットすれば左右独立して動きます。 リアアーマーには2本のヒート・ダートをマウントできます。 腰部は目立つ位置にシールを多用します。 足首パーツの突起部分はシールで、足裏には肉抜きがあります。 足の付根パーツは柔軟に動き、スタンド用の3mm穴が空いています。 合わせ目は出ますが、グリップを引き出す事ができ無理なく構える事ができます。 ガシュンガシュン…… ジャイアント・バズをぶっ放すイフリート・シュナイド! 肩周りの可動範囲が広いので、フォアグリップを持たせ両手で構える事ができます。 HGUCドム/リック・ドムのジャイアント・バズと比較。 設定的には同じものですが、ガンプラ的には新造されています。 HGUCドム/リック・ドムと比較。 ヒート・ダートを持たせてみます。 全身のヒート・ダートは全て取り外し可能ですが、 持たせる場合は専用のものを使います。 (2本付属) 刃部分はクリアオレンジのパーツが使われています。 ジャキッ……イフリート・シュナイド、ヒート・ダートを装備! 飛びかかるフレッド! ジムII・セミストライカーと交戦! ジムIII(ユニコーンデザートカラーVer. )にミサイルで狙われるイフリート・シュナイド! トリントンで激戦を繰り広げたMSでディスプレイ。 ざっくり言うと共通の関節ランナーを使いつつ、 外装・武装が変化しているのが特徴です。 頭部を比較。 頭部は共通部分が多いですが、例えばイフリートではバルカンが搭載されていたりします。 胴体と腰部を比較。 成形色はもちろん、胸部ダクトまわりや腰部パーツが変化している事が多いです。 肩を比較。 イフリートとダグ機のショルダーアーマーは形が同じですが、その他は別の形をしています。 左腕を比較。 ここは各イフリートごとに変化していますね。 脚部を比較。 イフリートとシュナイドはスッキリとしたデザイン。 一方 改とナハトは増加装甲に加え武器も搭載したゴテついたデザインになっています。 足首パーツの突起部分は、全機ともシールで補う仕様です。 シュナイド以外はプレバン品になりますが、それぞれ「 新規パーツが多い系のリデコキット」になっています。 あなたは、どのイフリートが好みかな……!? フレッド・リーバーが搭乗するモビルスーツでディスプレイ。 HGUC イフリート・シュナイドの感想 ということでHG イフリート・シュナイドのご紹介でした。 肩まわりの可動域が素晴らしく、腕を大きく前後に持っていけるのが最大の長所です。 ただ、腰を 撚 ひねる事ができないのでポーズ幅は制限されます。 全身のヒート・ダートは全て着脱可能ですが、ポロリしやすいので要調節といった感じ。 プロポーション自体は2017年フォーマットの 再現度の高いスタイルで立体化されているので、満足度は高いと思います。 「ヒート・ダートの丸い部分」「ショルダーアーマー内部」「スラスター内部」などは色が足りないため、部分塗装派モデラーさんにはオススメといった感じです! 以上、「HGUCイフリート・シュナイド」のガンプラレビューでした!.

次の