戦慄かなの 刺青。 矢田亜希子 7年ぶりのグラビア画像がヤバすぎる!息子の現在や再婚の噂が?

母娘 残菊物語 20

戦慄かなの 刺青

55 ID:n7NlYZPX0 恥ずかしながら、俺は風俗大好き人間なのだが、 これまで何度か太ももに狐の刺青を入れた女に当たっている。 狐の絵柄や大きさ、色も位置も全く一緒。 最初は同一人物かと錯覚したが、女の顔が違う。 定かではないが、体型は似ている。 毎回全然違う女なのだが狐の刺青が共通しているんだ。 女と出会う場所は近所から出張先まで様々。 何度かこの話を振ってみたが、いつも怪訝そうな顔をされる。 で、この間パーティーでかわいい娘をお持ち帰りしたのだが、 その娘の太ももにも狐の刺青が入っていた。 いい加減奇妙に思い、それとなく聞いてみたが、これまでのこととつながるような話は得られなかった。 だが、彼女が携帯を開き、それを横目で盗み見たとき俺は戦慄した。 メールを打とうと電話帳を開いたその一覧画面に俺の名前があった。 俺の名字は漢字、読みともにかなり珍しく、同姓同名はおろか、おそらく身内以外では同姓もいないだろう。 しかしなぜかそこには俺と全く同じ名字名前があった。 まだ電話番号を交換していないのに。 いい知れぬ不気味さを覚え、その夜は全く眠れなかった。 朝になったら女を送る気にもなれず、逃げるようにして帰った。 あれから、風俗通いや女遊びは大分減ったがなかなかやめられない。 いまだにときどき狐の刺青を入れた女に当たる。 そのたびにこの話をするが、皆知らない、わからないと言う。 しかし、最近になって女たちはなにか隠しているような 意味深な笑みを浮かべているように思えてきたのは俺の考えすぎか? 今まで会った狐の女の人数ははっきりとはわからないが、もう15、6人にはなると思う。 なぜ?.

次の

黒衣の天使 戦慄のマゾ調教 続・マゾ改造病棟

戦慄かなの 刺青

『刺青奴隷妻 女体蝋染め鞭打ち針貫通』のレビュー SM界の巨匠、志摩紫光氏の手によりまして、 刺青 タトゥー の入った人妻たちが まったく何の優しさも愛情も無くひたすら虐め抜かれるシーンが満載の作品です。 まずは玄関口で志摩氏の帰宅を正座して待っていた奴隷妻がお帰りなさいと深々と頭を下げたあと、志摩氏の股間に手を伸ばしてシャワーなどしていない肉棒へのご奉仕を開始します。 床にペタンと脚をつけ 一生懸命しゃぶる奴隷妻ですが志摩氏は当然のように満足しません。 奴隷衣装を身に着けたまま四つん這いで外に連れ出され、曇天の下何の愛撫もないままアナルに浣腸器を突き立てられ大量の浣腸液を注入されてしまいます。 志摩氏に 無理矢理尻肉を割られた奴隷妻はたまらず噴水のように浣腸液を噴き出します。 苦悶の表情を浮かべる奴隷妻の 肛門からは徐々に茶色いものが飛び出し、同時に恥ずかしがりながらもおしっこも漏らしてしまうのでした。 派手な 刺青 タトゥー が右太ももに入った奴隷妻を両脚を大きく開いた状態でガチガチに縛り付けます。 その様を見てニヤニヤする志摩氏がさらに 赤いゴム紐を取り出して全力で引っ張って 奴隷妻の敏感なおま〇こに向かってバチンバチンと当てていきます。 身動きできない状態で急所を狙われ大声を上げますが、彼女にはどうにも出来ません。 続いて志摩氏が微笑んで取り出したのは「 針」。 乳房をちぎるように掴んでとても楽しそうに奴隷妻の乳首に 太い針を突き刺していきます。 ボールギャグを噛まされた彼女は声を上げることさえ出来ずに ダラダラと涎を垂らして呻き声を上げることしか出来ません。 1本刺したあとにもう1本、まるで焼き鳥に串を刺すように冷酷に志摩氏は続けます。 眺めていて情けないくらいの 貧乳の奴隷妻の左右の乳首まわりに2本ずつ 針を穿ちます。 ボールギャグによって大口を開けさせられ口元から 涎を垂らしてその痛みに耐えるしかない奴隷妻の哀れさがとてもよく伝わってくるシーンです。 このあと印象的な左胸の 刺青 タトゥー の部分を目印にされてしまい志摩氏から激しくムチ打ちの刑に処されます。 針責めのあとは別室へ連れていかれ両手を上に縛り上げられ、また志摩氏から 刺青 タトゥー 横の股間をムチ打たれる奴隷妻です。 その後無防備になった 股間のビラビラ部分に重たい金属製の鈴をぶら下げられてしまい、尚且つ自分で腰を振って鈴の音を立てるように命令されます。 頑張って風流に鈴を鳴らす奴隷妻ですがついに我慢が出来ず 鈴をおま〇こからぶら下げたまま大量のおしっこを漏らしてしまうのでした。 2人目の奴隷妻の登場です。 見事に丸みを帯びたお尻部分全体に激しく龍の 刺青 タトゥー が彫られています。 彼女はお尻だけでなくまるでお椀のような綺麗な形をしたバスト部分も美しく、とてもくびれたウエストと相まって虐め甲斐がとってもありそうなボディーの持ち主です。 また 気の強そうな顔立ちでもあり志摩氏の冷徹な責めにどう反応してくれるのかも楽しみですね。 両腕を天井から吊るされてしまい、その見事な形のおっぱいを志摩氏にまるで差し出すようにしか出来ない奴隷妻です。 またニヤニヤと笑みを浮かべながらこうこうと輝く裸電球を奴隷妻の胸に近付けていき、明るくしてその形を愛でるのかと思いきや 発熱した電球部分を彼女の真っ白な肌に躊躇なく押し当てます。 あまりの熱さに絶叫を上げる彼女ですが、視聴者としてはこのシーンでの裸電球が照らす彼女の美乳ぶりがすごく美しいです。 室内とは言え素っ裸で縛られている奴隷妻ですので、志摩氏が笑いながら 「寒そうだからあっためてやろう」と取り出したのはガス性スプレーとライター。 それまで寒さに震えていた彼女ですが、 自分を燃やすように襲ってくる熱風に本気で身体をよじって避けようとします。 その必死な様子が志摩氏にはたまらなく楽しいみたいで 何度も何度も子供が遊ぶように炎を吹くのでした。 何度も志摩氏によって 炎を全身に吹きかけられ、ついに緊張の糸が切れてしまった奴隷妻は天井から吊るされ 立ったままで大量のおしっこを漏らしてしまいます。 寒いのを我慢していたこともあると思いますが、一度放尿が始まってしまうと止めることが出来ずにあとからあとから 陰部から迸ってしまい大きな小便の池を作ってしまいます。 また別の部屋で天井から両手を吊るされる奴隷妻ですが、今度は左の乳首に電極を無理矢理付けられてしまい 電気ショックを与えられます。 金属製の細いスティックがか弱い肌に触れるたびに 奴隷妻の身体がビクっビクっと跳ね上がり、逃げられはしないのに何とか身体を志摩氏から離そうとする仕種がとっても可愛いらしいです。 度重なる 電気ショックによってついに心が折れてしまう奴隷妻ですが、そんな表情を見ても志摩氏の冷たい笑いは消えることなく 「じゃあご褒美をあげよう」と電気が通った金属製の細いスティックを彼女の可愛い 刺青 タトゥー 部分の真横の 敏感なアソコにあてがいます。 まさかそこまでされるとは思って無かった 奴隷妻は全身を震わせて再び大量に失禁してしまうのでした。 長年SMファンを続けられてます方には有名な志摩紫光氏が 刺青 タトゥー の入った奴隷妻を 針などで責めまくる作品です。 女性を虐める作品は多数ありますが、志摩氏ほど良い意味で愛情無く 冷酷・冷徹に女性を責める方は珍しいですね。 だからこそ演技ではないM女性の真の反応を楽しめますし、観ていてすごく興奮出来ます。 本物のサディストが素人女性を泣き喚くほど虐め抜くシーンを観たい方におすすめの作品です。 サンプル動画 作品の紹介文 入れ墨の入った人妻2人を志摩紫光が 従順なメス奴隷に仕立て上げる。 針の痛みに耐えられるのならば、と激しい責めを連発。 椅子に開脚拘束して生姦中出し。 被虐の快感と恐怖の連続に失禁してしまう人妻。 ユーザーレビュー 二人共感じ方がイイ、 痛がりながらも耐える姿は魅力的だ。 胸ムチの多い数少ない作品の一つで 秘部にもかなり強めに打たれる。 竹にまたがりムチ打たれる責めは 赤くなる肌と表情が良かった。 赤くなった胸の乳首に 針、 泣きながも片方に3本! 股を開いた状態での秘部ムチもあるが 股を閉じず耐える真のM女。 作品の購入について 『 刺青奴隷妻 女体蝋染め鞭打ち針貫通』は、「 DUGA」と「 FANZA」で購入することができます。 再生時間は「01:41:53」、価格は「998円」となっています。

次の

戦慄の胴無し殺人事件。犯人は刺青収集家の医学博士か?

戦慄かなの 刺青

世田谷区北沢4丁目の屋敷町で女性のバラバラ死体が見つかった事件で、警視庁は東亜医科大学医学博士の 早川平四郎氏(46)を任意同行し、事情を訊いていることが分かった。 殺害されたのは、中央区西銀座のバーに勤務していた 野村絹枝さん(26)。 28日午前9時ごろ、世田谷区の野村さん宅を訪れた 松下研三さん(29)と早川博士の2人が、浴室に放置されていた野村さんの首、二本の腕、二本の脚を発見した。 現場の浴室は鍵がかけられた密室状態で、2人は水道の蛇口から流れる水の音で異常に気付いたという。 またこの事件に関連し、野村さんと内縁関係にあった不動産会社経営の 最上竹蔵さん(35)も、 27日午後2時ごろ事務所を出てから行方不明になっている。 その後の捜査で、現場となった邸宅にビール瓶とともに置かれていたコップからシアン系の毒物が検出されたことが分かった。 野村さんは毒殺された後、すぐに鋸のようなもので身体を切断されたと見られている。 警視庁が事情を訊いている早川平四郎医学博士は、熱心な刺青研究家として知られていた。 殺害された野村さんに精妙な大蛇丸の刺青があったことが銭湯で目撃されているが、死体から刺青部分は完全に持ち去られていたという。 また20日に吉祥寺で開催され、野村さんが最優秀賞を獲得した江戸彫勇会主催の刺青競艶会でも、早川博士は審査員を務めていた。 行方不明になっている最上竹蔵さんは、早川博士の甥にあたる。 なお持ち去られた被害者の胴体は、依然として見つかっていない。 1946年8月28日 配信 江戸川乱歩に絶賛された高木彬光のデビュー長編! Tagged as: , , , Leave a Response.

次の