も も 母さん ブログ。 自閉症児育児 人気ブログランキングとブログ検索

自閉症児育児 人気ブログランキングとブログ検索

も も 母さん ブログ

好評放送中の「伝説のお母さん」。 生真面目な性格で、代々続く僧侶の家柄を大切に守ってきた。 ダンボールの中など狭いところが大好き。 【大塚明夫さんからのメッセージ】 クウカイの父親を演じさせていただきました 真冬の撮影でしたので祈祷のシーンが かなりハードでした(苦笑) 無事に我が息子が幸せな家庭を築きますことを 父親としても、一視聴者としても願っております。 ひとり息子のクウカイを目に入れても痛くないほど可愛がってきた。 孫の誕生を心待ちにしている。 【仙道敦子さんからのメッセージ】 このたび、クウカイ君のお母さんを演じさせていただきました。 ゲームの世界と現実の世界が混ざっている 不思議な世界観ですが、内容はとてもリアル! 独特な世界観に参加できて少しでしたが楽しかったです。 魔法大学(通称マホ大)在学中から魔法の開発に携わるなど、優秀さを発揮。 メイに憧れ、その背中を追いかけるように実力を磨いてきたが、出産後のメイが育児に追われ疲弊する姿に複雑な思いを抱いている。 大学で同期だったカトウとはそりが合わない。 【林田岬優さんからのメッセージ】 わたしが演じるメルルは、自分の感情に対し、素直に行動する女の子です。 その素直さから誤解を受けることもありますが、一生懸命で純粋な心を持っています。 かといって、考えなしの行動ではなく、あざとさのようなものもしっかり持っていたりする。 そんなメルルの多面性を出すことができたらいいな、と思いながら演じました。 嵐のように登場する役ですが、是非ご覧いただけたらと思います。 よるドラ『伝説のお母さん』 【あらすじ】 かつて闇の力で世界を支配しようとした魔王を撃退し、世界の平和を取り戻した伝説の勇者一行。 この戦いに参加した伝説の魔法使い・メイ(前田敦子)は、訪れた平穏な日々の中、めでたく第1子を出産。 ワンオペ育児に奮闘する日々であった。 そんなある日、魔王の封印が解かれ復活したという知らせが届く。 国王は伝説の一行に魔王討伐の命を下す。

次の

高校生のお母さん集まれ! 主婦日記ブログ・テーマ

も も 母さん ブログ

好評放送中の「伝説のお母さん」。 生真面目な性格で、代々続く僧侶の家柄を大切に守ってきた。 ダンボールの中など狭いところが大好き。 【大塚明夫さんからのメッセージ】 クウカイの父親を演じさせていただきました 真冬の撮影でしたので祈祷のシーンが かなりハードでした(苦笑) 無事に我が息子が幸せな家庭を築きますことを 父親としても、一視聴者としても願っております。 ひとり息子のクウカイを目に入れても痛くないほど可愛がってきた。 孫の誕生を心待ちにしている。 【仙道敦子さんからのメッセージ】 このたび、クウカイ君のお母さんを演じさせていただきました。 ゲームの世界と現実の世界が混ざっている 不思議な世界観ですが、内容はとてもリアル! 独特な世界観に参加できて少しでしたが楽しかったです。 魔法大学(通称マホ大)在学中から魔法の開発に携わるなど、優秀さを発揮。 メイに憧れ、その背中を追いかけるように実力を磨いてきたが、出産後のメイが育児に追われ疲弊する姿に複雑な思いを抱いている。 大学で同期だったカトウとはそりが合わない。 【林田岬優さんからのメッセージ】 わたしが演じるメルルは、自分の感情に対し、素直に行動する女の子です。 その素直さから誤解を受けることもありますが、一生懸命で純粋な心を持っています。 かといって、考えなしの行動ではなく、あざとさのようなものもしっかり持っていたりする。 そんなメルルの多面性を出すことができたらいいな、と思いながら演じました。 嵐のように登場する役ですが、是非ご覧いただけたらと思います。 よるドラ『伝説のお母さん』 【あらすじ】 かつて闇の力で世界を支配しようとした魔王を撃退し、世界の平和を取り戻した伝説の勇者一行。 この戦いに参加した伝説の魔法使い・メイ(前田敦子)は、訪れた平穏な日々の中、めでたく第1子を出産。 ワンオペ育児に奮闘する日々であった。 そんなある日、魔王の封印が解かれ復活したという知らせが届く。 国王は伝説の一行に魔王討伐の命を下す。

次の

高校生のお母さん集まれ! 主婦日記ブログ・テーマ

も も 母さん ブログ

長く認知症を患っていた父が先日、自宅で息を引き取りました。 自宅が大好きで母が居ないとダメだった父。 頼りきっていた母の側で母と2人きりの時、突然のことでした。 でも父にとっては何よりだったと思います。 母も最後の最後まで自分の手で父の面倒を見て、看取れたことは、 母にとっても何よりだったと思います。 後悔することはあるようですが・・・ 私は残念ながら間に合いませんでした。 夜中に泣きながら駆けつけた時には 事故ったら父に叱られると思い、ひたすら安全運転 まだ父は温かかったです。 穏やかな、本当に穏やかに眠っているような顔をしていて、 目を開けてくれるんじゃないかと思える顔で・・・ でも何度も何度も呼んだけれど目を開けてくれませんでした。 もっともっと、父にしてあげられたことがあったという後悔の気持ちが渦巻いています。 延命はしないと決めたことで私が父の命を奪ってしまった後悔で一昨年の夏から苦しいままです。 ただ、過酷な介護生活を続けてきた母には、ゆっくりと自分の人生を送る時間が出来て、 このことに関しては娘としては良かったと思っています。。 父も自分の為に母が身体を壊す、命を縮めることは望んでいないと思うので・・・ 今は時間を作って出来るだけ実家に行くようにしています。 まだ諸々の手続きや準備をしなければいけないことがあるので・・・ 疲れきっているのに母は、1人で自転車で行くから!なんて言い出すので・・・ ただ、私も時間の制約がある身。 実家に滞在出来る時間が最長でも3時間半・・・ ちょくちょく行かないと片付きません・・・ そして悲しいかなもう若くないので無理をして昨年のように倒れたりしたら、 ちょぴぞーの介護生活に支障が出てしまうのでそれだけは避けなければなりません。 もどかしさでストレスが溜まって爆発しそうですが、 来週の友だちとのランチで少しストレス発散して、 また頑張ります。

次の