アズノールうがい薬 市販。 アズノールうがい液4%の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

軽い炎症や痒みにアズノール軟膏!市販でも買える?

アズノールうがい薬 市販

アズノールうがい液の効果や使い方は?副作用も アズノールうがい液は有効成分としてアズレンスルホン酸ナトリウムが40mg入ったうがい液で、傷を治す作用と炎症を抑える作用といったように二つの作用を持っています。 そして、咽頭炎や扁桃炎、口内炎、急性歯肉炎、舌炎、口腔創傷といったように様々な炎症に効果を示します。 それから、使うときにはコップに100mlのお水かぬるま湯を入れて、一回押しきるか、5~7滴をたらして、かき混ぜたものでうがいをします。 ちなみに、イソジンうがい液には細菌や真菌、ウイルスを抑える作用があるので、感染症予防目的で使うならイソジン、炎症がひどい場合はアズノールうがい液を使うといったように使い分けた方が良いですね。 それから、アズノールうがい液自体は病院で医師に処方箋を書いてもらわないと購入できない処方薬で、薬価は1mlで43. 5円だそうです。 でも、病院を受診している時間がない、市販でできれば買いたいという方には、アズノールうがい液と同じアズレンスルホン酸ナトリウムが入った製品として「ゼピAZうがい薬」や「浅田飴AZうがい薬」が販売されているので、こちらを薬局で買うことをオススメします。 副作用は? アズノールうがい液は安全性の高い薬ですが、副作用が全くないわけではなく、口の中の荒れ、喉の刺激感などが報告されているそうなので、異変を感じたら使用を中止して医師に相談してくださいね。 スポンサーリンク アズノールうがい液は妊婦や子供も使っていい? アズノールうがい液は子供や妊婦さんでも安全に使うことができますので、風邪の引き始めの時など、のどが痛む時の使用もオススメです。 しかし、体質によっては副作用の出る方もいるので、体に影響が現れていると感じるなら、医師に相談してみてくださいね。 まとめ いかがでしたでしょうか? 今回は、アズノールうがい液の使い方や効果と副作用、また、妊婦や子供には使えるのか、といったことなどについても詳しくお伝えしました。 アズノールうがい液は、傷を治す作用と炎症を改善する作用を持つアズレンスルホン酸ナトリウムが主成分のうがい薬なので、5~7滴ほどを100mlの水かぬるま湯に混ぜてうがいをすると良いのでしたね。 そして、口内炎や咽頭炎や扁桃炎、急性歯肉炎、舌炎、口腔創傷といった様々な炎症に効き目があり、妊婦や子供でも問題なく使うことができるとのことでした。 それから、副作用には口内の荒れや刺激などがありますが、起こることはまれで問題なく使えることがほとんどなのでしたね。 また、購入には処方箋が必要ですが、市販では同じ成分の浅田飴AZ うがい薬がオススメなので、炎症で悩まされている時は使ってみてくださいね! 【Amazon. jp アソシエイト】 カテゴリー•

次の

アズノールうがい液の使い方・市販薬はある?

アズノールうがい薬 市販

アズノールうがい液は市販で販売されていません。 そのため、薬局やドラッグストアで購入することはできませんし、楽天やAmazon(アマゾン)のような通販サイトでも購入することはできません。 どうしても購入したい場合は 1、市販の浅田飴 AZうがい薬(100ml)を購入する。 2、海外の個人輸入代行サイトからアズノールうがい液(10ml)を購入する アズノールうがい液の有効成分はアズレンスルホン酸ナトリウム4%です。 市販の浅田飴 AZうがい薬は100L中に0. 5gのアズレンスルホン酸ナトリウム(水溶性アズレン)が入っています。 アズノールうがい液には1mlに40mg、10mlには400mg(0. 4g)の 同じアズレンスルホン酸ナトリウムが入っています。 有効成分が入っている量は だいたい同じですね。 市販の浅田飴 AZうがい薬は量が多くて薄い、 アズノールうがい液は量が少なくて濃いですが、アズノールうがい液も市販の浅田飴 AZうがい薬もどちらも薄めて使うものなので、濃度はお好みの量に調整すればいいので、そんなに問題ではないかとおもいます。 そんなわけで、アズノールうがい液を市販で購入したい方は同じ有効成分の市販の浅田飴 AZうがい薬を購入したらいいかと思います。 市販の浅田飴 AZうがい薬は薬局、ドラッグストアで購入できます。 万が一、お店にない場合は、楽天やAmazon(アマゾン)などの通販サイトで購入することができます。 どうしてもアズノールうがい液を購入したい方はこちらの個人輸入代行サイト(ファミリーファーマシーグローバル)から購入することができます。 ファミリーファーマシーグローバルなら、アズノールうがい液のジェネリック品のアボダースうがい液4%も購入することができます。 こちらの方がジェネリック品で値段が安いのでおすすです。

次の

アズノール軟膏は市販で買える?市販で購入したい方におすすめの通販はここ!

アズノールうがい薬 市販

アズノールうがい液と同じ成分アズレンスルホン酸ナトリウムが入っている、含嗽用ハチアズレ顆粒。 アズノールが液であるのに対してハチアズレは粉なので、それくらいしか違いがないのか思っていました。 が、その他の成分に炭酸水素ナトリウムも入っており、塩味(しょっぱい)ことと溶解粘液作用(ネバネバの原因になる痰やら鼻水をどうにかしてくる?)があるらしいのです。 ということは味はいまいちかもしれないけれど、効きめに関していえばハチアズレの方がうがい薬として優れているのでは?と思いました。 そこで同じ成分の市販薬を手軽に買えるか気になったので調べたところ、 セピーAZうがい液が検索で引っかかりました。 しかし炭酸水素ナトリウムが入っているものの、メインの成分ではなく添加物として書かれているから、効きめは処方せんがないと出してもらえないハチアズレより弱くなってしまうのですね…。 やはり、しょっぱい味よりも清涼感があって使いやすいアズノールうがい液に似た市販薬の方が、世の中に求められているんだなぁと思いました。 あと、市販のセピーAZうがい液は粉でなく液タイプでした。 粉だと溶けるのに手間がかかる(溶けにくい)のも、最近見かける機会が少なくなった理由の1つかもしれない。 スポンサーリンク.

次の