共有する 類語。 「周知」「周知する」の意味と使い方を例文つきで解説!類語、英語も紹介

共有フォルダにおける everyone と guest の違い

共有する 類語

管理共有はその機器をネットワーク経由で管理するための共有 share です。 共有されているかは以下コマンドで確認が可能です。 Unix系の OS でも使用されているプロセス間通信。 システムフォルダを共有する。 以下のシステムフォルダは以下コマンドで確認が可能。 備考 現在ではほとんど使用されない。 関連リンク: [] > [] , 【注意】本ページは著作権で保護されています。 内容は何人も補償しません。 時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。 理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。 ご自身の責任で参考にしてください。

次の

「共有する」に関連した英語例文の一覧と使い方

共有する 類語

共有・共同でもつこと 例:「車をシェアする」• 分配・分けること 例:「売上をシェアする」• 市場占有率(マーケットシェア) 例:「市場でシェアを勝ち取る」 その他にも「share」には複数の意味があり、名詞では「取り分」「割り当て」「役割、貢献」「出資、株式」「市場占有率」、動詞では「分配する」「分け合う」「共有する」などです。 「シェア」の語源は英語の「share」 「シェア」は英語で「share」と書きます。 発音は同じくシェアです。 「共有」の意味の「シェア」の使い方 「シェアする」の使い方 ある事柄を誰かと共有したり、共同で利用したりすることを「シェアする」と表現します。 例えば、パソコンをシェアする、ミーティングルームをシェアする、などと使います。 Facebookで「シェアする」の使い方 FacebookなどSNSで「シェアする」という時は、自分以外の友達などが投稿した記事や写真などを自分自身の投稿に引用したり、拡散したりすることを意味します。 また、インターネットのブログなどにFacebookのシェアボタン(アイコン)がある場合、その記事を気に入った時はそのボタンを押すことで、自分自身のFacebookの投稿として友達に共有することができます。 「分配」の意味の「シェア」の使い方 「シェア」の2つ目の意味「分配・分けること」では、「シェアする」という言い方でも使われます。 「分配する」意味での「シェア」の使い方を例文で紹介します。 出資額に比例する正当なシェアを要求する• 利益はボーナスに加算してシェアする 「市場占有率(マーケット・シェア)」の意味と使い方 「市場占有率」「マーケット・シェア」の意味 「市場占有率」「マーケットシェア」は「市場シェア」「シェア」「シェア率」などとも呼ばれ、ある特定の市場の中で、特定の商品やサービスが占める割合のことをいいます。 「市場占有率」というより「マーケットシェア」の概念で認識されることが一般的です。 「マーケット・シェア」の使い方 「マーケット・シェア」を表現するときは、たんに「シェア」や「シェア率」ということが多いようです。 「シェア」を使った関連用語の意味 「ルームシェア」の意味とは 「ルームシェア」とは、ひとつの住居を他人同士が共同で借りたり、共有して住むことをいいます。 特に家賃の高い地域で比較的若い年代の人たちが、支出をおさえるためにルームシェアを行うことが多いです。 「シェアハウス」の意味とは 「シェアハウス」とは、ひとつの家を部屋ごとに貸し出し、リビングルームやキッチンなどは共同で使用する住居形態のことをいいます。 介護付きの高齢者福祉住宅であるグループホームのことをシェアハウスということもあります。 「シェアリングエコノミー」の意味とは 個人が所有する資産(住居、服、乗り物など)を他人に貸し出したり共有したりすることをシェアリングエコノミーといいます。 また、貸し出しをインターネットを通じて仲介するサービスのことをシェアリングエコノミーサービスといいます。 シェアリングエコノミーサービスの草分けといわれるのが、個人の空き部屋の貸し借りを仲介する「Airbnb エアービーアンドビー 」です。 また、「ライドシェアリング」と呼ばれる、自家用車の貸し借りを仲介する「Uber ウーバー 」というサービスも近年アメリカを中心に急成長しています。 近年は価値観の多様化などから、必要な物やサービスを購入したり所有したりするのではなく、必要なときに借りたり、他人と共有したりするのが合理的だという考えを持つ人が先進国を中心に増えています。 シェアリングエコノミーサービスは今後も増加してゆくと考えられています。 まとめ 日常の中で何気なく使っている「シェア」という言葉ですが、一般的に3つの意味「共有」「分配」「市場占有率」で使われています。 特に「共有する」という意味でのシェアは私たちの身近にあふれているといえます。 SNSで情報をシェアしたり、シェアリングエコノミーサービスを利用したりする機会は今後ますます増えていくと思われます。 知らない人との、シェアを通じてのつながりも増えてゆくといえるのではないでしょうか。

次の

「共有する」に関連した英語例文の一覧と使い方

共有する 類語

「共有頂き」でも間違いではないかと… 「共有頂き」は正しくは「共有して頂き」ですが、これは慣用で許容範囲です。 「共有している」というのは共有している人物双方から見て、同様な事実でありますから、どちらが動作主 つまり主語 となっても構いません。 つまり、「AがBと共有している」は「BがAと共有している」とほぼ同義です。 ただし、元々一方 例えばA氏 が所有しているものを、他方 例えば質問者様 とともに「共有する」状態になった場合、 A氏にしてみれば、「共有も何も、もともと持ってるんだから、私にとってどっちでも遜色はない」となり、 「共有」の恩恵を受けるのは質問者様のみになります。 ですから、お礼を述べた際に、恩恵にあずかった自身を遜って「共有させていただきました」のほうが、相手に与える印象がいいのは確かです。 つまり、A氏は「お礼を言うなら、『事実』を言うのではなく、『あなたが何をしてもらったか』を言うべきだ」と言いたかったのだと思います。 「美味しいご飯が食べられてありがたい」ではなく「美味しいご飯を食べさせていただいてありがたい」のほうがいいでしょう?そういうことです。 どっちでも問題ないですが、相手への印象を考えた場合、A氏の指摘も的外れではないと考えます。 語感の違いですね。 Bさんの言う共有するは、例えば感情、秘密なんかを、相手に理解してもらう、共感して貰うという意味で使ってます。 例えば「悲しみを共有してくれた」などの場合、悲しみを持つ主体の自分から見て、「共有してもらった」と使います。 私の悲しみを理解してくれた、分け合ってくれた、共感してくれたの意味です。 情報の場合も同じで、自分の持っている情報を知ってもらったの意味で、「共有して頂く」と使うことがあります。 これをさしてBさんは「共有させていただく」が正しいと指摘したのだと思われます。 対して質問者さんは「共有してもらう」を権利を分け与えて貰う、貸し与えて貰う、一緒に使わせて貰う等の意味で使っているんですよね?英語で言うシェアの感覚です。 これは最初にも言いましたが、単語に対する感覚の違いです。 どちらかが間違いとか、どっちが失礼とか、そういうことではありません。 質問者さんの語感では、共有は「=」で、一つの情報(Aさんのメール)を分け合う事を「共有してもらう」と表現しています。 たぶんなんですけど、パソコン使う人は「=」の語感なんだと思います。 ネット上の一つの情報原を多数の人間で使う。 あれって「共有する」って言いますよね。 対して、パソコン使わない人は、「共有する」って主に対人関係の中で使うんですよね。 だから「秘密を共有してもらう」「自転車を共有させてもらう」などのように、言葉に方向性が生まれる訳です。

次の