ひとり ずつ づつ。 「ずつ」と「づつ」の違いと使い分けは?文化庁の考えは?

「ずつ」or「づつ」…正しい表記はどっち? 社会人なら覚えておいて!

ひとり ずつ づつ

「ずつ」と「づつ」の違い 「ずつ」と「づつ」の違いを分かりやすく言うと、 一般的に使われる表現が「ずつ」であり、歴史的仮名遣いの名残りとしてある表現が「づつ」であるという違いです。 内閣府では「ずつ」を使うことを推奨していますが、「づつ」でも間違いではないとしています。 「ずつ」と「づつ」というのは、どちらも数量を等しく割り当てることや、一定量を繰り返すことなどを意味しています。 名詞や副詞、助詞などに付属して意味を成す言葉であり、日本では古くから使われてきた表現です。 辞書などで調べると、「ずつ」という表現は記載されていますが、「づつ」という表現は載っていません。 文部科学省が発表した現代仮名遣いに関する決まりでは、「ずつ」を一般的な表現として推奨するとしています。 日本語の中には、この「ずつ」や「づつ」のように、同音の読み方をするために混同されやすい表現が多くあります。 例えば「じ」と「ぢ」も使い分けが難しいものとされています。 内閣府の規定では、「づ」よりも「ず」を使うこと、「ぢ」よりも「じ」を使うことを推奨しています。 濁点を除いた「つ」や「ち」は、「た行」の言葉であり、「す」や「し」は「さ行」の言葉です。 音順に並べた際に、さ行の方が先にあります。 先にある方が推奨して使用されるものであると覚えておくと分かりやすいでしょう。 「ぢ」と「じ」の使い方で混同されがちなのは、例えば「地面」や「町中」、「旅路」などの表現です。 「地面」は「ぢめん」ではなく「じめん」と書きます。 「町中」は「まちぢゅう」ではなく「まちじゅう」、「旅路」は「たびぢ」ではなく「たびじ」です。 これらの表記も覚えておくと役に立つ知識です。 「一つづつ」や「二つづつ」などの表現は、昔、均等に配る際に「ひとつっつね」「ふたつっつあげるね」などのように表現していたものの名残りであるともされています。 これらの表現が言いやすいように変化をして「一つづづ」「二つづづ」となりました。 しかし、字面として見てみると、「つ」が連発していてとても読みにくいものに見えます。 そのため、一般的には「づつ」ではなく「ずつ」を推奨するとしています。 特別なこだわりから「づつ」を使用する際は、平仮名の繰返し記号を使用して「づゝ」とする場合もあります。 これは知人に宛てた手紙などで使用されるものであり、間違いではありません。 推奨表現ではありませんが、目上の人にも使用できるものです。 「ずつ」の意味 「ずつ」とは、 数量を等しく割り当てることや、一定量を繰り返すことを意味しています。 例えば、等しく割り当てる際には「一人に三個ずつ渡す」などのように表現し、繰り返しの際には「一ページずつ進める」などのように表現します。 このように、「ずつ」という表現は数量や割合を表現する名詞や副詞、一部の助詞に付属して意味を成す言葉です。 これらの表現は日本では古くから用いられていたものであり、現在でもよく使用される言葉です。 この「ずつ」という表現は同音である「づつ」と混同しやすい言葉であるとされていますが、文部科学省の発表した言葉の使い方としては「ずつ」という表現が推奨されています。 しかし、これはあくまでも推奨ということであり、「づつ」とするのが間違いであるということではありません。 ただ、一般的には「ずつ」という表現を使うことが好ましいとされているので、公的書類などでは「ずつ」を使用するようにしましょう。 新聞や雑誌、テレビ番組のテロップなどでも「ずつ」を推奨して使用しています。 特別に「づつ」を使いたい理由がない限りは「ずつ」と表記するのだと覚えておくようにしましょう。 「ずつ」というのは、均等に割り当てることや、繰り返すことを意味する言葉です。 「五人ずつのグループを作る」などのように数量の等しさを表現するのに使用したり、「毎日少しずつ努力する」というように繰り返しを表現したりします。 「づつ」の意味 「づつ」とは、 数量を均等に割り当てたりする意味で使われていた歴史的仮名遣いの名残りを意味しています。 同音である「ずつ」と混同されがちな表現ですが、現代語では「ずつ」が推奨されており、「づつ」はあまり使用されません。 内閣府の定めた言葉の使い方では、「づつ」ではなく「ずつ」を推奨しています。 「少しずつ」「一つずつ」という表現を推奨していて、「すこしづつ」「一つづつ」という表現はあまり使用しないとしています。 しかし、「づつ」という表現を完全に間違いであると決めているわけではありません。 あくまでも「ずつ」とすることを推奨しているだけですので、「づつ」を使っても間違いであるとは言えないものです。 例えば、「今日」という言葉の読み方は、現在では「きょう」ですが、歴史的仮名遣いでは「けふ」と読んでいました。 このように、「ずつ」という表現も、昔は「づつ」とされていたものです。 今日という言葉を「けふ」と読む人が現代ではあまりいないように、「づつ」という言葉も間違いではないものの、使用される頻度は少ないのが現状です。 書き言葉などで使用する際には、特別なこだわりがない限りは「ずつ」と表記するようにします。 「ずつ」の例文と使い方 10.僕は新しいパソコンを買うため、アルバイトをして毎月二万円ずつ貯金している。 この言葉がよく使われる場面としては、数量を均等に割り当てたり、一定量を繰り返すことを表現したい時などが挙げられます。 この「ずつ」という言葉は、名詞や副詞、助詞などに付随して意味を成す言葉です。 「ずつ」というのは「づつ」と混同しがちですが、内閣府では「ずつ」という表現を推奨しています。 そのため、公的な書類などでは「ずつ」と表現するのだと覚えておくようにしましょう。 どうしても個人的に「づつ」という表現が使いたいという場面以外では、「ずつ」を使うのが正解だと考えるようにすると明解で分かりやすいです。 「づつ」の例文と使い方 10.「づつ」というと、古文の教科書に載っていた「つつゐづつ~」の和歌が思い出されたが、全く異なる言葉だった。 この言葉がよく使われる場面としては、数量を均等に割り当てたりすることを歴史的仮名遣いを使って表現したい時などが挙げられます。 現代語では基本的に「づつ」ではなく「ずつ」を推奨していますが、「づつ」という表現でも間違いではありません。 実際に、昭和21年までは、歴史的仮名遣いの名残りである「づつ」を使用していました。 しかし、同年に定められた現代仮名遣いの決まりの中で一度「ずつ」表記に統一されています。 その後、昭和61年に「ずつ」でも「づつ」でも間違いではないけれど、「ずつ」を推奨するという形に定められました。 このように一度「ずつ」に統一されたという経緯があるため「ずつ」という表記の方が一般的な認識として浸透しています。 どうしても「づつ」としたい時以外は「ずつ」と表記するようにしましょう。

次の

~ずつ(zutsu)【JLPT N3 Grammar】

ひとり ずつ づつ

「づつ」は歴史的仮名遣いで、現代でも使うことが許容されています。 一方、「ずつ」は現代仮名遣いで、一般的には正しいのはこちらだとされています。 「づつ」と「ずつ」 「づつ」と「ずつ」の違いを解説するためにはその歴史的背景を見ていく必要があります。 まず、そもそも づつはすごい昔から使われていました。 いわゆる歴史的仮名遣いです。 ちなみに、づつの語源には2つの説があります。 まず1つめは「一つ」、「二つ」、「三つ」の「つ」が重なって「つつ」となり、これが変化して「づつ」になったという説です。 そして、2つめは「筒」という漢字がもとになっているという説ですが、なぜこの漢字が数を表す表現になったのかはよくわかっていません。 さて、そんな語源を持つ「づつ」は長い間正式な使い方でしたが、その状況は戦後の昭和21年に大きく変わります。 この年、 「現代かなづかい」が制定され、それと同時に歴史的仮名遣いは間違ったものであるとされてしまったのです。 つまり、この時、「づつ」は誤った表現だとされてしまいました。 一方、新しく現代仮名遣いとして登場した「ずつ」は正しい表現として生まれました。 では、「づつ」は誤りなのかと言われると、それは違います。 誤りとされてきた「づつ」は、昭和61年に制定された「現代仮名遣い」で許容されるようになったのです。 これには、歴史的仮名遣いを否定してしまうと、高齢者が使う表現や、文化的価値が高い文章などに対して、「これは間違いだ」というゆがんだ認識が生まれていしまうからです。 これと同時に「現代かなづかい」も無効になったので、「づつ」は復権を果たします。 しかし、 「現代仮名遣い」で「ずつ」は本則とされました。 本則とは、教科書、公文書、新聞などで用いることができる表現のことです。 つまり、 教科書などでは「ずつ」は使うことができますが、「づつ」を使うことはできないのです。 例えば、学校のテストなどで「づつ」と書いてしまうとバツをつけられてしまいます。 しかし、手紙など、私的な場面では「づつ」でもいい、ということになっています。 ちなみに、「づつ」に限らず 「づ」というひらがなは基本的には歴史的仮名遣いでしか用いられませんが、それには2つほど例外が存在します。 まず1つめは同じ音が続くときです。 例えば、「つづく」は「つ」が重なっているので、「づ」を使うのが正解です。 逆に、この場合「ず」を用いてはいけません。 次に、2つめはもとの単語が「つ」である時です。 例えば、「手作り」という言葉をひらがなで表記する場合には「てづくり」となります。 「作る」の読み方は「つくり」ですからね。 このような場合には「ず」ではなく「づ」が正解です。

次の

文化庁が定めた「づつ」と「ずつ」のルール

ひとり ずつ づつ

ポイント• 正しくは「 」。 公用文や学校教育、新聞では「 」は間違いとされる。 「竹筒」など二語の連合によって生じた場合のみ「 」。 解説 歴史的には「 」が使われてきたようです。 しかし、昭和21年に定められた「現代仮名遣い」で、「 」を原則とすることが定められました。 これにより、法令・公用文書・新聞・雑誌・放送などでの基準も「 」となりました。 学校などの教育現場でも、正しいものは「 」となります。 「現代仮名遣い」は、昭和61年に改訂されていますが、同 に「 」を原則としています。 例外として、「竹筒」など二語の連合によって生じた場合のみ「 」を使います。 これは、「三日月(みかづき)」「小遣い(こづかい)」と同 に、2つの言葉をつなげた濁音として分類されるためです。 結論として、現代において正しいものは「 」となります。 すこし• ひとり 漢字で「筒」や「包」として書けるものは例外として「 」を使います。 こ み 参照元 このカテゴリーの記事• こんな違いも人気です• 以前は滅多にお目に掛かれなかったマンゴーですが、最近ではジュースやアイスなどで […]• ポイント 「叱る」=相手のため。 「怒る」=自分のため。 「叱る」= […]• ポイント 「使用」=本来の目的で使う。 「利用」=本来の目的以外で使う […]• ポイント 「川柳」=季語がない。 「俳句」=季語がある。 「川柳」= […]• ポイント 「原因」=1つ。 「要因」=複数。 「原因」=ある事象を起 […]• ポイント 「進呈」=気軽に贈る。 「贈呈」=改まって贈る。 「進 […]• ポイント 「外科」=薬物療法ではなく、手術などよって治療。 「整形外 […]• 仕事やビジネスの場で意外に悩むのが「殿」と「 」の使い分けです。 使い方を間違う […]• ポイント 「A型」=リクライニング角度が深い。 […]• 「マンゴスチン」も「ライチ」も、普段あまり食べることのないフルーツです。 「ライ […].

次の