カーボン テクノロジー ポータブル アンブレラ。 DAIWAのフィッシングロッドが傘に!?76gの軽さと耐久性を両立した折り畳み傘の新色/新サイズを発売|グローブライド株式会社のプレスリリース

フィッシングのDAIWAから生まれたD

カーボン テクノロジー ポータブル アンブレラ

文:三浦一紀 1万円超えの価格でも売り切れ続出 「カーボンテクノロジーポータブルアンブレラ」という折りたたみ傘が数年前から人気を集め、現在も品薄な状態が続いている。 この折りたたみ傘を開発・販売しているのが、釣り具メーカーDAIWAのファッションブランド「D-VEC」だ。 釣り具で培った技術を使い、折りたたみ時50cmのサイズの商品で76gという軽量を実現。 また、DAIWAの釣り竿に使われているカーボンテクノロジーを応用し、親骨の耐久性を高めているだけでなく、伸縮時の動きをスムーズにしている。 50cmサイズで1万1000円(柄付きは1万2100円)、60cmサイズで1万2650円(柄対は1万3750円)と高価だが、サイズと色によっては品切れとなっているほどの人気商品となっている(金額は税込)。 ちなみにカラーバリエーションはサイズごとに別れており、例えば、柄なしの50cmモデルであれば、ライトブルー、ネイビー、ベージュ、レッド、ピンク、ブラック、ダークグレイの7種類。 デザインもシンプルで使いやすい。 折りたたみ傘は、どちらかというと消耗品に近く、高額な商品は少ない。 しかし、釣り具メーカーの技術を結集した本気の折りたたみ傘なら、1万円以上出してもいいという人が相当数いるということは興味深い。 お金に余裕があれば、ぜひ買ってみたい商品だ。 なお、原稿執筆時では50cmサイズのものが欠品が多くなっている。 欲しい色のものが欠品していたら、サイトから「再入荷リクエスト」のアイコンをクリックしておこう。 D-VEC 「カーボンテクノロジーポータブルアンブレラ」.

次の

釣り具のダイワの技術を使った雨傘が登場

カーボン テクノロジー ポータブル アンブレラ

カーボン製の6本骨、50cmサイズで76gだそうで、手に取った瞬間のあまりの軽さに、税込1万1,000円にも関わらず買ってしまうのだとか。 確かに公式サイトを見ても黒以外は入荷待ちです。 高付加価値品が高価格で売れること自体にケチを付ける気は毛頭無いのですが、皆さん、モンベルというアウトドアブランドの傘をご存知無いのでしょうか。 モンベルからも軽量傘は各種販売されており トラベルアンブレラは、6本骨、50cm、86gとほぼ同じスペックで定価税込5,720円と半額です。 骨の素材に関する説明が有りませんが、他の傘はカーボン製と明記されているので記載漏れと思われます。 僕は、ここまで軽い必要性を感じなかったので、カーボン製8本骨、55cm、150gのトレッキングアンブレラを使っています。 こちらは定価税込4,950円。 モンベルの欠点はデザインが野暮ったいところですが、DAIWAのも特にデザイン製が高いわけでは無いです。 違いとしては色ですね。 モンベルの色が気に入れば、こちらを購入してみては? DAIWAは釣り具の実績が有るでしょうが、モンベルも信頼のおける国産アウトドアブランドですから。 ひとつ、傘には昔から疑問があって、それは、傘袋紛失しちゃう問題が解決されないこと。 柄の部分に蓋をつけて、そこに傘袋を収納するくらい出来ると思うんですけど。 傘袋は雨の日の満員電車に乗り込む時にも、畳んだ傘をバッグに仕舞う時にも役立ちますから、紛失しにくい仕組みが欲しいです。 narinarissu.

次の

ミニマリストにおすすめの軽量&コンパクトな折りたたみ傘5選

カーボン テクノロジー ポータブル アンブレラ

カーボン製の6本骨、50cmサイズで76gだそうで、手に取った瞬間のあまりの軽さに、税込1万1,000円にも関わらず買ってしまうのだとか。 確かに公式サイトを見ても黒以外は入荷待ちです。 高付加価値品が高価格で売れること自体にケチを付ける気は毛頭無いのですが、皆さん、モンベルというアウトドアブランドの傘をご存知無いのでしょうか。 モンベルからも軽量傘は各種販売されており トラベルアンブレラは、6本骨、50cm、86gとほぼ同じスペックで定価税込5,720円と半額です。 骨の素材に関する説明が有りませんが、他の傘はカーボン製と明記されているので記載漏れと思われます。 僕は、ここまで軽い必要性を感じなかったので、カーボン製8本骨、55cm、150gのトレッキングアンブレラを使っています。 こちらは定価税込4,950円。 モンベルの欠点はデザインが野暮ったいところですが、DAIWAのも特にデザイン製が高いわけでは無いです。 違いとしては色ですね。 モンベルの色が気に入れば、こちらを購入してみては? DAIWAは釣り具の実績が有るでしょうが、モンベルも信頼のおける国産アウトドアブランドですから。 ひとつ、傘には昔から疑問があって、それは、傘袋紛失しちゃう問題が解決されないこと。 柄の部分に蓋をつけて、そこに傘袋を収納するくらい出来ると思うんですけど。 傘袋は雨の日の満員電車に乗り込む時にも、畳んだ傘をバッグに仕舞う時にも役立ちますから、紛失しにくい仕組みが欲しいです。 narinarissu.

次の