ワールズ エンド ダンス ホール 歌詞。 【wowaka(現実逃避P)】「ワールズエンド・ダンスホール」考察してみた

バッド・ダンス・ホール 歌詞「鏡音リン」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

ワールズ エンド ダンス ホール 歌詞

カテゴリ• タイトル『ワールズエンド・ダンスホール』の意味 まずはタイトルの『ワールズエンド・ダンスホール』とは何か。 ワールズエンドは「世界の終わり」という意味です。 世界とは1 人の人間の一生 を指します。 つまり人生が終わる瞬間を切り取った曲です。 ワールズエンドには「世界の果て」 と訳される場合もあります。 歌詞の内容を見るに『世界の終わり』 が適しているでしょう。 ただ、この曲の最後では主人公の死が暗示されています。 『世界の終わり』と『世界の果て』、両方の意味を含んだダブルミーニングかもしれません。 『ワールズエンド・ダンスホール』のテーマ・登場人物 『ワールズエンド・ダンスホール』のテーマは、 「クラスに馴染めない主人公が、同じ悩みを持つクラスメイトと屋上から飛び降りる」というもの。 自殺の歌というと悲しげになりそうですが、ワールズエンドダンスホールはアップテンポの曲調です。 歌詞も「ホップ・ステップ」や「ポップにセンス」など、ダンスを思わせる明るいワードがちりばめられています。 これは作詞のテクニックで、明るい曲調に暗い歌詞を載せたり、ネガティブな内容をポジティブな単語で表現しているからです。 ネガティブさが強調される効果を狙ったのでしょう。 歌詞ではハッキリ明かされませんが、私は主人公の他にもう1 人誰かがいるように思えました。 クラスメイトの1 人が主人公を誘い、2 人で屋上から飛び降りるシーンが見えてきます。 具体的な考察 クラスに馴染めない、2 人の高校生 散々躓いたダンスを、 そう、祭壇の上で踊るの? 呆然に目が眩んじゃうから どうでしょう、一緒にここで! ここは主人公ではない、もう1 人の誰かの視点です。 「散々躓いたダンス」はクラスメイトの輪に馴染もうとしてきた過去の自分の行動。 ある日、主人公のそんな心境を見抜いた人物が現れます。 「無理に周りの人と合わせるような生き方を、卒業した後も、自分の葬式が開かれる時までやらなければならないの?私はそんな未来を想像すると、生きているって何だろうな~…… って思うよ。 それくらいなら、どうかな? 一緒にここで!」 主人公を飛び降り自殺に誘っています。 パッとフラッと消えちゃいそな 次の瞬間を残そうか さよなら、お元気で。 何も変わらないであろう風景を眺め、高い屋上から枯れた地面へ。 コンクリートに這った二人は、人生の最終列車に乗ったのです。 最後に ワールズエンドダンスホールを初めて聞いた時の、不思議な感覚は忘れられません。 物悲しい雰囲気なのに、目に浮かぶのは楽しげな2 人。 なのに体が動き出すような楽しさではありませんでした。 まるで立っている足場がパッと消えたかのような不安定感。 悲しいでも楽しいでもない、自分どう感じているかハッキリと分からない浮遊感。 こうした感想を持ちました きっと曲中の2 人が感じているのも、そういった感情なのでしょうね。 死を目前にしたのに悲壮感を覚えず、生きようとしていたころより楽しいというチグハグな感情。 改めてこの曲を聴くと、まるで屋上で踊る3 人目になった気分になります。 2 人のアンバランスな感情が表現され、聴いた人にも伝播する。 秀逸な歌詞ですね。 とても面白い考察だと思いました! 初めてこの曲を聴いた頃は考察なんて難しい年齢でしたから新鮮ですね。 考察なしで、変な勘繰りをしないで曲を聴くことの方が大事かもしれませんが…。 (大人はその狭間で揺れ動く宿命なのかもしれませんね…。 ) 記事で少し気になったのは、ネガティブに捉えすぎなところですかね。 自殺という具体性より、新しい世界への再出発という抽象的な表現だとも思いました。 「変わらない世界」は言っちゃえば自分が変わらないから。 「世界、俯いちゃう前に」は世界をネガティブなものに捉える前に。 「手を引いてみようか」と思った逆転の世界に、前の世界を忘れるほど踊って到達しようとする。 (つまらん世界の住民からすれば逆転の世界=枯れた地面。 お前達が思う枯れた地面で楽しむんだよ、お前等が何も変わらないから、という皮肉?) 本家の背景画像を見てみて下さい。 トビラが色も左右も上下も反転してますよね。 つまり彼女たち? は逆転の世界=枯れた地面=世界の隅っこ(VOCALOIDというアングラな世界、世間が見向きもしない世界のこと) で踊るように楽しむのでしょう。 そして最後に、「さよなら、お元気で。 」と鬱憤しかなかった世界=俗世間に別れを告げて、再出発する。 だと思うんですよね。 VOCALOIDの当時の状況や、それを使って曲を作る者の立場からも見てみると。 再出発して今、VOCALOIDで楽しんでんだ。 だからこれが生まれたんだ。 って繋がると思うのです。 また、作曲者のwowakaさんの曲はネガティブへのミスリードがうますぎると思います。 ネガティブに解釈するか、ポジティブに解釈するか…。 「アンハッピーリフレイン」なんかもどちらで解釈するかで変わってきますし…。 虚無主義に落ち込むか…。 (=不幸の繰り返し) それを乗り越えていくか…。 (=不幸を断つ) 人間はどうしてもネガティブに物事を解釈してしまいます。 それが本能だからです。 その本能の壁をぶち破ったとき、トビラを開けたとき、新しい世界が待ってるんだと思います。 なので僕はいつもネガティブな自分に挫けないよう、ポジティブに解釈しようともがいています 笑•

次の

ワールズエンド・ダンスホール (World's End Dancehall)

ワールズ エンド ダンス ホール 歌詞

ワールズエンド・ダンスホール 作詞 WOWAKA 作曲 WOWAKA 唄 赤飯 冗談混じりの境界線上 階段のそのまた向こう 全然良いこともないし、ねえ その手を引いてみようか? 散々躓いたダンスを、 そう、祭壇の上で踊るの? 呆然に目が眩んじゃうから どうでしょう、一緒にここで! 甲高い声が部屋を埋めるよ 最低な意味を渦巻いて 当然、良いこともないし さあ、思い切り吐き出そうか 「短い言葉で繋がる意味を 顔も合わせずに毛嫌う理由を さがしても さがしても 見つからないけど はにかみながら怒ったって 目を伏せながら笑ったって そんなの、どうせ、つまらないわ! 」 ホップ・ステップで踊ろうか 世界の隅っこでワン・ツー ちょっとクラッとしそうになる終末感を楽しんで パッとフラッと消えちゃいそな 次の瞬間を残そうか くるくるくるくるり 回る世界に酔う 傍観者だけの空間。 レースを最終電車に乗り込んで、 「全然良いこともないし、ねえ、この手を引いてみようか? 」 なんだかいつもと違う。 運命のいたずらを信じてみる。 散々躓いたダンスを、 そう、思い切り馬鹿にしようか 「つまらん動き繰り返す意味を 音に合わせて足を踏む理由を さがしても さがしても 見つからないから 悲しいときに踊りたいの 泣きたいときに笑いたいの」 そんなわがまま疲れちゃうわ! ポップにセンスを歌おうか 世界、俯いちゃう前に キュッとしちゃった心の音をどうぞ。 まだまだ忘れないわ。 なんて綺麗な眺めなんでしょうか! ここから見える風景 きっと何一つ変わらないから、 枯れた地面を這うの。 ホップ・ステップで踊ろうか 世界の隅っこでワン・ツー ちょっとクラッとしそうになる終末感を楽しんで パッとフラッと消えちゃいそな 次の瞬間を残そうか さよなら、お元気で。 All Rights Reserved 「 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。 赤飯さん『ワールズエンド・ダンスホール』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。 或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。 赤飯さん『ワールズエンド・ダンスホール』の歌詞 ワールズエンドダンスホール words by ヲワカ music by ヲワカ Performed by セキハン.

次の

ワールズエンド・ダンスホール 歌詞「赤飯」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

ワールズ エンド ダンス ホール 歌詞

パクリというのは、一部の人が言っているだけで、事実ではありません。 申し訳ありません。 )の楽曲によく似ているという指摘をコメントなどで いただきました。 僕自身スパルタの大ファンで、 自身のリフ作りや曲の構成などに このバンドから強く影響を受けた自覚はあります。 しかし、だからこそ意図的に真似をするという意識は 微塵もなかったと断言できます。 「ワールズエンド・ダンスホール」という曲について、 そのリフもメロディーも歌詞も、 すべて自分の中から出てきた、 自分が作った曲であるということです。 今回自分がアップしたこの楽曲で 不快な思いをした方がいたら本当に申し訳ありません。 今僕が言えることを書きました。 同曲に関して、たくさんの再生・コメント・マイリストなどありがとうございます。 これを読んで 後は ご自身で判断して下さい。

次の