引越し業者 料金。 引越し業者おすすめランキング

引っ越し業者おすすめ

引越し業者 料金

また電化製品も全て丁寧に梱包してくれた。 開始時間も遅かったから疲れていただろうけどとても丁寧で感じ良かった! そして子供にもちゃんと相手してくれた。 引越し当時の状況を想像しやすいため、自分に合った引越し業者かどうかを調べることができます。 荷物の詳細や不用品の処分もしっかり聞いてくださって、値段の交渉も希望を聞き出してくれたので大幅に値下げをしてもらえた。 明るく気さくでとても丁寧な対応の仕方だった。 【料金】 最初は10万を越える金額で、無理を言ってこのくらいで考えてますと言ったらそれより更に料金を下げてくださったので本当にありがたかった。 どのように最終的な金額を決めたか、金額交渉に応じてくれるか否かを確認できる口コミも、チェックしておきましょう。 自分にぴったりなサービス内容を提供してくれる会社を探すのも、業者選びの大切なポイントでござる! 業者選びに迷ったら、各業者が提供するパックやプランも比較をしてみましょう。 例えば、単身の方には格安の、新居に荷物が入れれない人にはといった、最適なプランを提供してくれる会社を探すと良いです。 また、プランとは別にオプションサービス(付帯サービス)の内容や料金をチェックするのもおすすめです。 例として、引越し時に出たや荷解き後のなどは、欲しい人にとってはありがたいオプションサービスですよね。 基本のプランと付帯サービスの2点も含めて、引越し業者を見比べていきましょう。 「少しでも安い費用で引越しをしたい」と考えるなら、見積もり金額の相場を知って比べてみるでござる!! 引越し業者の提示料金には定価が無いので、同じ引越しの条件でも、見積もりを出してくれる業者によって金額が変わります。 これは業者によって、トラック1台あたりの運賃の設定や作業員の人件費が異なったり、作業スケジュールの空き具合に違いがあるからです。 引越し業者ごとの見積もり料金の差 そのため、ご自身の引越しを一番安い金額で請け負ってくれる業者と契約すれば、数千円~数万円単位の費用を安くすることも可能になります! まずは、自分の引越しにいくらぐらいかかるのが相場なのかを把握してから、見積もりの依頼を出すと良いでしょう。 引越し業者選びに迷ったら一括見積もりをご利用ください!.

次の

引越しで冷蔵庫だけの運搬料金目安。料金を安く抑えるコツは?

引越し業者 料金

一人暮らしなら単身パックが格安! 単身パックとは、 「荷物が少ないときに利用できる格安の引越しプラン」です。 引越し業者のコンテナボックスに全ての荷物が入るなら格安で引越しすることができます。 引っ越し単身パックのメリット ・荷物が少なければ 「料金が安い」 ・荷物がなくなる 「リスクが低い」 ・見積もりのための 「訪問がない」 引っ越し単身パックのデメリット ・荷物が多ければ 「料金が高い」 ・荷物の大きさや量に 「制限がある」 ・梱包用の 「ダンボールがもらえない」 業者によって料金や条件はかなり違いますので、以下の 「単身パックまとめ」から自分の引越しに合うプランを選びましょう。 引越し単身パックランキング(安い順) 第1位 ハトのマークの引越センター「小鳩プチトラパック」 プラン名 料金 条件 小鳩プチトラパック 11,000円〜 ・同一の市内もしくは都道府県内の引越し 小鳩パック 21,000円〜 ・移動距離が200km以上あること ・全ての荷物がコンテナ(高さ170cm/横幅110cm/奥行80cm)に入ること 小鳩スカイパック 36,000円〜 ・引越し先が空港から50km以上あるときは相談 青春引越便 見積もり ・移動距離が200km以上あること 安い単身パック1位は ハトのマークの引越センター「小鳩プチトラパック」です。 小鳩プチトラパックは確かに安いですが、 扱っていないエリアが多すぎるので地方が絡む引っ越しだとほぼ使えません。 自分が引っ越しするエリアで最安の業者を見つけたいなら、 という一括見積もりサイトをおすすめします! 引越し侍から見積もり依頼すると、複数の業者からメールなどで引っ越し料金を提示してくれるので、その中から一番安いところと契約するだけ。 ちなみに引越し侍を使うのは無料で、後で何か請求されるとかもないのでご安心を。 引越し侍なら地元の安い引っ越し業者からも見積もりをもらえるので、少しでも節約したいなら小鳩プチトラパックを契約する前に試してみましょう。 第2位 赤帽「引越しサービス」 プラン名 料金 条件 赤帽 11,800円〜 ・移動距離は20km以内 ・作業時間は2時間以内 2位は 赤帽「引越しサービス」です。 赤帽は 「20km以内かつ2時間以内の引越し」という厳しい条件になっています。 ただ、料金は 「11,800円〜」と格安なので、近くて荷物が少ないミニ引越しのときはいいですね。 ちなみに赤帽は作業員1人で来るため、大きな家具や重たい荷物は運び出しを手伝う必要があります。 そのため、力のない女性は引っ越し業者に依頼したほうがよいでしょう。 また、赤帽は個人事業主です。 もし家具などを運び出したときに部屋のカベなどを傷つけられても、弁償に応じてくれない可能性があります。 大手の会社じゃないとクレーム対応も慣れていないですからね。 それに 「個人事業主だと文句も言いづらい」という人は多いでしょう。 なので筆者は個人的にあまり赤帽をおすすめしません。 第3位 クロネコヤマト「わたしの引越し」 プラン名 料金 条件 わたしの引越し 14,000円〜 ・全ての荷物がコンテナ(高さ170cm/横幅104cm/奥行104cm)に入ること 3位は ヤマトホームコンビニエンス「わたしの引越し」です。 宅急便で有名なクロネコヤマトですが、引越しもやっています。 大手の引越し業者なので 「14,000円〜」と安くても不安にはならないですね。 クロネコヤマトは2018年の夏に「引越し料金の過大請求」が発覚し、すべての引越しサービスを休業していましたが、2019年9月から再開しました。 そして、2020年2月から対象エリアを28市区から101市区へ拡大しましたが、結局のところ都市部でしか単身引越しサービスを展開していません。 5㎥タイプ) 23,000円〜 ・全ての荷物がコンテナ(高さ170cm/横幅115cm/奥行128cm)に入ること 4位は 西濃運輸「カンガルー引越便」です。 「17,000円〜」と少し割高ですが、セイノーは引越しのときに出る 不用品(コミック、CD、DVD、ゲーム、ブランド品、家電など)を 買取してくれるサービスがあります。 売りたいものや処分したいものがたくさんある方は、もしかしたら引越し費用がチャラになるかも。 第5位 日通「単身パックS」 プラン名 料金 条件 単身パック当日便 見積もり ・移動距離は車で30分前後 ・作業開始から4時間以内に終わる引越し 単身パックS 26,000円〜 ・全ての荷物がコンテナ(高さ155cm/横幅108cm/奥行74cm)に入ること 単身パックL 31,000円〜 ・全ての荷物がコンテナ(高さ175cm/横幅108cm/奥行104cm)に入ること 5位は 日本通運「単身パックS」です。 料金は 「26,000円〜」と少し高めですが、エアコン工事などのオプションもあります。 単身パックXというプランは無くなりました。 安い単身プランがあるその他の引っ越し業者 以下の業者でも単身プランはあるのですが、 料金を公表していません。 ・アーク引越センター ・アート引越センター ・アリさんマークの引越社 ・カルガモ引越センター ・サカイ引越センター ・SGムービング(佐川引越センター) ・ダック引越センター ・ハート引越センター ・ファミリー引越センター 公表していないから高いというわけではないため、 を使い、 まとめて見積もりをもらってコスト比較してみましょう。 この一括見積もりサイトを使えば、1万円代の引っ越し業者はすぐに見つかりますよ。 引越し業者を使わないで費用を抑える方法 引越し業者のように交渉して値引きすることはできませんが、大きい荷物・重い荷物がないときは、 「ゆうパック」で送ってしまうという方法もあります。 プチ引っ越しならゆうパックで郵送 上記の料金はダンボール代金のみのため、別途ゆうパックの送料がかかります。 単身パックのコンテナより少しだけ荷物がオーバーしたときは、それだけ郵送するのもアリですね。 まとめになりますが、エリアによっては単身パックを使えないことがありますので、 で一括見積もりして最安値のところに頼むのが一番スムーズかつ格安な引越しができます。

次の

引越しの料金が一目でわかる!引越し料金早見表|引越し賢者

引越し業者 料金

引越しに関する基本的なルールは国土交通省の「標準引越運送約款」で定められており、ほとんどの引越し会社が採用しています。 「標準引越運送約款」では見積もり料は「請求しない」となっており、無料で行われるのが普通です。 ただし、見積もりを出すのに下見を行う必要があり、その下見に経費がかかった場合は請求されることもあります。 しかし、この場合でも必ず事前に申込者に通知して了承を得ることが義務付けられているので、心配はいりません。 また、「標準引越運送約款」では見積もり時に内金や手付金も請求しないことと定められています。 万が一、内金や手付金の支払いを求められるようなことがあれば、違法業者の可能性がありますので注意しましょう。 つまり引越しの3日前までにキャンセルを申し出れば、キャンセル料は発生しません。 さらに「標準引越運送約款」には、「引越し会社は引越し予定日の3日前までに申込者に連絡を入れ、見積書の記載内容に変更がないか確認しなければいけない」と定められています。 この確認を怠ると、申込者が引越し前日や当日にキャンセルをしても料金の請求はできません。 ただし、一部の会社は独自の約款を届け出て、認可されている場合があります。 その場合、その約款に従うことになりますので、約款の内容確認をしっかりとしましょう。 「標準引越運送約款」では「解約手数料とは別に引越業者が既に実施し、又は着手した附帯サービスに要した費用(見積もり書に明記したものに限る。 )を収受します」と明記されています。 そのため段ボールなどの梱包資材を受け取っていた場合、使用していないものは送料負担で返送すればよいのですが、使ってしまったものは実費を支払うことになります。 キャンセルした場合の梱包資材の取り扱いについては、見積もりの段階で必ず確認しておきましょう。 また、「附帯サービスに要した費用」とは不用品回収やクーラーの取り外し、荷物の一時預かりなどオプション的なサービスのことです。 キャンセル前にオプションサービスを利用していた場合は、当然ながら料金を請求されますので注意しましょう。

次の