ストレス限界サイン。 仕事のストレスが限界のサインや症状は?チェックリストと改善策まとめ

仕事のストレスに耐えられない!限界サインと少しだけ前に進む方法

ストレス限界サイン

ストレスチェックリスト• 怒りっぽくなった• 悲しい気分だ• なんとなく心配な気持ちになる• 泣きたい気持ちだ• 感情を抑えるのが難しい• 悔しい思いがする• 不愉快な気持ちだ• 気持ちが沈んでいる• イライラすることが多くなった• 仕事以外のことでも自信がない• 何もかもイヤだと思う• 自分がいなくなったら…など、よくないことを考える• 話や行動がまとまらない• 誰かになぐさめてほしい• 何かを意欲的に続けるような根気がない• 誰かと一緒にいるのが苦痛で、一人でいたい気分だ• 何かに集中することが難しい 参考書籍:坂野雄二監修 学校,職場,地域におけるストレスマネジメント実践マニュアル2004年 北大路書房 このチェックリストは、本来上記項目について0~3点で評価されるものです。 当てはまるものが5つ以上ある場合は、ストレスについて何らかの対策が必要だといえます。 軽度なストレス症候群は「サザエさん症候群」 日曜日の18:30~放送されているテレビアニメ「サザエさん」ですが、この番組を楽しんで見られるうちは仕事のストレスがほとんどないか、もしくは休日が土日ではない職業の人でしょう。 「サザエさん症候群」とは、実際に「サザエさん」を視聴してもしなくても、 日曜の夕方から夜にかけて、翌日から始まる仕事のことを考えると憂鬱な気分になり、体調不良になることを指します。 別名「ブルーマンデー症候群」とも呼ばれており、それほど 月曜から始まる仕事に行きたくないという強い気持ちがあることを裏付けるものでもあるのです。 ただし、「行きたくないな」くらいの軽い憂鬱であれば、働いている人の誰しもが持っている感情であり、 仕事でのストレスもそれほど高いとは言い切れません。 しかし、重度なものは病気に発展しかねないので注意が必要です。 朝刊シンドローム 朝刊を読むこともできないほど、日常生活に仕事のストレスが影響を与えており、 強い倦怠感、やる気が出ないなどの症状が現れるのが朝刊シンドロームです。 電車の中で決まってスポーツ新聞や本を読むという人が、「そんな気も起きない…」といつもの習慣ができないことも含まれます。 朝刊シンドロームの場合、 仕事が終わった直後や休みの日には上記のような症状が現れないため、出勤日に決まって症状が出る場合はその可能性があります。 また、出勤時を過ぎると症状がおさまるため 放置していると、本格的なうつ病に発展する恐れもあるため、注意が必要です。 セルフナーバス症候群 他人から自分の仕事ぶりがどう評価されているのか、過剰に気にしてしまうことを セルフナーバス症候群といいます。 ストレスや、本来の性格によって自意識過剰な人は、職場で社員が立ち話をしているだけでも 「自分のことを話しているのではないか」と考え、上司が内線で話している時にも「自分の仕事ぶりが悪かったと報告しているのではないか」などと思いこみ、一人で疲れてしまう人もいます。 完璧でなければいけない、すべての人によい評価をされなければいけないなどの 完璧主義者がこの症候群になりやすく、 幻聴が聞こえるまでになればかなりのストレスがたまっているというサインでもあるのです。 サンドイッチ症候群 食べ物のサンドイッチではなく、 職場において中間管理職が上司と部下の間に挟まれて身動きがとれなくなることを総称して サンドイッチ症候群と呼ばれています。 中間管理職では、 上司からのトップダウンで自分も部下も納得しがたい仕事を部下におろさなければいけません。 一方 部下からは「上は現場のことを何も分かってない」などの反発を食らい、上司からの命令と部下からの反発の間で悩むことが多くなります。 サンドイッチ症候群では、 強い不安や焦燥感、そして抑うつ症状が表れます。 ストレスは会社に対するものであるため、出社拒否症のように 会社に行こうとすると症状が強まることが多いのです。 三大欲求(睡眠・性欲・食欲)の減退または異常な増加は超危険 うつ病の症状にも含まれている 「睡眠・性欲・食欲」の著しい減退もしくは増幅といった症状がある場合は、精神的にかなり追い詰められていると考えられます。 睡眠の場合は、寝つきが悪くてベッドに入ってからも しばらく眠れない、あるいは眠っても数時間で目が覚めてそこから眠れないことや、反対に 1日に12時間以上寝てしまうなどの症状があります。 性欲の場合は、通常時にあったものがまったくなくなったり、反対に異常に強い性欲を感じて 衝動を抑えられないなどの症状があります。 食欲の場合は、食べること自体に意味を感じられず 食事量が減少する、あるいは暴飲暴食で 体重が短期間に増加するなどの症状があります。 いずれも 精神的にかなり追い込まれているサインですから、ストレスに対する対処が必要です。 仕事のストレスが限界のサインや症状が出てる人がすべき改善策 上記チェックリストに5つ以上あてはまる人や、三大欲求が急激に変化した人が今すぐできる改善策を紹介します。 紹介してきたような症状が出ている場合は、放置するのは危険です。 日本人の美徳である「忍耐」が、あなたを取り返しのつかない状態に追い込むこともあるからです。 上記のチェックリストで5つ以上当てはまる人は、すぐにでも信頼できる人に相談し、できれば休養をとることをおすすめします。 勇気を出して人に相談する ストレスを限界までため込んでしまう人は、 人に頼ったり甘えたりすることを嫌う人であったり、 プライドが高くて人に相談することができない人であることが多いものです。 しかし、プライドや強がりを優先してしまえば 後々症状が悪化する可能性が高く、すぐにでも自分の本当の気持ちを吐き出す必要があります。 そのため、 相談相手には職場以外の人を選ぶようにしましょう。 仕事へのグチ、同僚や先輩・上司へのグチなども含めてため込んでいることが多いため、 社内の人間に相談すれば噂になって広まってしまう可能性があるからです。 家族や仕事と関係のない友人に話すことで、少し気が楽になるでしょう。 仕事を辞めたいけれど、周りに相談できない時に相談できる場所と、相談してはいけない相手とその理由についてまとめました。 さらに、友だちや恋人に「仕事辞めたい」と相談された時の対応の仕方についても解説しています。 休暇を取る 心身から限界のサインが出るほど疲れている場合は、 身体と心を休めるのに公休日だけでは足りないのかもしれません。 そのような場合は、 有給を取得するなどして、いつもより少し長めに休みを取ることも必要です。 しかし、会社によっては「今は忙しいから」などと理由をつけて有給を取らせないところもあるでしょう。 このような場合は 産業医に診断書を作成してもらい、休職するという手段もあります。 休んでいる間はなるべく仕事のことは考えず、心も体もゆっくりと休ませましょう。 どうしても仕事のことを考えてしまう場合は、 本当にその仕事を続けることが自分のためになるのか、改めて考えてみるのもいいかもしれません。 他部署や支店に異動願を出す 休みを取るのは気が引ける、負けたような気がする…など、休暇を取ることが難しい人は、今の部署以外の 他部署や、他の支店に異動願を出すという選択肢もあります。 働く環境を変えるという行動に出た結果、気持ちや体調がよくなることもあります。 また、ストレスの原因が職場の人間関係にある場合は、直接の原因である社員から離れることで症状が軽減する可能性もあります。 しかし、この方法は 自分の限界値を把握しておくことが大切です。 他の部署に異動したとしても、 自分の限界値を知らなければ、また働きすぎて同様の症状で悩むことになってしまいます。 「キャパシティオーバー」という言葉がありますが、自分がストレスなく働けるキャパシティを把握しておくことで、 ワークライフバランスのとれた低ストレスな働き方が可能になるのです。 いつでも転職できるように準備しておく 今すぐに転職したいという人でなくても、転職サイトへの登録はしておいたほうが良いです。 ストレスや疲労が限界まで達すると、転職サイトに登録するという行動すら起こせなくなってしまいます。 「いつでも転職できる」という状況にしておくことで気持ちが楽になる場合もありますし、 良い求人に出会えるかどうかはタイミングに掛かっています。 常に求人をチェックして、気になった求人をピックアップしておきましょう。 求人数が転職サイトの中で一番多いリクナビNEXT 転職者の8割が利用しているとも言われる、 国内NO. 1の転職サイトです。 求人数がとても多く、 リクナビNEXTにしかない限定求人も豊富に取り揃えています。 新着・更新求人が毎週1,000件以上掲載されていて、自分の条件に合った求人を見つけやすいです。 おすすめの転職サイトについてまとめています。 どの転職サイトに登録すればいいのか悩んでいる人のために、年齢ごとのおすすめ転職サイト、女性向けや既卒向け、特定の職種に特化した転職サイトなどを紹介しているので、参考にしてみてください。 診断テストで自分に合った仕事を見つける 転職サイトは求人を紹介するだけでなく、 診断テストなども数多く用意されています。 性格診断や適職診断などを活用することで、 自分に合った仕事は何なのか、自分の理想の働き方ができるのはどんな職種なのかを診断してもらうことができます。 複数の選択肢から自分に当てはまる回答を選ぶだけなので簡単ですし、気軽に行うことができます。 自分に合った職業が分からなくて悩んでいる人は、まずは診断テストから行ってみると、自分では気がつかなかった適職を知れるかもしれません。 リクナビNEXTのグッドポイント診断 「親密性」、「冷静沈着」、「受容力」など、 18種類の中から自分の強みを5つ診断してくれます。 客観的に判断した結果ですので、自分では何とも思っていなかった部分が実は長所だったりと、新しい発見もあります。 適職を探すためだけでなく、自己PRなどにも役に立ち、リクナビNEXTでは 応募時に診断結果を添付することで自分の強みをアピールできます。 まとめ ストレスが限界まで達すると心身に影響が出てしまうので、そうなる前に チェックリストで自分のストレス状態を把握しておきましょう。 ストレスのサインとしては、 サザエさん症候群や朝刊シンドローム、セルフナーバス症候群などがあります。 重度のストレスを感じていると思ったら、 会社以外の人に相談したり休暇を取ったりして、心を休ませてください。 場合によっては、異動を申し出てみたり、転職サイトで優良求人をチェックしておくのも良いです。

次の

仕事のストレスでもう限界!仕事を休むほどの限界はどこまで?サインは?

ストレス限界サイン

「人間関係」「ハードワーク」など、仕事をしていればある程度のストレスは避けられません。 しかし、嫌なことやストレスがずっと継続しているなら、それは異常な事態です。 パワハラやセクハラを受けたり、ブラック企業で過酷な労働を強いられたりすれば、肉体的・精神的に過度な負担がかかります。 もう会社に行くのは嫌だ、と思うことは多くなるでしょう。 責任感が強い人は、自分の限界を超えてついつい頑張ってしまいがちです。 忍耐強さは美徳ですが、行き過ぎれば自分を追い詰める結果になってしまいます。 働きすぎによる精神疾患や自殺は、他人事ではありません。 自覚がないまま限度を超えてしまい、働けなくなる人は沢山います。 「辛いのは自分だけではない」「頑張ればなんとかなる」と無理をしても、いつか絶対に限界がきます。 もっと早くに辞めておけば、と後悔しても遅いのです。 重要なのは自分の体が発する「限界サイン」を見逃さないことです。 「危険なサイン」や「辞め時のサイン」について解説するので、当てはまる人はすぐに対処してください。 仕事の限界を超えた人の結末 疲れやストレスが解消されないまま働くと、体への負担は蓄積されていきます。 限界に近い状態で無理をすれば健康を損ねるのは当然です。 一定の限界を超えてしまえば最悪な結末が待っています。 真面目で仕事熱心な人ほど、危険なサインを見逃しがちです。 前日までは大丈夫だったのに、ある日急に働けなくなってしまうことも。 精神疾患を発症してしまえば、医師の治療が必要になります。 うつ病や自立神経失調症になれば、完治までは長い時間が必要です。 耐えられなくなり自殺してしまう事例だって珍しくありません。 働けなくなった間は無収入なので生活に困ります。 それも最長で1年と6ヶ月までなので、その後は貯蓄を切り崩すしかありません。 期間内に治る保証はどこにもありませんし、治療費だってかかります。 さらに、仕事に対する恐怖心が強くなってしまうので、転職活動にも支障がでます。 精神疾患の病歴や空白期間ができてしまうため、採用率にも悪影響です。 >> 1人で乗り越えるのは困難ですし、家族がいれば迷惑をかけてしまいます。 無理をして頑張ったために人生がメチャクチャに、なんて事態は絶対に避けなければいけません。 給料や立場のために健康や生活を犠牲にして働くのでは、本末転倒です。 大事な命や家族よりも優先しなければならない仕事など、この世には存在しません。 仕事の限界のサイン 限界に近づいている体や心の悲鳴はサインとなって現れます。 必ず兆候があるので、見逃さないように注意してください。 体調が悪くなっても、一時的なことだと思って放置している人はいるでしょう。 しかし、そのままだと悪化するので、1つでも当てはまる項目があるならすぐに適切な対策をしてください。 手遅れになってしまう前に、自分の体と精神の状態を見つめ直してみましょう。 早めに会社から離れることで、また元気に働けます。 寝れなく終日眠気を感じる 「寝付きが悪い」「寝起きがスッキリしない」こんな状態を続くと、とても辛いと思います。 なんとか睡眠時間を増やそうとしても、寝れなければ意味がありません。 睡眠は精神状態と大きく関係しており、ストレスを感じると睡眠の質は落ちていきます。 「嫌なことがあった」「不安なことがある」など、ちょっとしたことでも寝れなくなってしまうのです。 睡眠は健康のバロメーターなので、連日寝れないようなら注意が必要です。 自律神経が乱れている可能性が高いため、放置すれば深刻な病気に発展します。 また、睡眠には脳や体を休ませる効果があります。 不足してしまえば脳の機能に悪影響がでるので、判断力・記憶力・集中力の低下は避けられません。 夜は寝れないのに、昼間にだけ強烈な眠気に襲われるケースも。 よく寝ているのに眠気がとれない場合は、「無呼吸症候群」が疑われます。 こうなってしまうと、会議中や取引先や顧客と話している時でも、起きているのが難しい状態です。 まともに仕事がこなせなくなるので、時には深刻なトラブルや事故に発展します。 仕事にかかる時間が長くなってしまうので、睡眠時間はますます削られるでしょう。 睡眠薬で一時的な対処はできますが、ほとんどに依存性があるので根本的な解決にはなりません。 「眠れない」「昼間眠くなる」「仕事ができない」のくり返しで、体はどんどん弱っていきます。 周囲に迷惑をかけたり、役立たず扱いをされたり、仕事がどんどん嫌になってしまいます。 健康でいるためには良質な睡眠が必要不可欠です。 不眠や過眠の症状が少しでも現れたら、すぐに対策を考えましょう。 常に疲れている 「朝起きた時からもう疲れている」そんな経験はありませんか?もし前日に疲れていても、グッスリと眠れば回復しているのが普通です。 眠りが浅かったり、精神的な問題だったり、疲れがとれない原因は色々と考えられます。 ハードワークによる肉体的な疲れや、ストレスによる精神的な疲れなども、限界を超えれば回復が間にあいません。 いくら疲れていても仕事はなくならないため、クタクタの体で毎日働く必要があります。 その間は疲労が溜まっていく一方なので、疲れはいつまでたってもとれないでしょう。 常に疲れているならパフォーマンスが落ちるのは当然です。 業務は終わらず失敗続きになり、疲労はますます溜まっていきます。 精神的な疲労の場合はいくら休んでも効果がないので、特に注意が必要です。 周囲からの理解が得にくいので辛い思いをしますし、原因がなくならなければ解消されません。 ゆっくり休んだ休日の後にでも疲れているようなら、体への負担が限界に達しているサインです。 疲れがとれないまま無理を続けると、いつか体を壊してしまいます。 ストレスを原因とする体型の変化 体重が増加したり、逆に減ってしまったり、体の急激な変化にはなんらかの原因があります。 人は疲れやストレスを感じると、ついつい暴飲暴食に走りがちです。 脳がストレスを感じると食欲のコントロールが狂います。 満腹を認識できなくなるので、過剰に食べてしまうのです。 「時間に関係なく食べてしまう」「甘い物や油っぽい物ばかりを食べる」ようなら、特に注意しましょう。 糖質や油は幸福感を呼び起こす効果があるため、依存性があります。 その場限りのストレス解消のために食べてしまい、止められなくなってしまうでしょう。 体重はどんどん増加してしまいますし、メタボリックシンドロームや肥満のリスクは高くなるばかりです。 さらに、食べていなくても太ってしまうケースも。 ストレスを感じるとコルチゾールというホルモンが増え、体が脂肪を溜め込みはじめます。 睡眠不足や疲れで自律神経が乱れると基礎代謝が下がるので、痩せにくく太りやすい体質になります。 他にも疲れて外食ばかりになったり、残業で夜ご飯が遅くなったりと、太る原因は様々です。 根本的な原因は仕事なのでダイエットをしても効果がなく、リバウンドをくり返します。 空腹を我慢して食事制限をしてもストレスは増えるだけなので、まったくの逆効果です。 また、太っていなくても、中性脂肪や血糖値の値が高い人は注意してください。 目に見える変化がない分、体に異常がおきていても気づきにくい傾向があります。 「ただ太っただけ」「年齢のせい」と思わずに、食べ過ぎや体重増加の原因を考えてみましょう。 急激に体重が増えるのは、体がストレスを感じている時にサインです。 過食と拒食をくり返したり、ご飯を食べられなくなったりすれば、さらに深刻度は高くなります。 「うつ病」や「摂食障害」の可能性が高いので、すぐに受診してください。 >> 以前よりイライラする イライラするのは心の余裕がなくなっている証拠です。 周囲に八つ当たりしたり、怒りっぽくなったり、ダメだとわかっていても自分では止められません。 精神が不安定になる原因は心理的な負担やストレスです。 仕事中にイライラ、家に帰ってもイライラと、心を休める暇がなくなります。 他人への優しさを忘れてしまうと、当然人間関係は悪化していきます。 イライラは周囲に伝染するので、職場の空気まで悪くなってしまうでしょう。 自覚症状がない場合もあるので、誰かに指摘された時は素直に受け入れてください。 無意識のうちに、異常な行動をくり返しているかもしれません。 他人への対応が荒れてしまうのは、当たり前の気遣いができないくらい追い詰められている、ということを示しています。 一日中イライラが続くようなら、かなり危険な状態です。 大事な家族や友人から嫌われる前に、穏やかになれる環境を見つけてください。 精神的に安定すればイライラがなくなって優しい自分に戻れます。 >> 悪夢を見る 悪夢で夜中に飛び起きる、なんてことはありませんか?仕事が終わらなかったり、嫌いな上司がでてきたり、夢は本人の深層心理を表しています。 まだまだ解明が不十分な分野ですが、不安や恐怖が現れるという説もあります。 嫌な夢が続くようなら、精神的なダメージは避けられません。 睡眠時には記憶や情報を整理しているため、仕事中にあった嫌なことを反映するケースも。 ストレスを溜め込んでいる時は、自然と悪夢が多くなるのです。 また、眠りが浅い時のほうが、夢を見やすい傾向があります。 悪夢を見るのは、疲れやストレスで睡眠の質が悪化しているからです。 悪夢が続けば眠れなくなりますし、眠るのが怖くなってしまいます。 たかが夢と軽視してそのままにすれば、良い結果は招きません。 危険!仕事を辞め時のサイン 辛いと感じているだけなら、リフレッシュや有給休暇で回復する可能性はゼロではありません。 しかし、少しでも限界を超えてしまうと、今の会社で働き続けるのは危険です。 心が悲鳴を上げている時、体には色々な症状が現れます。 うつ病や精神病の可能性が高く、そのままだと悪化するだけです。 この項目では「今すぐ辞める時のサイン」について紹介します。 少しでも心当たりがあるのなら、すでに深刻な状態です。 精神が限界に達する一歩手前なので、ことは一刻を争います。 取り返しがつかなくなる前に、すぐに退職してください。 原因不明の体調不良 ストレスや精神的な苦痛が体に与える影響は計り知れません。 自律神経が乱れたり、胃腸の機能が正常に働かなくなったり、時には深刻な事態に発展します。 ・腹痛 ・じんましん ・動悸 ・頭痛 ・手の震え ・肩こり ・腰痛 ・耳鳴り ・めまい ・息苦しい ・吐き気 このように、人によって様々な症状が現れます。 働いている時や仕事のことを考えている時に感じるなら、単なる体調不良ではありません。 病院にいってもなかなか原因がわからないので、苦痛は長引きます。 ストレスによる体調不良の場合は、薬や治療だけだと治すのは困難です。 病名が発覚しなければ周囲の理解や協力は得られないので、1人で耐えることになります。 会社で「仮病なのでは」と疑われることもあり、とても辛い思いをするのです。 ハードワークが原因の体調不良なら、十分に休息をとれば一時的には回復しますが、労働環境が変わらないならあまり意味がありません。 精神的・肉体的な負担が消えない限り、体調不良が良くなることはないでしょう。 無理に働けば症状はより悪化するので、すぐに仕事を辞めてください。 無気力状態 「何もする気がおきない」「人や物に対する興味や関心が薄くなった」と感じるのは、かなり危うい兆候です。 趣味や遊びによる気分転換は健康でいるために必要不可欠ですが、無気力状態になれば、それさえも億劫になってしまいます。 身だしなみを気にしなくなり、テレビやニュースにも無関心に。 何をしても、「面白い」「楽しい」という感情がわかなくなります。 仕事を淡々とこなすだけで、休日は家にこもりきりの人は注意しましょう。 興味や喜びを感じられなくなるのは、うつ病の典型的な症状です。 仕事の効率やスピードはかなり落ちますし、周囲の人に迷惑をかける頻度は高くなります。 掃除や食事の用意など、最低限の日常生活に支障をきたすケースもあるほどです。 何もできなくなるので、家族や友人には「怠けている」「付き合いが悪い」と取れれてしまいます。 人との交流を避けるようになり、周囲との関係がどんどん希薄になっていくでしょう。 無気力状態が2週間以上続くようなら、かなり危ないサインです。 自覚症状を感じたら、すぐに精神科やメンタルクリニックを受診してください。 また、好きなことだけに意欲的になる「非定型うつ病」も存在します。 「気分の浮き沈み」「過眠」「疲労感」といった症状があるなら、無気力状態でなくても注意が必要です。 死にたくなる うつ病や心の病気になると、精神のコントロールが狂ってしまいます。 何をしてもマイナスに考えてしまい、不安感がなくなりません。 急に悲しくなったり、パニックになったり、時間や場所に関係なく感情が暴走。 本人の意思とは関係なしに、涙が止まらなくなります。 もしも死にたいと感じているなら、とっくに限界を超えた状態です。 精神の状態が正常ではないので、楽になること以外を考えられなくなります。 今はまだ実行に移していなくても、衝動的に死を選ぶ時が来るかもしれません。 「死にたくなる」と感じるのは、「死ぬほど辛い」と心がSOSを発している証拠です。 もはや仕事ができる状態ではないので、今すぐ辞めることをおすすめします。 このままだと「ヤバい!」と思ってる人の対策 辛くても今まで堪えたということは、あなたが責任感が強く仕事熱心な人間だということを示しています。 しかし、そのままだと「健康」「友人」「幸福」、さらには「命」まで、大事な物を全て失ってしまいます。 自分の「限界サイン」を感じたなら、すぐに対策をすることが重要です。 そのまま働いていてもダメージが蓄積されるだけなので、何よりも心の回復を優先させてください。 実際に辞めるとなると、「体裁」「立場」「給料」などが頭によぎるかもしれません。 そんな時はなぜ働いているのかをよく考えれば、本当に優先すべきことが浮かんできます。 まずは、落ち着いて働ける転職先を探しましょう。 会社は1社だけではありませんし、あなたは働きやすい職場を選ぶ権利を持っています。 休職で回復を待つという選択肢もありますが、一度休むと復帰は絶望的です。 なんとか治しても根本的な解決にはならないので、また同じことをくり返えしてしまいます。 症状が重いなら休職でゆっくりと休みながら、少しずつ求人を探しましょう。 早めに休職して心を癒やすことに専念すれば、その分回復は早くなります。 原因である会社から離れて適切な治療をすることで、体の不調やうつ病は直せます。 新しい環境でまたスタートすることが、今のあなたにとって一番重要です。 自分の心や体の状態を一番把握できるのは本人です。 限界のサインを感じ取ったなら、すぐに辞める決断をしてください。

次の

部下のストレスが限界に達する前に!注目すべきサインはこれだ!

ストレス限界サイン

モクジ• ストレスの限界値ってあるの?限界になったら人はどうなるの? 仕事や恋愛や家庭内などで人は様々なストレスを抱えるが、 このストレスという謎のものは一体なんだろう?ストレスは限界値になると人はどうなるのだろう? というところにフォーカスしたい。 僕らは生きている限りストレスと戦い続けなければならないのだが、 皆ストレスを感じればカラオケで発散したり愚痴を聞いてもらったりといろいろ試行錯誤をする。 しかし中にはストレスを発散出来ずに貯め込む人がいるからだ。 今回の話では ストレスとは何? 限界値に達した人はどうなるのか? いかにストレスが危険か。 などを話していこうと思う。 ストレスとは何?肉体への攻撃ではなく精神的な攻撃。 ストレスとは、生活上のプレッシャーおよび、それを感じたときの感覚である。 Wikipedia 医学的な話にすると難しくなってしまうので凄く簡単に言ってしまうと 『外部の刺激によって精神面が緊張状態になっている事』 この緊張状態ってのは不安・恐怖・怒り・悲しみなどである。 この精神面が緊張状態になっている事をストレスというため、よくリラックスしようとか言う。 発散したほうが良い!って運動したりカラオケだったり行くのは ストレスに『快ストレス』というものがあり、ワクワクや楽しいやらの刺激は身体に良いとされているからだ。 しかし今回話すのは『不快ストレス』である。 ストレスの限界値は人それぞれ違う。 上司に怒られてもケロッとしていて平気な人もいれば、怒られたら相当凹む人もいる。 『ストレスは感じやすい人と感じにくい人がいる』 それはメンタルの強さや育った環境、もともとの脳の性質など人それぞれ違うだろう。 もちろん人は精神力を鍛えてストレスを感じにくいメンタルを作ることは出来るのだが、 一度ストレスを感じやすい状態になるとやる気もでないので中々戻るのは難しい。 もう無理!!!って思うストレスの限界値もそれぞれ人によって違う。 Wikipediaより つまりストレスとは思っている以上に軽いものではない。 ストレスとは大病の元とはよく言うが本当にそのとおりで、 人の健康の真逆にある病気の根本的な部分!コアと言ってもいい! 人間は防衛本能というのがあるのでストレスがどれだけあっても耐えられるというものではないが、 本当の意味で最後の最後までストレスの限界になったら人は思考を止めるのではないかと思う。 生命としての生きる事を放棄するからだ。 だからその前に人は ストレスありますよ!!!とかなり手前の所で身体にサインを出すのである。 スポンサーリンク ストレスの限界値に達する前の危険なサインとは 人は怪我をしたらどうなる?おそらくと言うか大半の人は必ず『痛い』と感じるだろう。 これは頭が身体が怪我してますよ。 というメッセージを送るために痛みを伝える。 風邪を引いた時も辛くなるのは頭が『病気ですよ!』とメッセージを伝えているからだ。 ストレスも同じように精神的な緊張が続くと、『頭はもう疲れてます・・・』となって様々な影響が身体に出る。 ストレスによる身体への不調は脳の伝達エラーによるものもあって一概にメッセージとは言えないが、 それでもストレスによって身体にサインが送られる事は絶対ある。 ストレスの限界一歩手前のサインは身体が言うことをきかなくなる。 ストレスによって不安、イライラ、恐怖、怒り、憂鬱などが長く続いて精神面がボコボコに傷ついていくと様々な事が身体に起きる。 第一段階はおそらく感情が表に出るとかだろう。 これは感情を表に出すことで発散しているからいい。 だがある一定の場所を超えてストレスが限界に近づくと 人の身体は自由に動けなくなる。 それは風邪を引いたときなどと同じように漠然とした様々な体調不良を起こす。 ストレス限界前の危険なサインの症状とは ストレスの本当の限界は命の危険なのだが、人がストレスの限界を感じるのはおそらく精神障害を起こす時だろう。 そのサインはうつ病だったり不安障害、パニック障害、自律神経失調症などにあたる。 だから本来限界前の症状とはこうしたうつ病などだろうが、 だからできればうつ病とかになる前のサインを汲み取りたいところだ! となると身体が出すサインの症状はこうなる。 やる気低下、イライラ、慢性的な不安感、気分の落ち込み、楽しいと思わなくなる、頭痛、身体の痛み、肩こり、腰痛、関節の痛み、腹痛、目の疲れ、動悸、めまい、息切れ、食欲低下、吐き気、便秘、下痢、不眠、ボーっとする事が多くなる、ミスが多くなる、物忘れが増える、などなど。 これは全部出てくるわけではなく人によって症状は様々だ。 ストレスだと思わずにただの疲れとか体調不良だと思ってることが実はストレスのサインだった! 身体のサインを放っといたらうつ病になってしまった!なんて話は本当によく聞く話なのだ。 ストレスは感じたら早急に対処することが最も大切。 基本的に体調不良を起こしたら休む事が最優先なのだが、ストレスサイン感じたら発散することが最優先となる。 それは思いつく限りの楽しい事を探してもいいし、いろいろ調べて発散方法を実践してみるといいだろう。 ストレスは雪原で小さな雪玉が生まれたようなもので、雪だるま式に放おって置くと大きくなって取り返しがつかなくなる。 小さなストレスを舐めてると本当に対処できないサイズのストレスに膨れ上がるのだ。 ちなみに僕の友人はあまりのストレスに思考を閉じて会社で気絶した。 こうならないようにしたいところだ。

次の