ハッピーエンドをはじめから コード。 コードブルーはなぜ2019年に再放送している?映画の地上波はいつか調査

それでも、ハッピーエンド(橋爪駿輝) : ソニー・ミュージックエンタテインメント

ハッピーエンドをはじめから コード

キーはF マイナー またはAメジャー で、楽譜だと が3つの調です。 同時に、back numberの楽曲でオーケストラの壮大なイントロはあまりイメージがなかったので、その先を聴く楽しみも芽生えました。 Aメロ~Bメロ ストリングスは一旦お休みで、ピアノとアコギのコード弾きのメロディーが始まります。 Bメロは再度ストリングスが入り、コード進行もイントロと似た、悲しい感じの進行に戻ります。 J-POPのあらゆる分野で非常に多く使われており、back numberでも、「高嶺の花子さん」や「SISTER」といった人気曲のサビがこの進行です。 楽器なら「ピッチシフト」とか「ピッチベンド」みたいな言い方がありますが…)。 更に、その小説の最後の1拍では、ストリングスの音で「ソ」の音が強調されています。 これは、コード譜に示したC 7にも、本曲の調であるF マイナーのスケールにも含まれない音であるため、一瞬ですが非常にインパクトがあります。 本当はコードの表記にも反映させようと思ったくらいですが(GdimとかCとか 、おそらく「ソ」の音を出しているのはストリングスだけで、逆にギターなどでこの音を強調して演奏すると、違和感が大きくなってしまうように思えたので、コード譜にはC 7のみしか書いていません。 あとは歌詞についての感想。 タイトルは「ハッピーエンド」ですが、歌詞を聴く限りでは、「本当は別れたくないけど、無理やりハッピーエンドに持っていこうと強がっている女性の、切ない失恋」を歌っているように思います。 イントロのところでも少し触れましたが「ハッピーエンド」というタイトル、ある程度楽しそうな楽曲という先入観を持ちながら聴いたため、とてもインパクトを感じました。 本曲はバックナンバーの楽曲の中でも、かなり人気が出るのではないでしょうか。 王道進行というのもありますが、メロディーも歌詞もアレンジも、僕個人としてはかなり好みの楽曲でした。

次の

back number「ハッピーエンド」のコード進行解析と楽曲の感想 ※11/21 フルコーラス追記

ハッピーエンドをはじめから コード

キーはF マイナー またはAメジャー で、楽譜だと が3つの調です。 同時に、back numberの楽曲でオーケストラの壮大なイントロはあまりイメージがなかったので、その先を聴く楽しみも芽生えました。 Aメロ~Bメロ ストリングスは一旦お休みで、ピアノとアコギのコード弾きのメロディーが始まります。 Bメロは再度ストリングスが入り、コード進行もイントロと似た、悲しい感じの進行に戻ります。 J-POPのあらゆる分野で非常に多く使われており、back numberでも、「高嶺の花子さん」や「SISTER」といった人気曲のサビがこの進行です。 楽器なら「ピッチシフト」とか「ピッチベンド」みたいな言い方がありますが…)。 更に、その小説の最後の1拍では、ストリングスの音で「ソ」の音が強調されています。 これは、コード譜に示したC 7にも、本曲の調であるF マイナーのスケールにも含まれない音であるため、一瞬ですが非常にインパクトがあります。 本当はコードの表記にも反映させようと思ったくらいですが(GdimとかCとか 、おそらく「ソ」の音を出しているのはストリングスだけで、逆にギターなどでこの音を強調して演奏すると、違和感が大きくなってしまうように思えたので、コード譜にはC 7のみしか書いていません。 あとは歌詞についての感想。 タイトルは「ハッピーエンド」ですが、歌詞を聴く限りでは、「本当は別れたくないけど、無理やりハッピーエンドに持っていこうと強がっている女性の、切ない失恋」を歌っているように思います。 イントロのところでも少し触れましたが「ハッピーエンド」というタイトル、ある程度楽しそうな楽曲という先入観を持ちながら聴いたため、とてもインパクトを感じました。 本曲はバックナンバーの楽曲の中でも、かなり人気が出るのではないでしょうか。 王道進行というのもありますが、メロディーも歌詞もアレンジも、僕個人としてはかなり好みの楽曲でした。

次の

コードギアスってハッピーエンドだったのですか?

ハッピーエンドをはじめから コード

最善の形 での終わり方だったのではないでしょうか。 人間の"愚かさ"と"強さ"を強く描いた作品だったと思います。 罪を償うことはできません。 それを背負い続けなければならないという一つの答えだったのだと思います。 現実から目を背けたナナリーは、結果、残酷な答えを知りスザクと共に人々を欺き続けるという道に辿り着きました。 黒の騎士団の面々も、多くの仲間を失い、良し悪しは別に、自分達の望んだ以外の結果になりました。 迫害を続けたブリタニアは言うまでもなく、 カレンは最愛の人を亡くし、CCはまた永久の時を歩きます。 スザクは平和の訪れた世界に自分という存在を現すことができなくなくなり、 ルルーシュは自分が導いた世界を見ることが適いませんでした。 二律背反する言い方ですが、 あの作品はハッピーエンド・バッドエンドで無しに、 「この物語 人の歩んだ物語 に終わりはないんだよ」 というようなことを言いたかったのだと思います。 わたしの友人なんか、ラストでCCの馬車の御者がルルーシュで、死んだ振りして世界を一つにまとめて、二人でどこかで世界を見守っている、そう主張してやみません 困ったことに、この話はギアスとかコードが人を不死身にする設定で、ルルーシュが生きててもおかしくないんですよね。 ピカレスクロマンと銘打っているんで、別に勧善懲悪である必要もないから、ルルーシュがどっかで舌だしていてもいいようにも思えますし ごくごく常識的に考えると、もともとブリタニアの暴走でみんなが苦しんでいたので、世界が平和になってよかった。 基本的にはハッピーエンドでしょう 以下、完全な私見 ルルーシュさんは何をしたかったのかよくわかりません。 が、はじめは親子喧嘩でしたから、父親越えを果たした時点でハッピーだったんじゃないでしょうか スザクさんは自分を罰したくてたまらない人なんで、ああやって影に生きるしかなかったと思いますから、アンハッピーなハッピーエンドという奇怪なエンドですね。 ドMですね ナナリーさんはあんまりハッピーじゃないでしょうね。 大好きなお兄ちゃんは死んじゃったっぽいですから。 スザクさんが今後まともに立ち直れば、二人で楽しく生きていける余地はありますが 個人的に主要キャラで哀れを禁じ得ないのが以下、三人 紅月カレン。 ルルーシュにさんざん振り回された挙げ句、CCに嫉妬したりと醜態を晒し、偽処刑と最後までだまされ続けました。 カレン母はジャンキー治ったのかな?だったら救いはあったのかも シュナイゼル。 超絶VTRにしてやられた。 強引に負けにされたのも悲惨なら、永劫ギアスで縛られ、その超頭脳を不本意に使用される末路も悲惨。 究極のバッドエンド。 オレンジくんは解いてあげないんだろうなぁ 虐殺皇女。 ギアス暴走とかいう、完全に強引な展開。 強引に殺されたが、死ぬ必要もあんまりなくて、誰かを悲惨に殺して、物語を深刻に悪趣味にしてやろうという製作陣の意図のたまもの。 シュナイゼルより悲惨かも。 暴走したのはギアスじゃなくって脚本家ではないでしょうか 改造人間オレンジは、負けまくり改造されまくりと悲惨だったが、ギアスが残る世界では実質最強能力者にして農園オーナー、嫁さんもゲットしたっぽく、エクストリームハッピーエンドじゃないでしょうかね.

次の