井口あやこ。 井口綾子(いのくちあやこ)が「ダブルベッド」に出演!プロフィールやインスタ、グラビア写真を紹介!

【井口綾子の水着画像】もっちり色白のモッツアレラボディに注目♡

井口あやこ

現在、「テラスハウス」制作チームが手がけるバラエティ番組「ダブルベッド」(TBS系)が、バラエティファンから注目を集めている。 同番組は、初対面の男女が7日間同棲する内容だという。 「この番組は、恋人ではない2人が共同生活を送り、同じベッドで眠るまでのやり取りを淡々と流す番組です。 12月からは、グラドルの井口綾子と、お笑い芸人のバッドナイス常田による同棲がスタート。 しかし同棲3日目を描いた19日の放送では、常田が『バイクの後ろに女性を乗せて砂利道を走れば、(振動で)相手はすごい気持ちよくなる』という持論を展開したことがキッカケで、井口が彼を拒絶する展開となりました。 そのため常田は、彼女に距離を置かれてもなお果敢に攻め続け、ついに暴走行為に発展したという。 「常田は、井口とふたたび距離を縮めるために恋愛本で猛勉強。 そこには『二の腕を触るのがいい』と書かれていたことで、その日の夜、唐突に彼女の二の腕を揉みまくるという行動に出ました。 これには井口も『なんでぇ! ちょっと! 急すぎる!』と驚いたものの、笑顔となり、まんざらではない様子を見せました。 しかし一部視聴者の間では、『常田、マジ無理なんやけど!』『めちゃキモい。 クロちゃんの方がマシ!』『綾子ちゃんが心配だ』と辛辣な意見が飛んでいます」(前出・テレビ誌記者) だが、一方で、バラエティファンからは「オシャレなだけの番組かと思ったけどおもしろなってきた」「今後もクロちゃんや、あばれる君みたいなのを住ませてほしい! そうすれば人気番組になる」と注目する声もあがっている。

次の

井口綾子、実兄と1つのベッドで就寝「毎朝ほっぺにチュー」スタジオも驚きのエピソード明かす

井口あやこ

井口綾子 いのくちあやこ が「ダブルベッド」に出演!プロフィールやインスタ、グラビア写真を紹介! TBSテレビで2019年10月24日から毎週木曜に放送されているバラエティ番組 「ダブルベッド SEVEN DAY LOVER」。 その住居人として入居してきたのが井口綾子さん。 「ミス青山コンテスト2017」では準ミス青学を獲得し、2018年にはグラビアデビューを果たしその健康体からモッツァレラボディと言われるなど人気を集めています。 そんな彼女のプロフィールやインスタ・グラビア写真を紹介します。 ダブルベッドの見どころ 初対面の男女があるマンションの一室で1週間同棲する生活を覗くドラマティックドキュメンタリー番組。 広々とした空間が用意されているマンションの寝室には、ダブルベッドがひとつ。 初めて出会った男女が2人きりの空間でどう振る舞うのか、最終日にどんな別れを迎えるのか————。 誕生日は1997年3月24日で身長160cm。 愛称は いのあや。 ダブルベッドでは彼氏には 「あやちゃん」と呼ばれたいと言っていました。 ダブルベッドの会話の中で3人の兄がいるということで家族構成は父親、母親含め6人家族です。 小学校の頃から女子校へ通い、私立湘南白百合学園小学校から姉妹校である私立湘南白百合学園中学・高等学校へ進学し卒業した後、青山学院大学教育人間科学部心理学科に入学しました。 その青山学院大学在学中の2017年に開催された 「ミス青山コンテスト2017」でミス青学を獲得した女優の 今田美桜に次ぎ、準ミス青学を獲得し注目を浴びます。 当時ミス青学に出演するためのツイッターアカウントを作り、写真を投稿したところ、一気にフォロワーが15万人を超えるバズりを見せたのも記憶に新しい。 その甲斐もあって現在インスタグラムはフォロワー15万人を超え、番組のアナウンスに加え私生活や使用中のコスメなど自身の美容グッズなどを中心に紹介しています。 2020年 「グラジャパ!アワード」ではデジタル写真集 「バカンス」が爆発的な売上を記録し、グランプリを獲得して注目を浴びました。 スポンサーリンク 引用:Twitter ミスコンのツイッターアカウントで自身の写真 上記は井口綾子さんのミスコン時代注目を浴びたスタバでの写真 を投稿していったことによりフォロワーが急速に伸び、全国的に注目を浴びた時に 「可愛い」、「美しすぎる」 など嬉しい言葉をもらえた反面、有名人特有うの悩みでもある心のない言葉や噂が炎上したことも多かったそう。 そんな状態でも 「時が解決するだろう」 と耐え忍んだというエピソードが「メンタルが強い」と言われる所以と言われています。 井口綾子 いのくちあやこ の箱入り娘事情 ダブルベッドのエピソード内でも 「親が厳しくて外泊も許してくれなかった」 と言っていた井口さん。 高校生時代は門限が18時、大学生時代でも20時だったそうで 「過保護すぎるんですよねぇ」 と不満だったそう。 ですが待望の一人娘出会ったことを考えると、父親の気持ちもわからなくもないですね。 週プレNo. その色白でもっちりした健康体からモッツァレラボディと呼ばれている美ボディを魅せています。 まとめ 準ミス青学を獲得してからテレビに雑誌と引っ張りだこな井口綾子さん。 ロンドンハーツやしくじり先生など名だたるテレビ番組に出演し頭角を現す姿はこれからの芸能活動にも期待が持てます。 そしてMRSラジオ 「アッパレ!ラジオトーカーやってまーす」やFMヨコハマ 「F. 」にレギュラーを務めるなどの活動もしており、多岐にわたりわつやくするオールラウンダー。 これからもタレントや女優としてはもちろん、グラビアアイドルやその他メディア活動でも注目の女性です。

次の

井口綾子

井口あやこ

名前:井口綾子(いのぐち・あやこ) 青年月日:1997年3月24日 出身地:神奈川県 身長:160cm 所属事務所:レプロエンタテイメント 青山学院大学ご出身の井口綾子さんは、学生時代からその可愛さは注目されていて、2015年に週刊朝日の 女子大生表紙モデルに公募で選ばれ抜擢されました。 その後も「 AbemaTV 」の学生キャスターや「 Ray」の専属モデルとしても活躍され、 2017年には「ミス青山コンテスト2017」で準青山ミスに選出されています。 準ミスという、私からすれば超~輝かしい結果なのですが、この「準ミス」だったことが発端で自作自演されたと噂なんです。 井口さんが「準ミス」という結果が不満だった、と思われる 「な」という人物から、ミスコン運営者に対して「目腐ってる?」というような内容のTweetがあったというのです。 「な」 井口綾子さんと今井美桜さん、いいね、リツイートでわかる、人気の差が歴然。 本当に青学ミスコン運営は何を考えてるんだろうか。 目腐ってる? (このTweetは現在は削除されています) というような内容で、このTweetのアカウントが井口綾子さんご本人の自演であると言われています。 何でも本人にしか表示されない「アクティビティ」の「アンテナアイコン」が写っていたらしく、自作自演が明らかになってしまったらしいのです。 いや~、そんなものがあるんですね 笑 Tweetの右下に現れる こんな感じのアンテナのアイコンです。 私も自身のTwitterで確認してみましたが、確かに自分のTweetにしか表示されていませんねw。 知りませんでしたよ~。 これに対して井口さんは「 何者かによる不正アクセス」だと主張。 また井口綾子さんは「な」さんは鳥取県に住む女子高生だと主張し、それを証明するために鳥取の位置情報を写真を投稿したリ、鳥取のテレビ欄をテレビ画面に表示した動画をはったりしたようです。 しかし騒ぎが収まらなかった為か、最終的に「な」さんはアカウントを消去しています。 いや~、凄いですねぇ。 アンテナアイコンに気付く人も驚きですが、そんなに動画や画像の加工って簡単にできるものなんですかね!? 井口綾子さん及び「な」さんサイドから同一人物であると発表されたわけでは無く、これらの出来事が本当に井口綾子さんの自作自演なのか定かではありません。 SNS上でこんなにいろいろな事ができてしまうとしたら、何が本当で何が嘘なのかを見抜く事はとても難しいです。 怖いですね。 ちなみにミス青山コンテスト2017のミス青山の今井美桜さんは、現在フリーアナウンサー、タレントとして活躍されています。 — 2017年 4月月21日午前6時35分PDT 井口綾子さんと行徳さんが同じヘアバンドをしている画像があり、付き合っているのではないかと噂になったようですね。 でも、いくら元彼でも一般人の方なら掲載できないなぁ・・・と思っていたら、なんと行徳さんも現在、芸能活動をされている 芸能人との事。 ~」 第3話 【雑誌】 ・2017年 エムオン・エンタテインメント「andGirl」9月 ・2018年 主婦と生活社「JUNON」 4月号 【舞台】 2017年 ・劇団TEAM-ODAC「僕らのピンク スパイダー」@紀伊國屋ホール ・『退屈で書き散らかしたような物語』 @明石スタジオ 主演 あの人気ドラマ 「ノーサイドゲーム」にも出演されていたようですね!。 井口綾子さんサイドからも行徳さんサイドからも、元彼・元彼女だったとは肯定されていません。 なので真実は分からず、過去も現在も本当に彼氏なのかは定かではありません。 Sponsored Links 井口綾子の性格は悪い? 過去の自作自演の噂からか、井口綾子さんは「 性格が悪そう」「 あざとい」という印象があるようです。 えー次のダブルベッド、井口綾子でるんや、、可愛いのに性格悪すぎてまじで引いたんだよなー。 もう見るのやめようかな。 相手によるけど。

次の