メキシコ コロナ ウィルス。 新型コロナウイルス関連情報(4月22日)

メキシコで初の新型コロナウイルス感染例を確認(メキシコ)

メキシコ コロナ ウィルス

2月28日 初めてのメキシコのコロナ感染が確認 3月1日 感染源がアメリカからも 3月14日 イベントは休止、学校も閉鎖へ 3月20日 米国との国境の移動の制限を開始 3月24日 「フェーズ2」に突入 3月30日 非常事態宣言が発令 4月2日 メキシコシティのホテル閉鎖へ 4月21日 「フェーズ3」に突入 5月18日 感染度の低い自治体で活動再開 6月1日 各地域での規制解除の推奨 メキシコは渡航制限があるフェーズ3なのですが 6月1日から国内での経済活動は再開されます。 メキシコの国土面積は日本の5倍です 各地によって感染者数は様々。 人口が多い首都のメキシコシティ(CDMX)が コロナウィルスの感染者数が多い状況です。 地図を見ると感染者が少ない地域もあるので すべて同じ様に規制しなくても良いですね。 ですが現在の状況でメキシコの経済活動を再開すれば 人やモノの往来は増えるのでコロナウィルスの感染者数も これからもっと増えるだろうなと思います。 中南米はこれからピークを迎えそう。 メキシコと日本の感染者数の推移を比べてみた! 日本での新型コロナウィルスの感染が発見されたのは 2020年1月16日。 この時はまさかメキシコでの感染者数がこれほど増えるとは ハポネコは夢にも思っていなかったのです… コチラのグラフはメキシコと日本の 人口あたりの新型コロナウイルス感染者数の推移 赤いラインがメキシコです。 4月末から感染者数が一気に日本を超えました。 メキシコのコロナウィルスの感染数はなぜ増えるのか? 日本との違いをハポネコなりに考えてみました。 1.挨拶 メキシコの挨拶は男性同士では握手から肩を抱き合う 女性にはほっぺを1回あわせます。 2.食事 メキシコ人の主食はトルティーヤで 手を直接使って食べる習慣です。 お箸を使って食事する日本との違いは大きのかも 3.格差 日本に比べると地域によって不衛生な点があるのかも 貧困層には情報が行き届かない場合もあります。 4.土足 靴のまま家の中に入るので これも原因なのかなと感じます。 5.性格 細かいことは気にしないラテン気質 規制されても外出する人が多い 6.誕生日 メキシコ人にとって誕生日は重要で一生祝います。 小規模ですがパーティーが開催されてるよ 正直なところ正確な原因は分からないので個人的な ハポネコの印象なんですけど… メキシコと日本のコロナウィルスの感染者数の違いは 文化や生活習慣の違いがあるからかな~と感じます。 これ手洗いだけで防ぐのは難しい気がする。 メキシコのコロナウィルス感染者数の今後は? ハポネコがチェックしているのは比較的 メキシコと生活習慣が似ている ペルーやブラジルのコロナウィルスの感染者数です。 2020年5月31日のデータでは• ブラジル 50万人• ペルー 15万5千人 国の政策や人口の比率でいうとメキシコはざっくり ブラジル以下ペルー以上のコロナウィルスの感染者数で ピークを迎えるのではないでしょうか。 今の勢いではメキシコのコロナウィルスの感染者数は 20万人は超えそうだなぁと考えています。 ハポネコは個人的にコロナウィルスそのものは 危ないと考えおりません。 メキシコではそれに伴う治安の変化に気をつけています。 6月からの経済再開は仕方ないと感じます 経済が落ち込むと治安も悪くなると思うので。 メキシコのコロナウィルス感染の終息がみえるまでは 国内での外出や移動には気をつけましょう。 まとめ メキシコのコロナウィルス感染者数の推移について グラフを使って日本と比べてみました。 これからもっと増えてピークを迎えそう 国内の移動には気をつけましょう! 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

メキシコ新型コロナウイルスの現状 メキシコ/コリマ特派員ブログ

メキシコ コロナ ウィルス

新型コロナウイルス感染の広がりは、メキシコの日系企業のビジネスにも少なからぬ影響を及ぼしつつある。 中南米7カ国(メキシコ、ブラジル、アルゼンチン、チリ、コロンビア、ペルー、ベネズエラ)に進出している日本企業の経営実態やビジネス環境の課題、各国の自由貿易協定(FTA)活用状況などを取りまとめた「」(調査期間2019年10月~11月)によると、メキシコ進出製造業の回答企業(147社)の半数以上(76社)が、何らかの原材料・部品を中国から輸入していると回答しており、そのうちの約45%の企業は同国からの調達率が25%以上だった(表参照)。 米国市場向けの製造拠点であるメキシコにおいて、新型コロナウイルスの拡大による中国産部品・原材料の供給の滞りは、在メキシコ進出日系企業の生産・販売活動に影響を及ぼしつつある。 3月中に製造・販売を中断する可能性がある企業も ジェトロは2月中旬に、複数の在メキシコ進出日系企業に対してヒアリングを行った。 製造に使用する部品・原材料全体において、中国製が9割を超えているA社は「自社の中国工場で従業員やモノの移動制限が実施されているために操業が実質停止となっており、メキシコ工場への部品供給が間に合わず、3月中の操業が難しい」と回答した。 また別のB社は「原材料不足のため、自社の中国工場でメキシコ工場向けの基礎部材を十分に製造できていないことから、原料調達先を中国国内から韓国へ切り替えた。 さらに、日本国内工場やメキシコ工場で製造した基礎部材を、逆に中国に輸出する措置を取っている」などして、サプライチェーンをつないでいる状況とのことだ。 日本との間の出張を禁止する企業も メキシコ日本商工会議所が2月25、26日に実施した「新型コロナウイルス感染症に関する調査」(回答数147社・団体)によると、19%が「日本からメキシコへの渡航を禁止」しており、また23%が「メキシコから日本への渡航を禁止」していると回答した。 ヒトの移動制限がある中での対策として、「特殊な事情を除き、会議などは極力ビデオ会議などのオンライン上で行う」といったコメントがあった。 (志賀大祐).

次の

新型コロナウイルス(COVID

メキシコ コロナ ウィルス

新型コロナウイルス感染の広がりは、メキシコの日系企業のビジネスにも少なからぬ影響を及ぼしつつある。 中南米7カ国(メキシコ、ブラジル、アルゼンチン、チリ、コロンビア、ペルー、ベネズエラ)に進出している日本企業の経営実態やビジネス環境の課題、各国の自由貿易協定(FTA)活用状況などを取りまとめた「」(調査期間2019年10月~11月)によると、メキシコ進出製造業の回答企業(147社)の半数以上(76社)が、何らかの原材料・部品を中国から輸入していると回答しており、そのうちの約45%の企業は同国からの調達率が25%以上だった(表参照)。 米国市場向けの製造拠点であるメキシコにおいて、新型コロナウイルスの拡大による中国産部品・原材料の供給の滞りは、在メキシコ進出日系企業の生産・販売活動に影響を及ぼしつつある。 3月中に製造・販売を中断する可能性がある企業も ジェトロは2月中旬に、複数の在メキシコ進出日系企業に対してヒアリングを行った。 製造に使用する部品・原材料全体において、中国製が9割を超えているA社は「自社の中国工場で従業員やモノの移動制限が実施されているために操業が実質停止となっており、メキシコ工場への部品供給が間に合わず、3月中の操業が難しい」と回答した。 また別のB社は「原材料不足のため、自社の中国工場でメキシコ工場向けの基礎部材を十分に製造できていないことから、原料調達先を中国国内から韓国へ切り替えた。 さらに、日本国内工場やメキシコ工場で製造した基礎部材を、逆に中国に輸出する措置を取っている」などして、サプライチェーンをつないでいる状況とのことだ。 日本との間の出張を禁止する企業も メキシコ日本商工会議所が2月25、26日に実施した「新型コロナウイルス感染症に関する調査」(回答数147社・団体)によると、19%が「日本からメキシコへの渡航を禁止」しており、また23%が「メキシコから日本への渡航を禁止」していると回答した。 ヒトの移動制限がある中での対策として、「特殊な事情を除き、会議などは極力ビデオ会議などのオンライン上で行う」といったコメントがあった。 (志賀大祐).

次の