三菱ケミカル。 児玉化学工業、「三菱ケミカル」グループから外れる : 東京商工リサーチ

三菱ケミカル健康保険組合

三菱ケミカル

三菱ケミカルは6月9日、同社と日本製紙が、同社の生分解性樹脂「BioPBS」と日本製紙の紙製バリア素材「シールドプラス」という、ともに再生可能な原料から製造される生分解素材を用いた循環型包装材を共同開発したと発表した。 BioPBSは、同社が開発、基本特許を有し、当社とタイのPTTグローバルケミカル社が折半出資するPTTMCCバイオケム社が製造する植物由来の生分解性樹脂で、自然界の微生物によって水と二酸化炭素に分解されるため、自然環境への負荷が少ない樹脂素材。 また、他の生分解性樹脂に比べ、低温ヒートシール性・耐熱性・柔軟性などで優れた性能を有している。 シールドプラスは、日本製紙が長年培ってきた紙の製造技術と塗工技術を応用し、再生可能な循環型素材であり、生分解性も有する「紙」に酸素・香りのバリア性を付与した、環境に優しい素材。 バリア機能により、内容物(主に食品)の品質を維持し、外からのにおい移りを抑えることができる。 また、「紙製」なので、フィルムとは異なる紙独特の風合いがあるのも特徴。 プラスチックごみ問題への対策が求められていることを背景に、菓子のパッケージやストロー等で従来のプラスチック製から生分解性のある樹脂や紙製への代替需要が高まっている。 今回開発した包装材は、再生可能な原料を用いた生分解性のある循環型の製品でありながら、BioPBSのヒートシール性とシールドプラスのバリア性により、内容物の品質劣化を防止する高い機能性を有している。 今後は菓子やコーヒー豆等の食品をはじめとしたパッケージ用途に展開する。 同社は、同社グループが掲げる「KAITEKI」の実現に向け、今後もBioPBSをはじめとする生分解性樹脂や植物由来樹脂の研究開発・用途展開を加速させ、サーキュラーエコノミー(循環型社会)の構築やSDGsの達成に貢献していくとしている。

次の

三菱ケミカル健康保険組合

三菱ケミカル

三菱ケミカルは6月9日、同社と日本製紙が、同社の生分解性樹脂「BioPBS」と日本製紙の紙製バリア素材「シールドプラス」という、ともに再生可能な原料から製造される生分解素材を用いた循環型包装材を共同開発したと発表した。 BioPBSは、同社が開発、基本特許を有し、当社とタイのPTTグローバルケミカル社が折半出資するPTTMCCバイオケム社が製造する植物由来の生分解性樹脂で、自然界の微生物によって水と二酸化炭素に分解されるため、自然環境への負荷が少ない樹脂素材。 また、他の生分解性樹脂に比べ、低温ヒートシール性・耐熱性・柔軟性などで優れた性能を有している。 シールドプラスは、日本製紙が長年培ってきた紙の製造技術と塗工技術を応用し、再生可能な循環型素材であり、生分解性も有する「紙」に酸素・香りのバリア性を付与した、環境に優しい素材。 バリア機能により、内容物(主に食品)の品質を維持し、外からのにおい移りを抑えることができる。 また、「紙製」なので、フィルムとは異なる紙独特の風合いがあるのも特徴。 プラスチックごみ問題への対策が求められていることを背景に、菓子のパッケージやストロー等で従来のプラスチック製から生分解性のある樹脂や紙製への代替需要が高まっている。 今回開発した包装材は、再生可能な原料を用いた生分解性のある循環型の製品でありながら、BioPBSのヒートシール性とシールドプラスのバリア性により、内容物の品質劣化を防止する高い機能性を有している。 今後は菓子やコーヒー豆等の食品をはじめとしたパッケージ用途に展開する。 同社は、同社グループが掲げる「KAITEKI」の実現に向け、今後もBioPBSをはじめとする生分解性樹脂や植物由来樹脂の研究開発・用途展開を加速させ、サーキュラーエコノミー(循環型社会)の構築やSDGsの達成に貢献していくとしている。

次の

三菱ケミカル / ゴルフシャフト

三菱ケミカル

2月21日、大手化成品メーカーの三菱ケミカル(株)(TSR企業コード:291021336)の児玉化学工業(株)(TSR企業コード:290051312、東証2部、以下児玉化学)への出資比率が15. 77%から13. 86%に引き下げられたことがわかった。 三菱ケミカルが関東財務局に提出した「大量保有報告書」により判明したもので、2月19日には三菱ケミカルが児玉化学の株式の保有目的を「政策保有」から「純投資」へ変更していた。 これに伴い両社の資本関係は一段と希薄になった。 三菱ケミカルは、(株)三菱ケミカルホールディングス(TSR企業コード:296272507、東証1部、以下三菱ケミカルHD)の100%出資子会社。 三菱ケミカルHDは、三菱ケミカルを通じて児玉化学の株式を保有し、持分法適用会社としていた。 しかし、21日に三菱ケミカルが市場外で児玉化学の株式7万5,400株を売却し、持分法から外れた。 三菱ケミカルHDの担当者は東京商工リサーチ(TSR)の取材に、「保有目的の見直しに伴い売却を決めた。 流動性が低いため市場外での処分となった」とコメントした。 児玉化学には三菱ケミカルからの転籍や出向者が在籍している。 この点について児玉化学の担当者は、「出向者は転籍の方向で調整が進んでいた。 三菱ケミカルとの取引関係に変更はない」とコメントした。 三菱ケミカルの大量保有報告の提出を受け、児玉化学も21日に「その他関係会社の異動に関するお知らせ」をリリースした。 今回の大量保有報告書の提出時の三菱ケミカルと児玉化学の連携不足を指摘する声もあり、今後の展開が注目される。 児玉化学工業が入居するビル (東京商工リサーチ発行「TSR情報全国版」2019年3月1日号掲載予定「取材の周辺」を再編集).

次の