サポカー 補助 金 対象 者。 最大10万円!サポカー補助金の金額や対象車種、申請方法とは?

三菱のサポカー

サポカー 補助 金 対象 者

2020年3月9日より始まったサポカー補助金の申請受付。 「サポカー補助金」制度とは、65歳以上の高齢運転者による衝突被害軽減ブレーキやペダル踏み間違い急発進抑制装置が搭載された安全運転サポート車の購入を補助するもの。 補助の対象となる車種、装置などはさまざまだが、ちょっと「ややこしい」ことになっている。 そのややこしさとは、「サポカー」もしくは「サポカーS」に適合していたとしても、サポカー補助金がもらえないクルマがあるというのだ。 補助金の対象となるクルマとそうではないクルマの違いとは何か。 それは、衝突被害軽減ブレーキが「対車両」に限った機能で、「対歩行者」には働かない装置を搭載したクルマは補助金の対象にならない。 「サポカー」とは、「セーフティ・サポートカー」の略。 サポカーは、政府が高齢運転者の交通事故防止の一環として、衝突被害軽減ブレーキやペダル踏み間違い急発進抑制装置などを搭載するクルマを指すもの。 これがいわゆる安全運転サポート車=サポカーである。 サポカーは搭載する機能により「サポカー」と「サポカーS」の2つに分かれる。 「サポカー」は衝突被害軽減ブレーキを搭載するもので、すべての運転者に推奨するクルマ。 「サポカーS」は衝突被害軽減ブレーキに加え、ペダル踏み間違い急発進抑制装置などを搭載した車両が該当し、特に高齢運転車に推奨するクルマ。 「サポカーS」はさらに衝突被害軽減ブレーキの機能に応じて以下の3つの区分が設けられている。 「ワイド」はさらに車線逸脱警報と先進ライトを搭載したクルマが該当する。 ペダル踏み間違い急発進抑制装置を搭載しない「サポカー」でも、対歩行者の衝突被害軽減ブレーキであれば、額は少ないがサポカー補助金をもらえる。 何ともややこしい。 おもにスポーツカーや登場から年数が経った末期モデルで、衝突被害軽減ブレーキが対車両のみのクルマだ。 (1グレードでもサポカー補助金の対象となる車名は除く。 」と思った人はするどい。 じつは上記には「サポカーSワイド」でサポカー補助金の条件を満たしていても対象外となるモデルがあるのだ。 それは、車両価格が税抜きで1000万円を超えるクルマ。 なので、レクサスLCとレクサスLX、トヨタ センチュリーは、全グレードで税抜き1000万円超なので対象外となっている。 このほか、レクサスLSはすべてのグレードがサポカーSワイドに対応しながら、ほとんどのグレードが税抜き価格で1000万円以上なので補助金の対象外。 1000万円未満のLS500(FR/4WD)およびLS500 iパッケージ(FR)のみがサポカー補助金をもらえる。 ただし、申請できるのは2020年3月9日以降に中古新規登録(登録車)または中古新規検査届出(軽自動車)、もしくは移転登録された車両に対してで、3月9日より前に登録したものに関しては対象外となる点に注意したい。 また、もらえる補助金は、登録車と軽自動車で変わらず、対歩行者の衝突被害軽減ブレーキのみ搭載する車両が2万円、対歩行者の衝突被害軽減ブレーキに加えペダル踏み間違い急発進抑制装置を搭載する車両は4万円と、新車に比べて少ない。 補助金をもらうと1年間の使用義務が生じ、これに満たない期間で手放した場合は返納しなければならない。 中古車を購入してサポカー補助金をもらおうと思っている人は、対象となる年式や装備内容に注意したい。 まず、装備の条件として対歩行者の衝突被害軽減ブレーキを搭載する車両が条件となるのだが、発売当時は「対車両」だったものが、改良などで「対歩行者」に対応したモデルもあるからだ。 加えて注意したいのは、オプションで対象装備を装着しているか否かということ。 モデルによっては、標準装備されている対象となる装備がレスオプションで省かれている場合もある。 サポカー補助金が受けられる中古車は、メーカーが公表しているのでそれをチェックするか、実際にお目当てのクルマを取り扱っている販売店で確認しよう。 あらためて対象となる条件などを下記にまとめるので参考にしてほしい。 もしくは衝突被害軽減ブレーキ(対歩行者)とペダル踏み間違い急発進抑制装置の搭載車 ・車両本体価格が税抜き1000万円以下の車両 ・新車は2019年12月23日以降に登録された車両。 中古車は2020年3月9日以降に移転登録した車両。 後付けペダル踏み間違い急発進等抑制装置は認定された店舗などで、その店舗が認定日以降に設置したもの ・サポカー補助金を利用して購入した車両は1年間の使用が義務づけられる。 予算がなくなりしだい募集を終了する。 予算が続けば次年度への繰り越しを予定。 (2020年3月9日より申請受付開始) 〈文=driver web編集部〉.

次の

報道発表資料:サポカー補助金の対象となる車種・グレード等について

サポカー 補助 金 対象 者

adobe. 1月に国会で成立したサポカー補助金の申請受付が3月9日より開始となることが、国交省と経産省から発表された。 サポカー補助金とは、65歳以上の高齢運転者が対象の補助金制度。 衝突被害軽減ブレーキやペダル踏み間違い急発進等抑制装置が装備された安全運転サポート車(以下サポカー)や、後付けのペダル踏み間違い急発進等抑制措置(以下後付け装置)を購入する際に交付されるものだ。 新車購入で3万円から10万円、中古車で2万円から4万円、後付け装置で2万円から4万円が交付される。 サポカー補助金で交付される金額。 出典:経済産業省資料 iとは衝突被害軽減ブレーキ、iiとはペダル踏み間違い急発進抑制装置のこと。 *補助対象車が中古車で、購入時に衝突被害軽減ブレーキが搭載され、その分の補助金2万円が支給されている場合は、補助上限額は2万円となる。 サポカーに装備される安全運転サポート装置のイメージ図。 出典:経済産業省資料 その対象時期となるクルマは、新車が 2019年 12月 23日以降に新車として新規の登録・検査届出されたクルマ。 中古車は 2020年 3月 9日以降に中古車として登録・検査証が交付されたクルマとなる。 後付け装置は、 3月 9日以降に販売・取り付けられたものが対象だ。 またそれぞれの対象者は、 2020年 3月 31日までに満 65歳以上となっていることが条件となっている。 補助金の対象となる車種・グレードや後付け装置の種類については、国交省と経産省のウェブサイトで掲載されているので下記を参照してほしい。 ・サポカー補助金の対象となる新車の車種・グレード等について 国交省() 経産省( ) ・サポカー補助金の対象となる中古車の車種・グレード等について 国交省() 経産省() ・後付け急発進等抑制装置の先行個別認定結果を公表します ~後付けのペダル踏み間違い急発進等抑制装置の認定~【詳細】認定対象装置 国交省() クルマ購入と後付け装置購入では補助金の交付のされ方が異なる 新車・中古車購入の場合と、後付け装置を取り付ける場合では、サポカー補助金の申請手続きと受け取り方が異なるので、注意が必要だ。 新車・中古車は、購入者がいったん全額を販売店に支払うことになる。 その後、購入者が次世代自動車振興センターに申請書類を郵送。 審査を通過すれば、購入者へ補助金が交付されるという流れだ。 申請手続きは事業者が行うこととなっている。 このため対象となっている後付け装置でも、「後付け装置取り扱い認定事業者」から購入したものでないと、サポカー補助金が交付されない。 サポカー補助金の申請から交付までの流れのイメージ。 出典:次世代自動車振興センター資料 サポカー補助金の申請に必要な書類 申請に必要な書類は下記の通り。 なお申請総額が予算額を超過次第、募集は終了となるので、 12月 23日以降に新車をすでに購入済みの方は、購入店などに問い合わせて申請書類を揃えておくなどの準備を始めておこう。 また後付け装置の申請手続きは認定事業者が行うが、免許証や自動車検査証の写しが必要となるので、購入者はそれらを認定事業者へ提出することになる。 一般社団法人 次世代自動車振興センター サポカー補助金のご案内( ).

次の

報道発表資料:サポカー補助金の対象となる車種・グレード等について

サポカー 補助 金 対象 者

安全運転支援機能でクルマを選ぶ時代 補助金関連の話といえば今は国民1人10万円の特別定額給付金の話題で持ちきりだが、忘れてはいけないのが、2020年3月9日から申請受付が開始された、高齢運転者(65歳以上)を対象にした「サポカー補助金」だ。 その内容は、65歳以上になるドライバーが「対歩行者の衝突被害軽減ブレーキ」と「ペダル踏み間違い急発進抑制装置」 の両方を搭載した「サポカー」を購入する場合、乗用車で10万円、軽自動車で7万円、中古車で4万円の補助金が交付されるというもの。 また「対歩行者の衝突被害軽減ブレーキ」のみ搭載の場合は、乗用車で6万円、軽自動車で3万円、中古車で2万円を補助。 すでに乗っている(購入済みの)自動車に後付けの「ペダル踏み間違い急発進抑制装置」を設置した場合でも、障害物検知機能付きで4万円、同機能がない場合で2万円の補助金が支給される。 そこで、高齢ドライバーにオススメしたい先進安全運転支援機能について改めて紹介しよう。 高齢ドライバーのみなさんはもちろん、高齢の親御さんのクルマ選びでも、重要なポイントとなってくるので注目してほしい。 ただし「ペダル踏み間違い急発進抑制装置」に関しては、日産デイズなどに採用される、抑制だけでなくブレーキ機能付きがより安心・安全だろう。 繰り返しになるが、この「対歩行者の衝突被害軽減ブレーキ」と「ペダル踏み間違い急発進抑制装置」のどちらも付いている新車なら乗用車で10万円、軽自動車で7万円、中古車で4万円の補助が受けられるのだ。 ブラインドスポットモニター(BSM) しかし、それ以上の安全・安心を求めたい人のために、自動車メーカーはさらなる先進安全運転支援機能を用意している。 車体後方の死角から接近する車両を検知し、ブザーやドアミラーのランプ点灯で知らせてくれる先進技術で、レーンチェンジ時などでの接触事故低減に大いなる効果がある。 実際に筆者も、ブラインドスポットモニターのおかげで何度となく車線変更での接触事故を未然に防げた経験がある。 ボルボやBMWなどの輸入車では、それでも車線変更を実行しようとすると、ステアリングをグイっと強い力で戻す「ステアリングアシスト機能」まで付いているから鬼に金棒である。 高速走行をする機会の多い高齢ドライバーには、車線維持支援制御機能もあると良いだろう。 スバルの「アイサイト」や日産の「プロパイロット」などが国産車では代表格となるが、機能をONにすると、クルマが勝手に!? 車線の中央をビシリと走ってくれる。 うっかり車線をはみ出して事故を起こすことを未然に防いでくれるのだ。 以前は、車線をはみ出すとステアリングの振動などで警告してくれるだけの機能だったが、いまでは自動運転に近い制御が可能になっている。 アラウンドビューモニター 高齢ドライバーのなかには、若いころから日々運転を楽しみ、高齢になってもある程度の運転スキル、駐車スキルを維持しているかもしれない。 それでも駐車時には緊張するハズだ。 もはやバックモニターは、自動車を運転することを生業としている筆者にだって、ないと困る装備だが、高齢者にさらにうれしいのが「アラウンドビューモニター」と呼ばれる、空から見下ろしたような合成画像(映像)をモニターに映し出してくれる機能だ。 これならバックモニターではカバーできない車両周辺の死角をカバーでき、自宅の駐車場に出し入れする際、クルマの周りにいるかもしれない子供やペットも確認しやすく、不幸な事故も防げるというわけだ。

次の