テープ かぶれ 軟膏。 テープかぶれに効く軟膏

湿布やテープでかぶれて水ぶくれができる原因/対処、治療について

テープ かぶれ 軟膏

身近な湿疹・かぶれなどの手当てには、抗炎症作用のある塗り薬がよく用いられます。 抗炎症薬には大きく分けて、 ステロイド系抗炎症薬と 非ステロイド系抗炎症薬があります。 一般的にステロイドの方が速やかに効果を発揮しやすく強い抗炎症効果を示しますが、感染が原因の場合には使えないことや、長期の連用、広範囲への使用には注意が必要などの制限があります。 非ステロイドは、ステロイドのように広範囲への使用や長期使用への制限がなく、感染部位にも使用できるなどのメリットがありますが、効果がマイルドなので一般的には軽症の場合に使用します。 ステロイドというと副作用が強いというイメージから使用を怖がる人もいますが、弱い薬を使用してなかなか治らず悪化したり跡が残ったりする場合もありますので、原因がはっきりしている場合には、ステロイドを使用した方が安全で確実に治療できることも多いのです。 ステロイドは作用の強さによって ウィーク(弱い)から ストロンゲスト(最も強い)の5段階に分類されます。 症状や使用部位に応じて適切な強さのステロイド薬を選ぶことが完治への近道です。 副作用を恐れ、重い症状なのに弱いステロイドを使用すると症状の悪化や慢性化を招いてしまうことがあります。 OTC医薬品には、ウィークからストロングまで3タイプの薬があり、ベリーストロングとストロンゲストの成分は市販されていません。 一般的には大人はストロング、子供にはウィークかマイルドを選択します。 また、顔や陰部などのデリケートな部位にはウィークを選んでください。 OTC医薬品は軽度の皮膚炎の治療に適しているため、症状が重い場合は医師の診察を受けましょう。 また、原因不明の湿疹等にステロイドを使用すると悪化させることがありますので、原因がハッキリしている場合に限って使用してください。 効果の強さ 成分名 ストロンゲスト(最も強い) 市販薬なし ベリーストロング(非常に強い) 市販薬なし ストロング(強い) ベタメタゾン吉草酸エステル、 フルオシノロンアセトニド マイルド(おだやか) プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル、 ヒドロコルチゾン酪酸エステル、デキサメタゾン ウィーク(弱い) プレドニゾロン ステロイドと言うと、「一度使うとやめられなくなる」、「体に蓄積する」、「皮膚が薄くなる」などのマイナスイメージを挙げる人がいますが、用法を守って正しく使用すれば決して怖い薬ではありません。 長期に渡って大量に使用すると副作用の心配も出てきますが、用量・用法を守っているのに副作用が現れることはめったにありません。 また、塗り薬の使用で体に蓄積したり全身的な副作用が出ることもありません。 ステロイド外用剤は患部だけに使用します。 患部以外には使用しないでください。 予防的に使用するのも良くありません。 使用回数は、1日2~3回、清潔な患部に薄く伸ばすようにして塗ります。 ゴシゴシと擦り込むのは皮膚への刺激になるため良くありません。 保湿剤と併用する場合には、保湿剤を塗った上から患部にだけ塗るようにします。 患部をかき壊している場合には、薬を薄くのばしたガーゼで覆う方法が適しています。 使用量は多すぎても少なすぎても効果が薄れるので、必ず適量を使いましょう。 一般的に使用量の目安とされているのが「フィンガーチップユニット」といわれているもので、これは、大人の手のひら2枚分の広さの患部に対して、大人の人差し指の第一関節の長さくらい(約0. 5グラム)の薬の使用が適しているという指針です。 湿疹や皮膚炎にかゆみはつきものです。 かき壊してしまうとジュクジュクしてきたり、水ぶくれができたり、白いウミが出てきたりすることがあります。 皮膚には本来バリア機能があって細菌が繁殖しにくくなっていますが、かき壊すことで欠損した表皮から細菌が入り込んで繁殖し化膿してしまうのです。 化膿した皮膚では更なる炎症が起こり、症状が悪化してしまう恐れがあります。 このような場合には炎症の根本に作用するステロイド薬できちんと炎症を抑えることが必要ですが、前述したようにステロイドには免疫抑制作用があるので、細菌と戦う生体の免疫を抑制してしまい逆に細菌の繁殖を助けてしまう心配もあります。 従って、化膿している場合には、細菌の増殖を防ぐ働きのある抗生物質が配合されたステロイド薬が有効です。 抗生物質配合のステロイド外用剤の使用方法も通常のステロイド外用剤と同じです。 免疫抑制作用がなく作用もマイルドなので顔、唇や陰部などのデリケートな部分にも安心して使え、赤ちゃんのおむつかぶれや、よだれかぶれなどに繁用されています。 デリケートな部分や小さなお子さんにステロイド外用剤を使用する場合には、できるだけ使用期間を短くすることが望ましいので、症状が改善してきたら非ステロイド剤に切り替える使い方もあります。 ただし、細菌を抑制する効果はないため、化膿性の皮膚炎に用いることはできません。 非ステロイドの外用剤には痒み止め効果のある抗ヒスタミン薬や局所麻酔薬などと配合されていることが多いので、痒みなどの症状もすばやく鎮めてくれます。 使用回数や期間もステロイドほど気を使う必要がありませんが、ごく稀に薬の使用で接触皮膚炎を起こすことがあります。 塗布直後の一過性の軽い刺激感や熱感は心配いりませんが、症状が続くようなら使用を中止してください。

次の

【2020年】ステロイド塗り薬、リンデロンを3分で解説!【種類・効果・副作用】

テープ かぶれ 軟膏

かぶれは、皮膚に接触するあらゆるもので起こり得ます。 化粧品、植物、食べ物、アクセサリーなどの金属、医薬品などによって生じます。 医薬品では、テープ剤やローション剤などで起こります。 目薬によってまぶたがかぶれることもあります。 刺激性 皮膚の細胞を刺激することによって起こります。 大抵は、刺激が加わってからすぐに炎症が起こります。 アレルギー性 皮膚に入ってきた物質を、免疫細胞が異物と判断することによって起こります。 免疫細胞のT細胞が記憶することによって感作が成立します。 少し時間がたってから(24~48時間くらい)症状がひどくなります。 外用薬によるかぶれ 外用薬によるかぶれは、刺激性とアレルギー性のどちらも起こり得ます。 外用薬は、有効成分だけでなく 添加剤が含まれます。 テープ剤などでは 粘着剤も含まれます。 外用薬に含まれる物質のいずれかが原因てかぶれが起こります。 例えば、添加剤が刺激性のかぶれを引き起こしている場合があります。 有効成分がアレルギー性のかぶれを引き起こしている場合もあります。 特に、抗菌薬や非ステロイド性消炎薬がアレルギー性のかぶれを引き起こす頻度が高いようです。 外用薬でかぶれたら 薬を中止する、調節して使用する、炎症を抑える塗り薬を使用するなどの対策が必要になります。 薬を中止する かぶれの原因となった外用薬を 使わないことが大切です。 外用薬に含まれる物質のうち、何が原因かを突き止めるにはパッチテストが必要です。 しかし、大抵はそこまで行うことはなく、他の薬に切り替えることで改善します。 同成分のものに変更する 同じ成分の、ほかのメーカーのものを試すことができます。 同じ成分の薬でも、別のメーカーのものであればかぶれないということもあるからです。 その場合は、有効成分ではなく添加剤や粘着剤がかぶれの原因と考えられます。 例えば、消炎鎮痛薬のフェルビナクは、市販薬でもいくつかのメーカーのものがあります。 別の成分のものに変更する 有効成分が原因の可能性があるため、全く別の薬に変更します。 特に、消炎鎮痛薬のテープ剤などは、様々な成分のものがありますので、そちらを検討できます。 例えば、ロキソニンテープでかぶれた場合に、フェルビナクテープに変更してみることがあります。 調節しながら使用を継続する 医師の判断で、調節しながら使用を続けることがあります。 市販薬でかぶれた場合は、使用を継続してはいけません。 特に処方箋医薬品の場合は、ほかの成分やほかのメーカーのものがない場合があります。 その場合は、医師の判断で薬を中止をしたり、再開したりしながら使用することがあります。 また、少しずつ位置を変えながら使用することもあります。 炎症がひどい箇所にはステロイドなどの炎症を抑える塗り薬を併用する場合があります。 塗り薬を使用する 炎症がひどい場合は、炎症を抑える 対症療法として塗り薬などを使用することができます。 市販薬でひどいかぶれが生じた場合は、医師に診てもらう事をおすすめします。 光線過敏症 特殊な例ですが、薬を使用したところに 紫外線が当たることで炎症が起こることがあります。 特に、ケトプロフェンテープによる光線過敏症が有名です。 ケトプロフェンテープを貼っているところに紫外線が当たることで、かぶれてしまうことがあります。 テープをはがしたあとに紫外線が当たることでも炎症が起こります。 貼付したところは4週間は日光が当たらないようにすることが必要です。 まとめ ・外用薬によるかぶれは、刺激性とアレルギー性があります。 ・外用薬に含まれる有効成分、添加剤、粘着剤などが原因で刺激性あるいはアレルギー性のかぶれが生じることがあります。 ・他のメーカーの製品に変更する、他の有効成分の製品に変更するなどの対策があります。 そのようにして、自分に合った外用薬を見つけましょう。 参考資料:皮膚かぶれ(接触皮膚炎)とその対策(マルホ).

次の

湿布かぶれとその対処法

テープ かぶれ 軟膏

1.リンデロンVG軟膏とは? まずは、リンデロンVG軟膏の基本的な知識を解説します。 1-1. リンデロンVG軟膏の成分と作用 リンデロンVG軟膏は、細菌の感染の可能性がある、又はそのおそれのある湿疹、皮膚炎、乾癬(かんせん)などの治療に使用します。 リンデロンVG軟膏の主な成分は2つあります。 湿疹、皮膚炎、かぶれ、虫刺されなど、様々な皮膚疾患に対して、幅広く使用されます。 ただし、明らかな感染症があるときは、別途感染症に対する治療も必要です。 医師とよく相談しましょう。 最も強い(Strongest) 2. とても強い(Very Strong) 3. 強い(Strong) 4. 普通(Medium) 5. 弱い(Weak) 皮膚の炎症の重症度によって、ステロイドの強さを選びます。 炎症がひどいほど、強いタイプのステロイド塗り薬が候補に挙がります。 しかし、全く同じような症状でも、本人の年齢・体質などの背景によって、適したお薬は変わります。 また、使用する場所によっても、どのステロイドの塗り薬が適しているかは変わります。 この数値が高いほど、お薬の作用が強いとされ、作用の強さを示すひとつの指標となります。 1-2. リンデロンVG軟膏の使い方 リンデロンVG軟膏は、伸びがよく、ほとんど匂いもないため、塗りやすいお薬です。 症状に応じて、医師から適量や塗る回数などの指示があると思いますので、医師の指示を守って、患部を清潔にしてから塗るようにしましょう。 万が一、指示されている時間帯に塗り忘れたことに気づいた場合には、気づいたときに塗って問題ありませんが、その場合には、次に塗るタイミングをずらすようにしましょう。 塗り薬は、局所的に作用をするため、副作用の心配はほとんどありません。 しかし、長期にわたって使用したり、広範囲にわたり使用を続けたりすると副作用のリスクが高まるため、必ず医師と都度相談しながら使用するようにしましょう。 顔面、頸、わきの下、陰股部は皮膚がうすく、副作用が出やすいので、効果の弱いステロイドを用いるか、塗る回数を工夫することが必要です。 また、本来、医師に指示されている場所以外で使用すると、塗布できる場所に適していない場合があり、副作用を引き起こす可能性があります。 必ず、医師の指示どおりに使用するようにしましょう。 2.その他のリンデロンシリーズとの違いと使い分け リンデロンと名前がつく塗り薬として、リンデロンVG軟膏の他に、リンデロンV、リンデロンDP、リンデロンAの塗り薬があります。 名前の最後のアルファベットに違いがあり、含まれている成分やステロイドの強さが違ってきます。 また、軟膏の他にも、クリーム、ローションのタイプもあるため、その使い分けも解説します。 2-1. 抗炎症作用のみを期待したい:リンデロンV リンデロンVの主な成分は、ステロイド成分のみです。 疾患・症状によっては、比較的皮膚が薄い部分(顔まわりや外陰部など)にも使用することがあります。 2-2. より高めの抗炎症作用を期待したい:リンデロンDP リンデロンDPの主な成分は、ステロイド成分のみにです。 ステロイド成分のみになるので、抗炎症作用を期待して、湿疹、皮膚炎、かぶれ、虫刺されなど、様々な皮膚疾患に対して使用されます。 一般的には、やや強めのタイプですので、皮膚が薄い部分(顔まわりや外陰部など)には使用せず、手足や体幹など皮膚の厚い部分に使用します。 2-3. 目や耳、鼻などに使用する:リンデロンA リンデロンAの主な成分は、2つあります。 眼・耳科用の軟膏、点眼・点鼻用の液のタイプがあります。 2-4. 軟膏・クリーム・ローションの使い分け 主に、軟膏、クリーム、ローションのタイプがあります。 それぞれの特徴について説明します。 また刺激性が少ないのも特徴です。 その反面、べたつき感やテカテカ感があります。 潰瘍やびらんなどジュクジュクしている患部から、アトピーやかさぶたなど乾燥している患部まで、幅広く使用することができます。 伸びがよく、軟膏ほどべたつきが少ないため、広範囲に塗りやすいです。 また、皮膚への浸透性が良いことも特徴です。 その反面、刺激性があり、潰瘍やびらんなどジュクジュクしている患部には適していません。 使用感が良いため、露出のある肌に塗る場合に好まれたり、足のかかとなど皮膚が硬い患部に使用することがあります。 即効性はある一方で、持続力がありません。 軟膏やクリームでは対処しづらい、頭部などの毛が多い部位に対してよく使用されます。 3.リンデロンVG軟膏の副作用と注意点 3-1. リンデロンVG軟膏の副作用 塗り薬は、 局所的に作用をするため、広範囲への使用や長期にわたって大量に使用せず、短期間で正しく使用する分には、副作用の心配はほとんどありません。 但し、稀に次のようなステロイド特有の副作用症状が出ることもあります。 詳しくは、添付文書を確認していただくか、医師や薬剤師に確認するようにしましょう。 乳幼児では効果が成人に比べてつよく出やすいので、成人より1つランクの低い弱いステロイドをすすめられることもあります。 代表的な副作用症状(一部) ・毛細血管拡張・・・血管が浮き出てみえる ・皮膚萎縮・・・皮膚が薄くなる ・皮膚に赤みがでる ・にきび ・皮膚感染症 ・過敏症、接触性皮膚炎・・・発疹・発赤、かぶれ など 又、稀に、まぶた周辺に使用したときや、大量又は長期にわたって広範囲に使用すると下記のような副作用が出ることもあります。 ・眼圧亢進、緑内障、後嚢白内障 目が見えにくい、目がかすむ、目の痛み、まぶしいなど、目に異常を感じた際は、早めに医療機関を受診しましょう。 通常は、その塗り薬の使用を中止することや使用方法を変更したりなど行うことで症状は回復します。 万が一、このような症状がみられた場合には、直ぐに医療機関を受診し、医師の判断を仰ぐようにしましょう。 その一方で、皮膚の症状が改善したら、塗る回数を減らしたり、ステロイドの強さを弱くしたりすることがありますが、やめるときも、自分で勝手に急に使用を中止すると皮膚の炎症が再燃する可能性もあるので注意しましょう。 またそのため、症状の変化を見逃さないように定期的に医療機関を受診することも大切です。 3-2. 使用上の注意点 自己判断で勝手に使用すると、思いもよらない副作用を引き起こす可能性があるため、必ず医師や薬剤師の指示を仰ぐようにしましょう。 というのも、今回の説明のとおり、リンデロンと名がつくお薬だけでも、種類によって、作用の強さや適した患部などには特徴があります。 そのため、同じリンデロンだから良いかと自己判断で使用した場合、思いもよらない副作用を引き起こしてしまう可能性があります。 家に余った塗り薬があったとしても、必ずその処方元の医師や薬剤師にまずは相談するようにしてください。 また、 お薬には、使用期限があります。 一般的に塗り薬の場合、パッケージ(軟膏の場合は、チューブの端の部分)を確認していただくと、使用期限の記載があります。 高温になるような場所で保管をしておらず、未開封のものであれば、その期限を参考にしてもらって大丈夫です。 しかし、開封してしまっている場合や、混合された塗り薬などで別の容器に移されてもらっている場合には、早めに使いきるようにしましょう。 古いものは、正しい効果が期待できないことや、悪影響を与える可能性もあるため、使用せずに破棄するようにしましょう。 4. リンデロンVG軟膏は市販で購入できる? リンデロンVG軟膏と全く同じ2つの成分ではありませんが、同じステロイド成分を含んだ市販薬が販売されています。 購入を希望される際には、店頭にて相談するようにしましょう。 5.おわりに 今回は、リンデロンVG軟膏について効果・副作用を解説するとともに、リンデロンシリーズの使い分けや市販で購入することができるのか?に関してもあわせて説明しました。 リンデロンVG軟膏は、ステロイド成分と抗生物質を含み、様々な皮膚疾患に対して使用されるお薬です。 また、同じリンデロンとつく名前のお薬でもアルファベットによって、含まれている成分やステロイドの強さが変わってきます。 市販でも、リンデロンVG軟膏と全く同じものはありませんが、似たような塗り薬は購入することが可能です。 ぜひ、本記事を参考に正しいお薬の知識を深め、安心安全に使用するようにしましょう。

次の