咳 したら 頭痛 い。 咳をすると頭が痛い原因は?考えられる病気と対処法、治療法を紹介!

咳をすると頭が痛い原因は?考えられる病気と対処法、治療法を紹介!

咳 したら 頭痛 い

風邪 寒気と頭痛が起きたら、まず思いつくのは風邪でしょう。 風邪をひくと、体内に侵入したウイルスに対抗するため、体は体温を上昇させようとします。 それは体の防衛反応で、とても重要な作用です。 この作用を促進させるため、脳内では体温が上がったことを認識しにくくなります。 そのため寒気が生じます。 そして、体温を上昇させるためには血流をよくする必要があり、それにより脳の血管が拡張して 頭痛をともなうことがあります。 風邪の症状は咳・鼻水・腹痛などなど様々ですが、寒気と頭痛という症状は風邪の初期に起こりやすい症状ですので、まず風邪を疑うのは当然ですね。 風邪の場合、寒気と頭痛の後に発熱や咳・鼻水など他の症状も現れます。 風邪を治すには体を休めるのが一番の近道となりますので無理をしないようにしましょう。 また風邪による頭痛の対処法についてはこちらの記事で詳しくお伝えしていますのでぜひご覧ください。 参考: 妊娠 妊娠の初期症状といえば、吐き気や眠気などが挙げられますが、寒気と頭痛が起こる場合もあります。 妊娠すると体中に様々な変化が起こります。 そして、心配・不安・緊張などを伴い、自律神経が乱れやすくなります。 自律神経の乱れによって寒気や頭痛が生じることがあるのです。 体の緊張をほぐすイメージで、ゆっくりとした行動を心がけ、半身浴やストレッチなどで体全体の血流をよくしましょう。 少しずつ自律神経のバランスを取り戻せるようになります。 急性肝炎 急性肝炎では、寒気と頭痛のほか、腹痛・関節痛・倦怠感などの症状も現れ、風邪と間違いやすいです。 しかし、皮膚や目が黄色っぽくなる黄疸という症状が現れるのが特徴です。 寒気と頭痛のほかに黄疸という症状もある場合は急性肝炎が疑われます。 治療が遅れると肝がんや肝硬変などの病気に発展する可能性もありますので、一刻も早く内科を受診しましょう。 他にも肝炎などの肝臓の病気になるとみぞおちに痛みを感じる場合がありますので注意しましょう。 参考: 急性肝炎の治療はとにかく安静に過ごすことです。 十分体を休めて栄養を摂取することで、肝機能が回復するのを待ちましょう。 治療中は肝臓に負担をかけないことが大切です。 アルコール摂取はひかえましょう。 また常用している薬がある場合、弱った肝臓では処理できなくなって蓄積してしまう可能性がありますので、必ず医師に相談しましょう。 肺炎 肺炎は高齢者の命にかかわる病気として非常に多いものです。 風邪と似た症状のため、医療機関を受診せずに悪化するケースも多いです。 寒気と頭痛の他、咳・呼吸困難などの呼吸器系の症状が続く場合は早めに呼吸器内科などを受診しましょう。 細菌性肺炎・マイコプラズマ肺炎・ウイルス性肺炎など様々な種類があり、それぞれに効果的な抗生物質があります。 症状が重い場合は抗生剤の静脈注射などの即効性のある治療が行われます。 参考: パニック障害 パニック障害は精神疾患の一種で、パニック発作が起きた際には強い不安から自律神経のバランスが乱れ、寒気や頭痛が起きることがあります。 パニック障害の原因は解明されていません。 繰り返し発症すると、発症を恐れて外出できなくなるなどの症状も現れ、うつ病にまで発展することもあります。 パニック障害では寒気や頭痛の他にも動悸や息苦しさを伴うことがあります。 参考: 治療は薬物療法と認知行動療法がありますが、一人で進めていくのは大変難しいです。 医師だけでなく、家族や友人などの理解を求め、焦らずじっくり治療を行いましょう。 まとめ 寒気や頭痛が起こると、また風邪かな…と自身で判断してしまいがちです。 風邪の場合は安静にしていれば数日で回復しますが、急性肝炎・肺炎・パニック障害など、早めに治療を行った方が良い病気の可能性もあります。 寒気や頭痛の他に気になる症状がないか、妊娠・急性肝炎・肺炎・パニック障害の可能性はないか、よく考えてみましょう。 自身で判断がつかない場合は迷わず医療機関で相談しましょう。

次の

薬の使い過ぎによる頭痛 予防・対処法と簡単セルフチェック

咳 したら 頭痛 い

咳で頭が痛くなるのは良性囃性頭痛 多くの咳は風邪やインフルエンザで 気管支が炎症を起こすために起こり ます。 咳は身体が 『休んで欲しい』と言っ ているようなもの。 副交感神経が働き、咳をすると 『アセチルコリン』という物質が 自律神経から分泌されます。 アセチルコリンは血管を拡張するの で、脳の神経や頭蓋骨の内部を圧迫 するようになります。 これが咳で誘発されてしまい頭に 痛みが起きると言われています。 咳以外でも起こりやすい 短時間で治りますが、咳以外でも 大笑いしたり、くしゃみでも起き やすく、 脳の神経が刺激される ことによりおこります。 一過性の頭痛ですから、直ぐに治り ますが中には長時間続く事もあり、 その場合には 鎮痛剤を利用すれば 治まります。 風邪やインフルエンザで発熱や頭痛が ある場合、咳で誘発されてしまい、 『ズキズキ』と頭痛が続く事もあるよ うです。 風邪薬との併用は危険ですから、頭痛 が辛いようであれば医師に相談してく ださい。 スポンサーリンク 副鼻腔炎から起きる頭痛 風邪だけでなく、花粉症のような アレルギーで鼻水が大量に増える ことがあります。 異物が鼻に入ることで、炎症を起 こし鼻水が症状として表れます。 副鼻腔は目の奥から鼻に繋がって いるので、咳により回りの神経が 刺激されやすくなるのです。 副鼻腔炎が悪化すると、偏頭痛を 起こしたり、咳と鼻水が同時に症 状として表れるので辛いですね。 鼻を噛むことで、副鼻腔が刺激を 強く感じる為に、咳で副鼻腔から 頭の神経が刺激され酷い頭痛に悩 む事になるのです。 頭痛は何故起きる? 頭痛には緊張性頭痛と偏頭痛、群発 性頭痛があります。 緊張性頭痛はストレスを感じたり、 筋肉の緊張、肩こりなど身体が緊張 する事により、 自律神経のバランス が乱れてしまい痛みが起こります。 咳で頭が痛くなるのは、群発性頭痛 が多いのですが、疲労が蓄積している 身体に風邪を引いたり、 インフルエンザに感染すると、身体の 筋肉の緊張と咳が反応しておこる場合 もあります。 血管拡張による偏頭痛 咳で頭が痛くなるのは、この血管拡張 によるもので、咳により一時的に血管 が広がってしまうために起こります。 中高年の男性は比較的短時間で治まり ますが、 女性の場合はホルモンの関係 から咳により偏頭痛が誘発されること もあります。 女性ホルモンのバランスが乱れてい ると、不調が起きやすく頭痛も起き やすくなります。 無理なダイエットやストレスは、ホル モンバランスを崩しやすく、ちょっと したことで肩こりや頭痛を起こしやす くなるんですね。 群発性頭痛 激しい痛みがある群発性頭痛は、原因が 特定できず、男性に多いものです。 咳により起きる、良性囃性頭痛も女性 より男性の方が多く、アルコールや喫 煙が原因ではないかとも言われていま す。 最近は、女性も喫煙や飲酒の機会は多 いですから男女共に増えているので、 油断はできませんよ。 強い痛みが長時間続くので、咳で頭が 痛くなり治らないようなら、群発性頭 痛を疑っても良いかも知れませんね。 まとめ 直ぐに治まれば良いのですが、体調が悪 いとズキズキと長引く頭痛。 咳で頭が前のめりになり、圧が掛か る事により起きやすいものです。 先ずは落ち着いて深呼吸をし気持ち をリラックス。 緊張が治まると自然に治りますが、 あまりにも痛みが強くなり頻繁に 起きるなら頭痛外来のある大病院 を受診しましょう。 18ビュー カテゴリ: ,• 17ビュー カテゴリ: ,• 16ビュー カテゴリ: , ,• 13ビュー カテゴリ: ,• 12ビュー カテゴリ:• 11ビュー カテゴリ: ,• 11ビュー カテゴリ: ,• 10ビュー カテゴリ: ,• 10ビュー カテゴリ: ,• 10ビュー カテゴリ:• 9ビュー カテゴリ: , ,• 9ビュー カテゴリ: ,• 8ビュー カテゴリ: , ,• 8ビュー カテゴリ: ,• 8ビュー カテゴリ: ,• 8ビュー カテゴリ: ,• 8ビュー カテゴリ: ,• 8ビュー カテゴリ: ,• 7ビュー カテゴリ: ,• 7ビュー カテゴリ:.

次の

咳をすると頭が痛い、頭痛原因対処法

咳 したら 頭痛 い

咳をしすぎると頭痛がくる・・その理由! 咳き込むたびに、どんどん、悪化する頭痛・・・ いちばん重要だと思う原因を、もったいぶらずに言いますと・・・ 咳をする筋肉の使いすぎ だと、思います。 ぜんぜん筋肉を使わずに、咳をすることは、できないと思います。 ゴホ!と咳が出るときには当然、 瞬間的に、激しく、たくさんの筋肉を使いますよね。 咳は、息を吐き出す「呼気」ですので、 息を吐き出すための筋肉・・ 「呼気筋」をよく使います。 それ以外にも、鋭く息を吐き出すために 「顔の筋肉」をたくさん使ったりもします。 真顔のまま、激しく咳をする人は、居ませんよね。 筋肉たちも、1回や2回使われたくらいでは、なんてことも無いのですが・・・ 1日中、咳が出続けるような状況だと、 1,000回とか、それ以上とか、咳をしてしまうこともあります。 そして野球とかで、ボールを1,000回も投げれば当然、 「ボールを投げるための筋肉」が、ダメージを受けたり、痛んだりしますよね。 咳も、激しく1,000回とか、そのくらいしてしまうと、 「咳をするための筋肉」が、ダメージを受けたり、痛んだりしてしまうのです。 咳をする筋肉が、ダメージを受けるのは、わかった。 でも、 それと頭痛とが、どう関係あるの? 「咳をする筋肉」と、「頭痛を起こす筋肉」とは共通部分が多いので、 関係あるのです。 ここで、すべての筋肉の解説は難しいですが・・・ 例えば、咳のときには顔の筋肉を、たくさん使いますよね。 そしてことが、知られています。 なので、咳をすればするほど、顔の筋肉の使いすぎになって、 どんどん、頭痛が悪くなっていくわけです。。 もちろん、咳でダメージを受ける筋肉かつ、頭痛を起こす筋肉・・というのは、 他にも、いろいろあるのですが・・・ このあたりが、「咳のしすぎで頭痛がくる」理由の、 いちばん重要なポイントなのではないか・・と、思います。 そして、原因がわかれば、対策ができます。 咳のしすぎで、どんどん、筋肉が固まっていくのなら・・ どうすればいいの? 以下、解説していきます。 やわらげる最善の手段は「ストレッチ」です 咳によって、いろいろな場所の筋肉を酷使し、 ガチガチに固まってしまう・・・ そしてそのガチガチが、頭痛を引き起こしてしまう・・という状態。 もし、そういう状態になっているのなら、 やるべきは・・・ 頭痛を起こしている筋肉の、ストレッチ だと思います。 のですが・・・ もし、頭痛を起こしてしまうような筋肉が、固まっているのが原因だった場合、 セルフストレッチが成功し、しっかり効かせることができたなら、 頭痛は今よりもだいぶ、やわらぐはずです。 どこのストレッチがいいか?を、ひとつ挙げるとするなら、 は、良いのではないかと思います。 咳で、特に固まりやすいところだと思いますので。 そして・・・当然ではありますが、 咳そのものを止めることができれば、もちろん、問題は解決します。 咳をすぐに、ぴたっと止める方法!というと、 残念ながら、なかなか、無いものなのですが・・・ なぜか、やたらと咳がひどくなっていく・・!という場合、 、ということがあり得ます。 そしてその場合なら、 咳のたびに「鼻から息を吸う」のを心がければ、 もしかしたら、効果が出るかもしれません。 もちろん、あまりにもひどい場合は病院を受診して、 検査してもらったり、咳止めをもらったり・・と、した方がいいでしょう。 ただの風邪だと思っていたら、実は「咳喘息」だった・・とか、 意外にも「肺炎」だった・・なんてことも、無い!とまでは言えませんので。 今回は「咳による頭痛」の原因と、その対処法について、 知っていることを書いてみました。 以前は私も、自分自身の繰り返す咳には、なすすべもありませんでしたし、 そこから起きる頭痛も、ただただ、我慢するしか無かったのですが・・・ 「呼吸の方法」とか「ストレッチ」とかを、しっかりと勉強してみたところ、 そういうことに悩まされることは、もう、ほとんど、なくなりました。 何らかの参考になりましたら、幸いです。 【簡単なプロフィール】 医師として医学を学んできたにも関わらず、自身の、長年続く頭痛を治すことはできず、悩む。 姿勢・ストレッチ、といった領域に興味を持ち、自分なりに実践を重ねることで、 頭痛のほぼ完全な解消が実現する。 現在は姿勢やストレッチを、頭痛に限らない「不調に悩まされない、幸せな生活の基本」と考え、日々、試行錯誤を繰り返している。 これまでに得た情報や、今後さらに学ぶことを発信していくため、このブログを始め、運営している。

次の