天気の子 あらすじ。 天気の子で話題沸騰!キャッチャーインザライを徹底比較 村上春樹訳|おうちで楽しく過ごそう

新海誠監督 映画『天気の子』ネタバレ・あらすじ・感想・結末・解説・考察・評価。陽菜と帆高の衝撃の結末にみるセカイ系とは

天気の子 あらすじ

映画『天気の子』の作品概要 『君の名は。 』( 2016 )の大ヒットから三年。 今や日本で天候不順が当たり前となっている。 現代の人柱は生きることを決意した。 映画『天気の子』のあらすじ・ネタバレ 田舎の堅苦しさが我慢できず、東京へ家出してきた少年、肌高。 両親を亡くし幼い弟を暮らす陽菜が東京で出会う。 天気を自在に操ることができる陽菜とビジネスを始めるが、陽菜の体に異変が現れる。 しかも肌高は警察に追われることに。 雨の東京を舞台に紡ぎだすエネルギーは東京、世界を救う。 二人の恋は雨模様で終わるのか、それとも晴れるのか。 映画『天気の子』の感想・内容・ こんなに雨が気持ちと感じた作品はない 映画を観終わっても、 身体中にさざ波のような震えが続いています。 新海誠監督最新作『天気の子』は振動として永遠に残るような気がします。 後述しますが、それだけではありません。 映画のほとんどは雨が降るシーンで描かれています。 この時勢に天候・雨をテーマに映画を作った 新海誠監督はある意味打算的だと感じます。 それを揶揄する人がいるかもしれませんが、文句は言えないでしょう。 これだけの良作でビジネス的にもヒットするはずだから、文句のある人がいたら 「だったらあなたが先にやれば良かったじゃない」と言ってやりましょう。 新海誠監督は前作の『君の名は。 』の大ヒットのプレッシャーなど物ともせず、 素晴らしい作品を世に送り出したと思います。 現代の巫女さんが選ぶ新たな人生は この映画は雨を降らす巫女さんを現代に投影し、 自然をコントロールしようとする人間の愚かしさや、自己犠牲精神の美しさについても表しています。 空が晴れ渡ると 「今日はいい天気」あるいは雨だと「残念な空模様」などと人々は言います。 でも元々、天気にいいも悪いもありません。 人間が勝手に良し悪しを付けているだけなのです。 晴れて、猛暑になれば今度は「うだるような暑さ」雨が降らなければ「作物が育たない」と苦言をこぼす。 人間は本当に自分勝手な生き物です。 でも自分勝手だから人間とは可愛い生き物であることも認めましょう。 世界各地の民族や部族には少なからずこういった風習はあったことが確認されています。 現代科学では天気予報で気象状況がわかるようになっていますが、古来では 天気を予測できるシャーマン的な人物が村や国単位の組織では重宝されていた理由はわかります。 シャーマンは数年来、自身で蓄積したデータを基にして天気を当てていたと思われます。 そこが 人とは違う能力があったのです。 人間は見えないモノを恐れる傾向にありますから、こういった 人物にひれ伏したり、あるいは邪魔な存在として扱ったのでしょう。 新海誠監督の仕掛けたワナが気持ちいい 本作の晴れ女役の陽菜は天気を自在に扱える能力を持っていたばかりに、死んでしまう運命にあります。 その陽菜に恋しているのが帆高です。 18 歳と 16 歳の少年少女。 二人とも現代社会では圧倒的にアウトローと言えます。 社会の一般常識にとらわれないで生きています。 その設定がとても良いと思いました。 前作『君の名は。 』は高校へ通っている少年少女でしたが、 本作の学校へ行かない二人の方により心を同調していく自分がいました。 それは 新海誠の仕掛けた罠で、懐古思想にたどり着く伏線です。 かつてのこの二人のような若き日が思い出され 「学校なんて行かず、毎日自由に過ごせしていたら」と夢想している自分が映画館にいたのです。 これこそ新海誠の映画に惹かれる大きな魅力なのではないでしょうか。 刹那的そして深い郷愁の念を覚えるのです。 それも若い女性の死が面前に迫ってくるのです。 何とか助けたい一心で頑張る帆高を応援し、共鳴・共感してしまうのです。 昔からありがちな悲恋の物語の大方は余命わずかな不治の病を運命つけられた女性の設定が多いです。 こういった映画は最初から主人公が死という 救出不可能な出来事に向かっていくから観ている側の涙腺も緩みます。 わかっていながら泣いてしまうのです。 『ある愛の詩』『世界の中心で愛を叫ぶ』等。 これは 正に自己犠牲の精神と言えます。 自分の死と引き換えに東京を、そして地球の天候を元どおりにする、という 崇高なる愛なのです。 この自己犠牲の精神について、 日本の近代史になぞらえて考えてみると、間違って使われたことが記憶に新しいのは明らかです。 先の大戦のことです。 とても愚かな自己犠牲がたくさんありました。 それを鑑みなると、この映画のラストはとても納得できます。 新海誠監督は映画を通して 「人生は自分だけのもの」あるいは「愛する人と生きるのが人生」「自由に生きよう!」とメッセージを送っているとはっきりわかりました。 「誰かのために自身の命を捨てるのは愚かだ」ということです。 日本人へ新しい精神性のあり方を提示した作品 日本人は自己犠牲精神を美徳と考える人が多いですが、それはもう昔の話です。 今はそんな考えは必要ありません。 時間は自分に使えよ」となります。 世界では日本人の自己犠牲精神なんて全く評価されないと知って驚きました。 だからこそ、本作『天気の子』は日本の災自然害を舞台に若い男女の 恋愛物語から見えてくる日本人の新しい精神性のあり方について描かれています。 素晴らしい映画です。 *追伸 三葉と瀧くん出てました。 映画『天気の子』まとめ 一言で言うと! この国、この地球の未来は若者のためにあるのだ! 若者が希望を持てる社会を作ることが一番大切だと痛感しました。 本作は天気を操る少女の悲劇的な運命へ向かう展開に涙腺が緩みます。 少女は「わたしがいなければ天気が回復する」という自己犠牲の精神にショックを受ける。 若い少女にそんなことをさせてはいけないと強く思いました。 この国、この世界は若者のためにあるのだ、再び若者を犠牲にするような時代にしてはいけないと思いました。 合わせて観たい映画 【新海誠作品】 映画『ほしのこえ』 新海誠監督の劇場デビュー作品。 地球と宇宙空間の恋愛物語。 映画『雲のむこう、約束の場所』 新海誠劇場長編デビュー作品。 新海誠が映画界に込めるメーセージ。 映画『秒速5センチメートル』 初恋をずっと大事にする青年 映画『星を追う子ども』 新海誠の新たな挑戦の始まりとなった作品 映画『君の名は。 』 時間も空間も距離も異なる世界で生きる高校生の恋物語 映画『天気の子』の作品情報 より一部引用 スタッフ 監督 新海誠 原作 新海誠 脚本 新海誠 製作 市川南 川口典孝 企画 川村元気 プロデュース 川村元気 エグゼクティブプロデューサー 古澤佳寛 プロデューサー 岡村和佳菜 伊藤絹恵 音楽プロデューサー 成川沙世子 キャラクターデザイン 田中将賀 作画監督 田村篤 美術監督 滝口比呂志 演出 徳野悠我 居村健治 CGチーフ 竹内良貴 撮影監督 津田涼介 助監督 三木陽子 音響監督 山田陽 音響効果 森川永子 音楽 RADWIMPS 主題歌 RADWIMPS 三浦透子 制作プロデュース STORY inc. 制作 コミックス・ウェーブ・フィルム キャスト(声の出演) 醍醐虎汰朗森嶋帆高 森七菜天野陽菜 本田翼夏美 吉柳咲良天野凪 平泉成安井 梶裕貴高井 倍賞千恵子冨美 小栗旬須賀圭介 作品データ 製作年 2019年 製作国 日本 配給 東宝 上映時間 114分.

次の

新海誠監督 映画『天気の子』ネタバレ・あらすじ・感想・結末・解説・考察・評価。陽菜と帆高の衝撃の結末にみるセカイ系とは

天気の子 あらすじ

スポンサーリンク 天気の子のネタバレ ここからはネタバレしながら詳しいストーリーを紹介していきます。 帆高、東京へ おはようございます.. !みなさんのところの天気はどんな感じでしょうかね! そして、今日は陽菜さんとあえたらいいな.. 東京は1か月以上も降り続く雨で暗く沈んでいましたが、帆高は希望に胸をふくらませ、雨を気にせずデッキに出ていました。 しかし、急に激しい雨になり、海に投げ出されそうに。 そこを助けてくれたのが須賀圭介でした。 須賀は訳ありの少年、帆高に名刺を渡し、困ったら連絡してくるよう言ってくれました。 そのとき偶然ゴミ箱の中から拳銃を拾います。 オモチャかなと思った帆高は、そのままカバンに入れてしまいます。 ハンバーガーショップでカップスープだけを頼み晩御飯としていた帆高に、アルバイトの女の子がハンバーガーをくれました。 あまりのおいしさに感動する帆高。 彼女は天野陽菜、この後二人は 運命的に再会することになります。 結局仕事が見つからなかった帆高は、フェリーで出会った須賀のことを思い出し、連絡してみます。 須賀はオカルト雑誌に記事を書く、小さなプロダクションの社長でした。 帆高はそこに住みこませてもらって仕事の手伝いや家事をすることで雇ってもらいます。 てっきり無理やりどこかへ連れていかれそうなんだ、と思った帆高は彼女を助けようとしますが、あっさり返り討ちに。 カバンに入っていた銃を取り出し、男にむけて 撃ってしまいます。 ところが銃は本物で、男には当たらなかったものの驚く帆高。 大変な事になりそうだと思った陽菜は帆高を連れて逃げ出すのでした。 陽菜から男には自分から声を掛けた、お金が必要だったからと聞いた帆高は落ち込みます。 そんな帆高に陽菜は「ねぇ、今から晴れるよ」と声をかけます。 あっけにとられる帆高の前で陽菜が祈ると、なんと本当に空が晴れていくではありませんか。 陽菜には天気を晴れにする力があったのです。 お天気お届サービス 「天気の子」インド公開決定とのこと。 インドの方からずっと声が届いていたので、実現できてとてもとても嬉しいです。 — 新海誠 shinkaimakoto 陽菜が母親を失くして、弟の凪と二人で暮らしており、お金が必要なことを知った帆高は、陽菜の力を使った お天気お届サービスを提案します。 ホームページを作って依頼を募集したところ、フリーマーケットの日に晴れにしてほしいと依頼が。 緊張しながらも無事に晴れにすることに成功し、次々に依頼がくるようになります。 しかし、花火大会の日に晴れにしたところがテレビに映ってしまい、依頼がさばききれないほど来てしまいます。 そこで、しばらくお休みすることにして、今受けている依頼を果たしに行くことに。 依頼主はとあるおばあさんで、夫の初盆を晴れにしてほしいという依頼でした。 問題なく依頼をこなしますが、陽菜がもうすぐ誕生日と聞いた帆高はプレゼントに指輪を買いに行きます。 最後の依頼 観ました🌅 中身のことは言えませんが、 さんが好きになりました。。。 さん — CLM CLM10290306 最後の依頼を受けにいくと、なんとそこにいたのは須賀でした。 須賀は妻を亡くし、子供の親権を義母に奪われ、娘には時々しか会えないのです。 しかも娘はぜんそくを患っており、雨の日は発作がひどくて会えなくなってしまう、だから晴れにしてほしいと言うのです。 依頼を果たした帰り道、帆高は陽菜に指輪を渡そうとします。 しかし、振り返ると陽菜の姿はなく、 身体の一部が透けた状態で宙に浮いているではありませんか。 驚く帆高に、陽菜は力が使えるようになったいきさつを話します。 陽菜の運命 昨日、私の疑問に対してみなさん意見ありがとうございました! 中でもしっくりきた意見を主に簡単にまとめて、自分の意見も書いてまとめました!おかげで疑問がいろいろ解決したみたいでスッキリしました。 帆高の親から捜索願がだされているうえ、以前銃を撃ったとき防犯カメラに写っていたのです。 さらに陽菜は凪と未成年二人だけで住んでいることがバレ、児童養護施設にいくことになりました。 それは避けたい陽菜は、須賀から解雇されてしまった帆高と共に逃げ出すことに。 しかし、夏なのに 雪が降り始めやむなく3人でホテルに入ります。 帆高は陽菜に指輪を私、喜ぶ陽菜をみてホッとします。 そこで陽菜は晴れの力を使うたびに身体が透けていったこと、東京の雨を降り止ませるには 自分が空に上がらないといけないことを話します。 そして翌日の朝、陽菜は姿を消しており、外は晴天が広がっていました。 本当に人柱になってしまったことを知った帆高と凪は、陽菜を助けに行こうとするも警察に見つかってしまいます。 警察を振り切り、陽菜が力を得た神社のある廃ビルに走る帆高。 その前に須賀が現れ、一人の犠牲でみんなが幸せになるんだから行くなと言います。 しかし、どうしても陽菜を助けたい帆高は拳銃を出し、窓を撃って押し進もうとします。 その姿を見た須賀は、警察を抑え帆高を行かせます。 神社の鳥居をくぐると帆高は空の上にいました。 そこには陽菜の姿が。 「 俺は晴れより陽菜さんがいい!」と帆高が伸ばした手を陽菜はつかみます。 3年後 陽菜を取り戻した後、島に送り返されていた帆高は、東京の大学に行くことになり、東京に戻ってきました。 この3年間東京は雨が降り続いており、一部が水没した状態です。 自分のせいでと帆高は思いますが、須賀や以前依頼を受けたおばあちゃんと会い、みなたくましく生きていることを知ります。 陽菜に会いに行った帆高は、力がなくなっても空に向かって祈る陽菜の姿をみて涙を流します。 帆高に気づいた陽菜は駆け寄ってきて、二人は抱きしめ合います。 帆高が泣いていることに気づいた陽菜は大丈夫かと心配しますが、帆高は「僕たちは大丈夫だ」と力強く言いました。

次の

天気の子の結末|ラストシーンの陽菜の祈りの内容と謎とその後続編!|MoviesLABO

天気の子 あらすじ

天気の子とは アニメーション映画で前作の「君の名は。 」より3年振りとなる新作映画となっています。 運命に翻弄される少年「森嶋帆高」と少女「天野陽菜」が自分自身の生き方を選ぶするストーリーとなり、「天気の子」の名前とあって普段生活する上で誰もが気にする"天気"がテーマ。 主題歌は前作に引き続きRADWIMPSが担当していることも明かされています。 天気の子の上映日 2019年7月19日(土)全国で公開予定となっています。 また、日本だけでは無く香港やアメリカを始め海外の140の国と地域で上映予定となっています。 140の数字は、前作「君の名は。 」よりも多くなっており、期待の高さが分かります。 天気の子の声優はだれ? 注目が非常に高い「天気の子」の声優た役どころを一言でまとめました。 森嶋帆高:醍醐虎汰朗さん 役:家出をして東京に来た高校生であり主人公 天野陽菜:森七菜さん 役:不思議な力を持つ女の子 須賀圭介:小栗旬さん 役:森嶋帆高が働く編集プロダクションのライター 夏美:本田翼さん 役:須賀圭介の編集プロダクションで働く女性 冨美:倍賞千恵子さん 役:帆高と陽菜にある頼みごとをする老婦人 天野凪:吉柳咲良さん 役:天野陽菜の弟 安井:平泉成さん 役:刑事。 ある事件を追って須賀の事務所を訪問する。 高井:梶裕貴さん 役:安井の相棒 上記出演者は一部ですが、舞台「弱虫ペダル」で主演を演じ話題となった醍醐虎汰朗さんを始め、超人気俳優である、小栗旬さん、本田翼さん、平泉成さんなど豪華な方々が声優を担当しています。 天気の子のあらすじ 始まりは高校一年生の時。 醍醐虎汰朗さんが声優を務める「森嶋帆高」はある思いを抱きどうしても捨てることが出来ず、家出と何ら変わらない形で東京へ上京します。 家出してきた森嶋帆高に支援がある訳でも無く生活も苦しいもの。 苦労して見つけた職業は小栗旬さんが声優を務める須賀圭介の編集プロダクションであり、住み込みで働くこととなります。 そこには本田翼さん演じる夏美さんも働いており、森嶋帆高に与えられたのは「オカルト雑誌」の記事を作成をする仕事。 森嶋帆高の悲しい心とリンクするかのように、いつまでも降り止まない雨が続くある日、1人の少女と出会います。 森七菜さんが声優を務める天野陽菜です。 天野陽菜はある事情があり、弟と一緒に暮らしていますが、とても元気で明るい性格をした女性です。 そして彼女は他の人間には決して持つことがなく理解も出来ない驚くべき力を持っています。 「青空を作ることが出来ます。 」 森嶋帆高の前で空に向かって祈る動作をすると、これまでの降り止まない雨がやみ、雲は無くなり、一瞬で紺碧の青空となりました。 「僕と彼女だけが知っている世界の秘密」 不思議な力を持つ天野陽菜と森嶋帆高が出会ったことにより展開される物語となっています。 天気の子ラストはどうなる? 前作「君の名は。 」では怒涛のラストシーンが展開され全ての伏線も回収し話題となりました。 今作「天気の子」は当記事作成の2019年7月11日現在まだ公開されていないため、ラストシーンは出演者にしか分かりません。 しかし、これまで挙げられている ・天野陽菜の不思議な力 ・天野陽菜のある事情 ・森嶋帆高がオカルト雑誌の記事を作成していること ・倍賞千恵子さん演じる冨美がある頼みごとをする。 上記点が絡み合うことや、平泉成さん演じる安井は警察官です。 警察官が登場するということは、何かトラブルが発生する可能性も非常に高く、「君の名は。 」に負けない怒涛のラストシーンが展開されることが期待されます。

次の