法事 お供え 菓子。 四十九日 お供え】のし・果物・お菓子 のし・花・お返し・線香・送る・お寺

葬儀や法事にいただいたお供えのお返しはどうすれば良い?/香典返し・法事のお返し・49日引き出物専門店[ギフトニシバ]

法事 お供え 菓子

法事にふさわしい手土産やお供え まずは、法事の手土産におすすめの品物を、理由と共にご紹介します。 お菓子 定番中の定番として認識されているお菓子は、法事へ持参するのにも適した品物です。 特に 和菓子は、日持ちがするのでおすすめです。 羊羹は密閉容器に入っていますし、お煎餅は個包装ひとつひとつに乾燥剤が入っているものがほとんどです。 洋菓子を選ぶ場合は、クッキーやマドレーヌ、ミニケーキなどの焼き菓子を選ぶのが良いでしょう。 こちらも、日持ちがするという利点があります。 さらに、 個包装のお菓子は持ち帰る際に分けやすく、かさばりにくい点もおすすめできるポイントです。 同じ洋菓子であっても、クリームや果物がたくさん使われたケーキなどは、見た目は魅力的ですが、法事に向きません。 果物 果物は、季節感を演出できる優秀な手土産です。 形が丸いものは縁起が良いとされているため、りんご、梨、メロン、スイカ、ぶどうなどが特におすすめです。 果物もお供え物の定番ですので、買い求める際は、お店に「法事用の盛り合わせ」として見繕ってもらうと、最適なものを用意できるでしょう。 ただ、 果物は生ものですので、傷みやすい点に注意が必要です。 特に夏など気温の高い季節や、法事が遠方で行われる場合は、お店から宅配便で送るなどの配慮をすると良いでしょう。 線香・ろうそく お供え物には「使用したり食べたりすることでなくなるもの」が良いとされていますので、こちらも手土産としておすすめです。 線香には「香りが心身を浄化する」 、 ろうそくには「ご先祖様のいる所を明るく照らす」という意味が込められています。 その他 品物についてあまり堅苦しく考えず、 「故人が好きだったもの」を持参するという考え方もあります。 飲み物や花などもおすすめです。 飲み物を選ぶ場合、故人が好きだった銘柄の日本酒はいかがでしょうか。 また、夏はビールなども涼しげです。 ただ、宗派や地域の風習によっては、ふさわしくないとされるおそれもありますので、これらを持参しようと考える場合は、あらかじめ確認しておきましょう。 花を選ぶ場合、 四十九日法要までは色のない花を選びましょう。 やはり 菊やゆりが無難です。 それ以降の法事では、色のある花も選べます。 故人が好きでよく飾っていた花であれば、遺族の方にも喜んでいただけるのではないでしょうか。 法事における手土産やお供えのマナー 次に、手土産やお供えに関して、ぜひ押さえておきたいマナーをご紹介します。 品物の包装 品物には、必ず「のし」を掛けましょう。 のし紙は「弔事用」を使い、「外のし」にします。 弔事用のし紙には、のしマークがなく、弔事用の水引と「御供」といった表書きだけが印刷されています。 外のしとは、包装紙の上からのし紙を貼る方法で、誰からいただいたお供えか簡単に判別できるようになっています。 水引の色は、一般的とされている黒と白を選んでください。 四十九日以降は双銀のものを使い、三回忌以降は黄と白のものを使います。 けれども、地域によっては黄と白を使うタイミングが異なる場合もありますので、確認が必要です。 水引の下には名前を記します。 なお、名前は必ずしも1名分だけである必要はありません。 夫婦の場合は連名に、5名以上の場合は「~一同」と記します。 お渡しする方法 入り口や玄関などで迎えられたタイミングでお渡しすれば良いでしょう。 「ご仏前にお供えください」などのご挨拶をして、袋や風呂敷包から取り出し、品物のみをお渡しします。 ご家族の許可なく、 自分で故人のご仏前に供えることは、失礼にあたります。 ただし「仏壇に自分たちでお供えする」という風習のある地域もあります。 そもそも法事に手土産は必要か 法事に呼ばれた際、「お香典をお包みするのだから、手土産やお供えはなくても良いのではないだろうか」と迷われたことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。 手土産やお供え物を持参しないことが、必ずしも非常識であるとは限りません。 最近では、品物ではなく「御供物料」を用意する方も増えてきています。 御供物料とは、手土産やお供えの代わりとしてお渡しする弔慰金のことです。 金額は、五千円~二万円程度を目安としてください。 法事の最後にお供えを皆で分け合う風習のある地域もありますので、いずれの場合も、事前に確認しておくと安心でしょう。 まとめ 法事があるたびに、少し迷ってしまう手土産やお供え。 ですが、今回ご説明したいくつかのルールやマナーを押さえておけば、後は故人を供養する気持ちを持って品物を選ぶだけです。 いい葬儀では、心あたたまる素敵な法事を執り行うためのご相談をお受けしております。 お見積もりを希望される方や葬儀社をどこにするかで迷われている方も、ぜひお気軽にお問い合わせください。 いい葬儀で葬儀場・斎場を探す エリアを選択してください 北海道・東北地方 探す• 関東地方 探す• 中部地方 探す• 関西地方 探す• 中国・四国地方 探す• 九州地方・沖縄 探す• いい葬儀の鎌倉新書が運営するサービス•

次の

法事のお供え物のお菓子以外のおすすめは?表書きやのしのマナーは大丈夫?

法事 お供え 菓子

お寺にお供えするお菓子は必要?!おすすめは? お供え物は地域や宗派での違いはあると思いますが、 お菓子と果物の盛り合わせが一般的です。 ですからお菓子はお供え物として持参した方が良いでしょう。 お供えのお菓子は、故人が生前好んでいたものをお供えするのが良いのでしょうが、傷みやすいもの、お供えに相応しくないものなどは控えましょう。 お菓子は、 日持ちのするもので個包装してあり個数がたくさん入った箱ものが良いとされています。 というのは、法要が終わった後、お坊さんから「どうぞお持ちになってください」と言われることがあり、出席者で分けて持ち帰るからです。 お供えの御下がりをいただくのも供養になるので、分けやすいように個包装で個数の多い物が好まれるようです。 もちろん言われないときは、そのまま置いて帰ります。 お寺にお供えするお菓子のおすすめは? 具体的にはどのようなものが好まれるのでしょうか? 一般的には 和菓子であれば、饅頭や煎餅など、また洋菓子であればマドレーヌやクッキーなどの焼き菓子がおすすめです。 昔はお供え用のお菓子を、予め和菓子屋さんに注文して準備していたようですが、そういう風習も少なくなってきました。 今ではデパートなどでたくさんの種類のお菓子が売られていて、いつでも購入できるようになりました。 たくさんの種類の中から、お供え物を選ぶのも迷ってしまいますが、お菓子の中には、 仏事ではなく紅白饅頭のように慶事用の物もありますので、注意が必要ですね。 お菓子の詰め合わせの中に慶事用の物が混ざっていることもあります。 購入する際は仏事用であることを伝えると、詰め合わせの内容を替えてくれるところもありますので、お菓子屋さんに相談するのも良いでしょう。 知識豊かなお店の方から、良いアドバイスをもらえるかもしれません。 お寺へお供えするのしの表書きはどうする? お寺へのお供え物ののしの表書きは「御供」「御供物」または「御仏前」とするのが一般的です。 のしは黒と白の結び切りの水引になります。 そして お供え物であることが分かるように、外のしにします。 のしのことを掛け紙というところもあります。 和菓子のお店では掛け紙という言葉を用いることが多いようですので、覚えておいてくださいね。 お店によっては、仏事用の包装紙を用意してあるところもあります。 お菓子などお供え物を包装してもらう際は、仏事用であることを伝え、仏事用の包装紙で包装してもらうと良いですね。 お寺へお供えするお菓子の相場ってどのくらい? お寺で 年回忌などの法用にお供えするお菓子は、三千円から一万円位だと言われています。 葬儀や通夜のお供えは五千円から一万円位ですが、葬儀やお通夜のお供えなどは、葬儀社などが手配してくれるので、ほとんどが葬儀代金の中に含まれているようです。 しかしながら、その 地域の風習あるいは宗派、お寺の慣例などがあり相場は一概には決められません。 お寺の近くのお菓子屋さんや、お寺にお菓子を納めているお店などに相談すると、教えてもらえることもあります。 あるいは、檀家の方々に相談されるのも良いでしょう。 相談したいけれども、日頃あまりお寺とのお付き合いが無い場合、檀家の方々やお寺にお菓子を納めているお店なども分からないことがありますね。 そんな時は、一般的に言われている金額三千円から一万円ぐらいで大丈夫でしょう。 お供えは金額ではなく気持ちが大事ですからね。 どんなにお金をかけても、心がこもってなければお供えとは言えません、ただの飾りになってしまいます。 まとめ お寺で法要をする際のお供え物のお菓子は、三千円から一万円位の、日持ちが良く、個別包装してあり、個数が多い箱入りの物が好まれます。 のしは「御供」や「御仏前」などが一般的です。 仏事用の包装をしてもらいましょう。 けれども宗派や地域で様々な慣例があります、最近では、お供え物をお金で納めるところも増えているようです。 お寺のしきたりやマナーは、日頃お付き合いが無ければ、ほとんどの方があまり詳しくないと思われますので、先ずはお寺に相談して教えていただくことをお勧めします。 お寺で法要をするときは、お寺の設備をお借りすることになります。 お席料を準備するなど、お寺に失礼のないように心掛けたいものです。

次の

法事のお供えにおすすめのお菓子とは?金額相場や包み方を徹底解説!|終活ねっとのお坊さん

法事 お供え 菓子

法事のお供え施主は必要? 法事を自宅で行う場合には施主がお供えを用意しますが、お寺での法事の場合は、お寺によってやり方が異なるため、法事の前に、お寺にお供えが必要かを確認しなければなりません。 大きく分けると、お供えを施主が用意して持参するケースと、お寺が用意するケースがあります。 そのうち、お寺が用意するケースでは、あらかじめお寺がお供え料やお花料をいくらか指定してくるケースもあれば、何も言わないケースもあります。 何も言われない場合は、別に御供物料を包むか、お布施を多めに包むという形が良いでしょう。 では次に、施主がお供えを用意する場合のおすすめについてお話しします。 法事のお供えのおすすめは お菓子?果物? 法事のお供えとしては以下の2種類が一般的です。 ・ お菓子 ・ 果物の盛り合わせ といっても、お菓子も果物も沢山の種類がありますよね。 もう少し候補を絞りたい、というのであれば、法事におけるお供え物なので 故人の好きだったものという要素を入れるのが良いでしょう。 ではここで、お菓子と果物についてちょっと具体的にお話しします。 お菓子の代表例として挙げられるのが、饅頭です。 以下のような仏事用の「白と薄緑色」2色のものを用意するのが昔からの定番です。 ただ、法事用の饅頭は注文生産かつ日持ちしないことから、事前に和菓子屋さんに注文するか、ネット等で購入する必要があります。 そのため最近では、日持ちしない和菓子(饅頭、どら焼き、最中など餡子入りのもの)を敬遠し、日持ちするものを選ぶ人が増えています。 具体的には、クッキー、マドレーヌ、パウンドケーキ等の焼き菓子や、落雁、カステラ、煎餅等があります。 ちなみに、果物については意外かもしれませんが、下記のようにAmazonでも購入出来ます。 籠盛りで熨斗もつけてくれるし、日時指定も可能なので便利ですよ。 また、稀なケースですが、これ以外に、野菜や海産物などを用意するよう、細かく指定してくるお寺もあるそうです。 このような場合は特に、具体的に何を持参するのか分からず戸惑うでしょうし、最初にお寺に確認してしまうのが確実です。 「何も分からないので、具体的に何をお持ちすれば良いのか教えてください」と言えば教えてくれるはずです。 ちなみに、このような場合の考え方ですが、野菜や果物については「その季節の旬のもの」「常温で日持ちするもの」という観点で考えるのが良いでしょう。 野菜では、にんじん、ジャガイモ、椎茸など。 ネギ等ニオイが気になるものは避けた方が良いですね。 果物では丸いものが好まれるのですが、中でも柑橘類やりんご等は日持ちしやすく入手しやすいですね。 ただし、暑い時期など傷みやすい時期もあるので、その時期は不要、というお寺もあります。 また、海産物は、いつでも使える焼き海苔や、昆布が無難です。 ところで、お供え物って、法事の後でどうなるのか気になりますよね。 次に、お供えをお下がりにするのかどうか、お話しします。 法事のお供え お下がりとして配るもの? 仏様へのお供えは、お供えの後にお下がりとして皆で分けて食べることが供養になる、とされています。 ですから、全てお下がりを貰えるものだと思い込んでいる人もいるのですが、お寺の方針によってお供え物がお下がりになるケースと、お下がりにならないケースがあるのです。 自宅での法要であれば、お坊さんは大抵残して帰られるので、その後お下がりを出席してくれた親戚に分けて持ち帰ってもらいます。 お寺で行う法要でも、法要後にお坊さんが下ろして「皆さんでお持ち下さい」という言葉があれば、仏様のお下がりとして親戚で分けて持ち帰ります。 ただ、お坊さんが何も言わない場合には、お供えとして残さなければいけません。 故人供養とはいっても、お寺の御本尊様へのお供え物ですから、御本尊を預かるお寺のお坊さんが決めることなのです。 そして、お坊さんに断りもなく、施主やその他の出席者が御本尊のお供え物を下げることは許されていません。 では、もし持参したお供え物が下がらなかった場合はどうなるのか・・・というと、その後お寺の寄り合い等の際にお茶菓子として出される、というような用途になるそうです。 さいごに お供えものは、後でお下がりとしていただくかどうかお寺の考え方次第なのですが、どちらにしても日持ちするものにしましょう。 (できれば賞味期限まで1~2週間は欲しいところです。 ) また、分けやすい方が良いので、個包装で数が多めのものを選びましょう。

次の