お 気遣い。 「気遣い」の意味とは?使い方の例文や「心遣い」との違いを解説

「お心遣い」と「お気遣い」の違いは?正しい使い方を例文で解説

お 気遣い

この記事の目次• 【1】「気配り上手」と「疲れてしまう気遣い」の違いは何? 気配り上手な人にはなりたいけれど、気を遣いすぎて疲れてしまう事態は避けたい。 誰しもそう思うのではないでしょうか? さらっと気配りできる人には尊敬や感謝が集まります。 しかし、いかにも「あなたに気を遣っています」というのが見え見えの行動をされると、人はかえって疲れてしまうものです。 相手に感謝される「気配り」と、相手も自分も疲れてしまう「気遣い」の違いについて、少し考えてみましょう。 気配り上手のキーワードは「先回り」 気配り上手とは、基本的に「相手がしてほしいと感じることを、先回りして行う」ことができる人のこと。 ここで重要なキーワードは「先回り」です。 先回りして行う「気配り」は、未来予測です。 たとえば、• 魚の定食を頼んだ人に「お醤油が欲しいのでは」と 先回りして手渡す• 誰かのグラスが「空になりそうだな」と 先回りしてメニューを渡す• 書類に判子をもらうとき「朱肉が必要かも」と 先回りして準備しておく など、 相手にとって必要となるモノやコトを予測し準備しておくのが「気配り」の特徴と言えそうです。 疲れてしまうのは「後追いでフォロー」する気遣い 対して、一般的に「気を遣う」ときのシチュエーションを見てみましょう。 たとえば、こんなケースが多いのではないでしょうか。 不機嫌そうな友達に、 気を遣って「どうかした?」と声をかける• 前回遅刻したお詫びに、 気を遣って贈り物を持参する• 「朱肉ある?」と言われて 「気が利かずすみません」と慌てて探し始める これらのシチュエーションに共通しているのは、「過去に起きたこと」もしくは「今現在起きていること」にフォーカスしている点。 先回りの視点は、ここでは見当たりません。 後追いの気遣いでは、すでに起きてしまった悪い出来事を変えることは決してできません。 気遣いによって悪化を食い止めることはできるものの、自分も相手も多少の負担がかかります。 気配りも気遣いも、どちらも決して悪いものではありません。 しかし、未来を見る「気配り」は結果を良い方向へ舵取りし、嫌な気持ちの原因を取り除いてくれます。 そこが、疲れてしまう気遣いとの決定的な違いと言えそうです。 「理由はよくわからないけど、あの人といると居心地が良い」と感じてもらえやすく、異性・同性問わず愛され、慕われやすくなるでしょう。 では、そんなふうに先手を打つにはどうしたらいいのでしょうか? 「気配り筋」を筋トレして気配り上手になれる方法を、6つご紹介しましょう! (1)周囲をよく観察する 気配り上手な人に共通するのは、視野の広さと観察眼の鋭さです。 「相手のグラスが空になった」 「この状況ならペンが欲しいはず」 こうした状況把握は、優れた観察能力があってこそできることです。 まずは観察能力を少しずつ磨いていきましょう。 楽しく会話するのは素敵なことですが、目の前のことや自分の話したい話題ばかりに夢中になっていては、会話の相手の状況や周りの状況に気づけません。 相手が急いでいたり退屈していたりしても、空気を読まずにお喋りを続けてしまいます。 「裏方」の人や行動を想像すると、観察力が育ちます。 同時に、感謝する心の感度も上がっていくので、さりげない気配りをしやすい土壌が自分の中に出来上がっていきます。 当たり前に感じていることを、ちょっと別の「裏方」視点から見てみましょう。 (3)善意を押しつけない どんなに相手のためを思ってとった行動でも、相手がしてほしくないことだったら、気配りどころか余計なお節介になってしまいます。 相手がしてほしいことをするだけでなく、 してほしくないことはしない、というのも気配りの一つです。 そのためには「相手のしてほしいこと、してほしくないこと」をきちんと把握する必要があります。 分からないなら、ときにはきちんと確認することも大切です。 自分がされて嬉しいことをするのは気配りの基本ですが、 人によって感性は異なります。 その当たり前のことを忘れないように気をつけましょう。 たとえば、結婚に興味のない人にしきりにお見合いを勧めるのは、気配りではなくお節介と言えるでしょう。 さらに「良かれと思って勧めてあげているのに、ありがとうも言わない」なんて愚痴を言ってしまったら、それはもう善意の押しつけに他なりません。 自分にとっては嬉しいけれど、相手にとっては嬉しくないことかもしれない。 気配りするときには、常にその可能性を考えながら行動しましょう。 (4)恥ずかしがらずに行動に移す 「今、これをした方がいいのかな」「こうしたら喜びそうだな」と心の中で気づいても、行動に移さなければ何も変わらず、気配りにもなりません。 たとえば電車で席を譲るとき。 なんとなく気恥ずかしい、申し出て断られたらどうしよう。 そんなふうにぐるぐる考え出してしまい、「自分がしなくても誰かが譲るだろうし、ま、いっか」と寝たふりをしてしまう……。 そんな経験はありませんか? そんなときは、思いきって声をかけてみましょう。 断られたっていいのです。 そうした経験の積み重ねが、気配り上手への道なのですから。 (5)感謝を求めない 気配り上手な人は、リターンを求めません。 だからこそさりげなく、さらりと気配りして、気づいたときにはその場からいなくなっていたりするのです。 気配り上手な人は、「やってあげたよ!」と主張しません。 相手が気づこうと気づくまいと変わらず、• 「私がやりたかったからやった」• 「たまたま私が一番近くにいたからやっておいた」 くらいのスタンスで気軽に気配りを振りまいています。 感謝を求めない姿勢も、気配り上手への大きな一歩です。 気配りは、「相手と自分」という狭い世界の中で循環させるのではなく、世界中をぐるぐると大きく循環している親切の輪だと考えてみてください。 Aさんにしてもらった気配りはAさん本人にいつか返さなくちゃいけない、と思うと息苦しくなります。 でもそうではなくて、「他の誰かに返せばいい」と考えれば、解放感あふれる大きな輪がぐるぐると回り出します。 あなたが誰かにした気配りも、いずれは他の誰かから返ってくるものです。 感謝を求めるのではなく、「お互い様」の精神でいきましょう! (5)自分が嫌だと思うことはしない 気配りや気遣いがあまりにも自然にできすぎて、自分が疲れるほどいろいろなものを背負い込んでしまう人がいます。 自分の心に負担をかけすぎてしまっているなら、それは気配り上手とは言えません。 気配りしすぎて「都合のいい人」「使える人」なんて呼ばれてしまうのは心外です。 それを防ぐには、 「自分が嫌だと思うことはしない」というマイルールを意識し、徹底しましょう。 仕事でくたくたになって帰ってきて、もう寝ないと身体が持たないというのに、電話してきた友達の恋愛相談にいやいやながら乗ってあげる、というのも気配りとは呼べません。 こうした行動は、自分にとっても相手にとっても負担になります。 長い目で見れば「あんなに尽くしてあげたのに」という不満が募り、仲違いの原因となる可能性もあります。 自分が嫌だと思うことはしない。 無理をしてまで親切しない。 この線引きはしっかり意識しておきましょう。 (6)心に余裕を持つ 上記の例でも分かるとおり、気配りというのはそもそも自分の心や環境に余裕がないとできないものです。 気配り上手を目指すなら、まず心の余裕をキープできるよう、自分を大切にしてあげてください。 「嫌なこと・無理なことはしない」という他に、• ストレスを溜めない• 自分の本音に耳を傾ける• きちんと人に頼る など、心の余裕をキープできるよう意識しましょう。 とくにまじめな人ほど他人への気配りばかりして、自分への気配りがおろそかになりがちです。 自分から挨拶する• 笑顔を心がける• 返信や連絡を早めにする• 聞き取りやすいようゆっくり話す• 最初から完璧にできなくて当たり前ですし、何度も失敗して、ときには相手に迷惑もかけて、それでも 「気配り上手になろう」と行動を重ねていれば、必ず上達していきます。 状況や相手によって、「されて嬉しいこと」は変わります。 頭の中だけでいくらシミュレーションしても、正解は決して出ないのです。

次の

気遣いをしすぎる内向的な彼女が疲れる!彼女を自然体にするには?

お 気遣い

「気遣い」の意味とは? 「気遣い」の意味は「気をつかうこと」と「懸念」 「気遣い(きづかい)」には主に二つの意味があり、一つは「気をつかうこと」、もう一つは「懸念」です。 「気をつかう」:他人や他のものに気を配り、迷惑にならないような配慮のことです。 人に親切にするという意味もあります。 「懸念」:よくないことが起こるのではないかと心配する気持ちのことです。 「気遣い」が「気をつかうこと」と「懸念」のどちらの意味で使われているかは文脈から判断します。 気配りがされているときには「気をつかう」という意味であり、相手を思い不安を感じ心配しているときは「懸念」の意味で使われています。 「気使い」ではなく「気遣い」 「気遣い」は、漢字では「使い」ではなく「遣い」を使います。 「使う」は主に動詞として用いる一方で、「遣う」は気持ちや心情などを工夫してつかう場合に用いられます。 ただし「気をつかう」とした場合、「つかう」という動詞がつかわれているため「気を使う」と表記することが多くなります。 「気遣い」と「気を使う」には意味上でも違いがあり、「気遣い」は相手に見せる気の使い方に自然であるのに対して、「気を使う」というと「相手に対してこびる印象」があります。 「気遣い」の使い方と例文 「気遣いができる人」とは「他人への配慮ができる人」 人に気をつかうときに「気遣い」という言葉が使われます。 「気遣いができる人」と言えば、相手を配慮して自分よりも相手を優先させたり、相手と共感して一緒に喜びや悲しみを共有できます。 相手に気遣いながらも、見返りを期待しないような人のことを指します。 「粗相がないように気配りをする」• 「彼女は気配りができるので、周囲のスタッフの仕事もはかどる」• 「子供たちが飽きないように、レクリエーション係の人はいろいろと気配りした」 「気遣い」の英語表現 「気遣い」は英語で「considerate」または「worried」 「気遣い」を相手を思いやって気をつかう「心遣い」の意味合いならば「considerate」のほかに、思いやりがある、優しいとも訳せる「thoughtful」や「kind」、「caring」なども使えます。 また「心配する気持ち」という意味の「気遣い」ならば、「worried」や「concerned」などがありますので、どのような状況で「気遣い」を使うかによって使われる英単語も変わってきます。 「気遣い」を使った英語例文• 「気遣い」の漢字表記は「使」ではなく「遣」を使うのですが、「気を使う」では「使」が使われます。

次の

「気遣い」の意味とは?使い方の例文や「心遣い」との違いを解説

お 気遣い

気遣いができる人というのは、ビジネスシーンで、印象をよくするには効果的ですし、なにより社会人として最も大事だと言われる人間関係を円満に築ける人材になっておくと、仕事の面でも助けになるものです。 あなたの周りに気遣いが上手な社会人はいますか?そんな人の特徴を3つに分けてその気遣いのポイントをおさえましょう。 周りの人の顔色や行動を見て、声をかけるだけではなく、プラスアルファの行動力があるのも特徴。 例えば飲み会のときなどは分かりやすいですよね。 サッと食べ物を配ったり、グラスが空いている人がいればすかさず声をかけたり、飲みすぎている人がいれば「大丈夫ですか?」と気遣いの言葉をかけつつお水を渡したり。 楽しみながらも、このような気遣いのできる人は、見習うべき存在ですよね。 お礼を言われて嫌な人はまずいません。 気遣いができるとは、言い換えると「相手の立場に立って考えられること」であるとも言えるでしょう。 これはビジネスの上でも大いに役立ちます。 例えば、先回りして資料を準備しておいたり、相手の次の行動を予測して動くことができるのです。 これには経験も必要になりますが、気遣いの心なくしてはできないことでしょう。 気遣いができる人が使っている言葉の具体例 上記では気遣いのできる人の特徴について紹介していきましたが、参考になりましたか?きちんと気遣いのできる人のポイントはおさえておきましょう。 では、次に気遣いができる人が使っている「気遣いの言葉」を具体的にご紹介します。 例えば気温が高い夏の日に外回りから帰ってきた営業さんに「暑い中お疲れさまです」と声をかける、不在中に伝言メモを残してくれた相手に対し「丁寧な伝言をありがとうございます、助かります」とお礼を直接述べるなど。 挨拶とお礼は、気遣いの言葉の基本だと覚えておきましょう。 具体的には「大丈夫ですか?」「何かお手伝いしましょうか?」などです。 仕事は一人でなんでもできるわけではなく、周囲の協力が必要な場面も多々出てきます。 相手から頼まれるのを待つだけではなく、自ら状況を見て、相手の様子を伺う言葉をかけることは気遣いの心から出る言動と言えるでしょう。 気遣いのできる人は相手をよく見て細かいことに気づける!気遣いの言葉の基本は挨拶とお礼 気遣い上手の特徴は、「相手をよく見て細かいことに気付ける人」であると言えるかもしれません。 思いやりの気持ちを持つことは大前提として、日頃から周りをよく見るクセを付け、相手が喜ぶ気遣いの言葉を使えるよう、意識してみてください。 まずは社会人として、挨拶とお礼から始めてみてはいかがでしょうか。

次の