ポケモン go ハイパー リーグ。 【ポケモンGO】ハイパーリーグのおすすめ最強パーティと編成のコツ【GOバトルリーグ】

【ポケモンGO】ハイパーリーグおすすめパーティ!流行・定番型から出し負け対応・能力ダウン戦略編成を紹介|ポケらく

ポケモン go ハイパー リーグ

アローラ・ベトベトンの強さ タイプ耐性超優秀 「アローラ・ベトベトン」の大きな魅力の一つは、 弱点タイプが「じめん」のみという点です。 「じめん」技に注意すれば一度の攻撃で大ダメージを受ける場面は少なく、耐久力もそこそこ高いため 多くのポケモンに対応できる耐久汎用型として立ち回ることができます。 「あく」タイプ・技が耐久型のポケモンに刺さる 「アローラ・ベトベトン」は ハイパーリーグでは数少ない 「あく」タイプ技の使い手です。 (他に「あく」技使いはハガネール・ギャラドスがいる) 「あく」タイプの攻撃をタイプ一致で撃つことができ、 ハイパーリーグで耐久が非常に高い 「ギラティナ」「クレセリア」「アーマードミュウツー」の弱点を突くことができます。 これらのポケモンに苦戦している場合は、育成する価値があります! 「どく」技がフェアリータイプに刺さる 攻撃面ではタイプ一致で放つことができる 「どく」タイプ技が、ハイパーリーグを無双している「フェアリー」タイプの 「トゲキッス/ピクシー」に効果抜群です。 このように、ハイパーリーグでは 環境トップのギラティナやトゲキッスに有効技を持ち、 耐久力と耐性の高さでレジスチルにも互角近いバトルができる数少ない優秀なポケモンです!• 威力・ゲージ増加バランス良く優秀• トゲキッス /ピクシーに効果抜群 ノーマルアタックをゲージ増加が速い 「バークアウト」とすることで、 強力な「あく/どく」技を高回転で放つことができます。 耐久力も活かした一番おすすめのノーマルアタックです。 特定の相手を意識した特化型とするのであれば、「かみつく」または「どくづき」も有効です。 ゲージ増加は遅くなりますが、ノーマルアタックだけで相手のHPを削っていくことができます。 汎用型であれば「あくのはどう/ヘドロウェーブ」 ゲージ増加が速い「バークアウト」と相性が良いスペシャルアタックは、 タイプ一致で高威力の 「あくのはどう」と「ヘドロウェーブ」です。 必要エネルギー(ゲージ)が少ない「あくのはどう」を主力技とし、どく技が有効な「フェアリー」や「くさ」タイプには「ヘドロウェーブ」が有効です。 特化型は「アシッドボム」もアリ 「かみつく/どくづき」としてノーマルアタックで攻めていく場合は、 スペシャルアタックに「アシッドボム」を覚えさせるのもアリです。 「アシッドボム」は 確定(確率100%)で相手の攻撃を2段階下げることができるため、中長期戦や「アシッドボム」を撃って別のポケモンにすぐ交代という戦略的バトルもできます。 ただし、ダウン効果を受けた相手ポケモンが交代すると、効果がリセットされる点に要注意です。 「じしん」が効果抜群• 高回転 「ハイドロカノン」も有効 ニョロボン・フェアリータイプポケモンが優秀 「アローラ・ベトベトン」の 「あく」にタイプ耐性がある 「ニョロボン」は対策ポケモンとして優秀です。 「ニョロボン」は「かくとう」タイプの攻撃でレジスチルなど「はがね」タイプにも強く出てるため、ハイパーリーグ育成おすすめポケモンです。 また、 「フェアリー」タイプポケモンも「あく」タイプの攻撃に耐性があり有利にバトルができます。 ラグラージで一気に決める ハイパーリーグで大人気の 「ラグラージ」も互角以上のバトルができます。 ただし「アローラ・ベトベトン」の攻撃にタイプ耐性があるわけではないため、 特化型だったりまともにスペシャルアタックを受けるとそれなりのダメージになります。 弱点を突くことができる「じしん」にこだわらず、 高回転で撃てる強力な「ハイドロカノン」でも攻めて長期戦にならないようにするのがおすすめです! GOバトルリーグ情報 以下にGOバトルリーグ開催スケジュール・報酬・各リーグ情報などのページをまとめています。

次の

【ポケモンGO】まろが選ぶハイパーリーグ3体パーティ(まろパ)

ポケモン go ハイパー リーグ

3月28日にGOバトルリーグシーズン1のハイパーリーグが開幕して1週間が経過しました。 他のプレイヤーが使用しているポケモンや先発の情報は収集できていますか? この記事ではWeb上の情報からピックアップした5名の実戦データをもとに、ハイパーリーグでのポケモンの採用率・先発率についてのデータまとめと分析を行っていきます。 サンプリングデータの出典 ハイパーリーグは3月28日からのスタートでまだデータが少ないですが、今回はTwitter、YouTube、Reddit等でそれぞれ対戦結果を掲載している5名のプレイヤーさんのデータをもとに集計・分析をしています。 カネールさん ランク10到達プレイヤーであり、やに寄稿されている敏腕トレーナーです。 詳細データがリンク先に載っています。 via: 上位レート 2500以上 は世界が違う• 上位3種 ギラティナA、 ラグラージ、 レジスチル が採用されるポケモンの5割を占める。 多様性があまりない環境?• 他のレート帯ではあまり見られない、 上位3種をメタるためのポケモンが充実している• メガニウム:くさ技・地震でラグラージ・はがね対策• ダーテング:くさ技・あくのはどうでギラティナ対策• シュバルゴ:はがね&フェアリータイプ対策かつ苦手が少ない• フシギバナという強くてお手軽なポケモンが全然採用されておらず、育成が非常に面倒な レジスチルの採用率が極めて高い。 このレート帯ではコストという概念は存在しないのだろう• ギラティナAの一強体制は揺るがない。 勝ちたければギラティナを使え!• 強さとコストのバランスの良さもあるのか、 ラグラージ、 フシギバナ、 リザードンなどいわゆる 御三家ポケモンの採用率が高い傾向• ギラティナ対策ポケモンとしてお手軽?な トゲキッスの人気が特に高い• トゲキッス等フェアリーを止めるための レジスチルに代わるはがねタイプの需要が発生している• エンペルト• メルメタル• ハガネール• ハッサム• ルカリオ• メタグロス• 一定割合 無視できない割合 で存在する 「好きなようにGOしよう 勝敗関係なく好きなポケモンを使う 」勢• 本当に手持ちのポケモンが足りなくて CPが高い伝説ポケモンやとりあえずコミュニティデイで取ったポケモンを使わざるを得ない勢の存在• このデータではごく一部でしか存在しないが、ランク7に到達してからわざと負け続けてランクを落とす 「タンカー」がいることの確認.

次の

【ポケモンGO】トレーナーバトルの鬼がオススメする「ハイパーリーグ用に育てたいパーティ」第1弾

ポケモン go ハイパー リーグ

3月28日にGOバトルリーグシーズン1のハイパーリーグが開幕して1週間が経過しました。 他のプレイヤーが使用しているポケモンや先発の情報は収集できていますか? この記事ではWeb上の情報からピックアップした5名の実戦データをもとに、ハイパーリーグでのポケモンの採用率・先発率についてのデータまとめと分析を行っていきます。 サンプリングデータの出典 ハイパーリーグは3月28日からのスタートでまだデータが少ないですが、今回はTwitter、YouTube、Reddit等でそれぞれ対戦結果を掲載している5名のプレイヤーさんのデータをもとに集計・分析をしています。 カネールさん ランク10到達プレイヤーであり、やに寄稿されている敏腕トレーナーです。 詳細データがリンク先に載っています。 via: 上位レート 2500以上 は世界が違う• 上位3種 ギラティナA、 ラグラージ、 レジスチル が採用されるポケモンの5割を占める。 多様性があまりない環境?• 他のレート帯ではあまり見られない、 上位3種をメタるためのポケモンが充実している• メガニウム:くさ技・地震でラグラージ・はがね対策• ダーテング:くさ技・あくのはどうでギラティナ対策• シュバルゴ:はがね&フェアリータイプ対策かつ苦手が少ない• フシギバナという強くてお手軽なポケモンが全然採用されておらず、育成が非常に面倒な レジスチルの採用率が極めて高い。 このレート帯ではコストという概念は存在しないのだろう• ギラティナAの一強体制は揺るがない。 勝ちたければギラティナを使え!• 強さとコストのバランスの良さもあるのか、 ラグラージ、 フシギバナ、 リザードンなどいわゆる 御三家ポケモンの採用率が高い傾向• ギラティナ対策ポケモンとしてお手軽?な トゲキッスの人気が特に高い• トゲキッス等フェアリーを止めるための レジスチルに代わるはがねタイプの需要が発生している• エンペルト• メルメタル• ハガネール• ハッサム• ルカリオ• メタグロス• 一定割合 無視できない割合 で存在する 「好きなようにGOしよう 勝敗関係なく好きなポケモンを使う 」勢• 本当に手持ちのポケモンが足りなくて CPが高い伝説ポケモンやとりあえずコミュニティデイで取ったポケモンを使わざるを得ない勢の存在• このデータではごく一部でしか存在しないが、ランク7に到達してからわざと負け続けてランクを落とす 「タンカー」がいることの確認.

次の