パワプロ ガジェット デッキ。 【パワプロアプリ】サクセス一覧

【パワプロ】アンドロメダ学園野手育成のデッキの組み方について考察してみた

パワプロ ガジェット デッキ

本デッキの強い点 至高の一塁手で査定をかなり盛れる 初期ポジ一塁手の場合は起用ボーナス対象金特であるを入手可能。 単独査定は210と破格の数値となっており、選手査定をかなり盛れる。 京子で体力最大値を大幅UP 京子のデートやイベントで早期に体力最大値をMAXまで上げることが可能。 VR空間生成中の練習回数を増やせるため経験点を伸ばしやすくなる。 高査定の付くミート106が可能 岸田・京子・天音の組み合わせで査定70の付くミート106が可能。 至高の一塁手も取れるので、査定最大値はかなり高いと言える。 初期ゲージが70多くなる ジャベリン・京子と特効キャラが2人いるため、 オーバーフローゲージの初期値が特効キャラ1人のときと比べて70多くなる 計140。 これにより、セクション1でゲージを溜めるための動きが少なく済む。 本デッキの懸念点 敏捷ptが不足しやすい 得意練習走塁のキャラが3人となり、強力な走塁タッグを複数回踏めないと最終的に敏捷ptが不足する。 黒セイラの も大量に敏捷ptを消費するためかなり意識して稼ぐ必要がある。 岸田のタッグが発生しにくい 岸田は初期評価がかなり低いため、タッグ発生が遅くなりがち。 後イベの総数がやや重い 本デッキの後イベの総数は15 空きイベ数43 と重め。 アンドロメダはライター体感で後イベが走りにくいのもあり、安定した完走を目指すなら招き猫を持ち込みたい。 ジャングルのVR空間を複数回生成して意識的に敏捷ptを稼ごう。 荒野は生成しない 岸田が超大量の精神ボーナスを持っておりメンタルブーストセル排出キャラも2人いる。 そのため精神ptは特に余りやすく荒野は生成する必要がない。 体力最大値UPによって練習回数が増えるため、野球がうまくなりたいで経験点をもらうより強力。 体力満タンであっても必ず健康に過ごしたいを選択しよう 津乃田・ガジェット落合入りデッキ デッキ編成 本デッキの強い点 至高の一塁手で査定をかなり盛れる 初期ポジ一塁手の場合は起用ボーナス対象金特であるを入手可能。 単独査定は210と破格の数値となっており、選手査定をかなり盛れる。 高査定の付くミート106が可能 岸田・津乃田・天音の組み合わせで査定70の付くミート106が可能。 至高の一塁手も取れるので、査定最大値はかなり高いと言える。 初期ゲージが70多くなる ジャベリン・ガジェットと特効キャラが2人いるため、 オーバーフローゲージの初期値が特効キャラ1人のときと比べて70多くなる 計140。 これにより、セクション1でゲージを溜めるための動きが少なく済む。 本デッキの懸念点 敏捷ptが不足しやすい 得意練習走塁のキャラが3人となり、強力な走塁タッグを複数回踏めないと最終的に敏捷ptが不足する。 津乃田の告白が間に合いにくい 津乃田はイベントでの評価UPが全レアイベ2回目でしかないため、序盤に複数回追えないとクリスマスまでの告白発生が厳しくなる。 岸田のタッグが発生しにくい 岸田は初期評価がかなり低いため、タッグ発生が遅くなりがち。 最悪クリスマスまでに間に合わなくてもいいので、その他の動きを優先した方が良い。 9月1週までに1回目のVR発動 特効キャラが2人いて初期ゲージに余裕があるため、サクセス開始後は9月1週までに1回目のVRを発動して経験点を稼ぐ。 1回目のVR発動が遅れるとゲージがMAXまで溜まりきる可能性がある上、2回目の発動が遅れて金特を取れなくなるので要注意。 敏捷ptをとにかく稼ぐ 岸田が超大量の精神ボーナスを持っており、精神ptは特に余りやすいので稼ぎすぎに注意。 荒野は生成しなくて良い。 筋力・技術は余るというわけではないため、ガツガツ稼いでしまってOK。 津乃田イベ関連のポイント• 初詣大吉時はなぐさめて評価ダウン回避• 1人初詣になったらモテモテで評価UP• 全レアイベは1回目で切って回復• エピローグで満点を取るため、津乃田評価を上げやすくする。 全レアイベに関してはイベ完走率UPと回復が可能な上、 不足しがちな敏捷ptも入手できるため、1回目で切った方が良い。 ライターが実際に育成した選手 京子・黒セイラデッキ 使用デッキ.

次の

【パワプロ】メカニクス高校9000・10000点安定デッキ!立ち回りは?

パワプロ ガジェット デッキ

こんにちは。 マントル高校が思いのほか経験点モリモリな高校でビックリしているsasakiです。 2018年12月13日パワプロアプリ4周年イベントのタイミングで満を持して「マントル高校」が配信開始されました!! 投手なら全力高校、野手ならエビル高校という現環境に一石を投じる高校となるのか期待は膨らむばかりです。 しかし、まずは新高校の登場では毎度おなじみ9000点チャレンジがてら初見でサクッとプレイしてみたところ、たたき出された経験点はなんと 12000点オーバー!! 超適当に組んだデッキかつ、立ち回りどころかマントル高校のルールも分からない状態でしたが、まさかの経験点(笑) これは今後の研究次第では化ける可能性があるぞと感じさせられる雰囲気です。 というわけで今回は初見でマントル高校9000点チャレンジどころか10000点チャレンジまでサクッとクリアできたので、実際に使用したデッキや経験点を出すために意識した点などをまとめていきます。 ちなみに前回のエビル高校登場時は初回のプレイでは10000点には届かなかったのでこれは期待が膨らみます!! デッキは試合経験点4人+彼女の打撃多め・エピ有編成 まずは、初見ということもあり安定の試合経験点持ちを複数枚と彼女を中心にデッキを組みました ちなみに実際に使用したデッキはコチラ。 霧崎礼里:前イベ(試合経験点持ち)• 挑戦者大谷:前イベ(試合経験点・エピ有)• 黒戸もね:前イベ(彼女)• 冴木創:後イベ(試合経験点・エピ有)• 真剣柳生:後イベ(試合経験点・エピ有)• 激闘友沢:後イベ(回復イベ多め) こんな編成でマントル高校を試走しました。 ちなみに私はまだマントル高校ガチャは回していないのでマントルキャラは不在です(笑) 普段だと、初見の9000点チャレンジはアヘ変で行くことが多いのですが今回は高校のシステムが未知過ぎたのでどんな高校でも活躍できる「試合経験点」と「エピローグ」キャラ重視で行きました。 また、やる気の管理や体力管理、エピローグでの経験点等を意識して彼女キャラは1枚は入れておきました。 今回のマントル高校では 「得意練習がないキャラ」が道具の効果を発揮したりするとのことだったので彼女を入れたという理由もあります。 (相棒キャラでもいいかも) そして、「激闘友沢」を最後の1枠に入れたのは、ぶっちゃけ 無難に働きそうだからというなんともお粗末な理由です(笑) ただ、回復イベントの多さや技術ボーナスの高さなど入れておいて損はない感じなので結構オススメです! 実際、この枠にさらに試合経験点持ちキャラを重ねたり、高火力なタッグ性能を持つ打撃キャラ(覚醒才賀など)を加えてタッグに厚みを出すのもアリです。 マントル高校の基本的な立ち回り マントル高校で経験点を出す場合には「メダル」が重要なカギになります。 ちなみにメダルとは持っているキャラが一緒に練習をするとこんな感じに経験点をプラスしてくれます。 エビルのソウルジェイル的なものだと思っていただければ分かりやすいかも。 しかし、この「メダル」を利用するには施設の建設が必要です。 なので序盤の最重要課題は、なるべく早いタイミングで筋力・技術・敏捷・精神のメダルを入手できる施設を建設・強化することです。 そのために必要なのは鉱石を集めることも重要ですが、設計書の入手です。 設計書とは施設を建設するために必要なもので、これがないといくら鉱石を集めていても施設はできません。 そして設計書を手に入れる方法は大きく分けて2つ。 1つは高校のイベント等で入手する場合 2つ目はコツ練習で貰う場合 正直、1つ目のイベントによる入手はあまり期待できないのでいかにコツ練習を発生させて、回収していくかが重要です。 そのため、コツイベ率アップのイベキャラはかなり活躍してくれるはずです。 当然、コツイベでは得能のコツや経験点は従来通りもらえる上にマントル高校では設計書が手に入るので一石二鳥です。 ではもう少し細かく、各セクション毎の立ち回りを紹介していきます。 ちなみに今回は持ち込みアイテムに「招き猫」と「恋愛成就のお守り」を持っていきました。 マントル高校セクション1の立ち回り・意識すること セクション1ではまずは彼女・仲間の評価上げと同時にコツイベを意識します。 まぁこれはどの高校でも大体同じですよね(笑) ただ、エビル高校では「くろがね高校のソウルボーナス」や「タッグフィニッシュ」という高校の特性上、仲間の評価上げ(タッグ練習可能)が最優先事項でした。 しかし、マントル高校では先ほどもお伝えしたようにタッグ練習の恩恵より、メダルで得られる経験点がかなり美味しいので、仲間の評価上げはそこまで重要じゃありません。 最優先すべきは「コツイベ」です!! 当然、コツイベを踏んでいけば自ずと仲間の評価も上がるのですが、まずは早い段階でメダル施設の設計書を手に入れたいところです。 あとは、彼女の評価もなるべく早い段階で告白可能ラインまでは持っていきたいです。 正直、経験点はこの辺の基礎がしっかりと固まっていれば後半のセクションでドカッと稼げるのでまずは施設の建設・強化を最優先に序盤は立ち回りましょう。 施設は作ったら終わりではありません。 レベルアップして強化することでより経験点を稼ぎやすくなります。 しかし、施設の建設だけでなくレベルアップにも設計書と鉱石は必要です。 なので引き続き、強化に必要な鉱石を集めつつコツイベがあったら逃さずに回収していく必要があります。 なので、セク1の段階でも構わないのですが「ツルハシ工場」の施設は建設しておいて損はないと思います。 鉱石の採掘を効率よくするためにも結構重要です。 あとは、彼女の告白がクリスマスまでにくれば完璧です。 実際、ショボいタッグ練習を追うより必要な鉱石が取れる練習やコツイベが発生している練習を追った方が最終的な経験点の伸びは良くなるので、むやみにタッグを追う必要はないかもしれません。 あと、ちょくちょく「モグラ」が練習に現れることがありますが、モグラ退治のために不要な練習をする必要はあまりないように感じました。 ちなみにセクション2実際の経験点はこんな感じ。 まぁ、可もなく不可もなくって感じですね。 マントル高校では7月の週も普通に平常運転なので、良い練習がないときや体力の回復としてガンガン使っていって問題ありません。 エビルみたいに7月とかクリスマスと合わせて経験点ガッポリみたいのは特に意識しなくてOKです。 むしろ、調子に乗っていると最後にバタバタしてデートの消化のために、後半に控えている大量経験点獲得のチャンスを失うかもしれません。 なので基本、回復はデートorメンタル練習。 そして、後半のブーストのためにそろそろメダル施設が全種類建設完了して、強化も進められていたら最高です。 遅くとも、セクション3の中盤には強化は出来ていなくても全種類のメダル施設が建設できていたら、良い感じです。 あと、意識することと言えばやはり鉱石の偏りです。 あくまで私が初見でプレイした感じでは、どうしても「雫石(緑のやつ)」が不足しがちなのに、使う場面が多いというジレンマに悩まされました。 なので、多少経験点的に優先度が高い練習があっても「雫石」を大量に獲得できるチャンスがあったら積極的に取りに行くべきだと思います。 多分、今回はまず経験点を意識してプレイしましたがガチ育成となるとこの辺をしっかりと意識しないときつくなってくると思います。 なので、セクション3はとにかくメダル施設の建設を完了させましょう。 ちなみにセクション3の経験点はこんな感じ。 タッグも無しで300点以上の経験点が入ってきます! エビル同様に全力ほどの爆発力こそ無いものの、毎ターン安定して経験点をまんべんなく稼げるので気が付いたらあっという間に10000点を超えていました。 あとは、マントル高校はエビルや全力のように体力管理が楽ではないので、メンタル練習等を駆使してなるべく経験点の取りこぼしの無駄がないようにしましょう。 一応、おにぎり工場を建設していれば体力回復できるのですが、個人的にはデート消化やメンタルタッグがあれば不要かなと感じています。 先程も紹介したように、マントル高校では7月も通常運転なのでデートを残す必要がありません。 ていうかむしろ、後半は経験点がガッツリ稼げるタイミングなので早い段階でしっかりと紹介していく方がいいような気がしています。 なので貴重な施設の枠を潰してまでおにぎり工場を建設しなくてもとは思っていますが、この辺は個人の好みです。 そして、今回のデッキのコンセプトの1つに「試合経験点」があるので、しっかりとサクッとで甲子園優勝までしましょう。 まぁ、普通にホームランを打っていればまず負けることはないはず。。。 (笑) そんなこんなであとはエピローグでさらに経験点を稼げば、 ドデーン!!初見初プレイで12000点突破!! ちなみにかなり適当に経験点振ってランクはSS2でした! ガチ育成にも期待大ですね!!.

次の

ガジェット デッキレシピ一覧

パワプロ ガジェット デッキ

「ガジェット」モンスターたちの特徴をおさらい まず 「ガジェット」を扱う上で基本的知識として 「ガジェット」モンスターたちの特徴について簡単に説明します。 まずは主な三色である 「レッド・ガジェット」「イエロー・ガジェット」「グリーン・ガジェット」が存在します。 この三体は召喚・特殊召喚成功時に レッドがイエローを、 イエローがグリーンを、 グリーンがレッドをデッキからサーチする効果を持ちます。 この効果はターン 1じゃないため運用によっては 2週目をするのも難しくない反面、 タイミングを逃す可能性もあります。 次に追加された 「ゴールド・ガジェット」と 「シルバー・ガジェット」の 2体は 召喚・特殊召喚成功時に手札のレベル4機械族を特殊召喚する効果、戦闘・効果で破壊された時に自身以外のレベル4ガジェットモンスターを特殊召喚する効果 の二つを持ちます。 手札を使いこそしますが、 「ガジェット」を並べられる効果なので重宝しますが、こちらも タイミングを逃す可能性があることに注意です。 そして最新であるリンクモンスターの 「プラチナ・ガジェット」はメインフェイズに 手札からレベル 4以下の機械族を特殊召喚する効果、 ゴールドと シルバーと同じく 戦闘・効果破壊時にデッキからレベル 4「ガジェット」を特殊召喚出来ます。 ゴールドと シルバーと違う点はリンクモンスターであること、一つ目の効果で特殊召喚できるモンスターがレベル 4以下と範囲が広くなっていることです。 レッド・イエロー・グリーン の回転力、 シルバー・ゴールド ・プラチナ は展開力と役割が違うため運用するうえでは採用枚数など気を付けましょう。 「ガジェット」デッキの組み方、回し方 「ガジェット」デッキと言いますが 「ガジェット」モンスターが決定打になるわけではありません。 あくまで 「ガジェット」はデッキの回転と展開力を上げるテーマですので、他のテーマとの複合やエクストラデッキの強力なモンスターへ繋げることで勝利を目指します。 まずは具体的なデッキの組み方ですが、デッキの回転力の向上を考えると手札へ供給を行えるレットなどの三色 「ガジェット」の 複数積みはぜひともしたいです。 2枚ずつか 3枚ずつかは他に 採用したいカードの枚数や 安定力を重視するかにもよります。 これによってモンスター切れを無くすことに繋がり、効率よく戦えます。 ゴールドと シルバーについては手札消費や二つ目の効果の発動タイミングを考えると多くても 2枚ずつの方が良いかと思います。 「ガジェット」モンスターを多数枚採用することでデッキのモンスター割合が増えるため、採用する魔法・罠カードはよく考えて選ぶ必要があります。 あくまで 「ガジェット」の回転と展開力を主軸に置くために複合するのがオススメなのは、 「マシンナーズ」や 「音響戦士」等が挙げられます。 5種類の 「ガジェット」モンスターが レベル4で統一されていることもあり 、汎用ランク4エクシーズモンスターなどを出せれば状況に応じた強いモンスターを安定して出せます。 次は具体的なデッキの回し方ですが、仮に 「マシンナーズ」と組み合わせた場合は 「ガジェット」と似た効果を持つ 「マシンナーズ・ギアフレーム」や、高い火力と除去効果を持つ 「マシンナーズ・フォートレス」へと繋げます。 手札に機械族が溜まりやすいという特徴から 「マシンナーズ・フォートレス」を自身の効果で墓地から蘇生させたり 、「機甲部隊の最前線」を使うことで戦線の維持と同時に手札補充をしましょう。 また 「音響戦士」と合わせた場合は、ペンデュラムモンスターの 「音響戦士ギータス」、同じくペンデュラムモンスターであり特殊召喚できれば召喚権を増やせる 「音響戦士マイクス」は 「ガジェット」との相性が抜群なので 「ガジェット」を供給することでエクシーズやシンクロに繋げられます。 「ガジェット」と相性の良いカードは? 「ギアギガント X」 ランク 4エクシーズでレベル 4以下の機械族をサーチ・サルベージをする効果なので 「ガジェット」との相性は非常に良く、出来るだけ 3枚採用したいカードです。 「 A・ジェネクス・バードマン」 モンスターを手札に戻す効果は相性が悪いようにも感じますが、ゴールドなどを使えば展開が簡単なのでレベル 7シンクロに繋げられるというメリットがあるので実は相性が良いカードです。 前述した 「音響戦士」の場合の召喚権を増やす 「音響戦士マイクス」を手札に戻せばペンデュラムスケールとしてセットできるためシンクロ召喚に繋げられるだけでなくペンデュラム召喚も出来るようになります。 「ブリキンギョ」 同じ機械族なので 「ギアギガント X」の素材に使えるかつ、「ゴブリンド・バーグ」と違いタイミングを逃さないので、「ガジェット」モンスターの効果を起動させることが出来る点でこっちが採用されます。 「二重召喚」 召喚権を一回増やすことによってレッドなどの 3色を効率よく回しつつ、前述の 「ギアギガント X」等の更なる回転に繋げられます。 「サモン・チェーン」 「ガジェット」モンスターと合わせて複数回チェーンを組まなければ発動できない魔法カードですが、上手くチェーンを組めれば、 手札消費なしで連続で3色の 「ガジェット」をサーチしては召喚と言った爆発力を実現できます。 まとめ いかがでしたでしょうか? 今回は 「プラチナ・ガジェット」の登場ということで 「ガジェット」についての振り返りやデッキ構築についておさらいしました。 「ガジェット」自体がアドバンテージを稼ぎやすく、動かし方を覚えれば個人的に、初心者や復帰組にオススメできるテーマなのではないかと感じております。 「プラチナ・ガジェット」の登場で 「ガジェット」デッキがどの様に強化されるのかに期待です。 登録していただけると最新情報がいち早く手に入ったり、LINEでしか聞けない情報が手にはいつかも!! そしてLINEアット登録者様限定で「こんな記事があったら嬉しい」という声や「こんな記事を書いてくれ!」と言う声を送って頂ければ、内容次第では記事になるかも知れません!! 例「現在の「シーラカンス」を使ったデッキを紹介して!」 「昔のカードの考察をして欲しい!」 「遊戯王のこのネタについて記事にして!」 と言う声を気軽に送ってください!! こちらの企画はLINEアット登録者様限定で行なっていくつもりなので、その様な要望がある方は是非是非登録よろしくお願いします! 最近の投稿• 今週の人気記事一覧!!•

次の