お尻 周り 黒ずみ。 男の気になるお尻周りのケツ毛の正しい処理方法とおすすめの厳選脱毛・ケア商品!

デリケートゾーンの黒ずみを薄くする方法

お尻 周り 黒ずみ

尻毛とは 尻毛といっても、広範囲に生えている男性もいれば、狭い範囲に集中的に生えている男性もいるでしょう。 尻毛がどこの毛を指すのかあらかじめ知っておきましょう。 お尻の表面に生えた毛 お尻の表面に生えた毛も尻毛に含まれます。 尻毛というと肛門周りをイメージする方も多いですが、肛門周りよりも広範囲に渡ります。 産毛が多い箇所でもあり、誰にでも生えていますが、濃くなるとすね毛のようにお尻を覆うように生え、見た目も気になってしまいます。 また、色素沈着しやすい箇所でもあるので、医療的な処置を行う場合が多いです。 肛門周りに生えた毛 肛門周りはOラインとも言われています。 Oラインの毛は自分で確認しにくく、自己処理が難しい場所です。 肛門は排泄する場所なので、見えない部分ではあるものの、伸びたままにしておくと不衛生になってしまいます。 鏡などを使って自己処理をする方法もありますが、万が一傷つけてしまわないように、クリニックで脱毛を行う人も多くなっています。 尻毛が生えている男性に考えられるデメリット お尻周りの毛は、下着やズボンに覆われているので見られることがないなど、意外と気にしていない男性もいるかもしれません。 実際は、いざ見られたときの印象をはじめとして、多くのデメリットが考えられます。 いざ見られた時の印象が悪い お尻は普段服に覆われているので、見られることはほとんどありません。 ただ、女性と行為するときなど、裸になるときに見られる機会があります。 普段見えないからこそ嫌悪感を覚える女性が多く、一気に気持ちが冷めてしまうかもしれません。 気持ち悪がられたら、立ち直れなくなりそうですよね。 また、女性に見られるのはもちろんですが、同性に見られて恥ずかしい思いをすることもあります。 温泉や銭湯などで毛の生えたお尻に注目されたら、居心地が悪くなってしまいます。 トイレの後などで不衛生になりやすい 肛門周りの尻毛には、排便時に汚れが付きやすいです。 ウォシュレットやトイレットペーパーできれいにするものの、 毛がびっしり生えていると汚れが残るおそれがあります。 拭いたトイレットペーパーが残ってしまうこともあり、清潔なお尻を保つのが難しいです。 残った汚れが原因でお尻の肌が荒れたり、嫌な匂いを発する可能性もあります。 蒸れやすくなる 毛があると、熱がこもりやすくなります。 お尻は、ズボンやパンツに常に覆われており、空気が通りにくいので特に蒸れやすい箇所です。 尻毛が生えていると、余計に蒸れやすく、汗をかいて知らないうちに体臭を悪化させているかもしれません。 暑くなる夏は、蒸れが気になる季節なので、尻毛などのムダ毛は処理しておいた方がよいでしょう。 衣類にひっぱられて痛くなることも お尻回りに毛があると、パンツにひっぱられることもあります。 すね毛や腕毛はパンツほど衣類がフィットしませんが、 パンツはピタッとフィットするので、履くときや脱ぐとき、お尻の位置を変えるときなどに痛い思いをするでしょう。 小さなデメリットですが、快適に過ごすためには解決しておきたい問題です。 ケツ毛に悩むメンズ必見!お尻の毛を処理する方法とおすすめアイテム 尻毛のデメリットを知って、「処理しなきゃ!」と思った男性が多いはずです。 尻毛を処理する方法とおすすめアイテムやクリニックを紹介するので、自分に合う方法をさっそく実践してみましょう。 ボディーグルーマーで処理する ボディーグルーマーは、ムダ毛処理に適した電動シェーバーです。 肌に沿わせて剃れる形状になっているので、お尻周りを傷つける心配なく、簡単に尻毛を処理することができます。 アタッチメントがついたタイプだとより安心です。 尻毛専用のボディーグルーマーもありますが、全身に使えるものもあるので、チェックしてみてください。 5mmにそろえて手入れできるスキンプロテクターや、毛が多い場所でも肌を傷つけず剃れる3mmコームを使い分けることで、デリケートなお尻を守りながら処理できます。 防水仕様で丸洗いできるのもうれしいポイントで、お風呂での処理や処理後のメンテナンスが快適です。 尻毛を処理することはもちろん、わき毛や鼻毛、顔の手入れ、ヘッドマッサージなど様々な用途に使えます。 尻毛以外のムダ毛もまとめて処理したい、スキンケアや薄毛ケアなどもしたいという男性におすすめの万能ボディグルーマーです。 デリケートゾーン用の除毛クリームを使用する 除毛クリームは肌への刺激が強いアイテムですが、デリケートゾーン専用のものであれば、尻毛脱毛に利用できます。 処理したい部分にクリームを塗ると、数分でムダ毛を溶かすので、洗い流すだけで尻毛の処理を完了できます。 もしからだ用やVライン用など適していないものを使ってしまうと、肌荒れの原因になるため、必ず専用のものかを確認しましょう。 【NOALQ】除毛クリーム 『NOALQ』の除毛クリームは、 爽やかなグレープフルーツの香りが特長です。 除毛クリームの使用後の匂いを消すだけでなく、良い匂いを香らせることができますよ。 除毛効果はもちろん、肌に優しいシアバターやダイズエキスなどを配合しているので、お尻の肌にも気遣った除毛クリームです。 デリケートゾーン用ブラジリアンワックスもおすすめ ブラジリアンワックスでの脱毛は、ムダ毛にワックスを塗り、シートで一気に剥がして処理する方法です。 毛根から抜くのでお尻周りをツルツルにできます。 除毛クリームよりもOライン用の商品が多いですが、商品を選ぶ際は必ずOラインに対応したものか確認するようにしてください。 サロンやクリニックで脱毛する お尻周りの毛を完全になくしたい、処理の手間をなくしたいという方は、サロンやクリニックでの脱毛がおすすめです。 レーザーを使用した施術で、尻毛が生えてこないようにすることができ、尻毛の悩みとはそれっきりになります。 注意点としては、セルフケアよりもお金がかかることです。 数回通って施術を続けるので、合計で数万円~数十万円かかります。 尻毛の脱毛にかけられるお金を計算した上で、サロンやクリニックでの脱毛をしてみましょう。 リンクス リンクスは、女性スタッフにお尻周りを見られるのが恥ずかしい、相談しにくいという男性にぴったりのクリニックです。 男性スタッフが問い合わせからカウンセリング、施術までを行うので、気軽に尻毛脱毛を始められます。 料金は、カウンセリング・脱毛パッチテスト・入会金、年会費などが無料で、勧誘や押し売りもないと明記しています。 安心して利用できるクリニックを探している男性におすすめです。 絶対NG!メンズがやりがちな誤ったケツ毛の処理方法 尻毛をすぐに処理したいと思うと、つい手近な方法で誤った処理をしがちです。 お尻まわりはデリケートな部分なので、正しい方法で処理しないと肌などを傷つけてしまいます。 絶対にNGな尻毛の処理方法をチェックしましょう。 カミソリで剃るのは危険 お尻の表面やOラインは、からだの後ろにあり、とても見えにくい場所です。 手が届いても、動かしにくいので、他の箇所のムダ毛を剃る感覚では処理できません。 カミソリはとても鋭利なので、少し手元が狂っただけでもお尻を傷つけてしまうリスクがあります。 デリケートなお尻だからこそ、危険は冒さないようにしましょう。 もし、上手く剃れたとしても、チクチクとした感触が残りやすいので、座るときや歩くときに不快に感じるかもしれません。 毛抜きで抜くのはNG 毛抜きなら傷つける心配がなくて大丈夫と思うかもしれませんが、 1本1本尻毛を抜くのはあまりにも非効率的です。 見えない尻毛を探り当てながら抜くのはとても大変で、処理のし忘れも出てくるでしょう。 抜く途中に毛が切れてしまうと、埋没毛になるおそれもあるので、毛抜きで抜くのもおすすめできません。 お尻周り専用ではない除毛クリーム・ブラジリアンワックス お尻回りはとてもデリケートなので、専用ではない除毛クリームやブラジリアンワックスの使用は危険です。 粘膜である肛門にクリームやワックスが触れてしまえば、かぶれたり、ひりひりしたりして、何をするにも痛くて仕事どころではなくなるでしょう。 デリケートゾーン用のなかでも、Vライン用、Oライン用と分かれていることが多いので、 必ずOライン用や全身用の除毛クリーム・ブラジリアンワックスを選んでください。 男も気になるお尻の毛を処理してツルツルなお尻になろう! お尻周りに毛が生えていると、いざ見られたときの印象が悪くなったり、排泄物がついて不衛生になったりするなどデメリットが多いです。 尻毛の正しい処理方法には、ボディーグルーマーやお尻周り専用の脱毛クリーム・ブラジリアンワックス、サロン脱毛があります。 つい抜いたり剃ったりしがちですが、デリケートなお尻を傷つけてしまうのでオススメしません。 正しい尻毛の処理方法を実践して、お尻の表面や肛門周りの毛をツルツルにしましょう。 関連記事•

次の

男の気になるお尻周りのケツ毛の正しい処理方法とおすすめの厳選脱毛・ケア商品!

お尻 周り 黒ずみ

尻毛とは 尻毛といっても、広範囲に生えている男性もいれば、狭い範囲に集中的に生えている男性もいるでしょう。 尻毛がどこの毛を指すのかあらかじめ知っておきましょう。 お尻の表面に生えた毛 お尻の表面に生えた毛も尻毛に含まれます。 尻毛というと肛門周りをイメージする方も多いですが、肛門周りよりも広範囲に渡ります。 産毛が多い箇所でもあり、誰にでも生えていますが、濃くなるとすね毛のようにお尻を覆うように生え、見た目も気になってしまいます。 また、色素沈着しやすい箇所でもあるので、医療的な処置を行う場合が多いです。 肛門周りに生えた毛 肛門周りはOラインとも言われています。 Oラインの毛は自分で確認しにくく、自己処理が難しい場所です。 肛門は排泄する場所なので、見えない部分ではあるものの、伸びたままにしておくと不衛生になってしまいます。 鏡などを使って自己処理をする方法もありますが、万が一傷つけてしまわないように、クリニックで脱毛を行う人も多くなっています。 尻毛が生えている男性に考えられるデメリット お尻周りの毛は、下着やズボンに覆われているので見られることがないなど、意外と気にしていない男性もいるかもしれません。 実際は、いざ見られたときの印象をはじめとして、多くのデメリットが考えられます。 いざ見られた時の印象が悪い お尻は普段服に覆われているので、見られることはほとんどありません。 ただ、女性と行為するときなど、裸になるときに見られる機会があります。 普段見えないからこそ嫌悪感を覚える女性が多く、一気に気持ちが冷めてしまうかもしれません。 気持ち悪がられたら、立ち直れなくなりそうですよね。 また、女性に見られるのはもちろんですが、同性に見られて恥ずかしい思いをすることもあります。 温泉や銭湯などで毛の生えたお尻に注目されたら、居心地が悪くなってしまいます。 トイレの後などで不衛生になりやすい 肛門周りの尻毛には、排便時に汚れが付きやすいです。 ウォシュレットやトイレットペーパーできれいにするものの、 毛がびっしり生えていると汚れが残るおそれがあります。 拭いたトイレットペーパーが残ってしまうこともあり、清潔なお尻を保つのが難しいです。 残った汚れが原因でお尻の肌が荒れたり、嫌な匂いを発する可能性もあります。 蒸れやすくなる 毛があると、熱がこもりやすくなります。 お尻は、ズボンやパンツに常に覆われており、空気が通りにくいので特に蒸れやすい箇所です。 尻毛が生えていると、余計に蒸れやすく、汗をかいて知らないうちに体臭を悪化させているかもしれません。 暑くなる夏は、蒸れが気になる季節なので、尻毛などのムダ毛は処理しておいた方がよいでしょう。 衣類にひっぱられて痛くなることも お尻回りに毛があると、パンツにひっぱられることもあります。 すね毛や腕毛はパンツほど衣類がフィットしませんが、 パンツはピタッとフィットするので、履くときや脱ぐとき、お尻の位置を変えるときなどに痛い思いをするでしょう。 小さなデメリットですが、快適に過ごすためには解決しておきたい問題です。 ケツ毛に悩むメンズ必見!お尻の毛を処理する方法とおすすめアイテム 尻毛のデメリットを知って、「処理しなきゃ!」と思った男性が多いはずです。 尻毛を処理する方法とおすすめアイテムやクリニックを紹介するので、自分に合う方法をさっそく実践してみましょう。 ボディーグルーマーで処理する ボディーグルーマーは、ムダ毛処理に適した電動シェーバーです。 肌に沿わせて剃れる形状になっているので、お尻周りを傷つける心配なく、簡単に尻毛を処理することができます。 アタッチメントがついたタイプだとより安心です。 尻毛専用のボディーグルーマーもありますが、全身に使えるものもあるので、チェックしてみてください。 5mmにそろえて手入れできるスキンプロテクターや、毛が多い場所でも肌を傷つけず剃れる3mmコームを使い分けることで、デリケートなお尻を守りながら処理できます。 防水仕様で丸洗いできるのもうれしいポイントで、お風呂での処理や処理後のメンテナンスが快適です。 尻毛を処理することはもちろん、わき毛や鼻毛、顔の手入れ、ヘッドマッサージなど様々な用途に使えます。 尻毛以外のムダ毛もまとめて処理したい、スキンケアや薄毛ケアなどもしたいという男性におすすめの万能ボディグルーマーです。 デリケートゾーン用の除毛クリームを使用する 除毛クリームは肌への刺激が強いアイテムですが、デリケートゾーン専用のものであれば、尻毛脱毛に利用できます。 処理したい部分にクリームを塗ると、数分でムダ毛を溶かすので、洗い流すだけで尻毛の処理を完了できます。 もしからだ用やVライン用など適していないものを使ってしまうと、肌荒れの原因になるため、必ず専用のものかを確認しましょう。 【NOALQ】除毛クリーム 『NOALQ』の除毛クリームは、 爽やかなグレープフルーツの香りが特長です。 除毛クリームの使用後の匂いを消すだけでなく、良い匂いを香らせることができますよ。 除毛効果はもちろん、肌に優しいシアバターやダイズエキスなどを配合しているので、お尻の肌にも気遣った除毛クリームです。 デリケートゾーン用ブラジリアンワックスもおすすめ ブラジリアンワックスでの脱毛は、ムダ毛にワックスを塗り、シートで一気に剥がして処理する方法です。 毛根から抜くのでお尻周りをツルツルにできます。 除毛クリームよりもOライン用の商品が多いですが、商品を選ぶ際は必ずOラインに対応したものか確認するようにしてください。 サロンやクリニックで脱毛する お尻周りの毛を完全になくしたい、処理の手間をなくしたいという方は、サロンやクリニックでの脱毛がおすすめです。 レーザーを使用した施術で、尻毛が生えてこないようにすることができ、尻毛の悩みとはそれっきりになります。 注意点としては、セルフケアよりもお金がかかることです。 数回通って施術を続けるので、合計で数万円~数十万円かかります。 尻毛の脱毛にかけられるお金を計算した上で、サロンやクリニックでの脱毛をしてみましょう。 リンクス リンクスは、女性スタッフにお尻周りを見られるのが恥ずかしい、相談しにくいという男性にぴったりのクリニックです。 男性スタッフが問い合わせからカウンセリング、施術までを行うので、気軽に尻毛脱毛を始められます。 料金は、カウンセリング・脱毛パッチテスト・入会金、年会費などが無料で、勧誘や押し売りもないと明記しています。 安心して利用できるクリニックを探している男性におすすめです。 絶対NG!メンズがやりがちな誤ったケツ毛の処理方法 尻毛をすぐに処理したいと思うと、つい手近な方法で誤った処理をしがちです。 お尻まわりはデリケートな部分なので、正しい方法で処理しないと肌などを傷つけてしまいます。 絶対にNGな尻毛の処理方法をチェックしましょう。 カミソリで剃るのは危険 お尻の表面やOラインは、からだの後ろにあり、とても見えにくい場所です。 手が届いても、動かしにくいので、他の箇所のムダ毛を剃る感覚では処理できません。 カミソリはとても鋭利なので、少し手元が狂っただけでもお尻を傷つけてしまうリスクがあります。 デリケートなお尻だからこそ、危険は冒さないようにしましょう。 もし、上手く剃れたとしても、チクチクとした感触が残りやすいので、座るときや歩くときに不快に感じるかもしれません。 毛抜きで抜くのはNG 毛抜きなら傷つける心配がなくて大丈夫と思うかもしれませんが、 1本1本尻毛を抜くのはあまりにも非効率的です。 見えない尻毛を探り当てながら抜くのはとても大変で、処理のし忘れも出てくるでしょう。 抜く途中に毛が切れてしまうと、埋没毛になるおそれもあるので、毛抜きで抜くのもおすすめできません。 お尻周り専用ではない除毛クリーム・ブラジリアンワックス お尻回りはとてもデリケートなので、専用ではない除毛クリームやブラジリアンワックスの使用は危険です。 粘膜である肛門にクリームやワックスが触れてしまえば、かぶれたり、ひりひりしたりして、何をするにも痛くて仕事どころではなくなるでしょう。 デリケートゾーン用のなかでも、Vライン用、Oライン用と分かれていることが多いので、 必ずOライン用や全身用の除毛クリーム・ブラジリアンワックスを選んでください。 男も気になるお尻の毛を処理してツルツルなお尻になろう! お尻周りに毛が生えていると、いざ見られたときの印象が悪くなったり、排泄物がついて不衛生になったりするなどデメリットが多いです。 尻毛の正しい処理方法には、ボディーグルーマーやお尻周り専用の脱毛クリーム・ブラジリアンワックス、サロン脱毛があります。 つい抜いたり剃ったりしがちですが、デリケートなお尻を傷つけてしまうのでオススメしません。 正しい尻毛の処理方法を実践して、お尻の表面や肛門周りの毛をツルツルにしましょう。 関連記事•

次の

気になるお尻の黒ずみ…原因は? ケアは?

お尻 周り 黒ずみ

尻毛とは 尻毛といっても、広範囲に生えている男性もいれば、狭い範囲に集中的に生えている男性もいるでしょう。 尻毛がどこの毛を指すのかあらかじめ知っておきましょう。 お尻の表面に生えた毛 お尻の表面に生えた毛も尻毛に含まれます。 尻毛というと肛門周りをイメージする方も多いですが、肛門周りよりも広範囲に渡ります。 産毛が多い箇所でもあり、誰にでも生えていますが、濃くなるとすね毛のようにお尻を覆うように生え、見た目も気になってしまいます。 また、色素沈着しやすい箇所でもあるので、医療的な処置を行う場合が多いです。 肛門周りに生えた毛 肛門周りはOラインとも言われています。 Oラインの毛は自分で確認しにくく、自己処理が難しい場所です。 肛門は排泄する場所なので、見えない部分ではあるものの、伸びたままにしておくと不衛生になってしまいます。 鏡などを使って自己処理をする方法もありますが、万が一傷つけてしまわないように、クリニックで脱毛を行う人も多くなっています。 尻毛が生えている男性に考えられるデメリット お尻周りの毛は、下着やズボンに覆われているので見られることがないなど、意外と気にしていない男性もいるかもしれません。 実際は、いざ見られたときの印象をはじめとして、多くのデメリットが考えられます。 いざ見られた時の印象が悪い お尻は普段服に覆われているので、見られることはほとんどありません。 ただ、女性と行為するときなど、裸になるときに見られる機会があります。 普段見えないからこそ嫌悪感を覚える女性が多く、一気に気持ちが冷めてしまうかもしれません。 気持ち悪がられたら、立ち直れなくなりそうですよね。 また、女性に見られるのはもちろんですが、同性に見られて恥ずかしい思いをすることもあります。 温泉や銭湯などで毛の生えたお尻に注目されたら、居心地が悪くなってしまいます。 トイレの後などで不衛生になりやすい 肛門周りの尻毛には、排便時に汚れが付きやすいです。 ウォシュレットやトイレットペーパーできれいにするものの、 毛がびっしり生えていると汚れが残るおそれがあります。 拭いたトイレットペーパーが残ってしまうこともあり、清潔なお尻を保つのが難しいです。 残った汚れが原因でお尻の肌が荒れたり、嫌な匂いを発する可能性もあります。 蒸れやすくなる 毛があると、熱がこもりやすくなります。 お尻は、ズボンやパンツに常に覆われており、空気が通りにくいので特に蒸れやすい箇所です。 尻毛が生えていると、余計に蒸れやすく、汗をかいて知らないうちに体臭を悪化させているかもしれません。 暑くなる夏は、蒸れが気になる季節なので、尻毛などのムダ毛は処理しておいた方がよいでしょう。 衣類にひっぱられて痛くなることも お尻回りに毛があると、パンツにひっぱられることもあります。 すね毛や腕毛はパンツほど衣類がフィットしませんが、 パンツはピタッとフィットするので、履くときや脱ぐとき、お尻の位置を変えるときなどに痛い思いをするでしょう。 小さなデメリットですが、快適に過ごすためには解決しておきたい問題です。 ケツ毛に悩むメンズ必見!お尻の毛を処理する方法とおすすめアイテム 尻毛のデメリットを知って、「処理しなきゃ!」と思った男性が多いはずです。 尻毛を処理する方法とおすすめアイテムやクリニックを紹介するので、自分に合う方法をさっそく実践してみましょう。 ボディーグルーマーで処理する ボディーグルーマーは、ムダ毛処理に適した電動シェーバーです。 肌に沿わせて剃れる形状になっているので、お尻周りを傷つける心配なく、簡単に尻毛を処理することができます。 アタッチメントがついたタイプだとより安心です。 尻毛専用のボディーグルーマーもありますが、全身に使えるものもあるので、チェックしてみてください。 5mmにそろえて手入れできるスキンプロテクターや、毛が多い場所でも肌を傷つけず剃れる3mmコームを使い分けることで、デリケートなお尻を守りながら処理できます。 防水仕様で丸洗いできるのもうれしいポイントで、お風呂での処理や処理後のメンテナンスが快適です。 尻毛を処理することはもちろん、わき毛や鼻毛、顔の手入れ、ヘッドマッサージなど様々な用途に使えます。 尻毛以外のムダ毛もまとめて処理したい、スキンケアや薄毛ケアなどもしたいという男性におすすめの万能ボディグルーマーです。 デリケートゾーン用の除毛クリームを使用する 除毛クリームは肌への刺激が強いアイテムですが、デリケートゾーン専用のものであれば、尻毛脱毛に利用できます。 処理したい部分にクリームを塗ると、数分でムダ毛を溶かすので、洗い流すだけで尻毛の処理を完了できます。 もしからだ用やVライン用など適していないものを使ってしまうと、肌荒れの原因になるため、必ず専用のものかを確認しましょう。 【NOALQ】除毛クリーム 『NOALQ』の除毛クリームは、 爽やかなグレープフルーツの香りが特長です。 除毛クリームの使用後の匂いを消すだけでなく、良い匂いを香らせることができますよ。 除毛効果はもちろん、肌に優しいシアバターやダイズエキスなどを配合しているので、お尻の肌にも気遣った除毛クリームです。 デリケートゾーン用ブラジリアンワックスもおすすめ ブラジリアンワックスでの脱毛は、ムダ毛にワックスを塗り、シートで一気に剥がして処理する方法です。 毛根から抜くのでお尻周りをツルツルにできます。 除毛クリームよりもOライン用の商品が多いですが、商品を選ぶ際は必ずOラインに対応したものか確認するようにしてください。 サロンやクリニックで脱毛する お尻周りの毛を完全になくしたい、処理の手間をなくしたいという方は、サロンやクリニックでの脱毛がおすすめです。 レーザーを使用した施術で、尻毛が生えてこないようにすることができ、尻毛の悩みとはそれっきりになります。 注意点としては、セルフケアよりもお金がかかることです。 数回通って施術を続けるので、合計で数万円~数十万円かかります。 尻毛の脱毛にかけられるお金を計算した上で、サロンやクリニックでの脱毛をしてみましょう。 リンクス リンクスは、女性スタッフにお尻周りを見られるのが恥ずかしい、相談しにくいという男性にぴったりのクリニックです。 男性スタッフが問い合わせからカウンセリング、施術までを行うので、気軽に尻毛脱毛を始められます。 料金は、カウンセリング・脱毛パッチテスト・入会金、年会費などが無料で、勧誘や押し売りもないと明記しています。 安心して利用できるクリニックを探している男性におすすめです。 絶対NG!メンズがやりがちな誤ったケツ毛の処理方法 尻毛をすぐに処理したいと思うと、つい手近な方法で誤った処理をしがちです。 お尻まわりはデリケートな部分なので、正しい方法で処理しないと肌などを傷つけてしまいます。 絶対にNGな尻毛の処理方法をチェックしましょう。 カミソリで剃るのは危険 お尻の表面やOラインは、からだの後ろにあり、とても見えにくい場所です。 手が届いても、動かしにくいので、他の箇所のムダ毛を剃る感覚では処理できません。 カミソリはとても鋭利なので、少し手元が狂っただけでもお尻を傷つけてしまうリスクがあります。 デリケートなお尻だからこそ、危険は冒さないようにしましょう。 もし、上手く剃れたとしても、チクチクとした感触が残りやすいので、座るときや歩くときに不快に感じるかもしれません。 毛抜きで抜くのはNG 毛抜きなら傷つける心配がなくて大丈夫と思うかもしれませんが、 1本1本尻毛を抜くのはあまりにも非効率的です。 見えない尻毛を探り当てながら抜くのはとても大変で、処理のし忘れも出てくるでしょう。 抜く途中に毛が切れてしまうと、埋没毛になるおそれもあるので、毛抜きで抜くのもおすすめできません。 お尻周り専用ではない除毛クリーム・ブラジリアンワックス お尻回りはとてもデリケートなので、専用ではない除毛クリームやブラジリアンワックスの使用は危険です。 粘膜である肛門にクリームやワックスが触れてしまえば、かぶれたり、ひりひりしたりして、何をするにも痛くて仕事どころではなくなるでしょう。 デリケートゾーン用のなかでも、Vライン用、Oライン用と分かれていることが多いので、 必ずOライン用や全身用の除毛クリーム・ブラジリアンワックスを選んでください。 男も気になるお尻の毛を処理してツルツルなお尻になろう! お尻周りに毛が生えていると、いざ見られたときの印象が悪くなったり、排泄物がついて不衛生になったりするなどデメリットが多いです。 尻毛の正しい処理方法には、ボディーグルーマーやお尻周り専用の脱毛クリーム・ブラジリアンワックス、サロン脱毛があります。 つい抜いたり剃ったりしがちですが、デリケートなお尻を傷つけてしまうのでオススメしません。 正しい尻毛の処理方法を実践して、お尻の表面や肛門周りの毛をツルツルにしましょう。 関連記事•

次の