寝 すぎ て 腰 が 痛い。 腰痛で眠れない原因と対処法

仰向けで寝ると腰が痛い原因と簡単にできる解消方法

寝 すぎ て 腰 が 痛い

睡眠は体を回復させるもののはずなのに、なんで起きると全身ガチガチなんでしょう? 答えは簡単です。 それは、 同じ姿勢で8時間も過ごしているからだとMontefiore Spine Centerの理学療法医のアンドリュー・ギットキン博士は説明します。 また、 寝るときになにかしらの痛みがあるなら、それを悪化させないような姿勢で寝ることもとても大事だと、Hospital for Special Surgeryの物療学とリハビリの認定理学療法士のジェニファー・L・ソロモンさんは言います。 特に背中の下部や腰が痛む人は気をつけましょう。 今まで背中や腰に痛みを感じたことがなくても、この先、痛みに悩まされる可能性はとても高いのです。 National Institute of Healthによると、 人生のどこかで背中の痛みを感じる人は80パーセントだそうです。 そこで、 正しい寝方とNGの寝方をご紹介します。 これで、朝起きた時も痛みなしですっきり起きられるはずです。 背中の下部に痛みを感じるときの寝方 背骨をニュートラルなポジションにすることが大切です。 これには腰や骨盤とも関係するとギットキン博士は言います。 体を横にするか、上を向いて寝て、 背骨をまっすぐに保つために枕を使うとよいでしょう。 「 理想の姿勢は、仰向けでひざの下に枕を置いた姿勢か、横向きに寝て、ひざに枕を挟む姿勢です」とソロモン医師は説明します。 この時使うのは、しっかりとした枕がよいでしょう。 背中の痛みがあるときに一番NGな寝方 うつぶせに寝ている人は要注意! この寝方は腰に一番よくないポーズです。 頭を横に向けて寝るのは、頸椎あるいは首の根本にかなりの負担をかけてしまうのです。 ギットキン博士は、これが、背骨の他の部分もゆがませてしまうと注意を促します。 いつも下を向いて寝ている人には、胸の下にテニスボールを入れるとよいとソロモン医師はアドバイスします。 ちょっと変に思うかもしれませんが、実はこれは効果があるのです。 「この状態だとあまりにも不快なので、自然と仰向けになるはず」とのこと。 こうすれば、背骨にもやさしい新しい寝方にも慣れてくるはずです。 マットレスを新しくする時期かも もし 正しい姿勢で寝ているのにも関わらず、朝起きると腰が痛いのなら、それはベッドのせいかもしれません。 一般的に、よいマットレスなら10年くらい持つと言われますが、National Sleep Foundationはよく眠れないのなら5年で交換することをすすめています。 「 かたいマットレスの方が慢性的な痛みがある場合にはよい言われています。 これは、かたいほうがきちんと支えてくれるからです」とArizona College of Medicineの睡眠と健康のリサーチプログラムのディレクター、マイケル・フランドナー医学博士は説明します。 自分にあっているか確認するには、実際に1、2週間寝てみるのが一番なので、返品制度がしっかりしているマットレスを選ぶことがおすすめだそうです。 いろんなタイプから選べる「CBDオイル」5つ 大麻草由来のCBDオイルが、さまざまな不調に効くというのは、以前の記事でもお伝えしたとおり。 こちらでは、国内で購入できる、さまざまなCBDオイル配合... アメリカ海軍から学ぶ睡眠テクニック なかなか寝付けないと辛いもの。 アメリカ海軍おすすめの睡眠テクニックを使って数分以内の寝落ちを目指しましょう。

次の

寝過ぎで腰痛の原因と治し方!ストレッチでの改善の方法も紹介!

寝 すぎ て 腰 が 痛い

Contents• ベッドで寝ると腰が痛いのは寝具が合っていないから。 結論から言うと、ベッドで寝ると腰が痛い時の原因はベッドのマットレスや布団が身体に合ってないからです。 改めてその2つの理由についてご紹介します。 寝ているだけで腰に負担をかけてしまっているから 身体に合わない寝具は寝ているだけで腰へ大きな負担をかけてしまっています。 睡眠時、身体にかかる負担の中で最も大きいのが腰への負担です。 この時、寝具があっていないと腰への負担を分散させることができないのです。 人間の理想の寝姿勢は立った姿勢のまま寝ること 人間の理想の寝姿勢は立った姿勢のまま寝ることです。 人間が直立している姿勢というのは、身体にかかる負担を身体全体にうまく分散することができる、理想的な姿勢になっています。 なので、寝ている時にも立った時と同じ姿勢を保つことが理想の寝姿勢になります。 しかし、ベッドのマットレスや布団が柔らかすぎたり、硬すぎたりする場合、この寝姿勢が保てず、腰への負担が大きくなってしまいまうのです。 柔らかすぎるマットレスの場合 例えば、柔らかすぎるマットレスを使った場合、腰が沈み過ぎてしまいます。 人間の身体の中で一番圧力がかかるのが腰部分なので、柔らかすぎるマットレスだと腰が沈み過ぎてしまうのです。 結果、寝姿勢がくの字のようになってしまい、寝ている間中、腰に負担をかけてしまうことになります。 硬すぎるマットレスの場合 硬すぎるマットレスの場合は腰が浮いてしまいます。 なぜかというと、人間の身体はお尻が出っ張っているため、硬すぎるマットレスを使った場合、お尻が沈まず、腰が浮いてしまうというわけです。 すると、寝ている間中、腰の筋肉が緊張してしまいます。 結果、朝目覚めた時に腰の筋肉が固まって強い腰の痛みを感じてしまうようになるのです。 寝返りが打ちづらいから。 実は寝返りが打ちづらいというのもベッドで腰が痛くなる原因の1つです。 先ほどお伝えした通り、寝ている時、身体の中では腰に一番大きな負荷がかかっています。 寝返りにはこの負荷を分散する役割があるのです。 寝返りで骨や筋肉への負荷を分散する 寝ている間、ずっと同じ姿勢でいると特定の部位に負荷が集中してしまいます。 しかし、寝返りを打つことで特定の部位への負担を分散することができます。 例えば、寝返りを打たなければ、寝ている間中、腰に大きな負荷をかけつづけることになります。 しかし、寝返りを売って横向き寝になれば、腰への負担が軽減され、腰を休めることができますよね。 これが、寝返りが必要な理由の一つです。 痛み物質などが溜まるのを防ぐ 寝返りには腰の負担を分散するという効果だけでなく、腰痛の原因物質などを溜まらないようにするといった効果もあります。 例えば、ベッドに仰向けで寝ている時、人の身体の背中部分には大きな圧力がかかっています。 この時、血管も圧迫されてしまっているので、血液の流れやリンパ液の流れが悪くなってしまうのです。 血液やリンパ液の流れが悪いと、鈍い腰の痛みなどを起こす物質が溜まりやすくなり、翌朝の鈍い腰痛の原因となってしまいます。 しかし、 寝返りを打つことで特定の部位の圧力がなくなるため、血液やリンパ液の循環を促すといった効果もあるのです。 ランキング発表 2. 腰痛対策には高反発マットレスがおすすめ ここまででご紹介したように寝具が身体に合っておらず、ベッドで腰痛になってしまう方におすすめなのが、高反発マットレスです。 その理由について改めてご説明します。 2-1. 高い体圧分散性で腰への負担を減らす 高反発マットレスの大きな特徴として、高い体圧分散性が挙げられます。 この高い体圧分散性により、寝ている間の腰への負担を減らすことができるのです。 その理由は高反発マットレスの高い弾性にあります。 高反発マットレスは、ものを上に置くとゆっくりと沈みますが、一定のところでストップし、元に戻ろうとします。 例えば、 高反発マットレスで寝た場合、腰部分がゆっくりと沈んでいきます。 しかし、一定のところでストップし、これ以上沈むことないように腰をサポートすることができるのです。 結果、出っ張ったお尻部分が適度に沈み、身体全体がマットレスにつくことになり、身体の面全体で圧力を分散することができるようになります。 体圧分散性とは? 体圧分散は寝ている時に一部に集中しがちな圧力を身体全体に分散する特性のことです。 例えば、寝ている間、腰には身体全体の40%の圧力がかかっていると言われています。 この特定の部位にかかる圧力を身体全体に分散することが体圧分散性になります。 2-2. 高い反発力で寝返りが打ちやすい 高反発マットレスの大きな特徴として、寝返りが打ちやすいということも挙げられます。 高反発マットレスはその名の通り、高い反発力があります。 そのため、寝返りを打とうとすると、高い反発力で寝返りをサポートすることができます。 ただし、基本的に高反発マットレスであれば、非常に寝返りが打ちやすいのですが、体重や体型によって寝返りが打ちやすいマットレスと打ちにくいマットレスがあります。 そこで、自分にとって寝返りが打ちやすいマットレスなのか確認する方法をお伝えします。 寝返りが打ちやすいマットレスの見極め方• マットレスの上に仰向けに寝る• 膝を立て、両手を胸にやり、クロスさせる• そのまま左右に2回ずつ転がる• この時、肩と腰が同時に転がるかをチェック もし、柔らかすぎるマットレスだったりすると、腰より先に肩が転がっていきます。 理由は柔らかいマットレスだと腰が沈んでしまっているためです。 寝返りが打ちやすくても硬すぎるマットレスは腰を痛める マットレスを選ぶ際の注意としては、寝返りさえ打ちやすければいいということではないことです。 いくら寝返りが打ちやすくてもマットレスが硬すぎれば意味がありません。 例えば、硬すぎるマットレスの場合、お尻が沈まないため、腰が浮いてしまいます。 結果的に寝ている間、腰が浮きっぱなしになるため、腰へ大きな負担をかけることになります。 マットレスを選ぶ際には、以下の2つのポイントに気をつけて選びましょう。 お尻が適度に沈み、身体全体がマットレスに支えられているか• 寝返りが打ちやすいマットレスなのか ランキング発表 3. ベッドで腰痛を感じる時の3つの応急処置 ここまでベッドで腰痛を感じる方向けに原因と改善策としてマットレスをご紹介してきました。 確かに、マットレスを変えるのが最も効果的な方法ではあります。 しかし、今、腰が痛いという方もいらっしゃるかと思います。 そこで、こちらの章では 今すぐできる、ベッドで腰痛を感じる時の応急処置についてご紹介していきます。 ぜひ、参考にしてみてください。 バスタオルを腰に巻くことで寝返りを打ちやすくする ベッドで腰痛を感じる一つの原因は寝返りが打ちづらいことです。 最も確実なのは寝返りが打ちやすいマットレスを購入することですが、今日からできる応急処置もあります。 それが、バスタオルを腰に巻くという方法です。 基本的には腰にバスタオルを巻くだけです。 しかし、 バスタオルを腰に巻くことで身体の出っ張りをなくすことができます。 結果、自然に寝返りを打ちやすくなるというわけです。 また、もう一つの効果として、バスタオルがコルセットの役目を果たすこともできます。 バスタオルを腰に巻くことで骨盤を安定させることができるというわけです。 バスタオルを縦に2つ折りにします• さらに2つ折りにします• お腹の骨盤のあたりに着物の帯のように巻きます• そのままベッドで仰向けになり、寝た状態でゆるみをなくします• ガムテープで止めれば完成です 非常に簡単な方法ですが、ベッドで腰痛を感じている方にとっては即効性の効果がありますので、ぜひ試してみてください。 腰に負担の軽い寝方で寝る バスタオルを巻く以外におすすめなのが、寝方を変えることです。 人によって寝方の好みはありますが、腰に良い寝方とそうでない寝方はあります。 以下に紹介する正しい寝方で腰の負担を減らすようにしていきましょう。 膝を立てて寝ることで腰への負担を減らす。 最も簡単なのが、仰向けの状態で膝を立てて寝ることです。 仰向けの状態で膝を立てて寝ると、腰の反りがなくなり、身体の背面が全てマットレスにつきます。 そうすると、身体の面全体に圧力を分散することができるのです。 腰の筋肉も緊張しなくなりますし、今すぐできる方法で効果も高いのでおすすめです。 横向き寝で腰への負担を減らす 横向き寝は腰への負担が最も小さい寝方です。 仰向けは人によっては腰が浮いて負担をかけてしまいますし、うつ伏せ寝は最も腰への負担が大きな寝方です。 横向き寝のポイントは身体の右側を下にして寝ること。 その理由は内蔵の働きを邪魔しないようにするためです。 胃腸など、人の内臓は出口が右側についています。 そのため、左側を下にしてしまうと、重力に対して逆流する必要がでてしまうため、内蔵に負担をかけてしますのです。 腰痛とは直接関係ないのですが、日々の体調に影響してくるので、意識すると気持ちよく眠れるようになります。 寒い時期になってくると、寒さで全身の血流が悪くなってしまいます。 その状態で寝ると、 腰の筋肉が凝り固まって、翌朝目が冷めた時に腰痛になってしまうのです。 その際、以下のような方法で腰を温めておくと、筋肉がほぐれて翌朝の腰痛になる可能性がぐっと下がります。

次の

寝起きに背中や腰が痛い!どうするのが一番!?

寝 すぎ て 腰 が 痛い

どうして腰痛になるの?痛みの原因 体を横にしてリラックス、一見は休んでいるように見えて 寝た姿勢をずっと取り続けるのは腰にとっても負担となっています。 横になると、腰をずっとベッドやマットレスに押し続けている姿勢をとっているようなもので、 長時間椅子に座っているとお尻が痛くなってくる現象と同じです。 腰が痛いから、といって横になって痛みが引くのを待つのはかえって逆効果です。 体に合わない寝具やクッションなども腰への負担をさらに助長させます。 体が沈み込むような柔らかい素材を使うのは体にフィットしているからきっと良いもの!と思うのは全く反対で、あまり柔らかすぎると腰を不安定な状態にさせてしまうのであまりよくありません。 寝すぎも併せて普段の睡眠から腰が痛くなる、という場合は寝具の見直しから始める必要性があるでしょう。 youtube. 寝すぎの腰痛治すどうしたらよいの? 寝すぎて腰痛になる場合は、 寝すぎにより身体の筋肉やスジが固まってしまったり、血行が滞り身体がうまく動かせない、うまく動かいないことによりおこります。 何よりも大切なのはまず体を動かし血行を良くすること。 ただし、身体を後ろ側へそらした時に違和感を感じたり激痛を伴う場合や常に鈍い腰の痛みが断続的に続く場合は寝すぎとはまた違う腰痛の原因をはらんでいる可能性があります。 無理に体を動かすことで病気の進行を助けてしまう可能性がありますので、少しでもおかしいな、と思ったらおとなしく病院の診察を受けましょう。 病院の診察を受けてただの寝すぎと診断されて笑い話になれば、それが一番良いです。 一時の恥で健康が買えるなら安いものと思ってください。 ヘルニアなどの取り返しのつかない激痛を何年も味わわなくなる事態へ発展しかねないので軽率な対処は控えるように慎重に動きましょう。 まず、程度の血行活性を促すためにお風呂に入りましょう。 湯船につかるのがベストですがシャワーでも構いません。 全身を温め、血行をよくさせましょう。 お風呂を出たら手を上に伸ばし、 全身伸びをするようにストレッチしましょう。 ぐーっとゆっくり伸びをして痛いようならちょっと間をおいて、もう一度繰り返します。 ここで大体改善される人もいれば、まったく変わらない方もいます。 その時は肩幅程度に足を広げ、お辞儀をする感覚でゆっくりぐーっと体を前に倒します。 痛みが出るところまで体を前に倒し、元に戻します。 腰をゆっくりぐーっと引っ張る感覚ですね。 何度か繰り返したら、体を前に倒した状態を右側へゆっくり、左側へゆっくりと交互に繰り返します。 このストレッチを繰り返すことで腰への負担が改善され動きやすくなります。 ストレッチが終わったら腰の痛みはだいぶ緩和されますが、油断することなく少しの体操をしましょう。 体操はラジオ体操でかまいません。 体を動かし本調子を取り戻すのが目的です。 体感型ゲームソフトで遊ぶのも運動です、 体を動かすのであればなんでも大丈夫です!無理がない範囲で体を動かしましょう! ここまでやれば腰の痛みも体のだるさも程度解消されるでしょう! ぜひお試しくださいね! 腰痛についてはこちらの記事でも書いていますので、興味があれば合わせてご覧ください。

次の